内分泌攪乱物質…人間とはなんと愚かな生き物か・・・


例えばインターネットでダイオキシンなり、DDTなりに、
どんな危険性があるのだろうと調べてみると、
たいてい、
通常の生活で摂取する量では問題がない,と書いてあります。
(魚だったらいろいろな産地(海域)のものを食べればいいと書いてあったりしますが。)

これは原発事故の放射線に対する、
ただちに健康への問題は出ない」と言うのと同じです。

一つ一つの物質は、それによってただちに影響はなくても
私たちはたくさんの種類の化学物質
…内分泌攪乱物質を摂って(いやでも入ってきてしま)いますから、
いわゆる”複合汚染”が問題になってきます。

殺虫剤や除草剤が入り、
魚からダイオキシンが入り、
加工食品から食品添加物、プラスチック、テフロンが入り
化粧品からエストラジオール、合成洗剤が入り、
合成ヘアカラーを使い、
ピルを飲んで、睡眠薬や、ステロイドを使う・・・

なんていう生活をしていれば、ただちに体の調子がおかしくなっても何の不思議もありません。



”複合汚染”といえば、有吉佐和子さんの著書ですね。
この本はすごく有名です。
40年も前の本なのに、いまだにレビューが付いているというのも
すごい話です。

無題
工業廃液や合成洗剤で河川は汚濁し、化学肥料と除草剤で土壌は死に、有害物質は食物を通じて人体に蓄積され、生まれてくる子供たちまで蝕まれていく……。毒性物質の複合がもたらす汚染の実態は、現代科学をもってしても解明できない。おそるべき環境汚染を食い止めることは出来るのか? 小説家の直感と広汎な調査により、自然と生命の危機を訴え、世間を震撼させた衝撃の問題作!


「農薬」に敏感でも「薬」には鈍感だった著者
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RDZJWXJP0M19C/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4101132127
=============================引用はじめ
4.0 out of 5 stars
By新姿三四郎on April 25, 2013
Format: 文庫
「恍惚の人」と並んで社会現象にまでなった名著。いまでもこの本の訴えかけるところは大きい。相も変わらず食品は汚染され続けているのだから……。日本におけるこの問題の「原点」とも言うべき本なのかもしれない。

だがこの本に私は決定的な違和感を感じる。それは何かと言えば「農薬」にこれほどしつこく食い下がり口に入れることを恐れる著者が、農薬の「農」の字がとれたただの「薬」になると、平気でポリポリ頭痛薬などをかじる描写が出てくることである。

農薬も薬も根源は同じ。「得体の知れない化学物質」でしかない(漢方薬などは別だろうが)。なぜ農薬にこれほどまでに危険を感じる著者が、農薬の「農」の字がとれたただの薬となると鈍感極まりない態度をとるのか、これが実に不思議だった。さらにこのことを指摘する人がほぼ「皆無」(少なくとも私はこのことを疑問にした文章や人を自分以外に知らない)なのもまた不可思議なことである。ざっとここのレビューを見てみたが、やはりこの「違和感」を記した人はいなかった。

筆者は亡くなる少し前あるテレビ番組に出演したが、明らかにおかしな様子だったことが伝えられている(「局から頼まれてやった演出だったという証言もあるが)。「不眠症が続いて睡眠薬が欠かせない」という発言もあったらしい。53歳という若さでなくなったことと、欠かせなかった睡眠薬。そこに何らかの関連があることを疑わざるを得ない。

農薬だけでなく「薬」にも筆者は注意するべきだった。もしそうしていたら、これほど若くして亡くなることはなかったのではないかと書いたら、いいすぎだろうか。それにしても複合汚染の著者が「睡眠薬が欠かせない」とは、何とも皮肉な話である。死ぬまでこの矛盾に気がつかなかったのだとしたら、何とも悲しい話だ。

==========================引用終わり

有吉佐和子ともあろう人が、
薬に関して何も考えていなかったことは、驚嘆に値します。

”奪われし未来”にしてもそうです。
私はおかしいと思っていました。
奪われし未来の著者は、
薬については、ほんとうにそれが、
悪影響のある化学物質であると気が付いていなかったのか
それともわざと薬について言及しなかったのか、
わざとならどうしてわざとはずしたのか、
読みながら不思議で(不信で)たまりませんでした。


こちらも40年も前の問題作、不良化粧品一覧です。
51onvdtKPbL._SX308_BO1,204,203,200_
こちらには、
女性ホルモンであるエチニルエストラジオール(合成エストラジオール)
入りの化粧品の被害がどんなものであるか詳しく書いてあります。
これだけ本に被害が書かれても、
いまだに合成女性ホルモン入りの化粧品は、製造販売されています。
スポンサーサイト

神をも恐れぬ不妊治療


o0400036814016977680.png

https://ameblo.jp/kikuichi-do/entry-12306327257.htmlからお借りした画像です。
本文とは関係ありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


若い女性が不妊の手術によって亡くなるというのは怖いですね。
私だったら、
こんなことでまず、全身麻酔なんてやりません。
無謀だと思います。

セクハラ報道を聞いているより、気分が悪いです。

自分の体の危険性だけではありません。
母体をいじればいじるほど、
子供への悪影響があるということは、
前回までの記事で書いてきました。

今回は超有名病院で人体実験が行われていたようです。

担当医らを書類送検 不妊治療、過って女性死なせた疑い
4/23(月) 20:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000063-asahi-soci
===========================引用はじめ
 不妊治療で国内トップレベルの技術を誇る「セントマザー産婦人科医院」(北九州市八幡西区)で2016年、不妊治療で過って女性(当時37)を死亡させたとして、福岡県警は23日、当時の担当医ら医師3人を業務上過失致死の疑いで書類送検し、発表した。

 書類送検されたのは、担当医だった男性医師(37)=東京都墨田区=のほか、治療に立ち会った男性院長(68)と男性医師(37)=いずれも八幡西区。

 捜査1課によると、担当医は16年11月16日午後、福岡県宗像市の会社員女性の卵管に空気を入れる通気治療を実施。この際、通常の数倍以上の空気を入れて女性を心肺停止状態にし、約2週間後に空気塞栓(そくせん)による多臓器不全で死亡させた疑いがある。

 院長は、事前に通気治療の危険性の指導を怠り、もう一人の男性医師は通気治療を止めなかった疑いがある。担当医は容疑を認めているが、他の2人は一部を否認しているという。

 担当医らは、腹腔(ふくくう)鏡を使いながら子宮口から水を流し、卵管のつまりを除く治療を実施。つまりは除かれたため、院長は治療を終えるよう指示した。しかし、院長が外した後に通気治療を行っていたという。捜査関係者によると、医院側は当初、大量の空気を注入したことを遺族に説明していなかったという。

 担当医が腹腔鏡を使いながら通気治療をするのは初めてで、調べに「危険だという認識はあったが夢中になってしまった」と説明。県警は担当医については起訴を求める「厳重処分」の意見をつけた。担当医は医院を退職しているという。

 医院は23日、「事態を重く受け止め遺族におわびしている。捜査に全面協力しており、現時点では内容に対する回答を控えたい」とのコメントを出した。(菅原普)
朝日新聞社
============================引用終わり



https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180423-00390383-fnn-soci
このニュース記事へのコメントからです。

============================引用はじめ
v******* |

私が通っている不妊治療専門病院は、今回事故があった卵管造影の際も、少しの検査の際も、必ず夫婦2人の承諾書を書かされる。
「リスクは承知のうえで受けますよ」という承諾書。
これを書かないと検査をしてもらえないのでもちろん書くが、常に不安にある。
実際、ある検査が終わった直後に腹痛と高熱による震えが出てしまい、他の病院に緊急搬送されたことがある。
不妊治療は、治療費も体の負担も相当なもの。
やっと不妊治療の実態が少しずつ当事者の口から語られる時代になってきたのだから、これから不妊治療を考えている人のためにも、「リスク」に関してはもっと細かな説明がなされるべきだと思う。
今回のこの件はとても痛ましく残念なこと。でも、これは特別な検査だったわけではなく、不妊治療のけっこう初期段階に行う検査なので、こういったリスクは自分の身にも起こるかもしれない、ということは覚えておいた方がいい。
==========================引用終わり



それにしても
この産婦人科医院そのものが、
なんだかなー
運営に問題はありませんか?
https://www.honjiivf.com/ja/2016/12/18/ジネコ掲載の順子さん、1218福岡説明会で講演%EF%BC%81娘/
産婦人科医も、正気ではできない職業なんですかね?

内分泌攪乱物質・・・合成ホルモン製剤の危険性


0703_2.gif
http://kccn.konan-u.ac.jp/konan/kankyo/07imai/070301.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当ブログでは、女性ホルモン様物質とか、エストロゲン様物質とか
ホルモンかく乱物質とかいう言葉を使っていましたが、
本来は内分泌攪乱物質という言葉を使ったほうがいいみたいですね。


内分泌攪乱物質
https://ja.wikipedia.org/wiki/内分泌攪乱物質
===========================引用はじめ
『沈黙の春』が発表された直後の1960年代後半からすでにDDTなどがホルモン的作用をする可能性が指摘されていたが、一般には1997年に出版された『奪われし未来』[2]が指摘したことから注目された。またフォム・サールらがDES(ジエチルスチルベストロール)について「低濃度でだけ」影響が現れる場合があると報告したが[3]、従来の毒性学によれば低濃度で出た影響は「高濃度でも」見られるはずであることから、学術的にも問題視された。

河川、湖、海岸付近など、人間社会の近くに生息する魚類、貝類などの調査により、環境水中の内分泌攪乱化学物質の影響で生殖機能や生殖器の構造に異常が生じる現象が報告されている。ただし、こうしたメス化は、化学物質の作用ではなく、下水から排出される屎尿、つまり女性の尿に含まれる女性ホルモンのせいではないかという報告もあり、現在では人間の人口が爆発的に増えたため人のもつホルモン自体が他の生物に影響をあたえたものも多く指摘されている[4]。
============================引用終わり

私は書籍「沈黙の春」がどーとか、「奪われし未来」がどーとか書いています。
もちろんそれに対する反論があることも知っています。

しかしその反論は、私を納得させられるものではありません。
ネット上では、ホルモン攪乱物質は、低濃度でだけ影響が出て、
高濃度では影響がないというようなものを見たことがありますが、
やっぱり問題になっているようですね。

人間が増えて、人間のし尿が増えたので
それに含まれる女性ホルモンが
悪影響を与えているといったものもあります。

しかしこれもおかしな話です。
だいいち人間には男もいて、男性ホルモンもあるし、
そのほかの副腎皮質ホルモン(ステロイド)なども同時にあるはずです。
それらの影響はないのでしょうか。

恐竜やマンモスが闊歩していた時代、野生動物の楽園だった時代
野生植物が繁茂していた時代があったはずです。
これらの時代には、今より天然ホルモンがたくさんあったのではないかと思うのです。

(もちろん絶滅した動植物は数多くありますが、
自らの、あるいはほかの種のホルモンによって
子孫が残せなくなったなんていう話は、聞いたことがありません)

今の下水に含まれている、問題がある物質は、
人間の女性が自然に排出している女性ホルモンだけではないはずです。
私たちはおびただしい量の、ピルや、ステロイド剤や、
そのほかの薬剤が処方されています。
どこから排出されているんでしょうか?
尿や便ですよ!!


私は、ミレーナという、、
合成黄体ホルモンを、5年間も安定的に放出し続けるという、避妊リングが、
避妊や子宮内膜症などによく使われているという事実に驚きました。

不安定な子宮の中で・・・小さなプラスチック片が、
5年間も安定的に合成ホルモンを放出し続けるんですよ!!

副作用がひどいらしいのですが
当たり前だろ!!と言いたくなりますが・・・

恐ろしいですよ!!
こういう危険な物質が下水道に流れているのは間違いありません。
IUS1.jpg



合成ホルモン剤に良い話はないというのが実感です

ウィキペディアの内分泌攪乱物質の項目にも出てくる
ジエチルスチルベストロールについてです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジエチルスチルベストロール
============================引用はじめ
ジエチルスチルベストロール(Diethylstilbestrol)は、かつて流産防止剤などに用いられた合成女性ホルモン(合成エストロゲン)の薬剤である。略してDESとも呼ばれる。
誘導体に、DESのフェノールの水酸基がリン酸に置き換わったホスフェストロール(英語版)があり、こちらは前立腺癌治療薬として用いられていたが、現在は日本を含むほとんどの国で使用が中止されている。

目次 [表示]

概要[編集]
DESは1938年にイギリス・オックスフォード大学のLeon Goldbergによって合成され、女性ホルモン様作用が発見されて1941年以降安全な切迫流産防止剤として広く用いられた。米国においては、1938年から1971年にかけて500-1000万人に処方されたとされる。また、更年期障害・老人性膣炎・不妊症に対しても処方が行われた。
また、1950年代より家畜の肥育促進用として飼料添加が行われた(現在はほぼ禁止)。
1970代以降、胎児期にDESの暴露を受けた女性に(通例稀な)膣腺ガンや子宮形成不全などの女性器障害が発生するとの報告が相次ぎ、米国のFDAは1971年に妊婦に対するDESの処方を中止するよう勧告した。その一方で多くのヨーロッパ諸国においては1978年まで、第三諸国においては1994年まで使用され続けた。
なお、日本では1964年に高杉暹が動物実験の結果からDESの発癌性を報告し、厚生省は1971年に妊娠中の使用を忌避する通達を出した。DESは日本国内の製薬会社により1941年-1973年に製造されているが、多量には使用されなかったとされる。
人間に対する影響[編集]
胎児期における暴露の影響は、女児が男児より強く影響を受けるとされる。女性におけるDESの影響は、摂取者では乳癌発生、胎児暴露者では性器の発がん・性器形成不全など。男性においては性器形成不全・精子濃度低下・不妊などが報告されている。
現在、DESはIARC発がん性リスク一覧のGroup1に分類されている。
=============================引用終わり

0703_3.gif
http://kccn.konan-u.ac.jp/konan/kankyo/07imai/070301.html



子宮内膜症だけではない、若い人の乳がんも増えている、なんと罹患率は11人に1人

RIMG0002yyyyvmj.jpg

16日の朝のワイドショーで、
元SKEの25歳のアイドルが、乳がんで乳房摘出をしたと言っていました。
最近若い人のがんの発症の、ニュースを見ることが増えたと思います。

私は近藤誠さんが言っていることは正しいと思いますが、
こういう若い人に、
「がんは治らないから放置しておきなさい」・・では通用しないと思います。

どの先生も、がんの原因はわからないと言いますが、
「原因がわからない」あるいは「食生活の欧米化」では、
がんは増えるばかりで少なくはなりません。

専門医が「これからますます増えますよ」というばかりで、
減らす努力をしないのはやっぱり金儲けですかね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

乳がん、子宮内膜症、自己免疫疾患といった、
最近爆発的に増えている、ちょっと厄介な病気の原因は
(処方薬を含む)内分泌かく乱物質の影響が大きいことは間違いないようです。

食物連鎖の頂点にあり、寿命が長く、妊娠授乳期間も長いヒトは、
他の動物より危険といえます。


ウィキペディアの生物濃縮からです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/生物濃縮

=========================引用はじめ
生物濃縮

Bioakkumulation_von_schadstoffen.png
ピラミッドの上位で濃縮されるイメージ

生物濃縮(せいぶつのうしゅく)は、ある種の化学物質が生態系での食物連鎖を経て生物体内に濃縮されてゆく現象をいう。生体濃縮(せいたいのうしゅく)[1]ともいう。
疎水性が高く、代謝を受けにくい化学物質は、尿などとして体外に排出される割合が低いため、生物体内の脂質中などに蓄積されていく傾向がある。特定の化学物質を含んだ生物を多量に摂取する捕食者では、さらに体内での物質濃度が上昇する。食物連鎖の過程を繰り返すうち、上位捕食者ほど体内での対象化学物質濃度が上昇する。


環境問題[編集]
生物濃縮による環境被害は、レイチェル・カーソンが著書『沈黙の春』でDDTなどによる生物濃縮問題を論じたことで、よく知られるようになった。すなわち、上記のような生物濃縮されやすい物質の性質を、たとえば一部の農薬や重金属も持っているということである。農薬の場合、水に溶けにくいことや分解しにくいことは、実際に農地に散布した場合にその効果が長く保てることから、優れた性質と考えられていた面がある。その最初の例であるDDTもこの性質を持っていたため、高次消費者に高濃度で蓄積する結果を招いた。つまり、「人為的な廃棄物の中では微量であったものが、重要な影響を与えうる濃度にまで上昇する」というものである。
カーソンの指摘の後にはさまざまな論争が起こったが、「少なくとも農薬に関しては残留しにくいものをできるだけ少量を効果的に用いる」という方向に変換された。
除草剤や殺虫剤などに含まれる人工的な化学物質が生物濃縮され、致命的な毒性を現すことがある。1949年、カリフォルニア州クリア湖でユスリカの駆除のためにDDD(ジクロロ-ジフェニル-ジクロロエタン)が散布された際、数年後にクビナガカイツブリが多く死亡した[2]。のちの調査により、湖水と比較して8万倍の濃度のDDDが水鳥に蓄積されていることが明らかになった[2]。
海洋生態系の最高次生物であるクジラ類への生物濃縮はとくに深刻な場合がある[3]。北太平洋西部での調査では、スジイルカに残留するDDTおよびPCBの濃度が海水と比べてそれぞれ3700万倍・1300万倍も濃縮されていることが示された[3]。有明海のスナメリやアメリカ・地中海のハンドウイルカからも、同様の化学物質の蓄積が確認されている[3]。クジラ類はアザラシと比べて出産や授乳によって母から子へ移行する化学物質の割合が高いことが指摘されており、クジラ類の寿命も長いことから、生物濃縮によるクジラ類の汚染は簡単には収束しないとされている[3]。
水銀中毒やカドミウム中毒、放射性降下物の生物濃縮も問題である。
=======================引用終わり

この記事ではクジラの例ですが、
出産や授乳で科学物質が子に移行するというのは、
素人でも想像に難くないです。

生物濃縮によるクジラ類の汚染は簡単には収束しないとされている[3]
などとウィキにしれっと書いてあるのを目にするのは怖い話でもあります。
クジラはピルやステロイドを使いませんし・・・

クジラ類は、寿命が60~70年ぐらい、それ以上のものもいるようですが、
アザラシの寿命は30年ぐらいで、6歳ぐらいから繁殖できるらしいです。
寿命が長い生物に濃縮するというのも、やっぱり怖い話です。

人類がやっぱりこれはまずいと気が付いた時点で後悔しても、
元には戻れないと言っていいと思います。

                         つづく


http://www.nies.go.jp/kanko/news/18/18-5/18-5-03.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/内分泌攪乱物質


他人事じゃない、子宮内膜症の症状はあまりに激しい

karuta.gif
https://matome.naver.jp/odai/2147472427580045601
(画像は本文と関係ありません)
http://www.jasfa.jp/material/psp-attention.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回はコスモポリタンのレナさん、テッシーさんの記事を紹介しました。
これは遠いアメリカ人の話ではありません。
当然日本の女性でも、重い子宮の病気で苦しんでいる人がいます。

環境中の化学物質は少なくなることはありません。
安定性が高いので凝縮していくことでしょう。
終戦後のDDTがまだ検出されるらしいですから・・・

明日は我が身です。
自分はぎりぎりセーフでも、子孫はどうなるかわかりません。

子宮摘出後も、子宮内膜症の症状で苦しんでいる方いますか?
2010/4/623:36:38
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1239136762

========================引用はじめ
子宮摘出後も、子宮内膜症の症状で苦しんでいる方いますか?
私と同じような状況の方がいるか知りたいです。


現在41歳の未出産・独身女性(×1)です。

20代のころから、少々生理痛がきついことがありました。
ピークの2日目に、1回くらい鎮痛剤を飲んでました。
30代に入り、だんだんと痛みが強くなり、2,3回飲んだり、
鎮痛剤の効き目が切れると夜目を覚ましたり、
痛くて眠れないようになりました。
原因不明の体のだるさ、食後に気持ち悪くなりしばらく横になるなど、
おかしな症状も出てきました。
出血量もまあまあ多く、レバー状の塊もありました。


婦人科にかかり、子宮内膜症として治療を受けました。
「良くなるのだ」と思ってリュープリンを半年間打ちましたが、
女性ホルモンを止めた代償は大きく、生理痛の方がまだましというほどの
体調不良も経験しました。


子宮腺筋症が確認され、子宮がやや大きくなっていることがわかりました。
出血と痛みの負担に耐えられず、39歳の時に腹腔鏡手術で膣から
子宮を摘出しました。
医師からは「内臓との癒着はなく、きれいだ」と言われたので、
「これで楽になる…」と思ったのですが。

結局、すぐに腹痛がはじまりました。ほぼ毎日痛い。
卵巣は2つとも残してありますが、「生理のリズム」に乗って
腹痛(生理の時期の痛み)があります。
最近ではリズムも関係なく、痛い時期が続いたり、さほどでもない時期が続いたりします。


思うに…卵巣や膀胱、腸などに子宮内膜が浸食し、活動しているようです。
(卵巣のう腫はありません。「卵巣の表面に子宮内膜がくっついて痛い」って感じです。)
医師からは「癒着がなかった」ということでそれ以上の判断はされていません。
というか、お医者さんは、この「(閉経までは)治らない病気」から
逃げたがります。妊娠・出産の方が忙しいからでしょうね。


肛門奥の、直腸はひどいです。中温の焼け火箸で焼かれている感じで痛みます。
座薬の鎮痛剤を入れますが、これも馴染むまでしみて痛くて二重に泣けます。


(中略)


痛みがひどいと一晩に座薬を3つ入れ、飲む鎮痛剤を服用、
それでも痛くて眠れない。
最近、「健康な体で子宮内膜症を患う」現実に、
耐えられなくなってきました。

========================引用終わり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://ds22.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~haisui/journal_j/no_14/environmenthormone.html