FC2ブログ

コロナ騒動を有効に利用しましょう。【チャンスはどこにでも転がっている】

107007534_10220679230162828_2604714499648949511_n.jpg


先日シェアしたMasaharu Marumotoさんの、
フェイスブック記事の続きです。

中1の息子さんは
あれから結局自宅学習にしたみたいです。
はやっ.゚+.(・∀・)゚+.

毎週のようにカヤックや釣りやダイビングや
バーベキューをして楽しんでいるようで、
「おめでとうございます!!」と言いたいですね。

https://www.facebook.com/maru88888888
Masaharu Marumoto
======================引用はじめ
【コロナに感謝だ。学校に感謝だ!】
息子がレポートを提出して、先生方からのマスク強要はなくなったものの、生徒達との温度差が激しい為、マスクを拒んで”登校を自粛”していますが、実のところは学校組織に対してはかなりの違和感を感じる次第。(まあ、最初から期待していないので、違和感って言うより”やっぱりなあ”なのですが)でも、感謝しているのは本当です。穏便な話で現在のような自宅学習で落ち着いた訳ですから。
本格的な自宅学習を進めて行くに当たっては、学校の私物を全て持ち帰る必要があります。息子と一緒に受け取りに出かけました。
出迎えてくれたのは担任の先生と学年主任の先生。担任の先生は20代の女性教諭で担当は国語。学年主任の先生は30代~40代くらいの男性教諭で数学を担当。二人ともマスクを外すことなく僕達とお話。
色々と話している際に学年主任の先生からポツリと出た言葉が、「効く薬もなければワクチンもないので、怖がる生徒が沢山居るのです。丸本君は凄いです・・・」聴いた瞬間に沸騰しかけた僕が居ましたが、なんとか押さえてニコッと笑いました。
僕は思ったのです。”致命的”なことに気が付かない人がいるんだな・・・と。
数学を教えている人が数学的な物の見方ができないのはマズイですよね。例えばインフルエンザワクチンなんて、昔から全く効いていないのは、数字を見れば解るんですけどね。
(と言うかこの先生はうちの子のレポート読んでもいない。読んでいればこの発言は避けるはずなんですよね。)
口先できれい事を言ってるだけだと感じました。

(中略)

【うちの子だけにやらせるのは勿体ない!】
広島限定にはなると思いますが、他の子供達も一緒にどうかなあと思い始めました。一人教えるのも数人教えるのも労力はほぼいっしょですからね。
うちの子だけでなく、今の学校になじめないでいる子が居るんじゃないかと思うのです。怠惰で不登校なのは僕にはどうにもなりませんけど、勉強したいと思っても学校になじめない小中高生は沢山居るんじゃないかと思うのです。
小学校高学年から中学校レベルまでは対応可能な気がします。みんな天才化機構のHyper Genius Methodを使って遊びながら勉強させることができると思います。
※---
目標がハッキリしていて困っている高校生もなんとかしてあげられると思うのです。特に国公立大学を短期の目先目標としていて、将来設計がしっかりしている高校生の場合は、現役広大生や九州大学大学院卒とか京都大学大学院卒とかの優秀な講師をアテンドしてあげられます。
----
学校にできないことが僕にはできるのだと思います。大人数は無理ですが、学校に馴染めず困っている子は、うちの子と一緒に遊びながら学べばどうかと思うのです。
もし、広島市及びその近郊にお住まいの方で、そういったお子さんがいれば引き受けますよ。ただ、この手のお話は、親御さんが強要しても上手く行きませんから、あくまでもお子さんの意思が大切ですし、親御さんはサポートに専念して頂く必要があります。また、些細なことでの口出しは僕にとってストレスですから、互いに事前協議の上で取り決めが必要ですね。僕が教える分にはお金は頂きません。(ただし、何かしら実費がかかる場合は、その実費分は負担があるのは当然)
この件は、また改めて書きますけど、広島市内及び近郊で、学校になじめないで困っている子の親御さんをご存じであれば、事の顛末をお伝え頂いて、お話する機会を作ってもらえると良いのではと思います。
ただしくれぐれも・・・珍コロ怖い病では無理です。僕の前でマスクをする人とは話もできませんので。
学校になじめない子を僕が面倒見る件は、改めて記事化しますね。
珍コロ怖いマスクの経緯がなければこういう考えには至りませんでした。思い返してみれば、珍コロナは大チャンスかもしれませんね。皆が怖がっている時に、沢山遊びながら沢山の学びが得られます。
何よりも子供と一緒に過ごせる時間が増えた事、何処に遊びに行ってもガラガラに空いている事、社会でおきることをしっかりと学びにできること、ニンゲンの弱さが解ること・・・結構楽しいですね。
話が大きく膨らんで、最初に書こうと思った事から外れてしまいましたけど、本当に楽しい毎日です。不登校に理解を示してくれた学校の先生方に本当に感謝です。コロナに感謝だ。学校に感謝だ!
不登校ってとっても良い!親も楽しめる。

======================引用終わり

このお父さんは、学習塾かなんかの関係者らしく、
元々学校教育に、違和感を持っていたのでしょうね。
良いタイミングで、自宅学習に切り替えられて良かったですね。

これからはこういう人が増えると思いますが、
良い前例になると思います。
楽しんでくださ~いo(^▽^)o
スポンサーサイト



今、怖いのは狂気という伝染病だから、登校拒否がベストの対応

Z2nC1_3N.jpg
画像はお借りしたものです本文と関係ありません

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログ タマちゃんの暇つぶしに、
紹介されていたフェイスブック記事です。

Masaharu Marumoto
6月30日 10:54
https://www.facebook.com/1598160564/posts/10220609222212673/
====================引用はじめ
学校との一時和解、中学生男子(13才)
【学校側はマスクを強要しないことを約束してくれました】
珍コロ騒ぎでマスクを強要されている学生諸君には少し朗報かもしれない話を書きます。
うちの子のことで恐縮ではありますが、子自らが、コロナは基本的に嘘だらけであり、マスクは成長期の子供にとって有害であることを学校にレポートしました。
学校では会議が開かれ、うちの子のレポートが議題に上がったと連絡を受けました。レポートの詳細は割愛しますが、いくつかの論文などを引用し、各教科の先生方に質問を投げかけるスタイルを採用したレポートでした。以下は各教科の先生へ投げかけた内容の抜粋です。
数学の先生へ
インフルエンザなどは発症者を基準に考えるが、何故コロナは感染者数を元にするのか?そもそも感染者数とは何を指すのか。インフルエンザの発症者数と死亡者数とコロナを比較しても、コロナの数字がもの凄く小さいことをどう説明するのか?
英語の先生へ
世界中の記事にアクセスできるにもかかわらず、何故生徒に世界のことを伝えないのか?エンジンオイルやヤギやパパイヤで検査すると陽性となる記事をどう考えるのか?
社会科の先生へ
コロナへの取り組みを世界的に横断して解説して欲しい。イタリアの議会で紛糾したコロナ死水増し疑惑や、アメリカ中心に展開されたクライシスアクターを使ったプロパガンダの存在を解説して欲しい。
理科の先生へ
折角世の中でコロナが話題になっている時に、バクテリアなどの微生物とウィルスとの違いを解説しないのは何故か?大きさやDNA・RNAのことを理解する大チャンスなのに、そのことを題材にしないのは何故か?
そして、単なるマスク云々で文句を言っているわけではなく、納得の行く説明が欲しい旨をまとめ、コロナ出現期には未知として考えるのは仕方がないが、既知となった今、もっと掘り下げて総括すべきではないかと。それらを一切やらず、マスクを強要するのはオカシイと思う・・・と。
大体こんなレポートを提出し、「納得できるまで学校に登校しない」と宣言して登校拒否を続けていました。
学校からは「マスクの強要はしない」と連絡を受けたので、本日は一旦登校しました。ですが、各教諭に宛てた質問などには未だ答えてもらっていないので、また登校拒否に入るかもしれません。納得行くまでやらせようと思っています。
こんなことを書くと、親の僕が入れ知恵しているように感じる方もいるかもしれませんが、そうではありません。
面白いことに、日頃は家で勉強などしない子が、登校拒否中は勉強しているのです。オヤジの目線としては頼もしく思いますし、そうやって堂々と意見を展開するのは大切なことだと思っています。また、わがままでマスクを嫌がっているのではなく、彼は彼なりに考えていることも解りました。
コロナのおかげで息子との共有の時間も増えましたし、カヤックや釣りなどをして遊ぶ機会が増えて喜ばしい限りです。
=======================引用終わり

この息子さんは本当にかしこい。
そしてお父さんに大賛成です。
今は、この息子さんでなくても、
登校拒否が、ベストの対応だと思います。

先生が質問に答えてくれたかどうかの問題ではありません。
親が入れ知恵しているかどうかの問題でもありません。


今学校では魔女狩りへのロシアンルーレットという、
狂気が大流行しているからです。

例えば、
6月末に大津市で、男子児童が陽性、
無症状であるにもかかわらす、2週間の臨時休校、
この児童は、元の学校にもどれると思いますか?
もう、人生詰んでしまいませんかね?


親は積極的に入れ知恵するべきでしょう。
カヤックや釣りに連れて行ってあげられるなら、
最高じゃないですか。

これだけかしこい子なら、
自分が必要な時に、
自分が必要とする勉強をします。

しばらく家族単位で行動して、
コロナ騒動のほとぼりが冷めたころに、
小さいフリースクールや、サークルを作って、
ハイキングやスポーツなどの野外活動からはじめて、、
仲間づくりを、ひろげていけばいいのです。

コロナは風邪だ怖くない、と分かっている人であっても
学校は行かない方が安全です。

もう学校は崩壊しています。言わせてもらえば、維新の会はほとんどヤ○ザ。

1fb16140243bb24e6c6830bf7a4e4aa1.jpg

何回も書いていますが、
今回のコロナ騒動は、ウイルスの問題ではありません。
マネーゲームであり、
社会のピラミッド構造の崩壊です。

安倍政権は終わりました。
習近平も、世界中を敵に回して終わりました。
小池さんは当選しても、イバラの道を歩むことになるでしょう。

人気の吉村洋文大阪府知事についてですが、
この人(維新の教育)は、あまりにも古すぎます。
トップダウンなんて、時代遅れです。

見た目はさわやかですが、
はっきり言ってヤ○ザですから
医療も学校もみんなこわされちゃいます。



吉村知事に「現場を見に来て」…府下の現役教師が注文…新型コロナ下の混乱
6/28(日) 19:02配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2ec3a20f969fe8c8c79ebe58e36c3edf8ea9d2e8
====================引用はじっめ

 男性教諭は「吉村さんがいろいろ発言されます。教育についても。その結果、われわれ現場に降ってわいたような混乱がやってくるんで大変なんです。トップダウンによるスピード感はあるのでしょうが弊害は皆無ではない」と話す。吉村知事のテレビでの発言を校長に尋ねても「分からない」との返事が返ってくることもある。その日の夜遅くにメールが回ってきてようやく合点がいくことも珍しくない。

 例えば吉村知事は4月中旬、学校の休校が長期に及んでいることから自宅で過ごす子どもたちを支援しようと、図書カード2000円分を配布すると表明した。

 男性教諭は同月下旬、吉村知事が民放テレビに出演してこの件について話しているのを見て「いったいどうやって生徒に配るのだろうか」と首をひねった。休校で生徒は登校していないからだ。同僚も知らない、校長に聞いても明確な答えはなかった。

 しばらくして東京の業者から府内の各学校に生徒の人数分の図書カードが直接送られてきた。教諭は「府教委経由ではなく直接でした。学校に送られてきたということは私たちに配れということ。郵送でもいいというが切手代は出ない、学校で工面してくれと。そんな予算はありません。となると私たちが生徒の家に持って行くしかない」。女性教諭も「金券だからポストに投函で済ますことはできない」。教諭によると、当初の配布期限は5月6日だった。ゴールデンウィークを「無理矢理に」休日出勤させられそうになった。交渉して後に期限は無くなった。

 当時、府教委から感染拡大防止のために「生徒や親と会ってはいけない」と指示が出ていた。それが一転「安否確認のために」と変わった。教諭は「安否確認なら電話でもできる」といぶかった。

 緊急事態宣言下、教諭たちが2000円の図書カードを配るために出歩き、生徒や保護者と会う。その過程でウイルスに感染するリスクに怯えなければならなかった。保護者も同様で、教師が自宅に来ることに不快感をあらわにするケースもあったという。

 吉村知事やその周辺はなぜ生徒への郵送方法やそれに含まれる代金も含めて立案しなかったのか疑問が残った。男性教諭は「本当に無計画だったとしか言いようがない」と振り返った。「吉村知事の人気取りのパフォーマンスだ」との批判もあったという。

 新型コロナウイルスの影響で、授業再開後の教育現場の労働環境はより厳しくなった。

 一日の授業が終わると教室内をアルコールで消毒する。作業するのは教諭だ。机、いす、子供たちが触れたところ、触れそうなところをすべて除菌しなければならない。しかし、業務はまだまだ残っている。明日の授業の準備、学校として取り組んでいる「研究」のための課題、修学旅行はいったいどうなるのか、やるならやるで下見の必要がある、保護者への対応もしなければならない。

 あれこれ考えていると自然と消毒作業がおろそかになる。女性教諭は「これで子供たちの健康を守ることができるのか。専門業者に依頼すべきではないのか」との考えがよぎったことを明かした。

 女性教諭は「かつてはもう少し現場に余裕があった」と振り返る。余裕がなくなった原因のひとつとして2007年から始まった「全国学力テスト」、さらに15年から始まった大阪独自の統一学力調査「チャレンジテスト」をあげた。

 大阪市のホームページには「学力向上において成果を挙げた教員に報いる方策」とし、「課題整理の上、教育委員会において人事評価・給与等への反映方策を検討」とあり、これらテストの結果も踏まえて給与に反映されることが明記されている。

 橋下徹氏が知事に就任したのが2008年。以後、維新が府政、市政のトップという状況が続く。教育現場における変化として教諭は「テストの点数を巡って学校同士を競争させている」「政治が管理、統制を強めて教育支配、教職員統制を強めている」と疑問視した。

 吉村知事は維新の知事として3人目。教諭は、決断から実行までのスピードを認めつつもトップダウンの姿勢に不安を感じる教員が増えてきていると指摘。「同じトップダウンでやるなら教師の数を増やして受け持つ子供の数を減らしてほしい。40人から35人、いや、39人にするだけで子供への目配りが全く違う。教室の数そのものにも余裕がない現状では、第2波が来て子供たちを分けるにも物理的な余裕がない。現在、すでに密な状況になっている。そういう意味では知事に現場を見に来て欲しい」と訴えた。
=========================引用終わり

テレビに出ずっぱりの人は、信用してはいけません。
そもそも、私たちがテレビを見続けていないと、
猫の目のようにころころ変わる、コロナ対策に、
ついていけないということが、おかしいのです。

私なんか、ワイドショーやニュースは見ないので
「今日から県をまたいで移動してもよくなりました」
えっ!!そんなルールあったの?みたいな。
若い人たちはテレビを見ない人も多いし、
テレビの奴隷ではないから、言うことを聞きませんよ。

中学生ぐらいだと大人のコロナ欺瞞を見抜いています。
ほとぼりが冷めたころには、
自分の保身だけを考えてウソつく大人をバカにするようになってしまいます。



維新政治の失敗 〜教育②〜
https://tokoso.cdp-osaka.jp/misgovt-education2/

すでに橋下さんの時代に、学校がめちゃくちゃにされてしまって、
先生たちに不満があったと思いますよ。

五味太郎さんの記事です。

いやあ、五味太郎さん。
二人の娘さんも、学校へ行くのをやめちゃったんですね。

うちの息子たちといっしょなんで、親近感がわきますね。
だから記事にします。
それに、私の息子たちは、五味太郎さんの本が大好きで、
今も大切にとってあります。


五味太郎さん「コロナ前は安定してた?」不安定との向き合い方 「色んなことの本質が露呈されちゃってる」
4/5(日) 7:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00000004-withnews-soci&p=1

====================引用はじめ

d9099_1446_34fc8282_a45608d6.jpg

アトリエで話す五味太郎さん=北村玲奈撮影
新型コロナウイルスで社会も大人も「不安定」が渦巻く今、子どもたちにメッセージを届けたいと思って、絵本作家の五味太郎さん(74)にたずねたら、「そもそも、コロナ前は居心地がよかった?」と逆質問されました。400冊以上の絵本を出して世界で愛されている五味さんは、子どもを対等に見て、愛を込めて「ガキ」と呼びます。「ガキたち、これはチャンスだぞ」。子どもも大人も一緒に「不安定」との向き合い方を考える、五味さんのメッセージをお届けします。(朝日新聞記者、田渕紫織)

(中略)

むしろおれ、ガキたちにはこれがチャンスだぞって言いたいな。心も日常生活も、乱れるがゆえのチャンス。

ーーチャンス?

だって、仕事も学校も、ある意味でいま枠組みが崩壊しているから、ふだんの何がつまんなかったのか、本当は何がしたいのか、ニュートラルに問いやすいときじゃない。実はコロナ禍がないときこそチャンスに満ち満ちているんだけど。今は幸か不幸か、時間が余っているんだから。
子どもに失礼な学校、社会
ーー親も子も、一斉休校→再開→やっぱりやめるかも、と政府や自治体の判断に振り回されています。

一斉休校は突然で横並びで、よくなかったとは思う。やっぱり日本人って、誰かが命令してくれるのを待ってるよね。その方が楽というか、やりやすいのかな。

でも、こういう時っていつも「早く元に戻ればいい」って言われがちだけど、じゃあ戻ったその当時って本当に充実してたの? 本当にコロナ前に戻りたい?と問うてみたい。戻すってことは、子どもに失礼な形の学校や社会に戻すってことだから。

どんなにまずい寿司屋でも…
ーー子どもに失礼、というのは?

たとえば義務教育って言うけど、子どもにとっては教育って義務じゃなく「権利」だと憲法に書いてある。

でも、6歳になったら必ず小学校に行く、他に選択肢がないんだもの。しかも(公立なら)学校も先生も選べない。どんなにまずくても、○丁目の人は全員この寿司屋しか行っちゃだめと決められているようなもの。

僕の娘は2人とも途中で学校に行くのをやめたけど、学校というタイプに向いてる子と向いてない子、あるいはどっちでもいい子がいる。

おれは初等教育のプログラムって、ほとんどが「大きなお世話」だと思う。人格形成とか学習能力とか……。もちろん、誰も悪意でやってるわけじゃないんだけど、全員座ってじっと先生の話を聞くって、子どもの体質には合ってない。そこで栄養がとれて健康が管理できれば十分だと思うし、やりたいこと・わからないことがあったら聞ければいいと思うから。

この取材と矛盾しちゃうけど、人の話なんて一方的にずっと聞いていちゃだめだよ(笑)

====================引用終わり


やっぱり、
コロナにかかると志村さんみたいに非業の死を遂げることになる、
と考える人と、
「風邪の一種」と考える人に、分かれると思います。
風邪の一種と考える人は、結構多く、
医療関係者にも多いようですね。
こればかりは、どこまで行っても平行線なんですよね。

だから、学校へ子供をやるとコロナで死んでしまう、と
心配で心配でしょうがない人は、
学校を休ませるべきだと思います。

学校なんて普段から自殺やいじめで死ぬ子がいて、
コロナがなくても、そもそも安全な場所なんかではないのです。



うちの息子たちは小学校は少しは行きましたが
中学校は一日も行ってませんが、
それぞれ、物を作る会社の管理職をしています。

今の時代、安定はどこにもないと、、
社会がピンチの時でも大丈夫な業種は何かと考え、
(つまり、貧乏人から金をむしるのではなく、金持ちに金を出させる)
何かあれば転向できるように
日ごろから人脈づくり、資格取得等の、準備しています。

学校は行っても行かなくてもおんなじです。

これからは、コロナによる不景気を期に、
どの企業がつぶれてもおかしくないし、
大企業だってリストラを敢行する可能性が高いです。
公務員のリストラもありますね。


ネットの書き込みで、
両親に絶対にコロナ感染をさせないために、
仕事をやめたという人がいましたが、
それもありなんでしょうね。
私とは意見が違いますが、
人は意見が違うものですから・・・



立花さんへ

前振りです。

N国党関連の動画をがんばって配信していた人が、
体調を崩したと言っていました。
支持者の若い子が、アンチに脅迫されているのに、
無視ってどうよ!

前回の記事でも書きましたが、N国関連の動画は、
虚無です。
ブラックホールみたいなものですから、
精神状態がおかしくなっても何の不思議もありません。

N国党にはまって疲れてしまうのは
勉強不足でも本を読まないからでもありません。
問題はN国党側、ユーチューブ側にあるのです。
N国党とは何の関係もないブロガーの私でさえ、
動画を見ているだけで神経がすり減ってしまうのです。


動画の多くは虚無だと言っていいと思います。
統合失調症などの既往症がある人の動画、
宗教関係者の動画、
なにかというと、勉強不足だ、本を読めと言う
あるいは誘導する人の動画、
(こういう人ってマウントしているんですよ
姑の嫁いびりと同じですね。)

長々とライブ配信をやっている人も、
結局お金に困っていたりするのです。
私は、今研究中ですが、
こういう動画も、危ないと思います。

N国党員の動画でなくても、
アンチ動画にはまっている人もいるのです。
どっちも同じです。
そして彼らが自分の考えと違う人に、
とんでもないコメントをするのは、
十分考えられることです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

mig.jpg

こんな見出しの動画を見つけたので視聴してみました
[立花流]子供の教育方針とは?ちなみに息子は停学中です!
2019/11/10に公開済み
N国党支持チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=heLtQuOBvkU


立花孝志さんの高校生の息子さんが、
友達をネットで誹謗中傷し名誉棄損したので、
停学になったそうです。
息子さんは立花さんに、国会議員の力を使って
助けてくれと言ったそうです。
立花さんは、学校へ行く意味はないと言ったそうです。

これが事実だったら、
立花さんがまちがっています。

私も学校へは行かなくてもいいという考えなんですが、
それと、友達をネットで誹謗中傷したことは別の話になります。

それが事実であったら
まずやらなけらばならないのは、
被害者への謝罪だと教えてあげなくてはいけません。
それが親の務めです。
離婚しているとはいっても、親として学校や被害者に
謝りに行くぐらいはした方がいいかもしれません。

それに、息子さんが
国会議員の力を使って助けてほしいと言ったのは、
はやく学校に戻りたいということでしょう。
(父親への当てつけかもしれませんが)

不登校の小学生に、
学校へ行かなくてもいいと言うのとはわけが違います。

立花さんはわかっていないと思います。
息子は父親の背中を見ているものです。
息子さんは立花さんと同じことをしているんですよ。

立花さんがNHKをぶっ壊すとか、マツコを訴えるとか、
そんなことばかり言っているから、
息子さんが同じことをやったにちがいないのです。
息子さんが気の毒です。

https://www.twitbet.com/twitter/profile/alicesonderland
alicesonderland
Oct 26 2019 8:48pm
立花孝志さんの話しは面白い. 立花さんの息子さんがネットに友達の悪口を書いててゆきすぎたらしく三週間の停学になった. 何故するのかしたのかと尋ねたら「パパもやってるじゃん」…


詳細はわからないのですが、
むずかしい年頃の息子さんがいるのだから
父親は息子の鏡だと自覚して、
きちんとしなければいけません。

立花さんが今しなければならないことは、
NHKから国民を守ることではなく、
道をはずれかけている息子をまっすぐに育てることでしょう。

立花さんは周りに敵を作りまくるのは
戦術だというかもしれませんが、
家族にとって、周りを敵に囲まれることは、
非常に危険だと思います。

若いユーチューバーで、
子どもがいたらユーチューバーなんかできないと言う人がいますが、
それは賢明な判断だろうと思います。

立花さんが、
どうしても誰かに裁判をしたいのだったら、
息子さんが成人し、一人立ちしたころには、
愛想をつかされるでしょうし、
その頃はまだNHKもグーグルもぶっ壊れていませんから、
そちらを相手に思いっきり裁判すればいいのですよ。


それにしても立花支持者ってすごいですね。
どんな話でも脳内変換で美談になってしまうんですから。


https://www.youtube.com/watch?v=aes4igu97rQ

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ