FC2ブログ

【サイコパスはウイルスより恐い伝染病】アリの一穴は十分ありうる話

Eb1ZMKmU0AAufSj.jpg
もうね、こういう数値は、デタラメ。
計画的に都合よく作られるんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここ数日感染者数が増加しています。
特に、新宿等の夜の街と言っていますが、
これも計画どおりに進められているにすぎません。

コロナ感染なら「見舞金」10万円…新宿区、在住者対象
2020/06/12 07:51

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200611-OYT1T50312/
=====================引用はじめ
 東京都新宿区は、区内在住の新型コロナウイルス感染者を対象に、1人当たり10万円の見舞金を支給する方針を固めた。感染すれば本人だけでなく家族も就労などが制限されるため、生活を支援したい考えだ。

 区内の感染者は10日時点の累計で463人に上り、世田谷区の491人に次いで都内で2番目に多い。新宿区によると、区内では3月下旬から繁華街の飲食店などで感染が拡大。その後、いったん減少に転じたが、現在は再び繁華街で若年層の感染が増加している。
 区は保健所の調査で、感染者本人と濃厚接触者の家族が、仕事を休まざるを得なくなって生活が困窮している状況を把握。収入が減って苦しくなった家計を助けることにした。
 区の担当者は「消毒液やマスクの購入に充てるなど、少しでも生活費の足しにしてほしい。なるべく早く手元に届けたい」と話している。区は、関連経費を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を開会中の区議会定例会に近く提出する。
======================引用終わり

夜の歌舞伎町の様子を動画で見ました、
警察か区役所かわかりませんが、職員が
拡声器で、客引きは違法だとかどーとかわめき続けていました。
こんなことを一般人がやったら、
確実に営業妨害でパクられるんじゃないかと、
そういうレベルの嫌がらせをやっていましたね。

そうやって営業妨害をやっておいて、
感染者は休業に追い込まれたから、
10万円あげるって、
検査を受けないではいられないように誘導していくんですね。
その結果が今回の感染者の増加でしょう。

こういう狂人の臭い芝居に付き合わされていると、
こっちの頭までおかしくなります。

私は30年陰謀論(今は事実)の研究をしています(笑)
学校はそれへの洗脳機関であると見破りました。
10年間ブログで情報の発信を続けてきました。

陰謀論(今は事実)のプロ(笑)であっても、
精神的におかしくなります。

サイコパスは伝染病なんです。
精神を病む人がますます増えるでしょう。
精神薬(つまり合法覚せい剤)をのむ人も増えると思います。


記事中、区の担当者が、
10万円で消毒液やマスクを購入してくれと言っているのも、
なさけなくなります。

私たちが、病気の人に見舞いをもっていって、
普通そんなことを言いますか?
本物の発達障害とは、こういう役人のことを言うんです。

栄養のあるものでも食べて、
養生してくださいぐらいのことがなぜ言えないのが、
本当になさけないです。



でもですね、悪事は長続きはしません。
人々は首長の一挙手一投足に注目し、
ちょっとした言葉尻も、決して見逃しはしません。
アリの一穴で牙城が崩壊するという可能性もあります。
ポジショントークしている山中伸弥等の学者、
テレビタレント、インフルエンサーも同罪ですね。

マドモアゼル愛さんは、
早ければ8月ごろに、小池さんの身に何かあると言ってます。
それまで、少しでも被害者が減るように、
情報発信を続けていきたいと思います。


次回詳しく書きます。
必見の記事です。↓↓

崎谷 博征
『ロックダウンは最も死亡率を高める政策』
https://ameblo.jp/nomadodiet/entry-12608525279.html

スポンサーサイト



心身の健康は、最後は自己責任。

人間の健康は自己責任です。
ここ一連の安倍さんの発言を聞いていて
(実は真剣には聞いてませんが)そう思います。

私はこの状況の中で、安倍さんは精神的に強い人だなと思います。

会食はやらないとしても
私たちだって楽しいことをやっていいんです。
安倍さんだって楽しいことをやるなとは言ってません。
だれかがゴルフをやっていたって、お茶してたって
3密じゃなければいいのです。


せめてこれぐらいのことは、一緒に祝ってあげたいですね。

中国 武漢 2か月半ぶりに都市封鎖解除
2020年4月8日 19時02分NHKより
封鎖解除を記念し一斉ライトアップ
K10012374161_2004080540_2004080543_01_04.jpg
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200408/k10012374161000.html


こんな記事も、
新型コロナ、紫外線が人類を救うこれだけの根拠 他国の感染状況から見る「6月終息説」
4/8(水) 16:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200408-00619191-shincho-soci


これからもポジティブなニュースは徹底的に否定し、
ネガティブなニュースや妄想に依存する人が、
存在し続けるかもしれません。
一種の依存症ですね。

今こそ心理カウンセラーや
法律家(テレビ局が放送法違反をやっていないか)
の出番かもしれません


人間にとって怖いのは感染症だけではありません。
これからは、自殺者が増えてもだれもおどろかないし、
ネガティブにとらわれて心を病んでも、だれも助けてくれません。


”今を生きる”は心の健康の基本中の基本ですね。
過去でも未来でもなく今を生きる!
2020-04-08 22:51:49NEW !
https://ameblo.jp/yukiya-happy/
====================引用はじめ
中国唐時代の禅僧・無業禅師の言葉で「莫妄想」というのがありますが、これは「妄想する莫(なか)れ」という教えです。
 
「妄想」というのは考えてもわからない事をアレコレといつまでも考え続ける事です。
 
過去を振り返って「あの時にああしていれば…」なんて妄想したとしても、今さらどうしようもありません。
 
逆にまだ来ぬ未来についてアレコレ妄想したとしても、未来の事はわからないし、それで今の生き方がおざなりになってしまっては本末転倒ですね。 
 
だから、妄想を断ち切って今を生きよう! 
 
今日という日を最高にできる人は明日も最高にできるし、人生そのものを最高にする事だってできるはずです。
 
だから過ぎた過去を追うなかれ。
まだ来ぬ未来を願うなかれ。
 
過去はすでに捨てられたものだし、未来はまだ来てもいないのだから。
 
そして「今」を生きましょう!
======================引用終わり 

今回のコロナ騒動が始まって以来、
私も声を大にして言いたかったことです。


動画↓↓
【予言は当たる】頭お花畑でいこう!「言葉」が人生を創るんだから!
10,940 回視聴•2020/04/08
https://www.youtube.com/watch?v=9N4UteHmhJA

結論、古本屋で古本を買って読みましょう。

コロナうつにならないために具体的な方法

さすがに、コロナ騒動もここまでくると、
うつうつとした気持ちになってきますよね。

テレビやヤフーニュースはネガティブな情報ばかりが
目に付きやすいようです。
ネガティブなニュースはわざわざ、
ニュース速報でやっていただけるww

こんな記事を見つけました。
私の気持ちを代弁してくれたようで、
良い記事だと思うので、以下に紹介します。
長いので少し短くしました。
お時間がある方は原文を読んでいただきたいと思います。


「コロナうつ」に陥らないために必要なのは“不安”と“情報”の関係を知ること 自衛隊メンタル教官に聞いた

s_dot-2020031700021.jpg

下園壮太2020.3.19 17:00
https://dot.asahi.com/dot/2020031700021.html?page=1

=======================引用はじめ

(1)不安は「情報量の多さ」を「正しさ」と誤解するのだから、その対策は、情報に触れる数(機会・時間)を制限することです。四六時中ニュースに触れるのではなく、一定の時間に制限したり、特定のニュース番組を見る、と決めることです。

(2)不安は「数字」によって煽られる
 人間は、国家予算の何十兆円という規模の数字の変化にはあまり不安を感じなくても、1000ぐらいまでの数の増減には敏感です。そのあたりまでは、実感できる数字だからでしょう。だから、今日の新たな感染者が「5名」、これまでの新型ウィルスによる日本での死者が「7名」といった数字を聞くと、あたかも自分の近くに危険があるように感じてしまいます。

(3)不安は危険情報を欲しがる
 安全だという情報は、見逃しても、命にかかわらないので、どうしても「危険情報」だけを探し出す癖があります。これが(1)で述べた「情報の量」にも影響します。

 今回のクルーズ船での感染予防対策に疑問を呈した医師の発言も、「正しい」というより、「危険」側の内容だから、広まってしまったのです。もし医師の発信が「安全だった」という内容なら、そこまで拡散しなかったと思われます。

 さらに現代社会では、インターネットで検索すると、それに類似した結果がカスタマイズされて結果として出てくるので、不安情報だけがさらに集まってくるという状況に拍車がかかっています。

(4)不安は口コミや身近な人の言動に影響を受ける
 人間社会における情報は、メディアが発達する以前、何万年と身近な人の言動による「口
コミ」が主体でした。その長い歴史が、本当の情報ほど密やかに、口コミで伝達されるという感覚を人々に刻んでいます。そのため、公の発表よりも口コミのほうが信ぴょう性を感じやすいのです。

 現代では、SNSが「口コミ」の役目を果たし、昔では考えられないほど、大規模、かつ強力に人々の不安を刺激しています。

■不安を増大させないための、有効な対処法

(1)~(4)まで、不安と情報の関係を見てきましたが、対処法はいたってシンプルに、それぞれの特徴の反対のことをすることです。

(1)不安は「情報量の多さ」を「正しさ」と誤解するのだから、その対策は、情報に触れる数(機会・時間)を制限することです。四六時中ニュースに触れるのではなく、一定の時間に制限したり、特定のニュース番組を見る、と決めることです。

(2)不安は「数字」によって煽られるのだから、その対策は数字による不安を感じたら、何らかの比較の対象を求めることです。数字は単独だと冷静に評価しにくいので、日本ではインフルエンザで毎年2000人を越える人が亡くなっていることを知れば、「●日現在の死者数、●名」という数字の感じ方も変わります。

(3)(4)、不安は危険情報を欲しがり、口コミや身近な人の言動に影響を受けるのだから、対処法はネット検索の時間を制限する、危険情報に触れた場合は、安全な情報にも意図して触れる、不安情報を過剰に口にする人とは、やんわりと距離をおくことです。

■不安の一番の問題は、「優先順位」を誤ること

 このような方法で不安を増大させないことは、「優先順位」を間違えないためにも大事なのです。

 冷静なときは、人はさまざまな情報をフラットに判断できます。ところが「漠然とした不安」に飲み込まれている人は、ひとつの情報に飛びつき、そこだけに注目して対応してしまいます。だから、将来の経済、将来の家族、将来の生活の不安につながる情報に動揺し、トイレットペーパー確保に必死になってしまうのです。

 おそらく、コロナウイルスの影響を冷静に考察すれば、長期的には「経済」が最も大きなテーマになるはずです。経営者はその意識を持っている人が多いと思いますが、そのほかの人も、冷静になって、そのことを考えるべきだと思います。このまま、経済活動を縮小してしまうと、マスクやトイレットペーパー不足にとどまらない影響が出てくると思います。

 不安をいたずらに増幅させず、コロナ対策として自分や家族がやるべきことを決め、あとは淡々と普段通りの生活や仕事をする。そういう人が増えることが日本社会にとって大切だと私は考えます。

 ただ、このような状態でも、私は日本人の力を信じています。災害とつきあい続けてきた長い歴史がある日本人は、不安の力をうまく活用できる民族だと思います。

 今回の漠然とした不安をエネルギーに、感染症対策が国民生活に浸透しただけでなく、時差出勤による満員電車の解消、テレワークやインターネット環境の積極的活用などが促進されています。日本人は必ず、この状況と経済とのバランスをとり、乗り越えるものと信じています。

====================引用終わり

経済を回すためにも、
できるだけ普段通りの生活や仕事はした方がいいと、
私も思います。
ホリエモンさんの言う通りですね。

私も、災害と付き合い続けてきた、日本人の力を信じたいと思います

コロナ騒動、こんなウイルス屁でもないと思うことにしましょう。

reuters__20200307120704-thumb-720xauto-187449.jpg
イタリアが大変なことになっているようですね。

大人の世界には本音と建前があって、
これをうまく使いこなすことが大切だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本の保健所ののらりくらり作戦は、うまくいっているようですね。

ヘマをやったのは韓国、
イタリアは大変なことになりそうですね。
それと北海道?

中国は隔離施設倒壊で、
隔離政策が最初から破綻していると、気が付かない神経が理解できません。

土曜日は天気が良くて、外で遊んでいた子どもも多かったようですし、
食品売り場は盛況、
商業施設もまあまあお客さんがいたと思います。
私は花粉症がなく、手作りマスクはもっていますが、
市販の(中国製の!!)マスクを持っていないので
着けずに買物に行きましたが、
着けてない店員さんお客さんもいたし、
特に苦情を言われることもありませんでした。

それどころかおじさんに声をかけられました。
不思議ですね女性の私から見ても
マスクをしていない女性が美しく見えるのですが(大笑)

この日は良く晴れて暖かく、花粉症の人か、
大きなくしゃみや咳き込んでいる人が何人かいましたが、
ペラペラのマスクではひとたまりもないですね。

パン屋やおかず屋の店員さんのマスクも、
唇が透けて見えるほどシースルー、
気になる人は外出しない方がいいでしょう。


隔離にこだわるのではなく、
共存するのが正解だろうということです。



ネットに広がる「コロナ疲れ」「コロナ鬱」の声 臨床心理士が教える“3つの対処法”
3/7(土) 10:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00010006-abema-soci

=======================引用はじめ
sam***** | 1日前
もう普通に生活した方がいいんじゃないの?過剰に不安煽るから発症者に攻撃的になるし、発症者も隠したくなったりして余計ややこしくなっているし。どこで何人発症、追跡調査とかより、インフルみたいに普通に流行しているものとして病院や周りも対応すればいいんでない?経済活動も普通に回して、そうすればむしろ冷静に発症しても対処出来ると思うんだがね。。。今はむしろコロナに感染するより、感染したことによる周りからの攻撃が怖い。


kon***** | 1日前
コロナは、多くの人にとってはただの風邪。
無症状の人も居るし、もう既にかかってるかもしれないんだから、心配するだけ損をする。
今、症状があって闘病真っ最中の人が「重症化するかも…」と不安になるのは解るけど、元気な人は心配し過ぎるのは止めましょう。
ニュース番組は見ないで、録り貯めた番組や映画でも見た方が良い。


shim*** | 1日前
個人的には「コロナ疲れ」っていうより「人間疲れ」だけどね。
最初から個人で出来ることは限られているし、各々がそれに徹するるだけで十分だった。
それなのに、他人に対してもああしろこうしろと騒いだ結果、今のような閉塞感がうまれた。
鬱々とした雰囲気を作り出しているのはウイルスじゃなく人間。


pjm***** | 1日前
コロナで人が集まると危ないからって言うけど、さっきスーパーに昼ごはん買いに行ったら広告が入った日だったらしく、特売で人がめちゃくちゃいっぱい居たという矛盾。

そりゃ、そうだ。
気をつけることは大事だけど気にしすぎると生活出来なくなる


aki***** | 1日前
昨日久しぶりにショッピングをしました。人が空いてる時間に。
明るい春物を見ていると気分が上がりました。
気分が上がることは、免疫力を上げてくれる気がします。
自粛や中止でストレスがたまり、イライラしたり憂鬱になると免疫力も下がってしまいそうです。
できる範囲で楽しみを見つけていきましょう。


mmm | 1日前
毎日テレビやネットでコロナのニュース見てたけど、不安で疲れるし、もう想像妊娠どころか想像コロナみたいなふうになって、周りに移してはいけないと家の中にいるだけでもマスクしたり、近所やお客さんや宅急便の人に出るたびにマスクしたりしてたけどいい加減本当に疲れてきた。

それでも国民は自らの意思で情報から離れたりできるけど、政府や医療関係者はこれから収束まで毎日コロナと付き合うの大変だな


エルモミーゴ | 1日前
世間はテレワーク・在宅勤務という環境を羨望の的のように感じているようですが、最初は自分も「これで肩苦しい会社の空気から解放される」と思っていました。
しかし日が経つに連れて、やっぱりオフィスワークは
・会社独特の緊張感
・仲間とのコミュニケーション
・商談や出張終わりの解放感やちょっとした楽しみ
が大事であり、公私を区別できる「スイッチ」のような役割なのだと実感しています。
満員電車はキツいですし、時には終電で帰るような日々ですが、それはそれで何か自分に「ハリ」を持たせてくれていたんだなと思います。
同僚の中には、早くも辛さを訴える者もいます。「世の中には環境が整っていない企業が大半なんだぞ!しっかりしろ!」と鼓舞していますが、自分も日々変化のない環境の下での仕事は…という感じです。贅沢な悩みなのですが。
普段の生活に戻れるよう、政府・行政にも「躊躇なく」「速やかに」行動してほしいですね。

=======================引用終わり



ビル○ゲイツは不気味ですね。
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2003/06/news091.html
新型コロナで紙幣を殺菌消毒 法定通貨のデジタル化を後押し=中国銀行元会長
https://coinpost.jp/?p=133626

ネット依存を防ぐには今すぐスマホを捨てるしかないでしょうね


スマホ依存の真実ードーパミンの恐怖
1,066,536 回視聴•2019/01/09


やっぱりSNSは、利用者を依存症にするように作られているんですね。
昔はまだましでした。
しかし今やSNSや動画の登場で、
インターネットは依存性が高いものになってしまいました。

私はインターネットの利用が長いです。
ほとんどがパソコンで、2003年ぐらいから
当時は掲示板やブログですね。

今はスマホは持っているけれどほとんど使いません。
SNSはやりません。
家には固定電話があって、
連絡はなるべくこちらにしてもらうようにしています。

それでも
長らくブログをやっている私は、
ネット依存のグレーゾーンだと思っています。
今引き返せば間に合いますが、
進行すれば、依存症です。

老化もあってか、
PCで文字を読んでいると目の疲れがひどくなり、
動画なら、文字を読みすぎないでいられるかもと、
動画を視聴し始めたのですが、
動画はロクなものがありません。
内容が空っぽなんです。
例えるなら見た目はそれらしい料理なんですが、
使ってある材料はこんにゃくばかりといった感じですかね。

栄養がほとんどないから
いくら食べても満足しないといった感じです。
だから際限なく食べ続けてしまう、みたいな・・・

私はスロットはやったことがありませんが、
こういったギャンブルに例えることもできると思います。
人は、99%がはずれで、1%が当たりみたいな
かけ事にはまりやすいのです。

だいたい動画の99%は、
ユーチューバー同士の悪口であったり、
何の役にも立たないセミナーや宗教への勧誘であったり、
商品の紹介であったり、
つまりこんにゃくステーキであり、はずれなんです。


そんな折、
動画を選挙に使うという人たちが現れました。
テレビや新聞の報道はウソばかりだが、
動画で山本太郎が言っていることは本当だ、
とまじめにテレビのインタビューに答えている人がいて、
ヤバいと思いました。

いろいろ動画を視聴してみたのですが、
動画を視聴しているうちに、気持ち悪くなったり、
気分が落ち込んだり、
現実の出来事に心が動かされないような感じがしたり、
これはまずいという感じが強くなりました。

ユーチューバーの多くは、まちがいなく依存症にかかっています。
ヒカキンが孤独で、マンションから出られないというのは、
動画撮影で忙しいとか
ストーカーみたいな変な人がいるとかいうのもあるでしょうが、
彼自身の心の問題でもあると思います。

ユーチューブ投稿をやめられないヒカキンは、
SNSの中毒症状を生み出すための特殊なエンジニアによって、
社会評価のループに、まんまと落とし込まれてしまったのでしょう。
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1728340/

ホリエモンが、動画出演中に、
相手がしゃべっているのにPCやスマホを見ているのは
みっともないと思わないのでしょうか。

ネット依存について語る
ユーチューバーって矛盾していませんか?

依存症は脳の病だと言う人がいますが、
すべての端末がスロットマシーンだったら
あるいはヤクの売人だったら
個人レベルで依存症の病を防ぐことはできないでしょう。


私にも、30代の息子が二人いますが、
ユーチューバーやIT関連業でなくて良かったと思います。
社会に必要な”物”を作る会社に勤めていて
人を束ねる仕事、スキルが磨ける仕事に
就いてくれていて本当に良かったと思います。


私は、ブログをしばらくお休みするかもしれません。
来期(12月から)も民生委員を継続することになりました。

私が所属する民児協は、活動がすごくよくできていて、
市内でも代表的な、民児協なんだそうです。
このような民児協の一員としての活動をぜひにと頼まれるのは、
とても誇らしいことで、
しかも2期目でうまく回す側(笑)で活動を
気負わないでやれそうです。
こんなありがたいことはありませんね。

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ