FC2ブログ

コロナうつにならないために具体的な方法

さすがに、コロナ騒動もここまでくると、
うつうつとした気持ちになってきますよね。

テレビやヤフーニュースはネガティブな情報ばかりが
目に付きやすいようです。
ネガティブなニュースはわざわざ、
ニュース速報でやっていただけるww

こんな記事を見つけました。
私の気持ちを代弁してくれたようで、
良い記事だと思うので、以下に紹介します。
長いので少し短くしました。
お時間がある方は原文を読んでいただきたいと思います。


「コロナうつ」に陥らないために必要なのは“不安”と“情報”の関係を知ること 自衛隊メンタル教官に聞いた

s_dot-2020031700021.jpg

下園壮太2020.3.19 17:00
https://dot.asahi.com/dot/2020031700021.html?page=1

=======================引用はじめ

(1)不安は「情報量の多さ」を「正しさ」と誤解するのだから、その対策は、情報に触れる数(機会・時間)を制限することです。四六時中ニュースに触れるのではなく、一定の時間に制限したり、特定のニュース番組を見る、と決めることです。

(2)不安は「数字」によって煽られる
 人間は、国家予算の何十兆円という規模の数字の変化にはあまり不安を感じなくても、1000ぐらいまでの数の増減には敏感です。そのあたりまでは、実感できる数字だからでしょう。だから、今日の新たな感染者が「5名」、これまでの新型ウィルスによる日本での死者が「7名」といった数字を聞くと、あたかも自分の近くに危険があるように感じてしまいます。

(3)不安は危険情報を欲しがる
 安全だという情報は、見逃しても、命にかかわらないので、どうしても「危険情報」だけを探し出す癖があります。これが(1)で述べた「情報の量」にも影響します。

 今回のクルーズ船での感染予防対策に疑問を呈した医師の発言も、「正しい」というより、「危険」側の内容だから、広まってしまったのです。もし医師の発信が「安全だった」という内容なら、そこまで拡散しなかったと思われます。

 さらに現代社会では、インターネットで検索すると、それに類似した結果がカスタマイズされて結果として出てくるので、不安情報だけがさらに集まってくるという状況に拍車がかかっています。

(4)不安は口コミや身近な人の言動に影響を受ける
 人間社会における情報は、メディアが発達する以前、何万年と身近な人の言動による「口
コミ」が主体でした。その長い歴史が、本当の情報ほど密やかに、口コミで伝達されるという感覚を人々に刻んでいます。そのため、公の発表よりも口コミのほうが信ぴょう性を感じやすいのです。

 現代では、SNSが「口コミ」の役目を果たし、昔では考えられないほど、大規模、かつ強力に人々の不安を刺激しています。

■不安を増大させないための、有効な対処法

(1)~(4)まで、不安と情報の関係を見てきましたが、対処法はいたってシンプルに、それぞれの特徴の反対のことをすることです。

(1)不安は「情報量の多さ」を「正しさ」と誤解するのだから、その対策は、情報に触れる数(機会・時間)を制限することです。四六時中ニュースに触れるのではなく、一定の時間に制限したり、特定のニュース番組を見る、と決めることです。

(2)不安は「数字」によって煽られるのだから、その対策は数字による不安を感じたら、何らかの比較の対象を求めることです。数字は単独だと冷静に評価しにくいので、日本ではインフルエンザで毎年2000人を越える人が亡くなっていることを知れば、「●日現在の死者数、●名」という数字の感じ方も変わります。

(3)(4)、不安は危険情報を欲しがり、口コミや身近な人の言動に影響を受けるのだから、対処法はネット検索の時間を制限する、危険情報に触れた場合は、安全な情報にも意図して触れる、不安情報を過剰に口にする人とは、やんわりと距離をおくことです。

■不安の一番の問題は、「優先順位」を誤ること

 このような方法で不安を増大させないことは、「優先順位」を間違えないためにも大事なのです。

 冷静なときは、人はさまざまな情報をフラットに判断できます。ところが「漠然とした不安」に飲み込まれている人は、ひとつの情報に飛びつき、そこだけに注目して対応してしまいます。だから、将来の経済、将来の家族、将来の生活の不安につながる情報に動揺し、トイレットペーパー確保に必死になってしまうのです。

 おそらく、コロナウイルスの影響を冷静に考察すれば、長期的には「経済」が最も大きなテーマになるはずです。経営者はその意識を持っている人が多いと思いますが、そのほかの人も、冷静になって、そのことを考えるべきだと思います。このまま、経済活動を縮小してしまうと、マスクやトイレットペーパー不足にとどまらない影響が出てくると思います。

 不安をいたずらに増幅させず、コロナ対策として自分や家族がやるべきことを決め、あとは淡々と普段通りの生活や仕事をする。そういう人が増えることが日本社会にとって大切だと私は考えます。

 ただ、このような状態でも、私は日本人の力を信じています。災害とつきあい続けてきた長い歴史がある日本人は、不安の力をうまく活用できる民族だと思います。

 今回の漠然とした不安をエネルギーに、感染症対策が国民生活に浸透しただけでなく、時差出勤による満員電車の解消、テレワークやインターネット環境の積極的活用などが促進されています。日本人は必ず、この状況と経済とのバランスをとり、乗り越えるものと信じています。

====================引用終わり

経済を回すためにも、
できるだけ普段通りの生活や仕事はした方がいいと、
私も思います。
ホリエモンさんも、野口健さんも、
普段通りにした方がいいという意見だと、私は理解しています。

外国の軍隊と、日本の自衛隊はちがいます。
いっぺんに何千人何万人と亡くなる、
災害を経験している日本人は、
数十人の年寄りが亡くなったからといって、
怖がることなんてできません。
そんなものを怖がっていたら日本では生きていけません。

私も、災害と付き合い続けてきた、日本人の力を信じたいと思います
スポンサーサイト



コロナパニックに陥るのは、医療依存に陥っているから?

1960jjj.gif
(なぜか65歳以上のグラフしか見つからないのですが、
日本は一般成人の接種率は28%ぐらいらしいです。)

128.jpg

ワクチンに関心が高い国のほうが新型インフルの被害者が多く、
コロナパニックに陥る国が多いのは、
皮肉なものですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高齢者を4か月も家に閉じ込めておけと言う国とか、
じゃんじゃん検査をやったあげく、
家から出たら罰金刑とかとんでもないことを言っている国が、
インフルのワクチンの接種率が高いことに驚きました。
(その割には衛生観念の欠落とか、どこかおかしいですよね)

ヨーロッパは医者の数も多いのです
イタリアは日本の二倍近くの医者がいます
(まじめに仕事をやっているかどうかは別です)

中国は抗生物質などの
薬の消費量がものすごいらしいです。

日本でもコロナパニックに陥っている人は、
コロナはワクチンがないから怖いとか、
治療薬がないから怖いとか、
中国がアビガンの有効性を確認、というニュースに、
中国はすごい、助かった、日本も中国を見習え、
そんなことばかり言っています。




私の個人的な意見ですが
今回のコロナ騒動で、
ヨーロッパの本質をかいま見たようで、
ちょっと怖くなりました。


日本はよく冷静に対処できたものだと思います。
日本にある東洋医学的な考え方と、
仏教的な考え方が功を奏したと思います。

日本では免疫力とか自然治癒力を
大事にする人が多いのではないでしょうか、

日本には養生という言葉があります。
病は気からという言葉もあります
体を温めてゆっくり休めば風邪は治るとか、
病気予防には温泉につかったり、
温かく栄養があるものを食べるのが、いちばんとか、
日光浴するといいとか、
呼吸法だとか、
精神的ストレスは、万病のもととか、
ウイルスに薬は効かないばかりか、
回復をさまたげる危険性があるとか、

安保徹さんが生きていたら言いそうなことを、
信じている人も多いと思います。

どこか西洋医学を信じていないような
ところがあると思います。

今回の騒動のような事態に
免疫力がどうとかこうとか言えば叩かれるのでしょうが、

いいじゃないですか、それで。
だから日本人は冷静になれるのだと思います。


自然との向き合い方も西洋とは違いますね。
日本人は自然と共存しようとしますが
西洋では自然を完全にコントロールしようとします。
しかし人間が自然を完全ににコントロールするのは不可能です。


自然は食べ物をもたらしてくれたり、
美しい景色を見せてくれたりしますが、
災害も、病気も、寿命も自然の一部なのです。


それから、日本でも老人を家に閉じ込めておけという人がいます。
親を閉じ込めている人もいるようです。
こういう高齢者は、認知症や、うつや、足腰が弱る可能性が高いです。
親が急に弱り始めたからといって、
すぐには施設が受け入れてくれませんよ。

私たち民生児童委員は、
高齢者をひきこもらせないように、
孤立させないように、
あの手この手で、いろんなイベントをやっているほどです。
(もちろん今はやっていません)

高齢者同士のコミュニティーを引き裂いたら、
高齢者はあっけなく死にます。


孤独死が出ないように
誰かが手厚くお世話をしてくださるのなら良いのですが
私はそこまではやりませんよ、お断り!!

日本ではコロナの被害者は、
誤嚥性肺炎等で入院していた人、
デーサービスに通っていた人、が多いようですが、
ひとりで、フードコートへ行って、
食事をして帰ってこれるような人や、
ゲートボールをできる人が
そうそう利用させてくれるサービスではありません。
コロナにかからなくても、お迎えが近い人という意味です。




pnk***** |
いつまでやるんだ。経済が死んで人も死ぬよ。
新型コロナの死亡者:28名(3/17現在)
新型コロナの感染者:829名(3/17現在)
2019年12/9から12/15のインフルエンザ感染者数:77425名
平成30年に肺炎で亡くなった日本人:94654名(誤嚥性肺炎除く)(厚労省データ)
リーマンショック後、世界54カ国の男性の自殺率が3.3%増加していたそう。65歳の高齢者の自殺率は変わらなかったが、働く世代の男性の自殺率が増加したらしい。
全ての命が平等であると思いますが、多くの命を救うためにはどうしたらいいでしょうか。リスクが低いのはどちらでしょう

コロナウイルスでも何でもみんな同じ、結局最後は自分自身の免疫力。

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:フランスの厚生大臣が発表
今井佐緒里 | 欧州研究者・物書き・編集者
3/15(日) 9:30
20200315-00167830-roupeiro-000-37-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200315-00167830/
=====================引用はじめ
フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。
イブプロフェンとは、非ステロイド性の抗炎症薬(NSAID)に属する。これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。(筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている)

(中略)

複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。
このためフランスでは、非ステロイド性の抗炎症薬は、「フランス医薬品・保健製品安全庁(ANSM/L'Agence nationale de securite du medicament et des produits de sante)」による警告の後、1月15日以降は薬局で自由に買うことができなくなっている。
同じことは、パラセタモール(アセトアミノフェン)を含む医薬品にも当てはまる。
パラセタモール(アセトアミノフェン)はあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねない。
(後略)
======================引用終わり
タマちゃんの暇つぶしから
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-19994.html#more


これはもっと声を大にしていってほしいところですね。
私も風邪の時にイブを飲んで、七転八倒(笑)した経験があります。
それ以来漢方以外は怖くて飲めなくなりました。

解熱剤だけではないです。
もう当初から、免疫抑制剤(ステロイド等)ダメ、
抗がん剤ダメといわれているんですから。

今のところ株価などを見ると、経済は崩壊しかかっていますので、
イタリアのように、人々が病院に押しかけなくても、
日本でも病院経営が成り立たなくなって、
病院がつぶれるかもしれないので、
最後の頼みとなるのは、自分の免疫力です。

社会的な病院は、やっぱり隔離施設ですね。
医者は一人一人の体の中にいるのです。

どんな病気であろうが、
自分で自分の免疫力を高めるのがいちばんの得策です。

コロナ騒動、こんなウイルス屁でもないと思うことにしましょう。

reuters__20200307120704-thumb-720xauto-187449.jpg
イタリアが大変なことになっているようですね。

大人の世界には本音と建前があって、
これをうまく使いこなすことが大切だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本の保健所ののらりくらり作戦は、うまくいっているようですね。

ヘマをやったのは韓国、
イタリアは大変なことになりそうですね。
それと北海道?

中国は隔離施設倒壊で、
隔離政策が最初から破綻していると、気が付かない神経が理解できません。

土曜日は天気が良くて、外で遊んでいた子どもも多かったようですし、
食品売り場は盛況、
商業施設もまあまあお客さんがいたと思います。
私は花粉症がなく、手作りマスクはもっていますが、
市販の(中国製の!!)マスクを持っていないので
着けずに買物に行きましたが、
着けてない店員さんお客さんもいたし、
特に苦情を言われることもありませんでした。

それどころかおじさんに声をかけられました。
不思議ですね女性の私から見ても
マスクをしていない女性が美しく見えるのですが(大笑)

この日は良く晴れて暖かく、花粉症の人か、
大きなくしゃみや咳き込んでいる人が何人かいましたが、
ペラペラのマスクではひとたまりもないですね。

パン屋やおかず屋の店員さんのマスクも、
唇が透けて見えるほどシースルー、
気になる人は外出しない方がいいでしょう。


隔離にこだわるのではなく、
共存するのが正解だろうということです。



ネットに広がる「コロナ疲れ」「コロナ鬱」の声 臨床心理士が教える“3つの対処法”
3/7(土) 10:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00010006-abema-soci

=======================引用はじめ
sam***** | 1日前
もう普通に生活した方がいいんじゃないの?過剰に不安煽るから発症者に攻撃的になるし、発症者も隠したくなったりして余計ややこしくなっているし。どこで何人発症、追跡調査とかより、インフルみたいに普通に流行しているものとして病院や周りも対応すればいいんでない?経済活動も普通に回して、そうすればむしろ冷静に発症しても対処出来ると思うんだがね。。。今はむしろコロナに感染するより、感染したことによる周りからの攻撃が怖い。


kon***** | 1日前
コロナは、多くの人にとってはただの風邪。
無症状の人も居るし、もう既にかかってるかもしれないんだから、心配するだけ損をする。
今、症状があって闘病真っ最中の人が「重症化するかも…」と不安になるのは解るけど、元気な人は心配し過ぎるのは止めましょう。
ニュース番組は見ないで、録り貯めた番組や映画でも見た方が良い。


shim*** | 1日前
個人的には「コロナ疲れ」っていうより「人間疲れ」だけどね。
最初から個人で出来ることは限られているし、各々がそれに徹するるだけで十分だった。
それなのに、他人に対してもああしろこうしろと騒いだ結果、今のような閉塞感がうまれた。
鬱々とした雰囲気を作り出しているのはウイルスじゃなく人間。


pjm***** | 1日前
コロナで人が集まると危ないからって言うけど、さっきスーパーに昼ごはん買いに行ったら広告が入った日だったらしく、特売で人がめちゃくちゃいっぱい居たという矛盾。

そりゃ、そうだ。
気をつけることは大事だけど気にしすぎると生活出来なくなる


aki***** | 1日前
昨日久しぶりにショッピングをしました。人が空いてる時間に。
明るい春物を見ていると気分が上がりました。
気分が上がることは、免疫力を上げてくれる気がします。
自粛や中止でストレスがたまり、イライラしたり憂鬱になると免疫力も下がってしまいそうです。
できる範囲で楽しみを見つけていきましょう。


mmm | 1日前
毎日テレビやネットでコロナのニュース見てたけど、不安で疲れるし、もう想像妊娠どころか想像コロナみたいなふうになって、周りに移してはいけないと家の中にいるだけでもマスクしたり、近所やお客さんや宅急便の人に出るたびにマスクしたりしてたけどいい加減本当に疲れてきた。

それでも国民は自らの意思で情報から離れたりできるけど、政府や医療関係者はこれから収束まで毎日コロナと付き合うの大変だな


エルモミーゴ | 1日前
世間はテレワーク・在宅勤務という環境を羨望の的のように感じているようですが、最初は自分も「これで肩苦しい会社の空気から解放される」と思っていました。
しかし日が経つに連れて、やっぱりオフィスワークは
・会社独特の緊張感
・仲間とのコミュニケーション
・商談や出張終わりの解放感やちょっとした楽しみ
が大事であり、公私を区別できる「スイッチ」のような役割なのだと実感しています。
満員電車はキツいですし、時には終電で帰るような日々ですが、それはそれで何か自分に「ハリ」を持たせてくれていたんだなと思います。
同僚の中には、早くも辛さを訴える者もいます。「世の中には環境が整っていない企業が大半なんだぞ!しっかりしろ!」と鼓舞していますが、自分も日々変化のない環境の下での仕事は…という感じです。贅沢な悩みなのですが。
普段の生活に戻れるよう、政府・行政にも「躊躇なく」「速やかに」行動してほしいですね。

=======================引用終わり



ビル○ゲイツは不気味ですね。
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2003/06/news091.html
新型コロナで紙幣を殺菌消毒 法定通貨のデジタル化を後押し=中国銀行元会長
https://coinpost.jp/?p=133626

今回のコロナ騒動で、耐性菌とのからみもあるんじゃないですか? こっちのほうが問題だと思うけど。

02_01.jpg

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201611/2.html


なんだかすごくタイムリーな記事を見つけました。
これは私も危惧していたことです。


世界で十数億人救った抗生物質 乱用で耐性菌が増加 風邪やインフルエンザにも無効
3/6(金) 8:10配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00542943-okinawat-oki

200304_命ぐすい抗生物質の話
使いすぎで抗生物質が効かない細菌が増加
[命ぐすい耳ぐすい 県医師会編](1224)

(中略)

 抗生物質により命を救われ人は延べにしたら10数億人にもなるでしょう。
 ところが、今日大きな問題が生じています。抗生物質に耐性を獲得した(抗生物質が効かない)細菌が増加しているのです。理由はいくつもあるでしょうが、一言でいえば乱用、使いすぎが大きな原因です。正しく使っても、耐性菌は生じたでしょうが、アメリカでは家畜の飼料に混ぜてどんどん投与していました。病気の予防目的でしたが、抗生物質投与に肥育効果があるといわれたのも拍車をかけたようです。

 また医学そのものの進歩で重症患者、高齢者の延命、それ自体は喜ばしい事ですが、どうしても感染の機会が増えます。われわれ医者の処方しすぎもあったかと反省します。

 今後、長く抗生物質の効果を維持し、後の世代の人々のためにも、その使用は抑制すべきでしょう。患者、御家族の皆さまにも御理解いただきたいと思います。風邪、インフルエンザに抗生物質は無効で不要です。(中山仁 中山内科=うるま市)


cdi*****
日本の抗生剤信仰は、結核からですね。そして効きもしない抗生剤を処方する医師。それが日本人の頭にインプットされ弊害である耐性菌を量産しWHOに注意勧告を受けたにも関わらず風邪でも場合によって?処方する。患者も自分の身は自分で守らないと、いつの間にか常在菌を減らし自己免疫力の低下による感染症に弱い体になってしまうリスクを知るべき。そもそもサ-ビス業の医師は必要ない。毅然として患者を指導出来る医師は希。

wjw*****
in vitroでは、細菌とウイルスが戦っており、抗生剤投与すると細菌が死滅するためウイルスが活性化するデータがあります。
これが生体内なら、、、。安易に風邪に抗生剤を処方する医師は、、、?ということになります。

tak***** | 1時間前
1970年代の後半にメチシリンと言う抗生物質に耐性を持つ黄色ブドウ状球菌(MRSA)による院内感染が大きな問題になりました。その対策としてMRSAに効果がある抗生物質としてバンコマイシンが使えるようになりましたが、直ぐにバンコマイシン耐性菌が現れました。その後もタプトマイシンなども出てきましたが、細菌が抗生物質に対する耐性を持つことは、イタチごっこのように見えますが、そうではありません。細菌の進化スピードは人間が新しい抗生物質を開発するスピードをはるかに超えていますので、近いうちに人間が負ける事が決まっています。

hay*****
中国では風邪でも腹痛でも、中には腰痛や肩凝りにも抗生物質を処方してもらう人が居るとか…
2013年に中国で使用された抗生物質の量は16万2000トンで、これは全世界の使用量のほぼ半分に匹敵する。また5万トン以上が土壌や河川に放出されているとしているそうです。
抗生物質は悪い菌をやっつけるだけじゃなく、人の体の中に必要な有益な菌まで攻撃してしまいます。
また、使い過ぎると細菌の方が耐性を持ってしまい、抗生物質の効かない新型細菌を作り出してしまう可能性が有ります。
将来治療法の見つからない新型病原体が発生しない事を願います。

======================引用終わり


今回のコロナ騒動も中国が発端でした。
中国もものすごく薬が使われているようですから、
推測ですが、
例えば肺炎球菌のような細菌の耐性菌があったのではないでしょうか?
だとすると、老人等の肺炎が治らないだけでなく、
ウイルスをのさばらせてしまう可能性があります。

ここ数日に、日本でコロナで亡くなった人、重症者は、
北海道で誤嚥性肺炎で入院していた老人がコロナ判明後死亡、
愛知では肺炎球菌で入院していた老人が重症、コロナ判明。

細菌に感染してその治療中にコロナが判明したということは、
まず、その細菌が耐性菌ではない事を証明しないと、
コロナで死んだ、重症化したとは言えないのではないでしょうか

アメリカのインフルエンザの死者数も異常ですね。
アメリカでも抗生物質は家畜にまでじゃんじゃん使われてきました。

抗生物質だけではありません。
最近は風邪でもステロイドまで処方する医者が増えてきたようです。
これも問題ですね。
ステロイドは炎症は収まるのですが免疫力を下げる薬で、
病原体に弱くなります。

医者にとっては、
抗生物質等薬の使い過ぎ
耐性菌の蔓延
院内感染となれば、
それは恥ずかしいことですから、
隠そうとする人がいても何の不思議もありません。

結局人間にとって一番安心なのは、
それそれの人が免疫力を上げることに尽きると思います。
治療薬があるからといっても、いちいち薬に頼っていたら、
最後には人間が負けます。

体力のある普通のおとなは風邪ぐらいで、
薬を使うべきではないと思います。

あるいはコロナのようにありふれたウイルスが見つかったからと言って、
いちいち緊急事態宣言とかイベント自粛とかやっていたら、
ウイルスに笑われます。

あと、人工的に手が加わったウイルスではないかという意見もありますが、
いちばん怪しいのは、ワクチンを作っている会社、
治療薬を作っている会社ということになりますね。

兵器だったらこんな、よわっちいウイルスを使っても意味ないでしょう。
っていうか強い病原体をいじっていれば、自分の身が危険になります。



コロナ程度のありふれたウイルスを
自分の免疫力でやっつけるぐらいの経験は積んでおかないと
人間として生きてはいけない、ということでしょう。