FC2ブログ

子どもはフォアグラじゃない

IMG_2245.jpg
https://mee-life.net/baseball-food/

昨日はテレビで駅伝をやっていましたが、
アナウンサーの感情的なしゃべりに嫌気がさします。
あれを気持ちよく聞いている人ってどうなんでしょう?

テレビをつけたら絶叫していたので、ゴールしたのかと思ったら、
普通にタスキを渡しただけだったとか・・・WW


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎食「米3合食え」と迫られる野球少年の壮絶
11/3(土) 7:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181103-00246963-toyo-bus_all
==========================引用はじめ
“米3合の呪縛”が野球少年を苦しめている
 夏の暑さも和らぎ、食欲の増す季節がやってきた。メタボぎみのお父さんは「もう食べちゃダメ」と奥様ににらまれたりするが、逆に「もっと食え」と強制される子どもがいるのをご存じだろうか。

■「1食につき米3合食え」

 子どもの脳に詳しい小児科医で文教大学教育学部特別支援教育専修の成田奈緒子教授は、講演のため足を運んだ東北地方のある町でこんな話を聞いた。

 「息子が少年野球の監督から1食につき米3合食えと命じられ、苦しんでいます」
 小学5年生。野球の少年団で投手として頑張っているが、放課後行う練習が終わるのは夜9時を過ぎる。そこから米3合、茶碗に山盛り6杯ぶんの白飯を食べなくてはならない。

 食べるのに夜中の12時までかかる。体が細く体も小さいため「食べないと試合で投げさせないと監督に言われた」と泣きながら食べる。プロ選手を輩出した少年団らしく、「1食3合命令」は地域の少年団でも有名だ。

 しかも、白飯がおなかに入らなくなるからか「野菜や肉などのおかずは食べなくていい。塩だけで飯を食え」とも言われているそうだ。
 子どもの脳育てのために早寝早起きを推進する成田教授が、さらに驚いたのは、同じ話を今度は東海地方での講演の際にも聞いたからだ。そこでも前述のケースと同様「1食米3合」を監督から命じられ、子どもたちが苦しんでいた。

 実は筆者も似た話を知っている。首都圏にある少年野球クラブで以前聞いたのは「どんぶり3杯」。量的には米3合とほぼ同じだ。消化できずに下痢になるため、栄養を吸収できず太れない。体重が増えないため「おまえ、食ってないだろう!」と叱られる。そこまで食べなきゃいけないなら野球をやめたいと子どもが言う――そんな話だった。
 野球少年が「1食米3合」の理不尽に苦しんでいる。
===========================引用終わり


ダルビッシュさんはタンパク質不足と言っていますが、
特に女子は、それ以外にもミネラル不足は深刻ですね。

もちろん、男女問わず、ビタミンも油脂も足りなくなります。
これらの点において、
残念ながら、白米はパンに劣ります。
野球部員は、なぜ白米を大量に食べさせられるのか?
2017年12月6日2018年4月24日
https://mee-life.net/baseball-food/
========================引用はじめ
以前、ダルビッシュさんがTwitterに投稿したことがあります。
白米をどんぶり何杯食べるかが努力の一部として高校野球の雑誌などに載りますからね。

そして、その後にまたTwitterで
圧倒的にタンパク質不足だと思います。高校野球の運動量を考えれば炭水化物も大事ですがタンパク質が少なければどうにもなりませんしね。

ダルビッシュさんは、タンパク質不足だった、子供の頃を後悔されているようなつぶやきも…
もっとちゃんと食べていたら、、、と後悔してます(笑)
=========================引用終わり

白米信仰なのか何なのか、
こんな古臭い、虐待と思しき行為が
美談として行われているのも驚きなんですが、

やっぱり、子供に多様なストレスを与え続けると、
その中の何割かの子供は、一時的にアスリートとして
優秀な人間になるというのは事実なんでしょう。

しかしそれはあくまでも一時的なもので、
アスリートから一般人に戻ったときに、
問題を起こす人が多すぎると思います。




もしもヤフコメ欄があったら、たたきまくられるような記事ですが、
体験者の話は参考になりますね。
「がんばる。こんなにも応援してくれる人がいるから」~原裕美子さん摂食障害と事件について語る
江川紹子 | ジャーナリスト

11/3(土) 11:51
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20181103-00102538/
===========================引用はじめ
――摂食障害を抱えている女性アスリートは多いようですね。

ランニング教室で子どもたちに教えた時の原さん。
「特に高校生が心配。日本のトップレベルの高校の合宿を見に行ったことがありますが、『あぶないなー』と思いました。本当に細い子がいっぱいいて。中学生もそうです。子どもも親も、結果が出るとうれしくなって、先を考えずにどんどん求めるんですね。監督や先生に『もっと速くして下さい』って。でも、中学高校生でやらせすぎると、けがも増えるし、生理も止まるし、後に伸び悩むんです。中学でやり過ぎて、高校で伸び悩んで苦しんでやめていく子も見ました。小さい頃は、楽しい思いで競技をやってもらいたい。大人になってからの方が大きな大会もあるし、人生も長い。私と同じ道は歩んで欲しくないと思ったので、自分が経験したよいことも悪いことも、機会があれば、子供達に伝えたいと思います」
専門家は「たくさんの『原裕美子さん』がいる」と
 摂食障害患者の治療を続けている内科医で、日本摂食障害学会理事の鈴木眞理・政策研究大学院大学教授は、原さんが摂食障害を発症したのは「必然です」と指摘する。
「標準体重の78~81%しかないのですから、月経は止まり、脳は飢餓に耐えかねて過食は生理的に起こります。それに打ち勝つのは、排尿を我慢するのと同じで、不可能です。そのうえ、体重や記録の縛りはひどく、嘔吐せざるを得ない状況に追い込まれました。特筆すべきは、自ら医療機関を受診したのに、改善するどころか、悪い方法を覚えるという最悪の結果になったこと。とどめは、コーチとの金銭トラブルです。陸上一筋で社会的にうぶな彼女が信頼していた人に裏切られた。窃盗は、最初は飢餓の反動でしたが、コーチとの一件以降、社会への恨み晴らしの様相を呈しています」
 今回の事件で、検察は摂食障害の影響は小さく、犯行態様は病的とまではいえず意識的な犯行として、懲役1年を求刑している。
 これについて鈴木教授はこう見る。
「家族に迷惑をかけ、彼女もそれを心苦しく思っていて、そのうえ執行猶予中に犯行するのは、やはり病気が原因と考えるべきでしょう」
 そして、女子アスリートの摂食障害について、鈴木教授は次のように呼びかける。
「今、規則正しい生活と就労ができる施設で生活されていることは理想的だと思います。人間関係で裏切られることが多かった彼女にとって、初めての他人との安らげる環境だと思います。それにしても、本当に、本人に何の非があるのだろうかと思える、不幸なアスリートの顛末です。日本中にたくさんの『原裕美子さん』がいるのだと思います。このような不幸の上で、私たちは女子駅伝やマラソンを応援していていいのでしょうか?」
=============================引用終わり

原さんの話は私の想像通りでした。
本当にまじめで良い人と思います。
しかし利用されやすい人でもあると思います。
半分洗脳されてたのでしょう。

部活等スポーツの本質をしっかり見極めて、
自分がどうしたいのか、主体的に考えていかないと、
無責任な人たちに利用されてしまいますよ!!


スポンサーサイト

アスリートは人間、競馬の馬でも消耗品でもありません!!


yjimageQ2P9B5LS.jpg


【プリンセス駅伝】飯田怜の怪我の真相は?四つん這いの理由が壮絶!
2018/10/21
https://365funbox.net/archives/2012


私はこの映像を翌日の朝のニュース番組で見ましたが、
美談どころか、ホラーです。
ただただ恐ろしい。
私が住む自治体での出来事でなくて良かったとさえ思います。

ニュースによるとふらついてから転んだようで、
走っている途中で疲労骨折を起こしたようです。
若い人が走っていての骨折で、全治3~4か月なんてありえません。
骨粗鬆症だった可能性が濃厚だと思います。

これは教育の問題です。
今、長距離、体操、フィギュアスケート等の選手の
骨粗鬆症、無月経、エネルギー不足(摂食障害)、(貧血)は
大変な問題になっています。
厳しい体重制限のための食事と運動が激しすぎる事に問題があるのです。



「食べる」に苦しむアスリート 「軽く」「重く」の呪縛
伊木緑 後藤太輔 辻健治
2018年1月8日05時06分
https://www.asahi.com/articles/ASKDX4DV8KDXUTQP010.html
=========================引用終わり
食べることに苦しむアスリート

 健康あってこそのスポーツなのに、勝利を追求するあまり、厳しい食事制限や、反対に無理やりたくさん食べることを強いられて、心身をむしばまれる選手がいます。トップ選手だけでなく、部活動に励む子どもたちも無関係ではありません。「食べること」に苦しむアスリートについて考えます。

陸上「体重軽く」の呪縛
 国際大会で優勝経験がある女子マラソンの元トップ選手がコンビニで清涼飲料水や化粧品などを万引きしたとして窃盗罪に問われ、昨年11月、執行猶予付きの有罪判決を受けました。理由として本人が法廷で語ったのは、選手時代に食事制限が原因で始まった「摂食障害」でした。
 裁判での証言などによると、厳しい体重制限などが原因で、現役時代に症状が出始めました。引退後も不安を感じると食べては吐く、の繰り返し。吐くための食費を惜しむようになり、食品を万引きするようになったそうです。地元の病院に通いましたが、身内から「恥さらしだからやめろ」と言われ、通院をやめました。
 女子の長距離ランナーは、厳しい食事制限や体重管理を強いられることがよくあります。順天堂大女子陸上競技部監督の鯉川なつえスポーツ健康科学部准教授が女子の高校駅伝の強豪校を訪れると、グラウンドの片隅などで女子選手が順番に体重計に乗り、その体重の数値を男性の指導者が腰に手を当てて見下ろしている光景をしばしば目にするそうです。こういった指導は強豪校に限らずよく行われていると言います。
 鯉川准教授は、「目先の結果を優先し、『太ったら走れない』『女はすぐ太る』などとプレッシャーをかけて選手を管理する指導者があまりに多い」と指摘します。日本の女子長距離界では、「体重を減らせば速く走れる」という短絡的な指導がはびこっているといいます。
 鯉川准教授は「エネルギー不足からの摂食障害や無月経、疲労骨折を招くリスクがあると知りながら、減量を指示している指導者が多いことも悪質」と構造的な問題だとも話しています。
 鯉川准教授が2015年、全日本大学女子駅伝に出場した選手314人に行った調査によると、体重制限をしたことがある選手は71%。指導者から「ご飯を食べるな」などと指導されたことのある選手も25%いました。月経が止まった経験のある選手は73%。栄養不足や無月経が原因で起きる疲労骨折も45%が経験していました。

=========================引用終わり

指導者は危険性をわかっていてやらせているようです。


もう一つの問題は、

月経が止まった経験のある選手が73%、疲労骨折が45%もあれば、
この業界はなんかおかしいと普通は思うものですが、
本人もフアンも周りの人たちも、
自分たちがおかしいことに気がついていないのです。

運動選手たちは日ごろから、
這ってでも練習に出て来いとか、
這ってでも前へ出ろとか、
這ってでもつなげとか、
這ってでもゴールしろとか、
そういうニュアンスの言葉を
日常的に言われているんだと思います

「プレッシャーをかけて選手を管理する指導者があまりに多い」
とありますが、
精神論は古いと言われながらいまだに精神論なんです。

小中学生のころから(種目によっては幼児のころから)
それが当たり前で洗脳されていますから、
自浄能力がないのでしょう。

今回の飯田さんの件でも、
倒れた時点でやめたら、精神的におかしくなって
しまうだろうからレースを続けるべきという
コメントも見かけましたが、そこがいちばんの問題なんだろうと思います。
そうであってはいけないことに気が付いていないのです。


【法廷から】元マラソン女王はなぜ万引を繰り返したのか
2018.4.30 12:00
https://www.sankei.com/premium/news/180430/prm1804300011-n1.html

いったん心身がおかしくなってしまうと治らないですね。
引退してもなお、病み続けるアスリートは他の職業より多いのです。

若死にした円谷、アベベ・・・の当時は女子マラソンはありませんでした。
(1972年ごろから始まった新しい競技です)

先日スピード離婚した鈴木明子さんも、
動画を見ていて、鈴木さんちはやっぱりおかしいと思いました。


スポーツは健康に悪い 女性アスリート2割が疲労骨折を経験
http://blogos.com/article/131110/
========================引用はじめ
前から申しておりますが、スポーツは健康増進に役立つから、国体だのオリンピックだのに公費をつぎ込もうというのはもうやめて欲しいものです。

 人体のスペックを超えた酷使を体に与えるスポーツが体にいいわけがありません。

 そのスポーツの振興に多額の税金を投じるのは健康を害することを促進するようなものです。ただでさえ健康保険はパンク常態でありそれを悪化させようとするようなものです。

 また、少子化が問題だと大騒ぎしながら、生理がなくなるような若い女性を量産しているわけです。色々調べると、過度なスポーツが原因で子供をさずることができかった女性の話などもあります。そのような害があるにもかかわらず、スポーツが健康促進になると宣伝し、公金を浪費するのは、頭がオカシイとしか思えません。
 マラソン選手なんて20代で老婆のような骨をしている人が少なくないといいます。こういう人たちが実際に歳をとったら、どんな体になるのでしょうか。

 頂点を目指しても実際に頂点になれる、それで飯が食えるのは一握りです、多くは「敗者」となります。国が金メダルと取るために子供を作る機能を失ったり、健康を失ったりする女性を大量生産することに何の意義があるでしょうか。
=======================引用終わり

そうなんですけれど、
最近は女性アスリート外来なんていうのがじゃんじゃん作られて、
ホルモン剤がじゃんじゃん投与されているそうですから、
女性たちがじゃんじゃん不健康になってもらって
笑いが止まらない人がいるんですよ。

SmartBox02.png
(画像は本文と関係ありません)

まあ、
競馬の馬のように殺処分されるわけではないから良いではないかと、
言われてしまえばそうなんですけれど・・・

もちろん当該選手が悪いのではありません。
競馬の馬のように扱う人々が問題なのです。

「プレバイオティクスダイエット」について

「プレバイオティクスダイエット」
別名「糖質コントロールダイエット」


牛乳、肉、卵でカルシウム、タンパク質、脂質を摂りましょう。
牛乳500ml、肉(魚、大豆)200g、卵1~2個、
糖質約130g(めやすとして牛乳500gで約25gご飯200gで約75g、計100g
+果物野菜調味料など)
…毎日食べるべき、最低限の量です。
牛乳の乳糖で腸内環境を整えましょう (美肌、便通のため)
牛乳の乳糖は腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなります。
オリゴ糖、クリープ、スキムミルク、サプリ用の乳糖、が合う人もいるようです。
化学物質をやめ、心のケアをしましょう。
化学合成医薬品、人工甘味料、お酒をやめていきましょう。


  詳しくはこちらをクリック→




その「やせごはん」が危ない!!健康になるためのダイエットで調理師なのに若くして亡くなった人?

RIMG0003.jpg
(”また!!” ゴジラみたいなゴーヤをもらったのですが・・・)

RIMG0005.jpg
(ピクルス風の浅漬けにしてみました。
しっかり下処理、苦みを抜いて、スパイスを入れてしまって失敗!!
もう一度洗いなおして、甘酢漬け風に漬けなおし・・・
う~ん、こういう食べなれない食材は面倒ですね。
その割においしいとは思えないし・・・
今度もらったら捨てさせてもらいます。

田舎では、体に良いからという流行で、
作物を作る人も多いのですが・・・
ウコンなんか作ってどうやって食べるの?(゚д゚)
みたいなこともあるんです。
http://ukonmania.com/taking/taking2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


31歳で亡くなったテラスハウス今井洋介さん 
心筋梗塞は過激なダイエットのせいなのか


2015/11/30 20:05

http://www.j-cast.com/2015/11/30251929.html
フジテレビ系番組「テラスハウス」出演で話題になった写真家で音楽家の今井洋介さんは、心筋梗塞のため31歳の若さで突如亡くなった。その原因は不明のままだが、過去のある不健康な行為があるのではとの憶測も出ている。

今井さんは、2014年3月までテラスハウスに1年近く出演した。一つ屋根の下で男女6人が共同生活を送り、恋愛模様を繰り広げる番組で、今井さんが振られながらもアタックする姿は、ネット上でも反響を呼んだ。


news_20151130194555-thumb-autox380-77267.png
ブログで体の激変を報告していた


100キロの体重を半年で65キロに減らす

その後、今井さんは、様々なメディアに露出を続け、15年11月22日は、6時から4時間、FM横浜の生放送番組に出演していた。

報道によると、亡くなった翌23日も、東京・六本木のクラブで2時から1時間近くDJの仕事をし、その後、鎌倉市内の自宅に戻って就寝した。しかし、同居している母親が夜になっても起きてこないのを心配して部屋に入ると、すでに息がなかった。救急車で病院に運ばれたが、この日の午後1時ごろには死亡していたとみられている。

日本人の死亡原因としては、がんに続いて、心筋梗塞などの心疾患が多く、特に年齢が上がるほど多くなっている。しかし、14年は、4万人近くが急性心筋梗塞で亡くなっているが、30代での死亡は、164人に過ぎない。20代では16人だ。若い世代では、男性の割合が20、30代でそれぞれ8割強を占めるほど多い。

厚労省の健康課によると、心筋梗塞のリスク要因としては、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙、家族歴がある。

今井さんの場合は、過去に100キロも体重があったことがあり、脂質異常症となっていた可能性がありそうだ。ブログによると、ラーメンばかり食べていたのを2010年にダイエットをして、半年間で体重を65キロまで減らしたという。しかし、これでリスクが完全になくなるわけではないという。

=============================引用終わり

今井洋介さんは、タバコも酒もやめて、
とても健康に気をつかっていたらしいです。
今井洋介の心筋梗塞の原因に隠された衝撃の背景がヤバすぎる!?



それだけではありません。
今井洋介さんは調理師の免許を持っていて、
レシピ本なども出版されていたらしいです。

クックパッドの記事からです。
http://news.cookpad.com/articles/3523
==========================引用はじめ(抜粋)
人気番組「テラスハウス」出演の今井洋介が35kg!
減量できたやせごはん

5ca391002d7e7f75981754c14cafd516.jpg

100kgだったボクがポジティブになれたやせごはん

c92841a21754152d2d198be225693efc.jpg
減量前100kg以上あった頃

2014年10月までにフジテレビで放送されていた青春密着リアリティーショー「テラスハウス」に出演していた今井洋介さん。現在は、写真家やファッションモデル、音楽家としても活動していますが、そんな今井さんは過去に体重を100kgから35kgも減量した経験があるそうです。調理師免許をもち、食べることも大好きな彼が、カロリーを抑えながら腹持ちも良く、かつ美味しいものを食べながら瘦せることができないか、自身の身体を実験台にしたレシピが集まった本『100kgだったボクがポジティブになれたやせごはん』(KADOKAWA)をこの冬刊行。その中からのおススメレシピをご紹介します。

納豆の大根じゃこサラダ 76kcal
とろろめかぶ納豆丼 403kcal
豆腐チャーハン 314kcal


==============================引用終わり

(おいしいかなーこのレシピ・・・いらんわ)

私は今井さんのレシピ本などを読んだわけではないので
個人的な推測となりますし、
亡くなった原因はダイエットだけではなかったかもしれませんが・・・

今井さんは、肉や乳製品の飽和脂肪酸は健康によくないと思っていた可能性があります。

ラーメンばかり食べていて太ったからといって、今度は大豆ばかりを食べるようにしても、
健康に良いとは限りません。



肉や乳製品にある、飽和脂肪酸を摂らないことは、
多すぎるより危険かもしれません。

国立がんセンターのHPより
======================引用はじめ(抜粋)
飽和脂肪酸摂取と循環器疾患発症の関連について
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3273.html

jphc_outcome179_img001.jpg

jphc_outcome179_img002.jpg

jphc_outcome179_img003.jpg

また、脳卒中と心筋梗塞・急性死をあわせた全循環器疾患との関連では、飽和脂肪酸を最もたくさん摂取する群でリスクが最も低い結果であり、最も少ない群に比べて発症リスクが18%低下していました。この集団においては、心筋梗塞よりも脳卒中の発症数が多く、循環器疾患全体としては、脳卒中によるリスク低下の影響が大きかったためです。

この研究から言えること

従来、飽和脂肪酸は血清のコレステロール値を高くし、将来的に粥状動脈硬化になりやすくなることから、摂取を控えるような指導がなされることがありました。一方で、最近の結果から、飽和脂肪酸は無害であり、制限する必要はないという説もあります。今回の研究結果からは、日本人におけるこうした議論のひとつの決着として、「飽和脂肪酸摂取は、多すぎても、少なすぎても良くない」という結論が得られました。この結果は、日本人で約40年前に発見された「血清コレステロール値は、高すぎても低すぎても良くない」という知見とよく一致しています。
本研究と過去の日本や欧米で実施されたいくつかの研究を総合的にみると、脳卒中並びに心筋梗塞の発症リスクが低いのは、飽和脂肪酸の摂取量が1日に20g前後の集団と考えられます。そのような人の食事を今回の研究で用いたアンケート調査結果に当てはめてみると、たとえば牛乳を毎日コップ1杯(200g)、肉を2日に1回(1回につき150g程度)の摂取でした。
==========================引用終わり

国立がんセンターの引用記事に書いてある
理想的な飽和脂肪酸の摂取量20gはだいたいどれぐらいの量かというと、
ラードには39%の飽和脂肪酸があるわけですから、
脂身付きの豚ローズ約200g(とんかつソテー用2枚)/1日に相当します。

>たとえば牛乳を毎日コップ1杯(200g)、肉を2日に1回(1回につき150g程度)の摂取
だと、バターや卵、洋菓子等も食べて、
バラ肉などの脂の多い部位も食べてのことだろうと思われます。

私の計算では、納豆だと、1キロ食べても、飽和脂肪酸は20gには達しません。
少食の人や、和食では、よほど気を付けて食べるようにしないと不足する量です。


大切なのは飽和脂肪酸だけではありません。
赤身の肉には、赤身の肉以外では摂りにくい、亜鉛などがあります。
牛乳には牛乳以外では摂りにくい、カルシウムや乳糖があります。


じゃあ体重を減らしたい人はどうしたらいいかというと
これはホリエモンもやせたという、刑務所ダイエットにつきます。
規則正しい生活をし、
毎日3度3度、バランスの良い食事をするのがいちばんです。


当ブログのスポンサー様のサイトです。
こちらからサイトにお入りいただき、
お買い物をしていただくと管理人は喜びます。\(^o^)/

お酒による酸欠と、CPAP、シーパップの闇

RIMG0002 (1)
(今が旬、小イワシの、梅酢煮です。
頭とはらわたを取り、
酒、梅酢、砂糖、しょうゆ、みりん、などで煮ます。
生姜もたっぷり使ってさわやかに。

100VのIHとジオプロダクトで煮ました。
今は気温が高いので、余熱調理もうまくできるようです。
10分ほど煮て、タオルをかけて余熱を、数回繰り返すと、
骨がやわらかく、しかも、身がしっとりふっくら炊けるようです。)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お酒の害としては肝臓病が有名ですが、
酸欠にもなりますよ、というコメントをいただきました。

お酒で酸欠(貧血)になる人は多いみたいです。

==========================引用はじめ

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5010096.html?from=navi_recommend

アルコールで貧血を起こす事があるのはなぜ?
急性アルコール中毒?

.
質問者:nyanneko
質問日時:2009/06/02 08:14
回答数:3件
.

30代前半の女性です。
20代はアルコールを飲んでも、通常の酔いのみだったのですが、
ここ数年、時々お酒を飲むと貧血を起こして倒れる事があります。
貧血症状は区々で、ビール中ジョッキを5~6杯飲んでも平気な時もあれば、
小さいグラスに1杯飲んだだけでも貧血を起こす事があります。
空腹に近い状態の時に起こる事が多き気がしますが、
飲酒前にご飯を食べても、貧血になる事があります。
酔った症状もなく、急に血の気が引いた感覚になり倒れてしまうのですが、
これは、急性アルコール中毒なのでしょうか?
以前は週5~6日は飲んでいたのですが、最近は貧血が怖くて
1週間に1度飲むか飲まないか程度になっています(>_<)

健康の為には、飲まない方が良いのでしょうが、
仕事上でのお付き合いや、友人との飲み会もあり、
お酒が大好きだったので、非常に残念ですし不思議です。
どなたか、この貧血の原因に心当たりのある方、
アドバイスを宜しくお願い致します。



No.3ベストアンサー

回答者: pequeno
回答日時:2009/06/04 00:30
.
私もお酒飲んだときよくそうなってました!といってももともと飲めない体質で、ビールならジョッキ半分、ワインなら小さいグラス1杯くらいでだんだん耳が遠くなって、体もしびれたようなかんじで血の気が引いて冷や汗かいて(そのときは顔面蒼白になっているらしい)気が付くとバッタリ倒れている(でもすぐに意識は戻る)というかんじでした。
それで病院に行ったりはしていないから原因はわかりませんが。。。
そこまではならない時もあるんですが、疲れていたり体調が少しでも良くないとそうなりやすい気がします。

でも、私も以前気になってネットか何かで調べてみたことがあります。あてはまりそうなのは、脳貧血じゃないかなと思うのですが。(確証はありませんが)何かの理由で血液が脳に行かなくなって脳が酸欠状態になる、立ちくらみやなんかの一種みたいです。いわゆる貧血というのとは違うみたい。(貧血は血の成分の問題)ちなみに血圧は低いほうですか??

私は幸いお酒が好きではないため今は全く飲みませんのでもうこのような心配はないのですが、お酒が好きで飲みたい人にはつらいですよね。

今後も飲む予定がおありなら、お医者さんに相談してみたほうがいいのかも。だって倒れるのがいつも安全な場所とは限らないですから。。。

============================引用終わり

こういう人って多いみたいです。
他にも質問がありました。
しかし、こういう質問するってどういうことでしょうか、
お酒をやめるしかないじゃないですか。
お酒をやめれば一発解決なんですから。

私はお酒を飲むと、
首を絞めつけられるような感じ(気道や血管が狭くなるような感じ)がするので飲みません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ところで酸欠といえば、睡眠時無呼吸症候群が有名ですが、

なんと、
私の妹が寝るときに、CPAP、シーパップという人工呼吸器のようなものを
すでに2~3年使い続けているというのを聞いて大変驚きました。
(今でも信じられません!!)


yjimage.jpg
(お借りしたイメージです)


だいたいこういうものは太っている人が使うものだと思っていました。
この男性↓↓のように・・・
http://www.nacos.com/hidehiko/apnea/apnea2.html
しかし妹は太っていません。
むしろ中年にしては、スリムなぐらいです。
たしかにあごは小さいですが、首が太いとも思いません。
お酒もほとんど飲みませんし、タバコも吸いません。
「自分は健康情報に詳しい」と言っていて、
あれこれとアイハーブでサプリを買って飲んでいるぐらいです。

それなのにこういうものを使うって、どうなんでしょうか。
使いはじめたら一生使い続けるのが前提みたいですが、
太っている人なら、痩せればやめることができるかもしれませんが、
初めから細めの人は、それ以上痩せることはできません。

CPAPで、
睡眠時無呼吸症候群が治るわけではありません。
睡眠そのものを改善することには繋がっていません。
http://www.sleepapnea-treat.com/cpap/demerit.html


妹は、家族にいびきの音がうるさいと言われて病院へ行ったそうです。
クルマの運転中に寝てしまうとかは言ってません。

シーパップを使っていると、ちょっと外泊することもできないし、
(だから外泊を嫌がっていたのかもしれません。)
災害が起きて避難しなければならないと時とか、困りますよね。
介護してもらわなければならない立場になったらどうなるのでしょうか。


私は妹には、「あら、そうなの、それは大変ね。」としか言いませんが、
私が妹の立場ならこんな機械、使いません。

(実際、私もあごが小さいのは自覚していて、
体の調子が悪い時や、風邪をひいたときは
自分のいびきや息苦しさで目が覚めることがありますが、
日中いきなり眠くなることはないし、
牛乳を飲み始めてから、不思議なことに寒冷アレルギーのような、
くしゃみや鼻水もほとんどなくなったので、
あとは口や舌の体操とストレス対策で、予防していきたいです。)



Q&Aからです。
=========================引用はじめ

返しました

ふとっちょ
2010年10月11日 0:01

5か月間CPAPを使いましたが、苦しくて睡眠不足になったのでやめました。

私は太っていて首も短く、顎が小さいという典型的な睡眠時無呼吸の骨格です。最初はCPAPが苦しかったのでマウスピースにしました。これはそれなりに効果がありました。付けて寝ても楽だったのですが、歯科の担当の先生が変わったら調整が下手だった所為か歯に負担がかかり歯の根を痛めてしまったので使用を中止し、再度CPAPに挑戦したのです。

でも、苦しくて使わない日の方が多かったので医師に相談するともう一カ月試してみてといわれました。念のため大きな病院で相談したところ、CPAPは本人に使う意志がなければ医者が無理に使えというものではないといわれました。

結局、かかりつけの医師に「やめます」と言って了解を得ました。

開業医はメーカーとの仲介をするだけで毎月何千円も入ってくるのだからこんなおいしい話はないですよね。(保険で何千円だから実際はもっと手元に入ってくるはず。)

私も逆流性胃炎なので目下運動と食事で痩せる努力をしています。CPAPは根本治療ではないですから。ちゃんとした病院に相談してみては?

============================引用終わり

おかしなことに、シーパップを使って眠れない場合、
睡眠導入剤が処方されることがあるらしいです!!
炎症を起こす場合は、
ステロイドやアレルギーの薬が処方されることもあるようです!!

CPAPに関しての、
医者と医療機器会社の”ぼろ儲け”は本当みたいです。

ビジネスジャーナルからです。

2014.07.16
.ヘルス・ライフ ヘルス・ライフ .
.弱者から搾取!
睡眠時無呼吸症候群(SAS)患者に巣食う
「医者と医療機器会社」ボロ儲けの実態

http://biz-journal.jp/2014/07/post_5428.html

hp7_16.jpg
使用を続けるだけで、高額な医療費が……。


皮肉にも
”使わされている人”は、まさに”弱者”かもしれません。
やっぱりいびきは運動と食事とストレス解消で、解決するのがいちばんでしょうね。