鼻炎の点鼻薬フルナーゼ、アラミストは外用ステロイドの中でも超危険、全身性の副作用があります。

steroid-nasal-spray.png

前回は小池百合子さんの「花粉症ゼロ」の話をおもしろおかしく書きました。

私は以前から問題だろうと思っていたのですが、
鼻炎のフルチカゾン、フルナーゼ、ナゾネックス、アラミスト等の点鼻薬なんですが、
これは問題の多い、とても強いステロイドです。

知恵袋などで、市販の点鼻薬で依存になってしまったという質問に対して、
市販の点鼻薬はアブナイから使ってはいけない。
病院でフルナーゼを処方してもらいなさい。
あろうことか、妊婦さんにまで、産婦人科でフルナーゼを処方してもらいなさい・・・

薬の個人輸入のオ○サカ堂の
フルナーゼのレビューがたくさん!!205件も!!
https://osakado.cc/product_reviews/rpg/005628_flixonaxe.html
通年使うとか書いている人もいます。

アッと驚くタメゴローですわ


ステロイド=合成副腎皮質ホルモン製剤には星の数ほど種類があり
それぞれ強さが違います。
強さもピンからキリまであり、もちろん強いものほど、副作用も強いです。

ネットの書き込みにはフルチカゾンは効くがベクロメタゾンは効かないのだが、
なぜだろうなんていうものもありました。

当たり前です。

こちらはぜんそく用のフルタイドの吸入薬について書いてあるものですが、
喘息用吸入ステロイド剤フルタイド(一般名フルチカゾン)は危険
あわてて中止や他に変更も危険
副腎機能を測定のうえ、慎重に安全なものに変更を

http://www.npojip.org/sokuho/040409.html
フルチカゾンの危険性はベクロメタゾン等他のステロイドの80倍以上
喘息の人であっても他の薬に変えるようにと書いてあります。


点鼻薬のアラミストの副作用には、
局所副作用どころか全身性の副作用がばっちりありますし、
たった2週間で血中コルチゾール減少だとか白血球増加だとか、
爆弾級に恐ろしい副作用と思うのですが・・・

http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00056916.pdf
===============================引用はじめ
全身性ステロイド剤と比較し可能性は低いが、点鼻ステロイド剤の投与により全身性の作用(クッシング症候群、クッシング様症状、副腎皮質機能抑制、小児の成長遅延、骨密度の低下、白内障、緑内障を含む)が発現する可能性がある。特に長期間、大量投与の場合には定期的に検査を行い、全身性の作用が認められた場合には適切な処置を行うこと。

4.副作用
成人:通年性アレルギー性鼻炎患者を対象とした臨床試験(2週間投与)において、80例中6例(7.5%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告され、その主なものは血中コルチゾール減少2例(2.5%)であった。また、12週間投与した長期試験において、65例中1例(1.5%)に臨床検査値異常を含む副作用として白血球数増加1例(1.5%)が報告された(承認時)。
季節性アレルギー性鼻炎患者を対象とした臨床試験(2週間投与)において、149例中9例(6.0%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告され、その主なものは白血球数増加2例(1.3%)であった(承認時)

高用量の吸入曝露により、ラットの胎児において低体重に関連した胸骨の不完全骨化の発現率増加がみられ、ウサギでは流産が認められている。

==============================引用終わり

これが鼻炎の薬なのかとわが目を疑います。
こんなのありですか?
フルチカゾンフランカルボン酸エステルは喘息のフルタイドより怖い気がします。
詳しい人はご教示ください。



こちらは喘息用の吸入薬フルタイド、フルナーゼと同じらしいです。
フルタイド
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00048409.pdf
こちらには血中コルチゾール増加だとか白血球数増加だとかは書いてないみたいですね。
スポンサーサイト

小池百合子さん、あまりに頓珍漢でかわいそう

「希望の党を挙げてスギを伐採?」 
米山隆一・新潟県知事が「花粉症ゼロ」批判 

10/6(金) 16:39配信

産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000562-san-l15

300px-Governor_Koike.jpg

==============================引用はじめ
 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が6日発表した衆院選公約に「花粉症ゼロ」が盛り込まれたことについて、新潟県の米山隆一知事はこの日、自身のツイッターで、希望の党は党を挙げてスギを伐採するのか-と皮肉った。

 小池氏は記者会見で、花粉症は「とても身近な課題」で「社会的なある種のロス」になっているとした上で「林や森などの根源的な問題から、さまざまな医療、医薬品などの開発」に取り組むとした。

 米山氏はツイッターで「とりあえず『花粉症ゼロ』はどうやって?と思います。杉は国内の杉を全部きり倒すとして檜(ヒノキ)もブタクサもありますし…。画期的特効薬が出ない限り花粉がでる緑の植物を国内から一掃するしか手がなさそうですが…。実現するしないは関係ないんですかね…」と、現状ではスギを伐採するしか方法がないと指摘。

 「今般発表されたこの公約、党の皆さんは内容も見ることなく既にご賛同されていますので、これから『花粉症ゼロ』を実現すべく、挙げて杉の伐採と草むしりに邁進されるという理解で宜しいのでしょうか?なんだかえらく喜劇的だと思うのですが…」と批判した。
===========================引用終わり

いやいや杉伐採じゃないでしょう。
伐採をやり始めたら、花粉の出る植物はなにも作れなくなりますからね。

きっと小池さん自身が花粉症で
製薬会社から何かいいものもらって、
それでもって医療業界の広告塔になるんじゃないですか。
小池さんはかわいそうな人ですね。

いまや日本中の赤ちゃん、いやそれどころか胎児から死ぬまで
ステロイドやら免疫用製剤やら、
強い薬をじゃんじゃん投与されているんです。

小池さんはどれだけ薬があれば満足できるんですか!!
これだけ国民が薬漬けになっていて、
まだ足りないんですか!!

花粉症なんて、化学物質(主に薬)が原因です。
だから効く薬がないのです。
だから薬を使うとひどくなるのです。

小池さんそんなに薬が好きなら、ステロイドでも、免疫抑制剤でも、
抗がん剤でもやってみたらいい。
フルチカゾンでもリンデロンでも
じゃんじゃんやればいい。

いつまでも薬に依存していると、病気は治りませんよ!!


ところで!!恋ブラがほしい!!
0510182264abc_1.jpg
これ、高さがあって、おっぱいのホールドがいい!!

がんより怖いと思う潰瘍性大腸炎(自己免疫疾患)

RIMG001300s.jpg
小さな煮込みハンバーグというべきか、
大きな肉団子というべきか・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オリックス・安達了一が入院…『潰瘍性大腸炎の再燃』で登録抹消
9/27(水) 15:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00133027-baseballk-base

首相を苦しめた難病…オリ中道が潰瘍性大腸炎 育成ドラフト5位、自宅療養
http://www.sankei.com/west/news/170107/wst1701070070-n1.html

巷では怖い病気は”がん”がなにかと話題になるようですが、
それよりもこっちのほうが怖いです。
自己免疫疾患です。潰瘍性大腸炎です。
10代で発症するなんていう人もいるし、働き盛りで仕事に支障が出たり、
大腸全摘なんていうことになったりします。

ちなみに安達了一さんは29歳だそうです。
中道さんは、22歳ですね。

こういう病気の人たちがどういう薬を投与されているか知っていますか?
患者さん自身もどういう副作用がある薬か知らない可能性が高いです。


ウィキペディアのメサラジンの副作用です。
============================引用はじめ
副作用[編集]

一般的な副作用は、下痢、吐き気、痙攣、腹の張り[2]であるが、稀に頭痛、症状の悪化、超過敏反応(吹き出物、蕁麻疹等)、脱毛、急性膵炎、肝炎、ネフローゼ症候群、血液疾患(無顆粒球症、再生不良性貧血、白血球減少症、好中球減少症、血小板減少症等)が起こることもある。

サラゾスルファピリジンより副作用は少ないが、稀に以下の副作用が起こる。
アレルギーの肺の反応
アレルギー性心筋炎
メトヘモグロビン血症

重大な副作用は、
骨髄抑制、再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症、白血球減少症、好中球減少症、血小板減少症
心筋炎、心膜炎、胸膜炎、間質性肺疾患、膵炎、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、肝炎、肝機能障害、黄疸

である(全て頻度不明)[3][4]。

=============================引用終わり、

死に至るような副作用がてんこ盛り。
ステロイドより怖いぐらいですね。
しかし肝心なことがウィキペディアには明確に書いてありませんね。
アサコールで潰瘍性大腸炎が悪化するんです。
アサコールの添付文書には注意点としてちゃんと書いてあるんです。
それでもって半分ぐらいは効かないみたいです。
面倒でも医者より利口になって
添付文書を隅から隅まで読まないと自分の命は守れないようです。



私たちは薬の副作用というと、
薬を摂取しはじめると間もなく副作用が始まり、
薬の摂取を止めると、間もなく副作用も治ると思いがちですが、
そんなことはどこにも書いてありません。

ネット情報などではもしも副作用が出ても防げる
またはすぐ治るというイメージを持ちますが、
現実的には防ぐのは無理です。

薬を摂取してから数年たってから症状が出始めるということは普通にあります。
そういう副作用は怖いですね、治らないと言われています、
子宮頸がんワクチンの副作用なんかも、ワクチンの接種は1~2度で
接種後の数日から数週間後に副作用が出ます。
もちろん継続的に摂取しているわけでもないのに治りません。
そう、ワクチンの添付文書に書いてあります。
こういうのは薬害と認めようとしませんね。
説明書に書いたからし~らないっ…ってことでしょうか。
これが製造物責任法の正体でしょう。


例えばステロイドのけっこう頻度が高い重篤な副作用で、
大腿骨骨頭壊死というのがあり、
これについては、骨が死にはじめても痛みなどの自覚症状が出なかったり、
レントゲンに映らなかったりするらしいです。
痛みが出始めるのは、骨がつぶれてから・・・
骨がつぶれるまで数年かかるそうです。
そして骨がつぶれたら治りません。

間質性肺炎というほぼ100%薬の副作用で起こる肺炎もそうです。
間質性肺炎は初期のころは自覚症状がないらしいです、
数年たって自覚症状が出たころには、かなり進行してしまっている・・・

患者さんたちは、それで死んだからって、
副作用だと自覚している様子は感じられませんし、
医者は絶対に自分の口からは言わないでしょう。

(数年前に抗がん剤イレッサの間質性肺炎の訴訟事件がありましたが、
あの事件で、間質性肺炎が薬害であろうが副作用であろうが怖いものだし、
患者側はむくわれないようになっていると思いました。)


薬の摂取から数年という時間がたってから
副作用の自覚症状が出ても何も不思議ではないということです。

私自身、薬の副作用とは薬を摂取しはじめて効果が出ると同時に現れ、
薬の摂取を止めれば副作用も治まると思っていましたが、
それは勝手な思い込みでした。
それをわからせてくれたのが多羅尾美穂子さんの著書でした。
(ちなみに多羅尾さんの本は市販されていません)

これは全くの私見ですが、
アレルギーも含めて自己免疫疾患等の”難病”は、
ステロイド等の薬害スレスレの副作用、後遺症
または科学物質によるものだと思います。


ステロイドの薬害は、どうして出たりひっっこんだりするのかは、こういうこと・・・
rebound.gif
http://yoshiokajimusho.o.oo7.jp/atp4.htmからお借り。


ステロイドの副作用、後遺症、薬害の特徴は
ステロイド等の薬を摂取した後、
ある日突然(ストレス等で)わけのわからない
”まさにアトピーな!!”症状が出る。
あるいは症状が出たり引っ込んだりする(寛解、再燃?)
ステロイド以外効かないか、だんだん効きが悪くなる・・・


ステロイドは医療業界の自作自演に貢献する薬

RIMG0016.jpg
手作りポテチです。
香ばしさも甘みもうまみも濃厚で、満足感120%
食べ過ぎることもありませんね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ステロイドのウソの続きです。

ストロイドはよく効く薬だと書いてありますが、
これもウソです。
ステロイドを使ったことがある人ならわかると思いますが、
炎症を抑える効果が速攻で現れるというだけで、
すぐ効かなくなってしまいます。
っていうか、ステロイドで病気を治すことができないということは、
シロウトでも知っています。

ネットのうわさでは、近藤誠さんでさえステロイドは
よく効くから、依存すると言っているそうですが、
そんな馬鹿な!!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=301352

そうじゃないでしょ、
赤ちゃんのあせもや虫刺されにも、ちょっとした風邪にも
いきなりステロイドを処方されるから使っちゃうんです。
いったん使ってしまえば、
もうステロイド以外の薬(または抗がん剤レベルの強い薬)しか効かなくなるから、
依存症になるのです。

ステロイドにはいったん使ってしまうと
ステロイド以外の薬が効かなくなるという特徴があるんです。
私は脱ステで有名な皮膚科医の多羅尾先生の著書で、この事実について確信しました。

多羅尾美穂子さんのアトピー性皮膚炎という本にはこう書いてあります。
=============================引用はじめ
残念ながら、ステロイドを薬として使用する際に、安全に使用できる指針
(ガイドライン)は今のところありません。

ステロイドは即効性がありますが副作用も強く、よく”両刃の剣”にたとえられます。
しかも副作用は一般の薬とは異なり、かなり後から出ることが多いので、
副作用と気づかないうちに病気が複雑化(病気が化ける)します。

ステロイド外用薬はふしぎな薬で、湿疹、皮膚炎、虫刺されや口内炎などに
効果があるとされていますが、実際にはこれらの疾患に対しても、
ステロイドを使用しないほうが早く完治します。
うっかりステロイドを使用してしまうと、
ステロイド以外の薬がすべて効かなくなったり、
かぶれをおこしたりするようになります。

=============================引用終わり

これは大変な事実だと思います。

今、潰瘍性大腸炎にかかる人が爆発的に増えているそうですが、
次から次へと新薬が開発され治験などが行われているようです。

これを使うと潰瘍性大腸炎が悪化するよと堂々と書いてある潰瘍性大腸炎の新薬とか・・・
なんたらマブとかニブとか、抗がん剤みたいな名前の潰瘍性大腸炎の新薬とか・・・
そんな薬がいっぱいです。

それでも治験に飛びついている、ブロガーさんもいますね。

ひどすぎます。
なんでかっていうとステロイドが効かないからです。
ステロイド抵抗性っていうんですかね。
ステロイドが効かないということはステロイド以外の薬も効きません。
ステロイド以上に強い薬を、副作用におびえながら試してみるしかないのです。
すべての薬が効かなくなっても、試した薬の副作用だけは出ますからね~~。

医療業界の自作自演にこれほど貢献した薬もほかにはないでしょう。
潰瘍性大腸炎は、ステロイドなどの副作用または後遺症であることは間違いないようです。

実際潰瘍性大腸炎のブログ村などを見てみると、病院へ入院した後に発症した人とか、
他のアレルギーや自己免疫疾患を同時に患っている人もいますね。
それは当然でしょう。
ステロイドによって私たちの体に備わった免疫が
めちゃくちゃにされてしまったと考えられないでしょうか。



それとですね。
近藤誠さんはステロイドで胃潰瘍になる胃に穴が開く言っているようですが、
私が知る限りそんなことはステロイドの添付文書に書いてありません。
消化管潰瘍、消化管穿孔(穴が開く)と書いてあるんです。
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00058013.pdf
消化管を通らない注射液の添付文書にも、
消化管を通る飲み薬の添付文書にもです。

”胃”と限定するのと、”消化管”というのとではすごい違いだと思います。
特に潰瘍性大腸炎の人にとっては天と地ほどの差があるでしょう。

上のるいネットの記事はだれが書かれたのか知りませんが、
正確に書いてもらいたいものですね。


ここからはシロウトの推測なんで、
間違っていると思われる方にはご教示いただきたいのですが。

近藤誠さんも甘いところがあると思います。
血液のがんは抗がん剤で治ることが多いとか言ってますが、
薬の説明書を読むと、白血球が増えるとか減るとかいう副作用が本当に多いのです。
ステロイドもそうですね。
リウマチの薬の副作用なんて血液の異常が異常に多い!!
貧血になるって言っても普通の貧血じゃないです。
薬の副作用が抗がん剤で治るものでしょうかね。

近藤さんは潰瘍性大腸炎の経過が長くなると
(炎症によって)大腸がんになると言ってるみたいだけど、
潰瘍性大腸炎の炎症で大腸がんになる前に、
免疫抑制効果の高い薬をじゃんじゃん使うことによっでがんになりませんかね?
http://www.hmv.co.jp/artist_%E8%BF%91%E8%97%A4%E8%AA%A0-%E5%8C%BB%E5%B8%AB_000000000257972/item_%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%99%82%E6%B3%95%E3%81%AB%E8%BF%91%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%80%80%E9%95%B7%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%89%E3%80%8C%E5%85%8D%E7%96%AB%E5%8A%9B%E3%80%8D%E3%82%88%E3%82%8A%E3%80%8C%E6%8A%B5%E6%8A%97%E5%8A%9B%E3%80%8D_5433802

消化管の潰瘍という副作用がある薬を、
注射薬で、内服薬で、座薬で。腸注で・・・じゃんじゃん入れているんですよ!

そればかりじゃありません、
潰瘍性大腸炎がひどいので入院して絶食、ステロイドの投与で、
眠れなくなったので向精神薬を飲んでいるなんていうのもありました。
絶食させて、薬だけはじゃんじゃん飲ますのですから~~
もう、残酷物語ですよ。

事実は小説より奇なり。
これについては、松本清張さんや、宮尾登美子さんが
生きていっらっしゃったら意見を聴きたいぐらいです。

近藤誠さんも医療業界にころっとあざむかれましたね
医療業界に騙されているのはがん患者だけではないんですよ。
自己免疫疾患、アレルギーは、がんよりもっとえげつないです。
赤ちゃんや子供や若者がかかって、働き盛りで大腸全摘なんてことが起きます
自覚症状が強烈だから病院に駆け込まずにはいられません。

自己免疫性疾患に免疫抑制剤(免疫抑制効果が高い薬)が
じゃんじゃん使われている以上、
「免疫」という言葉を避けては通れないと思うのですがいかがでしょう?

これほどの毒薬殺傷事件はどんなサスペンスでも
観たことも聴いたこともありません。

ステロイドについて検索すると最初にウソが出てきます

RIMG0011.jpg
ふわふわ汁、
豆腐と、すりおろした長芋に片栗粉を加えたものを、
かつおの厚削りをたっぷり使った、濃い目の出汁で・・・
お刺身は安くておいしいびんちょうまぐろ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ステロイドは恐ろしい薬です。
私が長男にステロイド外用薬を塗ったのは30年ほど前になりますが、
当時は、ネットはなく、病院の薬の説明書もありませんでした。
ただお母さん同士の話の中で、ステロイドはヤバいらしいよ、
みたいな情報しかありませんでした。

そのうえ小児科医やお姑さんから、
赤ちゃんにこんな湿疹を作りおってーーーーーっ!!
母親失格だーーーっ!!みたいに怒られたものです。

今は良いですよね、ネットで説明書(添付文書)が読めるのですから。

しかし困ったことに、ネットで「ステロイド副作用」とかで検索すると、
まず検索上位にウソの情報が出てきます。

前回の記事にも書きましたが、
ステロイドは、私たちの体の中で作られている副腎皮質ホルモンと同じです。
というフレーズ(または紛らわしい表現)がありますが、これは嘘です。
まったく違うものです。

私たちの体の中で作られる、副腎皮質ホルモンよりはるかに、強い
人工的に合成された副腎皮質ホルモンの”ような薬”なのです。
添付文書にはいちいち”合成”と書いてありますから確かめてみてください
添付文書の一例です
皮膚外用合成副腎皮質ホルモン剤
劇薬リンデロンV外用剤

http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00011856.pdf

私は病院のHPなど、プロだったら、”ステロイド”ではなく
合成副腎ホルモン剤”と、書くべき(っていうかそう書かなきゃおかしい!!)、
人の体で作られる”副腎皮質ホルモン”と区別するべきだと思います。
http://pj.ninjal.ac.jp/byoin/teian/ruikeibetu/teiango/teiango-ruikei-b/steroid.html
こういうのは紛らわしいですね。



ステロイドの外用薬には全身性の副作用はありませんと書いてありますが、
これもウソです。

皮膚外用合成副腎皮質ホルモン剤
劇薬リンデロンDP軟膏

http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00001892.pdf
===========================引用はじめ
4. 妊婦,産婦,授乳婦等への使用
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては使用しない
ことが望ましい。[動物試験(マウス,ウサギ)で催奇形作
用3),4)が報告されている。]
5. 小児等への使用
低出生体重児,新生児,乳児,幼児又は小児では,長期・大量
使用又は密封法(ODT)は発育障害5)を来すおそれがあるので避
けること。

===========================引用終わり
急にやめると”下垂体・副腎皮質系機能の抑制”が起きるとも書いてありますし
大量、長期、密封療法で内服薬と同じ副作用が起きるとも書いてあります。

これでも、全身性の副作用はないと言えますか?
こういう薬が赤ちゃんにまで、じゃんじゃん処方されているんですよ!


正しく使えば怖くない薬です、とも書いてあるでしょう。
初めから正しい使い方なんてありません。
【用法・用量】
通常,1 日1~数回,適量を塗布する。
なお,症状により適宜増減する。

長々とした添付文書に、これだけしか書いてありませんから・・・
バカみたいでしょ?笑えるでしょ?

たっぷり塗って、治らなかったら、使い過ぎだと言われます。
少しづつ塗っていて、治らなかったら、こわごわ塗っているからだと言われます。
症状が出たときに塗って、症状が出ていないときには塗らないでいると、
塗ったりやめたりするから治らないと言われます。

まぁ、サーカスの綱渡りをやらされているのと同じです。
綱渡りだって、正しくやれば死にませんから~。
死ぬのはやらせた方じゃなくて綱の上での歩き方が悪いんですよ!


とにかく自分が助かりたかったら、
本当のことを知りたかったら
製薬会社が書いた正式な説明書(添付文書)を読むしかありません。
これだけはウソが書けないからです。
裁判になると唯一無二の証拠になります。
ウソがばれると製薬会社が裁判で負けるからです。
製薬会社はそんなへまはしません。

説明書は
リンクも貼れます。
コピペもできます。
だから自分が使っている薬はすみからすみまで、
何度でも読むべきです。
こちらから医薬品名を入力します
http://database.japic.or.jp/ctrl/attDocsForm
読まなきゃいけません。
病気ブログを書いている人で説明書は怖いから読まないと書いている人がいます。
とんでもないです。
若い人は高額医療は受けるなとは言いませんが。
その費用は税金や健康保険料で賄われているということを忘れないでほしいのです。

現実に向き合わないで、
「私の主治医はやさしいからラッキー、何でも言うこと聞いちゃう。」
私はこういうのイラっとします。

つづく