さかなクン苦しいのでは?・・・個性を伸ばす子育ては正しいか

RIMG0002 (2)


以下の記事は管理人の勝手な憶測です。
こうだと決めつけているものではありません。
世の中しょうもない教授やノーベル賞受賞学者が多いので、まだましともいえますが、
子どもが絡んでくるとちょっと事情が変わってくるので気を付けたほうがいいという話です。



さかなクンについてもう少しこの話を続けます。

私は息子たちと一緒にテレビチャンピオンを見ていた世代ですが、
さかなクンは成長しているようには見受けられません。

社会人になったら自分が批判されたときどう対応するかとか、
母親との距離のとり方とか、
年齢相応のふるまいをするとか、
周りの雰囲気にあわせるとか、
そういう人間性の面もです。

さかなクンが書いた本のレビューを見ると、
さかなクンのお母さんを絶賛する書き込みであふれているのです。
自分が書いた本のレビューに、
本人よりお母さんが素晴らしいと書かれて
さかなクンはそれで気持ちがいいのでしょうか。
それともさかなクンのお母さんや、
お母さんの信者が気持ちがいいのでしょうか。

レビューには「これは育児書です」なんて書いてあるものまであります。
そしてその「育児書」には、ルビがふってあって課題図書だったりするみたいです。
小学生にさかなクンが書いたへんてこな育児書を読ませるのですか!?
これは普通の感覚だったら、異常事態です。



以前にも紹介したテレフォン人生相談の音声動画です
2017/12/29(金)
自慢だった息子は無職で家に居る。加藤氏が最低と言う母親のあるセリフ
https://youtu.be/HPvwZneRnQo

サッカーのエースの息子がお母さんに栄光を与える。
外側を見せるだけの人生。
自分の中で成長するものがない。



障がい者といわれながらも、大学教授の肩書を背負ってがんばっている・・・
なのに立派なのはお母さん。
さかなクンの成長が見えない。

それでも41歳にもなれば、100%自分の責任です。
彼は苦しいのではないでしょうか。



私は障がい児の療育については詳しくないのですが
こういう意見には賛成ですね。
2017-10-10
子どもの成長のために子どもに振り回されない態度が必要
http://www.kenkou-kosodate.com/entry/2017/10/10/195558
==========================引用はじめ
私の母はとても長男くんに甘く、長男くんもそのことを知っています。

そのため長男くんはばぁばになんとか自分の要求を聞かせようと態度がひどく乱暴になります。

例えば…

牛乳大好きな長男くん。

いつもは普通の牛乳です。

でも!ばぁばなら牛乳にカルピス入れてくれるかも☆

「カルピス?カルピスは?」と牛乳にカルピスを入れさせよーと大きな声で騒ぎ立てる。

「カルピスはお薬飲む時だけよ。」と言われるとだんだん飛び跳ねて気に入らない素振りをする。

するとばぁばが根負けして牛乳にカルピスを入れてあげてしまう。

長男くんが自分の要求を通すには大声を出したり足を踏み鳴らせばいいんだ!

と誤学習してしまう典型的な悪いパターンです。


=============================引用終わり

これはどんな子供にも言えることだと思います。
程度の差だと思います。
個性を尊重するという大義名分に、陥りやすい罠はないでしょうか?

さかなクンのお母さんは、常識では考えられないような、
(必要な事というよりお母さんを振り回しているとも思える)
さかなクンのあらゆる要求を、通してあげています。




2017-07-21
【自閉症スペクトラム】息子のこだわり行動との全面対決
http://www.kenkou-kosodate.com/entry/2017/07/21/202536
===============================引用はじめ

「自閉症スペクトラムとこだわり行動への対処法」では

「こだわり」行動の定義は

その行動によって子どもの発達や成長を阻害するもの。

そしてこだわり行動は介入しないと次第にエスカレートしひどくなると書いてありました。

===============================引用終わり

こだわりって誰にでもあると思うのです。
健常者と言われる人たちにも
摂食障害や買い物依存やギャンブル依存や、あるいは強迫神経症になる人が
大勢います。

介入しないとエスカレートしてひどくなるかどうかは私にもわかりません。
普通の依存症で自分で気が付いてなんとか脱出できる人もいるでしょう。

しかし
こだわっている間は、
成長どころか、時間も体力もお金も無駄にしていると思います。

変化することが、成長すること。
https://happylifestyle.com/12254
価値観の変化は、成長ができている証拠。
https://happylifestyle.com/4228



こだわっている人や依存症の人は自分のやりたいことを楽しくやっているのではありません、
やっぱり苦しんでいます。


だから
成長できていないさかなクンは普通の中年男性なら言われて当たり前の意見すら
受け止められなくて、熱を出してしまい、
それを公表しないではいられなかったのではないでしょうか。

これではいつまでたっても、大人になれないのではありませんか?


スポンサーサイト

さかなクンは、やっぱりうるさいだけ

RIMG0002 (1)

さかなクンについてですが、
私がさかなクンはちょっとまずいのではないかと思ったのは、
テレビで、東京湾で新種の魚を探すとかいう番組を見たときでした。

番組ではたしか漁船の網に白いヒトデがかかったのですが、
新種かもしれないという流れはまずかったと思います。
白い生物が見つかった時は、まず、アルビノだと判断するはずです

まぁ、アルビノはともかく、
東京湾で新種なんておいそれと出てこないどころか、
突然変異、奇形がぞろぞろ出てきても何の不思議もないじゃないかと、
こっちがひやひやするんですよ。

奇形と新種をどう見分けるのか、
大学の教授先生に聞きたいぐらいです。

テレビ番組としてお笑いタレントならともかく、
大学教授(さかなクンのことです)が同席していて、
新種という言葉はこのヒトデに限らず全体をとおして、いかがなものかと思ったのです。

(このテレビ番組はちらっと見ただけであり、生物に詳しいわけでもありませんから
記憶違い認識の間違いもあるかもしれません。
もしも番組の感想としての間違いがありましたら、ご容赦ください)

ですから、私はこの番組でさかなクンはあてにならないと思ったのが最初です。
それまではテレビチャンピオンに出ていたのとかは知っていましたが、
さかなクンに興味はありませんでした。

===============================引用はじめ
さかなクン&プクプク
2015年11月15日 ·
...
今日は、母のお誕生日✨
広島県から夜、東京に戻ると、心優しいボスさまギョ夫婦が、館山の実家に連れてってくださいました。
サプライズで、みんなで母のいるフィッシュハウスの扉を開けてハッピーバースデー🎉の歌🎵を歌うと、何も知らなかった母は、ものすーっギョーくビックリして、大喜び♬ ボスさま✨ともこさま✨誠に!ありがとうギョざいます😊♬ 母は、いつもFacebookさかなクン&プクプクを楽しみに♪たーくさんいただくハッピーなコメントも大喜びしています。心から、ありがとうギョざいます。
これからも、親孝行できるように、ギョんばります‼️ さかなクン
============================引用終わり

アラサーの息子を持つ母親として、
やっぱりアラフォーのさかなクンのお母さんは受け入れられません。

さかなクンのお母さんは
彼が子どものときに畳の部屋に、多数の水槽を置くことを許したとか、
水槽で飼う魚を料亭に買いに行くのを許したとか、
そういう子どもへの接し方が絶賛されているようですが、
私にはさっぱり理解できません。

私はホームスクーラーの母をやってきたし、
教育は虐待だと言っているのは事実ですが、
何をやってもいい(やらなくてもいい)というのではないと思っています。
最低限のルールは教えてあげるべきだと思います。
まず、水槽を設置する場合は、
安定がよく、水に強い床、台に置くのは最低限のルールです。
相手が誰であろうと絶対譲ってはいけない
常識のハードルというのはあるのです。


子どもが水槽で飼う魚を欲しがったら、
料亭ではなく、観賞魚店に相談するのが普通だと教えてあげるのは、
最低限のルールだと思います。

板前さんの、「生け簀の魚をお造りにする」という”誇りある仕事”が
お客さんをがっかりさせる結果になったとは
板前さんにとって気の毒きわまりない話です。
さかなクンのお母さんはそこまで気が付いているでしょうか?

子どものために仕事をしてもらうのなら気持ちよくやってもらったほうがいいと
考えられなかったのでしょうか?

すべてを子どもの言うとおりに任せてしまうのは、
親の怠慢だと思います。
家族であっても、意見が違って当たり前だから、
お互いに意見交換が必要なのです。

子どもは人とのコミュニケーションを
親との言葉のやり取りで、習得していくのです。
親は学校より影響が強いのです。
親が子どもとコミュニケーションが取れなくて、
その子どもが社会に出ても、
赤の他人と適切なコミュニケーションができるわけがありません。

あと、「お母さんはさかなクンに○○を買ってあげました」とか
そういう「カネで解決的な感じ」も疑問です。
畳の修理だとか、ウマズラハギの生き造りだとか、
私だったらそんな無駄なお金を使えませんよ!!

どのような子どもであっても社会のみんなで育てていくのは良いことなんですが、
さかなクンのお母さんはどうも理解できません。

このように書くと、、
「彼、または彼のお母さんには障がいがあるから・・・」とか
大人の事情を言われそうですが、
そんな言い訳は彼のフアンの多くを占めるであろう
子どもたちに言うわけにはいきませんからね。


私は障がいのある人を差別しているわけではありません。
しかし、のぶみさん問題にも言えることですが、
売れさえすればなんでもいい、という金銭至上主義
マジで子供に「子供だまし」をあてがってしまう、
テレビ、出版社、大学の責任も重いと思います。

精神障がいの大人を子どもに近づけるのは危険です!

RIMG0006.jpg


この画像は、私の息子たちが、大好きだった絵本のごく一部です。
良い本はいつまでも捨てられずに残っています。・・・というか

これらの本は書店でも人気なんですね。
妹が務める書店でも、のぶみさんの絵本は見当たりませんでしたが、
馬場のぼるさんの11ぴきのねことか
かこさとしさんのからすのパン屋さんだとか、人気みたいでうれしく思いました。

反面新しい絵本が少ないのは寂しくもありますが・・・

子どもは感性が鋭いですから、
絵本を通して未知の大人である絵本の作者の
人間性や大人としての懐の深さを、推し量っているのを
ひしひしと感じます。



のぶみさんのフェイスブックからです。
のぶみさんはウソが多いと言いますから嘘か本当かはわかりませんが、
のぶみさんのファンってすごいですね
こうなったらもう世も末です。

================================引用はじめ
絵本作家 のぶみ

2月13日 12:27
...
‪あたしおかあさんだからを‬
‪卒園式で合唱するって言われた‬
‪そんなこと思っても見なかった‬
‪子どもたちが先生に言ってみるそうだ‬

‪感動。聞いてみたい

=============================引用終わり



子どもは何でもお見通しです。
そして大人に対しては容赦がありません。
大人を試すようなことも普通にやります。

子どもは大人の心の広さ、懐の深さ、精神的な強さを試すのです。

大人が子どもの試しに引っかかると、大人は信頼を失います。
子どもにとっての大人像がもろく崩れます。

https://www.hoikushisupport.com/column/nursery-field/356/

だから子どもにかかわる大人は、子どものような大人ではいけないのです。
意に沿わない意見を言われたぐらいで
ストレス性の胃腸炎になっていてはいけないのです。
熱を出していてはいけないのです。
さかなクンも同じようなものです。

このような人たちは自己愛かなにかの問題があるのです。
健常者には
「常識だとか普通だとかいう超えづらいハードル」があるものですが、
精神的に問題がある人は
平気でハードルを越えて健常者には越えられないところへ踏み込んでしまうので、
ある意味すごいと思わせるものがあるのは確かでしょう。

しかしそれによって起きる不都合に対して、対処する能力は持っていませんから、
フアンが無償奉仕でしりぬぐいをして、代わりに営業してあげなければなりません。

さかなクンのフアンもそうですけれど、
「さかなクンのお母さんの”育児方法”に涙と共感」
「今のさかなクンがあるのはママのおかげ」
「さかなクンかわいい」
「さかなクンがお母さんに伸ばしてもらった個性をつぶさないで!!」


41歳の大学教授の男性についてこういうことを言うのは、
「うるさい」というよりも、比べ物にならないぐらい失礼だと思います。
いや、視聴者から「うるさい出るな」と100%自分の責任を問われるのは、
やっと大人になれる糸口だったかもしれないのに、
「うるさい出るなと言われて熱が出た」とせっかくの糸口を自ら握りつぶしてしまったのです。

子供にしがみつく心理
http://www.katotaizo.com/books/parents

親子の役割逆転
==========================引用はじめ抜粋

親の自慢話を子どもが聞いて褒めてあげる。子どもにとって辛いことだが、これが「親子の役割逆転」である。
 母親が料理を作る。
 子どもが「わー、美味しい」と言わないと母親が不満になる。
 父親が車を買う。
 子どもが「わー、かっこいい」と言わないと父親が不満になる。
 親の自慢話を聞くことが子どもの役割になってしまう。

=============================引用終わり

のぶみさんとフアンの関係、
さかなクンとフアンの関係、
これらは親子の関係ではありませんが
大人が子どもを相手にしている以上、
大人と子供の関係が逆転しているから、
「アダルトチルドレンまたはアダルトチャイルドはヤバいよね」と感じている人にとっては
耐えられないほど気持ち悪いのです。


1502082626-de365b4b8dce2c68f4f7e8914801397f-600x450.png
img_1930fab422ac231aa00850eadd4c541a85466.jpg
71e4YsotDUL.jpg
作品は、これはもう駄目でしょう。

まぁ、作品をどうこういう以前の問題として
のぶみさんは暴走族の総長で替え玉受験や逮捕歴といった過去があるというのです。
逮捕歴とか暴走族とかは無縁の
ちゃんとした家庭の子どもには見せられるものではありません。

親に逮捕歴があるような機能不全家庭では、のぶみさんは希望の星で
絵本は素晴らしい作品なのかもしれません。
ある種の人たちにとって、自分と同じような欠点を持った人が
その欠点によって希望の星が地に落ちるのが耐えられないのでしょう。


普通の家庭の感覚では、
のぶみさんはひとつも良いところがありません。

このことから、彼を持ち上げた出版社や
NHKはじめマスコミにも大いに責任があると言えます。

最近多いこういうのって、ナルシストじゃないかと思った件

greek-16.jpg


先日から話題になっているのぶみさんの、「あたしおかあさんだから」
の批判についてです。


反論から一転、「僕がバカだった」と謝罪 「母の自己犠牲美化」と批判でた曲の作詞者
2/8(木) 12:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000004-jct-ent

私はお母さんをとっくの昔に卒業してしまったので、
のぶみさんという人をあまり知りません。
ですから、ニュース記事のコメントから、引用させていただきます。

============================引用はじめ
yuy*****
| 21時間前

情熱大陸で見たけど、この方って出版前の絵本を母親たち子どもたちに読み聞かせて、その反応を見て内容を何回も書き直して完成させてるんだよね。だから、自分の想いや信念なんかを作品に込めるというより「はい、このページでお母さん泣かせまーす」「ここ、子どもにウケるとこ」ってリサーチに基づく作品づくりな印象。
今回もそのやり方で作詞して失敗し「反応がイマイチだからやり直したい」って安易に言ってるけど、出版前の絵本じゃあるまいし、もっと作品に責任もった方がいいと思う。



chi*****
| 22時間前

今回の作品だけでなく、これまでの作品も沢山の母親や司書の方々が子供に見せてはいけないと考える絵本ばかりでした。
今回、彼が批判されたのは良かったと思う。彼の問題、人となりが露呈されたので。
でも彼は話が通じない 自分自分なタイプなので、きっと今後も改善は見られないかなと思います。
絵は可愛いのにもったいないですね。

公式サイトの講演会受付の欄に、30万円以下はお断りと書いてあり引きました。



chic****
| 22時間前

のぶみさんは早く『僕の理想の母親像』を捨てた方がいい
世の中にはいろんな母親がいるし自己犠牲で愛情を表すお母さんもいるかもしれないけどそういう母親ばかりでもない
この歌が励みになる人もいる一方で余計育児に追い詰められる人もいるかもしれない
それだけ母親と育児ってデリケートなことだと思うよ
理想の母親像を抱えたおっさんが適当にアンケートして育児語られても響かないよ

============================引用終わり

まず
私としては童謡で、おかあさんが「あたし」と言うのは、
もうその時点でNGなんです.。

のぶみさんのSNSも見たのですが、
この人は、絵本作家なのに、ちゃんとした文章が書けないようです。
残念ながら、
動画を見ても、きれいな日本語が使えないようで、
視聴に耐えるものではありませんでした。


のぶみさんは作品の作り方が、
ナルキッソス=ナルシスなのではないかと思いました。
自分がないので、
自分の行動を水面に映して、その反応がすべて・・・という。

2018-02-08
「あたしおかあさんだから」のエピソードはどのように活かされたか、ナウシカの母親を考える
http://www.netlorechase.net/entry/2018/02/08/070000

自分があれば、批判を受けようがどうしようが、華麗にスルー出来るはずです。
もちろん脅迫されたり殺害予告があったりしたらすぐさま警察に通報するべきだと思いますよ、
でもそうじゃなければ、いろんな意見があるのは当たり前なんです。

それがわからない人は、人生行き詰ります。
かわいそうですね。
というか、こういうナルシス文化をあてがわれる子供もかわいそうです。
私が子育てをやっているころにはこういうものがなくてよかったです。

640x667x8a5a81702daadff13baac0e6.jpg

立派なおじさんが”子どものまね”をするのはたちが悪いです。
私なら変なおじさんに子どもを近づけるのは危ないと思います。



しつこいようですが、
さかなクンもナルシストが露呈してしまいました。
さかなクンが愛する魚たちが、危機に直面しているのに、
自分自身へのうるさいとかテレビに出るなとかいう批判に、
「悩みすぎて熱が出た」とやってしまったのです。
私としてはある意味まっとうな批判なんですがね。

さかなクンの場合はナルシストというより、
何かの障がいかもしれませんが
(そういううわさがあるという意味ですよ!!)

japan-hit-3months.jpg
https://indeep.jp/worst-oil-spill-will-hit-japan-soon/
(以前の記事ではこういう画像を使うのを控えていましたが
あえて出させてもらいました)

タンカーの沈没は1月14日らしいけれど、
衝突事故は1月6日だそうですし
問題のさかなクンのテレビ出演は1月下旬で、
批判と発熱発言はそれ以降になります。

海や魚が専門の大学教授がこの事故を知らなかったでは済まされません。
すでに鹿児島県では、住民が手作業で油のかたまりを拾い集めているそうです、
20180201-00000072-asahi-000-6-view.jpg
テレビで小さなビニール袋に拾い集めているのを見て、言葉をなくしました。
流出したのは11万トンのコンデンセートという石油製品で、
人体に危険なのではないかと心配されているそうです。

さかなクンは、大学教授でいろいろな肩書を持ち、絶大な影響力がありますから、
わきまえてほしかったです。
むしろ、この時期、
九州の漁業関係者にお見舞いのひとことがあってもよかったのではないでしょうか。

さかなクンは障がいがあるから・・・と言う人もいるかもしれませんが、
周りの人が、こういう言動をしたほうがいいですよと、
教えてあげる必要があったのではないでしょうか。

「理想」とは、なんと古くてしょぼいことか。

RIMG0015.jpg
(クリームシチューです。
寒いときはジャガイモ牛乳たっぷりでも、安心してたくさん作れますね。
小麦粉をバターでいためて作りました。簡単です。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

父を刺し死なせた慶應大生 恵まれた人生を覆った父のDV疑惑〈AERA〉
1/20(土) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180119-00000090-sasahi-soci
===========================引用はじめ(抜粋)

 18日夜、酒に酔って帰宅した父親で、会社役員の島屋多可三(たかみ)さん(58)が次男に説教を始めたのに気づき、鳥屋容疑者は部屋を飛び出した。

「やめないなら刺すぞ」

 鳥屋容疑者と同じ空手部に所属した同窓生は事件を知り、「人を殺すような人じゃない。信じられない」と感じる一方、同時に中学時代を思い出していた。部活終了後、胴着を脱ぐと鳥屋容疑者の体にあざがあった。けんかでもしたのかと尋ねると、

「親に殴られた。父親は本当に厳しく、面倒くさい」
.

 鳥屋容疑者の中学、高校、大学時代の同級生もこう話す。

「父親のことを『昭和のお父さん』と言い、ごく少数の親しい友人には父親が兄弟や母親にまで暴力をふるうことを明かしていた。数学はできたが、文系科目が苦手で、いつも留年ギリギリ。父親と成績のことで殴り合いのけんかをしたと話したこともあった」

=============================引用終わり

コメントも同感できるものが多かったです。
=============================引用はじめ
kom*****
| 1日前


「力」ではどうにもならなくなってきた、とFacebookにも書いていましたもんね、容疑者の父親。

知人の父親が同じような強烈な人でしたが、大人になった息子は一切縁を切っています。
母親とのみ連絡をとり、父親とは直接会うことはありません。
父親の口癖は「いつかあいつも親になれば分かる」らしいです。
息子は「あいつのやり方は間違っていた。真似はしない。」と言っています。
この父親も会社役員です。
息子は偏差値70くらいの大学です。

この家族のことと、とても被りました。
似たような環境のひとがもしいるなら、
家から出られる環境だったら、もう出てしまった方がいい。


*******
| 1日前


容疑者の息子の写真を見た時、怯えたような目に感じたのは、そういうことだったのか…
辛かったね。

同じ慶応だが、親と同じ道を歩かせるために無理やり子どもの道を決める親、幼少期から良い成績を取らないと暴力振るう親、周りにたくさんいました。
恵まれてるとは限らないです。
============================引用終わり

コメントの中には、
30年以上会社員やってれば重要なのは学歴じゃないってわかるだろうに、
といったものもありましたが・・・

でも大人たちは、センター試験で人生が決まる、とか、普通に言っていたりします。

こういうニュース記事が絶賛されていたり・・・
センター試験の「世界史」で“満点“だった女子高生 「工夫と努力の天才」と称賛されるワケ
1/17(水) 17:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00010006-bfj-soci

私は離婚経験があって、世間一般の理想とは程遠い人生です。
若いころは、
離婚してもコンビニの裏口へ行って期限切れの弁当をもらえば、
母子3人が餓死することはないだろうと、本気で思っていました。
若いころとはそんなものだと思います。



問題はこの父親だけではありません。
今は子どもたちがあまりにも、古臭いことです。
つまらない型にはまりすぎているのです。
今の子どもたちが親になったら、その子供たちはさらに息が詰まるでしょう。

それを先導しているのは、学校、学歴信仰です。
うつ病、摂食障がい、アルコールやギャンブルへの依存
若くして難病やがんになる人、
虐待、
引きこもりなんかはましなほうと言わざるを得ません。

理想と現実のギャップが激しすぎると
人間、おかしくなります。
アエラ記事の見出しの
「慶応大生、恵まれた人生」・・・このフレーズもがろに理想ですよね!!


が、しかーーし!!

「理想と現実のギャップ」というと、
理想は立派で現実はしょぼいというイメージがあるのですが、
そうではありません。
ここが大事なところです!!

理想はしょぼくて、現実のほうが立派なのです。
理想が非現実的で不確実で貧弱すぎるのが問題です。

例えば医療の理想と現実は、
理想・・・インフルエンザワクチンを接種すればインフルエンザにかからない。(不確実)
現実・・・インフルエンザにかかっても2~3日安静にしていれば治る。
      そのうえ確実にインフルエンザに対する免疫ができ、
      副作用がないというおまけつき。

例えばホリエモン(笑)
理想・・・東大を卒業して、一流企業に就職。(不確実)
現実・・・東大中退したが、起業してお金をたくさん儲けたし、
      なにより有名人になった。
      刑務所に入ったが、ダイエット日記みたいな本を書いた。
      ほかの人にはできない、ユニークな生活をしている。



加藤諦三さんがよく、「現実を認めて受け入れること」と言っていますが
こういうことなんだろうと思います。

面白いので、がん
理想・・・頻繁に検診を受ければ、早期発見ができて、治すことができる(不確実)
現実・・・がん治療は副作用が強く、不確実なので治療をしない。
      無治療は治療するより死亡率が低いか、悪くても同等。


古臭くてつまらない「理想」にとらわれて、
「現実」から目を背けるために、
お酒を飲んだり子どもに説教したり殴ったりする親
(生徒に説教する先生も!!)多くないですか?