一億総狂師時代

1804dd47121622dcfcf03f09caf12f4c_t.jpg


新たに「麻原彰晃」の女性信者殺害事件が発覚 隠し続けていた「上祐史浩」認める
7/10(火) 11:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00545155-shincho-soci
やっぱりという感じですが、これはひどい話ですね、
上祐史浩は今、「哲学教室」をやっているんですって、
一度洗脳されたら、解けないのでしょうね。

被害者は自分が洗脳されていたと気が付いたとしても、
今度は加害者(教師)に回る可能性が高いです。

どこにも書いてない、だれも言わない、
私には
おかしい人たちのパターンが、だんだんわかってきました。

先日しゃべっていた、小学生のお母さんも、
お母さん(子育て)ではなく先生((教育)をやっていましたね。
学校の成績とか、おけいこごとにしか興味がないのでしょう。
夕食は毎日スーパーで出来合いのお惣菜を買ってくるのだそうです。

東大ママも子育てがどうとか言ってますが、
この人たちのやっていることって子育てじゃなくて教育ですから!!
のっけから大ウソを言っているのです。


ところで
自己啓発セミナー(コーチング、コンサル、占い、人生相談、等)は、
学校の延長だと思うのです。

51wjqVJphEL._SX342_BO1,204,203,200_
(NHKはいまだにこんな化石みたいなじじいの
学校ごっこをありがたがっています
先日NHKでやっていて愕然としました)


世の中先生だらけです。
ネット上の動画、ブログには先生がいっぱいいます。
テレビでも学校ごっこをやっています。

ひどいのは、
うつ病患者やがん患者が、後輩患者に説教を垂れています。
依存症者が、法律が悪い、政治が悪い、企業が悪いのなんのと
社会に向かって説教を垂れています。

私なんか健康であるにもかかわらず、
末期がん患者ブロガーに説教されましたからね~~(笑)


動画でいえば、怪しいセミナーの動画には特徴的な、
パターンがありますね。

●学校の先生のようなしゃべり方をする。
●たとえ話をする。
●外側がきれい。
●中身がない。

●学校の先生のようなしゃべり方をする。
上から目線であったり、話が一方通行です。
友達同士の会話でもないし、
親子の会話でもないし、
良心的なセールスマンと客の会話でもありません。
とにかく
疑問をさしはさむ余地を与えません。

●たとえ話をする。
林修さんは、イソップのたとえ話をしていました。
紀元前の外国の話を、現代日本に生きる私たちに、
当てはめるのは無理があります。

お坊さんのユーチューバーの動画を見たことがありますが
ナンチャラ上人の有名な言葉、なんていうのも、
これからの社会でどう生きていったらいいかと迷っている人たちに
マッチするたとえ話とは思えません。

抽象的なたとえ話をする人もいます。
ビジネスの話かな?と思って聞いていると、
金魚が病気になりました、あなたはどうしますか、とか、
スペースシャトルの燃料タンクの話とか、
もしも僕が絵が上手な人だったら
みたいな「たとえば・・・」が延々と続いて、あげく、

「大好きで、心から愛せることを仕事にできる時代なので、
みなさん自由に幸せに、格好良く生きていってください。
自分の心を信じて、ワクワクすることで人生は変わっていきます。」

こういう話になってきて訳が分からなくなったりします。
(この人は15歳の少年を動画に出していましたが大丈夫でしょうか?)

以前SPA記事で紹介しましたが、
「今は自己投資の時期。“巨人の肩に乗って”、“マインドセット”をしっかりすれば成功できる」
これなんかまったくセミナーの洗脳のセオリー通りで、
(めちゃくちゃだということが)わかりやすいですが、
話が長かろうが短かろうが同じことで、
なんだか良い話を聞いたなと思っている人は簡単に騙されるでしょう。

●外側がきれい。
とにかく外側はきれいです。
○○大学卒とか
起業して○億円稼いだ経験があるとか、
立派なお寺のお坊さんとか
ユーチューブの動画がきれいすぎるというのも多いです。
こういうのは先入観と、
話の雑音となって正常な判断を失いがちです。

●中身がない。
話の中身は、ブックオフの古本に書いてあるレベルです。
あるいは結論をわざわざ避けて、
セミナーへ勧誘するきっかけとしているようです。

ホリエモンは、
今の人たちが、やりたいことがわからない、
自分が求めているものが何かわからないのは、
学校教育の洗脳によるものであると言っています。
(だから学校による洗脳を解けばいい)
すし職人が何年も修行するのはバカ、とも言っています。
その通りで、
セミナーなどの洗脳の先生たちは
ホリエモンの一言で済む話を、
延々、お金を取るための、ネタにしているのです。



ところで先日、
再生回数が多いので興味をもって視聴してみたのですが
ク〇スの部屋という動画は怪しいです。

===================動画の説明より引用はじめ
僕が尊敬している大好きな人たち
斎藤一人さん 松下幸之助さん 本田宗一郎さん アンソニー・ロビンズ ブライアン・トレイシー マイケル・シンガー ティム・フェリス 本田健さん ホリエモンさん(堀江貴文さん)ギャリー・ケラー コンマリさん(近藤麻里恵さん) 佐々木 圭一さん 山井太さん スティーブン・コービー博士 クリス岡崎先輩 ジェームズ・スキナー先輩 マリエ・フォーリオ マーク・ディヴァイン アーミン・ヴァン・ブーレン 瀧本 哲史さん 心屋仁之介さん イーロン・マスク
Mel Robbins

僕が好きな日本のYouTuber
メンタリスト DaiGoさん 本田健さん 大愚元勝さん 斎藤一人さん Bilingirl Chikaさん サトウヒカリくん 孝仁オオカミ
=======================引用終わり

それにしても欲張りですねー(笑)
松下幸之助と本田宗一郎は私にもどんな人かはわかります。
しかしそれ以外の人はみんな怪しい人ばかりです。
自己啓発セミナーの講師、コーチングのコーチ?

この人に息子がいたとして、
「お父さんが尊敬する人は、アンソニー・ロビンズ、スティーブン・コービーだよ」
なんて言っていたら、マヌケじゃないですか。

それに、教師のようなしゃべり方をする人は
教師以外にできる仕事は少ないでしょうね。
教師はつぶしがきかないといいます。
(彼らは、ビジネスや人付き合いの話をしているようですが)
そもそも彼ら自身が、若いのに
つぶしが効かないのではないかと思います。
普通の人がメンタリスト DaiGoや大愚元勝みたいな人と
一緒に仕事をしたいと思うものでしょうか?

スポンサーサイト

洗脳によって平気で人を殺す人間が作れてしまいます

cocomag_tsuchiyakaban_2017050504-740x480.jpg


今回のオウム関連のニュースをめぐって、
教祖の処刑で「もう終わった、騒ぎすぎ」、
というコメントが多いように感じます。

しかし洗脳(マインドコントロール)の問題は終わっていません。
むしろ洗脳は巧妙な形で、進行しています。



私は自己開発セミナーは、もう古い、
オワコンだと思っていましたが、
とんでもないです。

ユーチューブなどでは堂々と、セミナーへの勧誘がされていて、
再生回数も、何十万回なんていうものもあります。

平成生まれが対象だなんて言っているものもあります。


自己啓発セミナーを受けたい
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1462478.html?from=recommend
========================引用はじめ
No.1ベストアンサー
回答者: myeyesonly 回答日時:2005/06/21 00:52
こんにちは。
>まともな自己啓発セミナー・・・は存在しません。

そもそもこの手法は、アメリカ軍が兵隊が平気で人殺しをできるようにする為につくり出した教育方式を民間に払い下げ?文句言わずにどんな仕事でもやらせる為に普及させたものを日本に持込み、企業に売り込んで儲けるために始めたものです。

なので、このセミナーを受ける事は、なんらかの洗脳教育を受ける事にほかならず、「自分を変える」のではなく、「思考能力を麻痺させ支配者のいいなりになる人間に作り替える」というものです。

一部の新興宗教(かつてのオームなども含めて)、労働者の賃金、待遇改善要求などを抑える為に活用されているものです。

おっしゃる目的は全く達せられません。
自分を変えたいと思うならば、こんなまやかしにのるのではなく、より多くの経験を積む事です。

サークルやボランティア、近所つきあいなど、より多くの人間関係の中で変わって行くのが一番自然でしょう。


この回答へのお礼
アドバイスありがとうございます。
やはり、まともな自己啓発セミナーは存在しないのですね。
私が自分を変えたいと思うポイントは他者との付き合い方で、今、サークルのようなものに所属していて上手く他人とコミュニケーションをとれるよう努力しているつもりなのですが、かけらの効果もないのです。
独学でコミュニケーションをとれるようになれないのなら、ノウハウを学びたいと思い、藁にもすがる思いだったのですが、止めます。
もっと人間関係を広げ、色々な経験を積んで行こうと思います。
========================引用終わり

私が調べた限りでは、洗脳によって、
平気で人殺しができる人間を作れてしまうんです。
そして教育は洗脳です。
上のおしえてグーの引用にもあるオウムもそうですが、
アメリカの自己啓発セミナーのテクニックを
使用していたかどうかは知りませんが

あらゆる宗教は学校がなかった時代から”教育”であったことは間違いなく、
まだおとなしいとされている、仏教でさえ、
昔の日本において、僧兵というのは、
信長秀吉も手を焼いたと言われるほど、
強大な軍事力と粗暴性を持っていました。

靖国神社は言うに及ばず。

仏教はなぜ戦争協力をしたのか 京都で研究者ら講演
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20160816000153

新興宗教だけでなく、
キ〇スト教、やイ〇ラム教といった、
メジャーな宗教も、戦争ばかりやっていますよね。

キリスト教徒が多い長崎に原爆を落としたのは、
どんな宗教の人だっけ?


学校も、兵隊を作るために始まりました。
学生服は、陸軍の制服です。
セーラー服は海軍の制服です。
ランドセルは、背嚢という、兵隊が背中に背負うもののことを言います。

1-8.jpg
旧帝国陸軍将校用のランドセルだそうです。
(あしたか書店様でのご購入をお勧めするための画像です。)
http://www.ashitaka.net/blog/2760.html

いまだに学生服、セーラー服、ランドセルというのは、
神経がどうかしています。
かわいいピンクのランドセルであろうが、
おしゃれなバイオレットのランドセルであろうが
背嚢である事実は変わりません。
これほど滑稽なことはありません。
子どもを馬鹿にするのもいいかげんにしろと言いたくなります。

宗教、学校だけで足りなくて、自己開発セミナー、コーチング、
洗脳の種類は増えていくばかりで、
私たちが洗脳から逃れるのが大変難しくなっています。

その事実に気が付く必要があると思います。。


それと、
学校の勉強は役に立たないと言う人でも、
学校でコミュニケーションを学べると思い込んでいることが多いです。

上のおしえてグーのやりとりでは、
学校(教育)でコミュニケーション能力を育むことはできないと
証明しているかのようです。
実際には近所づきあいなどの、
”広い人間関係””多様な経験”からしか、
学べないというのは本当だろうと思います。

私たちは洗脳されないようにする必要があります・・・オウムも初めはヨガ教室でした。

bde67bd228b94ec90aa51d02b3de0a9c.jpg

オウム真理教のかつての教祖・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚と
6人の幹部信者の死刑が執行されたそうです。

今回の死刑執行は、麻原を神格化する懸念があると言われていますが、
ありうる話だと思います。

私はこの事件で問題だと思うのは、
オウムの後継教団がいろいろあるということです。

オウムが13人もの死刑囚を排出しながら、
後継教団ではそのことに恐れを感じていません。
ちっとも反省していません。
むしろ自分たちは被害者だというでしょう。

こういった人たちの攻撃性は、被害者意識によるものだからです。
死刑によって教祖は信者にとって神になる可能性はあると思います。
洗脳とはそういうことなんです。

彼らにとって死刑は無意味なんです。
いや自分たちを正当化するのに都合がいいのかもしれません。



オウムはもともと、ヨガ教室だったと聞いています。
初めから殺人教団だったのではありません。

Aleph (宗教団体)
https://ja.wikipedia.org/wiki/Aleph_(宗教団体)

山田らの集団
https://ja.wikipedia.org/wiki/山田らの集団

ひかりの輪とアレフの大きな違い
http://www.joyus.jp/hikarinowa/overview/07/0020.html
=========================引用はじめ
(2)アレフ(Aleph)
一方、アレフは、麻原を絶対とし、近年ますます麻原回帰し、自分たちの帰依が麻原の死刑を遅らせる(遅らせている)とまでも盲信しています。(→詳しくはこちら)
オウム事件については、表向きは教団の関与を認めつつも、広報活動はほとんど行なわず、その裏側で、事件は陰謀だとする布教をしています。
具体的には、アレフを隠した覆面ヨーガ教室を行い、その中で、輪廻転生を強調し、修行しないと地獄に堕ちることを強調したり、さまざまな陰謀説を説いたりして、オウム事件も陰謀だと主張するなどといった、詐欺的・洗脳的な布教活動を行っています。(→詳しくはこちら)
この覆面ヨガ教室の関係で、先日、滋賀県の信者が詐欺罪で摘発・起訴されました。他にも団体活動に関して信者が逮捕された事例があります。(→詳しくはこちら)
団体の規模は、出家者の総数は、定かにはわかりませんが、数百名前後と大規模であり、先の詐欺的教化により、公安調査庁によると、昨年だけでも、数百名の新規信者を獲得し、構成員は、1000名を超え、急増させています。(→詳しくはこちら)
========================引用終わり

ああいえば上祐こと、上祐史浩の
ひかりの輪は宗教をやめて、「哲学教室」に変わったと言っているようです。
やれやれ、「ヨーガ教室」「哲学教室」ですか(苦笑)

アリス・ミラーは聖書が間違っていると証明しています。
宗教は教育です。
ホリエモンは「すべての教育は洗脳である」と言っています。
本当にその教室=教育が、自分にとってどーーしても必要なものかどうか、

「どこかの教室へ通って、勉強を続けること」が、
自己肯定感になっていないか?

しっかり考えて行動しないと、怖いことになりますよ!

セミナーという洗脳は大人の「学校ごっこ」

inar.jpg


マド〇〇ゼル愛さんという、人気占い師がいます。
愛先生は、ラジオのテレフォン人生相談に出演していて
私は愛先生の回答は、癒され感があって好きですね。

このラジオ番組は人気があるようで、
愛先生はブログに、巨人戦よりも視聴率が高いと、
書いておられましたが、本当だろうと思います。

(ほかの回答者の先生も、18歳の息子を追い出せとか
じゅうぶんおかしいのですが)
ましなほうの愛先生もなんだか危なっかしいのです。
変な音叉みたいなものを売っていたり、
馬券の画像をUPしていたり・・・

smile.jpg
(占い師のブログに、馬券の話、画像はおかしいでしょう?
かわいそうな人だなと思っちゃいました。
画像はイメージです)

最近は占い依存ギャンブル依存になる人が多いと
問題になっているのも、理解していないでしょうね。



人生相談、自己啓発セミナー、占い、コーチング
ものすごく落ち込んでどうにもならなくなっている人にとって、
一時的に楽になることはあるかもしれませんが、

結局のところあまり役には立たなくて、
依存してしまうと、本当に恐ろしいことになります。

セミナーの法律相談448件
https://www.bengo4.com/c_8/c_1186/bbs/セミナー/

動画やラジオを聞くとか、ブックオフで本を買ってみるぐらいの
付き合いで十分だと思います、
”先生”に直接会ったり、
お金を払うのはやめておいたほうがよさそうです。


2017年08月15日
騙されても通い続ける、自己啓発セミナーの中毒者たち 「大金を払う抵抗がなくなってくる…」
https://nikkan-spa.jp/1366009
=========================引用はじめ
「あなたも成功できる!」「引き寄せる」などの心地よい言葉が並ぶせいか、騙される人が一向に減る気配のない自己啓発セミナー。なぜ、人々はそこに引っかかり続けるのか? そこで起きた最新の“事件簿”を追った

セミナー通いが中毒に。大金を払う抵抗がなくなる

 杉山みゆきさん(仮名・41歳)と中原久美さん(仮名・35歳)は、成功者なら全員受講したともいわれる、アメリカの著名講師の「認定トレーナー」のスピ系セミナーに参加。受講後は「結婚に対して抱いていた否定的な気持ちが薄れ、結婚できました」という。しかし、杉山さんは離婚し、再婚活中。そして、中原さんも依然としてセミナー通いをやめていない。

「この間も、新幹線で名古屋まで行きました。結婚が人生のゴールではないし、この先は独立したい。そのためにセミナーは欠かせない」

 なぜそんなに通うのかと聞いてみると、「たとえ何も得るものがなくても、勉強しに行ってる自分という自己肯定感を得られるので。アラフォーの独身者がほとんどで、仲良くなって帰りに飲んで帰るのが楽しいです」と話す。

「大人のサークル活動」にしては、値段が高すぎるのでは? しかし、そんな心配は無用だ。加藤和宏さん(仮名・36歳)も90万円のオンラインビジネスセミナーを受講しつつ、現在は別の高額セミナーの受講も検討中だ。

「90万円を払うまでは、それはそれは悩みました。でも、一度払ってしまったらメンタルブロックが外れて30万円程度のセミナーなら安く見えてしまうんですね」となぜか誇らしげな加藤さん。現在は無職だが、「今は自己投資の時期。“巨人の肩に乗って”、“マインドセット”をしっかりすれば成功できる」と自己啓発用語を駆使して抱負を語ってくれた。

 トンデモでも金額が馬鹿高くても騙される人が後を絶たない自己啓発セミナー。そこで味わう非日常感は何ものにも代え難いものなのか……。

― [自己啓発セミナー]に騙された! ―
=========================引用終わり

このSPA記事はわかりやすいですね。
>「勉強しに行ってる自分という自己肯定感」
>「今は自己投資の時期。“巨人の肩に乗って”、“マインドセット”をしっかりすれば成功できる」


こういうものの考え方は極めて学校的であり、
この人たちは、大人になっても学校を卒業できていないようです。
学校依存になっていて、
学校ごっこをやっていないと、いられないのでしょう。

先生に、ああしろこうしろと言ってもらわなければ動けないのです。
言ってもらって動けるならまだいいけれど、
言ってもらうことが目的になってしまう人も多いのかもしれません。

しかし生徒側だったらまだましです。
生徒はいずれ先生になり、先生(加害者)がいっぱい増えてくる、
セミナーは洗脳のネズミ講です。
こうしてネズミがいっぱい増えていくのでしょう。



こういう事実を知ると、
不登校より学校依存のほうが、
問題は深刻なように感じます。


セミナーなどの本当の危険性はお金の問題ではありません。
精神が壊れてしまう・・・


長文で失礼致します。 夫が自己啓発セミナーのようなものに参加してから、人が...
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14102006494
=======================引用はじめ
2013/2/1400:13:32
長文で失礼致します。

夫が自己啓発セミナーのようなものに参加してから、人が変わってしまいました。

夫の会社は社長の勧めで自己啓発セミナーを受ける機会が多いのですが、いつもは研修
から帰ってきても、声が枯れている位で性格までは変わった事はありません。

しかし、今回のセミナーは違います。それは何ヶ月か前から始まり、始めは宿泊を伴う2・3日程度のものでした。
最近になって実施研修というものが始まり、そこからおかしくなりました。
毎日のように午前1時2時に帰ってくるようになり、5時半頃に起きるような生活をしています。
夜中の2時3時までひっきりなしにメールのやり取りをしています。
課題をこなすため、家にいてもずっと部屋にこもりきりで何か書いています。
会話をする時間もありません。
実施研修は2ヶ月続くそうですが、半月の時点で夫は毎日頭痛を訴えています。常にいっぱいいっぱいで、会話もなく、心がなくなってしまったように感じます。
私自身もフルタイムで仕事をしていますが、夫の携帯のメールの着信音でいちいち目が覚めてしまいイライラして眠れません。
やり遂げる!と、頑張る夫を支えたい気持ちはありますが、正直辛いです。

この研修は何なのでしょうか?研修を終えた先になにがあるのでしょうか?
このまま続けてよいのでしょうか?
夫に聞いても幸せになるためと言います。
このような研修をされた方いらっしゃいますか? .
========================引用終わり


先日もク〇スの部屋とかいう動画が再生回数が多かったので見てみたのですが、
これは自己啓発セミナー、コーチングです。危ないんじゃないかなと思いました。


(このブログ記事の下書きを書き終わったところで
オウム事件の、松本智津夫の死刑執行のニュースが入りました。
大勢の死刑囚を排出したにもかかわらず、
アレフなどの後継団体の信者が増えているらしいです。
若い人たち、洗脳には気を付けたほうがいいですよ。)

スポーツ業界総崩れ…スポコン式教育は成立しない

子どものうつ病の発症率が大人と同じぐらいだと聞いて驚きました。

========================引用はじめ
北海道大学の調査によると、うつ病のリスクを持つ子供達は、小学生7.8%、中学生で22.8%、全体の13%にのぼりました。そしてうつ病発症が推測される子ども達は調査対象の小学生全体の1.6%、中学生全体の4.6%という結果でした。
特に中学生に抑うつ傾向が非常に高く、4.6%という値は大人のうつ病の割合とほとんど同じです。リスクを持つ(予備軍の)子ども達も、何かのストレスがかかったり、環境に大きな変化があったりすると、それをきっかけにうつが発症する可能性があります。
======================--引用終わり
http://www.nhk.or.jp/heart-net/utsu/qa/index.html

この調査は10年前の結果であって、
これから子供のうつは増え続けると言っているらしいです。
これは私的には大問題だと思います。

原因は部活を含む教育にあると思いますよ。
部活を含む教育の効果というものは
はっきりと証明されていませんが、

部活を含む教育のリスクは”不祥事”という形で、
とんでもなく噴出しているのは、周知の事実です。


utsubyou_006.png
(2011年が少ないのは、福島や山形で、調査がされていないからだそうです)
大体において大人のうつ病の数がものすごく増えているのは異常ですよね。

最近の学校はものすごく部活に力を入れているようですが、
がっつりとスポーツをやってきた人たちに、
不祥事が多すぎると思います。
つまりメンヘラなんですよ。

メンヘラの破壊力は怖いですよ、
【ロシアW杯】西野ジャパンが合宿地へ出発 ファン激減で寂しい船出
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6284774
===================記事へのコメントより引用はじめ
fuk*****
代表から外された本田らが「ハリル解任を乞う」メールを田嶋会長に直に出して、
それを受けて田嶋会長がハリル電撃解任に動いて直属の部下西野を監督に指名し、
ビック3復活と年功序列の「忖度ジャパン」となって、時代錯誤の本田さん俺様チームが復活した。
で、その煽りを受けて、W杯最終予選突破の立て役者の久保、井手口、浅野らと、
欧州主要リーグでブレークしビッククラブが獲得に動く中島、堂安ら若手も呼ばれず。
そりゃサポも白けるでしょ。本田サンとビッグ3らの思い出作りの大会になっちまった、
と感じてる人が多いのがこの見送り激減に表れてるね
良いね20613  2047
>> 返信コメント 491件
==========================引用終わり


日本は根性部活と学校教育が一体化しているので
毒が回るのが早く、よりリスクが高いのではないでしょうか。

本田圭佑氏に伝えたい「引退選手の40%に精神疾患」というデータ【メンヘラ.men's】
https://www.excite.co.jp/News/smadan/E1496296339341/?_p=2
========================引用はじめ
2014年のデータだが、FIFPro(国際プロサッカー選手協会)によるこのようなレポートがある。

「現役サッカー選手の26%、引退した選手の39%が精神疾患で苦しんでいる」

という調査結果だ。

このレポートは、オーストラリア、アイルランド、オランダ、ニュージーランド、スコットランド、アメリカの協会からの協力を受け、300名の選手、および元選手を調査したものだ。その結果、現役サッカー選手、元選手ともに、他の集団と比べたところ強い精神疾患リスクを負っていることが判明した。

レポートの簡単な概要を以下に引用しよう。

【現役サッカー選手について】
・調査対象となった180名のプロサッカー選手のうち60%が国内のトップリーグに所属
・26%が抑うつ症状や不安障害、摂食障害に悩まされている
・19%がアルコール依存を報告
・3%が自尊心が低下していると報告
・7%は喫煙の習慣があると報告
・5%が燃え尽き症候群の兆候を報告し、10%が何らかの苦悩を抱えている
fc2blog_201806071351144f6.jpg

【元選手について】
・調査対象となった121名のうち65%が国内のトップリーグで大半のキャリアを過ごしている
・39%が抑うつ症状や不安障害に悩まされている
・42%が摂食障害を報告した
・32%がアルコール依存を報告した
・5%が自尊心が低下していると報告した
・12%は喫煙の習慣があると報告した
・15%が燃え尽き症候群の兆候を報告し、18%が何らかの苦悩を抱えている
fc2blog_2018060715041883c.jpg
驚くべきデータと言える。

特に引退選手の

「39%がうつ症状や不安障害」
「42%が摂食障害」
「32%がアルコール依存」

という数字は、通常のおよそ数十倍から数百倍の発症率であり、サッカー選手という稼業がいかに強く精神に負担をかけるものであるかということが、これらのデータからは伺える。

このレポートを受けてFIFPro医療チーム長ヴィンセント・グットバーグ氏は

「サッカーの関係者は、精神疾患に対する偏見を除去する集団的責任がある。現役かどうかに関わらず、全ての選手は精神疾患の症状を管理するためのスキルや行動を学ばなければならない」

とのコメントを発した。

精神疾患、自殺などのリスクは、本田選手にこそ身近なものであり、氏こそが最も警戒し、注意すべきものだったのだ。


メンタルヘルス・リスクは他人事ではない

このように、精神疾患を「他人事」と思っているひとほど、自分自身がそのリスクの沼のただ中に浸っている……というケースは、サッカー選手に限らず一般の組織でもよく見られる現象だ。

「自分は大丈夫」
「うつ病は甘ったれたやつがなる病気」

そんな大言を吐いていたひとが、ある日いきなり精神疾患で倒れた──なんていうのは、誰しも1度は見たことのある光景だろう。

メンタルヘルス・リスクは、誰にでも平等に降りかかる。
健康に気をつけ、ストレス管理を徹底していても「なるときはなる」の精神の病であるし、人生の曲がり角というのはいつ何時やってくるのかわからないものなのだ。

またこの事件は、本田選手ほどメンタルヘルス・リスクのただ中にいる人でも、そのリスクを中々認識できないという、人間の認識力の脆弱さについて考える機会にもなるだろう。
これは他人事ではなく、例えば過労死ラインのブラック労働のただ中にいるひとなどは、なかなか自分の仕事の異常性を認識できないものなのだ。

本件は、本田選手の認識不足を批判して終わるだけでは、生産的ではない…と個人的には考える。メンタルヘルスに関しては多くの人が不注意かつ認識不足であり、自分自身の危うげな足場さえ見えていない人が殆どなのだ。

メンタルヘルスを軽視することは、最悪、死に繋がる。

本稿が、みなさんが自身の心身の健康を振り返る契機になれば著者としては幸いである。
(小山晃弘)
==========================引用終わり

このFIFPro記事で不思議なのは喫煙より、
薬物(違法、処方、ドーピング)のほうが問題になると思うのですが、
項目がありません。

犯罪者が多いのも深刻です。
現役&元Jリーガーの犯罪・逮捕者まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2135462744993257201

なりたい職業一位は、犯罪者だらけ
という皮肉な結果になっているようです。
FIFPro国際プロサッカー選手協会は甘すぎるかもしれませんね。


当の本田圭佑選手は、
インターナショナルスクールを開設するとかで、
大切な大会を前にして、
スクールの宣伝に余念がないようです。゚(゚´Д`゚)゚。
大丈夫でしょうか。

なりたい職業第一位・・・
全国のサッカー少年に意見を聞いてみたいものですね。