FC2ブログ

今の薬の副作用は、下痢をするとか湿疹が出るとかいうかわいいものではない、脳がやられて死ぬんですから!!


D6qjVgFU0AA20GT.jpg
https://twitter.com/tavi_star_/status/1128894255458541568/photo/1
近鉄 櫛田ー東松阪 跨線橋事故現場。
トラック結構グッシャリ逝っている。レッカー車は到着。


先日あった単独事故、テレビでは
「運転手は頭がぼーっとしていたと言った」と言っていました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このクスリがボケを生む! ―「ケモブレイン」にならない13の知恵 近藤誠 –単行本 2019/2/19
51GbSJTjS8L._SX343_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/このクスリがボケを生む-―「ケモブレイン」にならない13の知恵-近藤-誠/dp/4313880364
=====================以下引用
ロビーナ
5つ星のうち5.0
つくづくクスリは怖い。脳がやられたらおしまいだ。
2019年3月4日
形式: 単行本Amazonで購入
クスリがどれだけ脳を壊すかが、ガツンとわかる本。

この国の2000万人以上が飲んでいる
降圧剤によって、飲まない場合より
脳梗塞が6割増える。

「ガスター10」の副作用には「意識障害」「ケイレン」があり、
ボケやせん妄(幻視、妄想、大声を上げるなどの一時的な頭の混乱)を引き起こす。

「非コリン作用」をもつ成分が入っている大衆薬、たとえば
「パブロンゴールドA錠」「ルルアタックEX錠」などの総合かぜ薬、
「リボスミン」「ドリエル」などの睡眠改善薬、
「キャベジンコーワα」「パンシロン01プラス」「第一三共胃腸薬」などの胃腸薬、
「ナザール・スプレー」などのアレルギー性鼻炎薬といった
ごく身近な薬を、癖になって長期間飲み続けるとボケるリスクが上がる。

血糖を下げるクスリ「メトグルコ」アマリール」などで
血中ブドウ糖を減らしすぎると、集中力の低下、ケイレン、昏睡、
ひいては植物状態や死に至ることもある。
なのに、自覚症状がなく検査で「2型糖尿病」と診断される単純高血糖のほとんどは、
クスリで治療すると寿命がのびるという根拠がない。

コレステロール低下薬にメリットはなく、ボケ、早死にの危険がいっぱい。

ボケのクスリ(認知症治療薬)の効果は「見せかけ」にすぎず、
脳への悪影響は不穏、幻覚、せん妄、抑うつなど甚大。
フランス政府は2018年、認知症治療薬に見切りをつけて健康保険の対象から削除した。

各種ワクチンの脳へのダメージも、ケイレン、意識障害、運動障害、脳炎・脳症、視神経炎、
ギランバレー症候群、突然死などなど、すさまじい。

抗がん剤は脳の神経細胞の一部を破壊し、
深刻なケモブレイン(クスリによる脳の障害)を多発させる。
「うっかりミス続出」「簡単なことを覚えておけない、思い出せない」「頭に霧がかかったようにぼんやり」
「集中できない」「作業の要領が悪く、時間がかかる」「ふらつく」「舌がもつれる」……戦慄。

クスリをやめると危険なのは、心筋梗塞や脳卒中など命にかかわる本格的な病気、
ボケを除く精神疾患、ステロイドを飲んでいるケースぐらい。
ほかはメリットよりデメリットの方が大きいから、やめた方がいいと
近藤先生は説く。

健診をきっかけに雪だるま式にクスリが増えて
20種類も飲んでいた人が、一気に全部やめたら
体調がよくなり、検査の異常値もすべて正常になったという
エピソードも紹介されている。

あと書きにこうある

“つくづくクスリは怖い。脳がやられたらおしまいだ。
まさに「クスリはリスク」です。
そんな怖いクスリを、どうして人びとは気軽に飲むのでしょうか。
人の「意識」が、クスリを飲んだ方が得だと計算しているわけでしょう”

私たちのからだは人類が生まれてから数百万年、命をつないできた
精緻なメカニズムにのっとり、
24時間365日無休で、細心の注意を払ってベストの状態にととのえられている。
近藤先生の言うとおり、

クスリに近づく前に、もっと自分のからだを信じるべきなのだ。
そして最初の一錠に手をださないこと、と、改めて脳に叩きこんだ。
もっと少なく読む
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています


Assassin d'Alsace
5つ星のうち5.0
クスリと利権ワールドの絡みを知っておこう
2019年3月9日
形式: 単行本Amazonで購入
わが国の現物給付出来高払いの健康保険制度上では患者獲得、定着能力の「有無」が医療機関にとっての要である。
「有」であればサバイバル、「無」であれば医療市場からの淘汰というわけだ。
例えば生活習慣病、実はこれこそが医療機関と製薬会社のドル箱であり当該患者は超VIPなのである。
「このクスリはデータをみても期待するほどの効果はありません」「今後しばらくは通院は必要ないでしょう」「クスリの殆どは無意味かつ有害です」などとひとたび口走ったら最後、その医療機関経営は急速破綻と相成る。
「あなたは境界線です。でも重症化しないために今のうちから薬で対応しましょう」「クスリを止めると大変なことになりますよ」「今調子がいいのはクスリが効いているからです」などという常連客獲得の恫喝常套句が自然に口をついて出るようであれば開業医合格だ。
また本書では網羅されていないが例えば破骨細胞活性抑制と見かけの骨密度にカモフラージュされるビスフォス製剤etc水面下で巨大な利害が絡みぬくクスリは他にも枚挙にいとまがない。
ともかく真の健康を望むのであれば現保険制度上の「医療」実体の大半は「ビジネス」との認識が要諦である。
そもそも石油由来の加工錠剤によってでお気軽に本来の「健康」など手に入るはずはない。
そのニュアンスを本書が具体的に提供してくれる。
もっと少なく読む
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています


アマゾン太郎
5つ星のうち5.0
日本人の必読書
2019年4月26日
形式: 単行本Amazonで購入
薬局が多いと便利だと思っていたが、そこで売られている薬が国民の健康を害していることを知って愕然とする。
やはり薬は毒だったんだ。
薬は危険物だったんだ。
こんな薬を平然と処方する医者、患者に手渡す薬剤師は自分の生活だけを考えている。

近藤誠医師の今回の著作は日本人の必読書であり、日本人はこんな医者が日本にいることを誇りに思うべきである。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています

======================引用終わり


がん治療薬・オプジーボ“副作用”で死者
5/10(金) 18:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190510-00000285-nnn-soci
======================引用はじめ
がん治療薬「オプジーボ」の副作用とみられる脳障害で1人が死亡した。
オプジーボを投与された患者11人が副作用とみられる脳の機能障害を発症し、うち1人が死亡していたことが明らかになった。
厚生労働省は、製造元の小野薬品工業に対し、薬の添付文書に「重大な副作用」として、脳の機能障害が起こる可能性があることを明記するよう指示した。


東京生れの東京育っち |
脳の機能障害が起こる可能性が怒起こるならば使用しないほうが身の為だと思う。脳がやられることは、がんよりも壮絶です、。

sak***** |
あーあ

**** |
ノーベル賞の薬でしょう 高額だろうけど 誰だって使用したくなる薬
それを使用したら 死んだ!!!

========================引用終わり

オプジーボを作った本庶佑先生は、
これでがんが克服できる、みたいなことを言っているらしいですが、
本庶先生、
薬の飲みすぎでケモブレインになっていないか調べてもらいたいものです。

がんが消えても、ボケ人間の大量生産に貢献し、
悪くすれば死ぬだけでなく、
国の財政まで首を絞めることになるかもしれないと、
気が付かないのは頭が悪すぎます。

他にも抗がん剤のケモブレインでは
乳がんの薬が危ないと言われていますね

あと危険なのは鎮痛剤ですね。
マイケルやプリンスが鎮痛剤の依存症になって死にました。
トランプ大統領も非常事態宣言を出したそうですが、
こういう薬が日本でも”気軽に”使われるようになって来ているようです。

とにかく今はこれだけ情報が出そろっているので、
もう自己責任です。
副作用で苦しみぬいて死んでも、だれも助けてくれないし
事故を起こしても、面白おかしくなぶりものにされるだけですよ。
スポンサーサイト

【乳がん新薬で間質性肺炎】自然は過酷ではない、自然に逆らうとかえって苦しむことになる。

news3676348_38.jpg



乳がん新薬投与後3人死亡 間質性肺炎の副作用注意
5/17(金) 16:53配信
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6323703
===================引用はじめ
 厚生労働省は17日、昨年11月から今年5月にかけて、乳がん治療薬「ベージニオ」を投与された14人が重い間質性肺疾患を発症し、うち3人が死亡したと発表した。死亡した1人を含む少なくとも4人は薬の副作用とみられる。同省は製造販売会社に対し、使用時に注意するよう医療関係者に呼び掛ける「安全性速報」を出すよう指示した。

 ベージニオは昨年9月に承認された新薬で、日本イーライリリー(神戸市)が製造販売する飲み薬。手術ができないか、再発した特定の乳がんの患者が対象で、昨年11月の販売開始後の推定使用患者数は約2千人とされる。
===================引用終わり

抗がん剤による間質性肺炎といえば、
イレッサ訴訟が記憶に新しいところですが、
イレッサも最初は、
「副作用が少ない夢の抗がん剤」だなんて、
ふざけたキャッチコピーによって使われたわけです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/イレッサ訴訟


ひとくちに肺炎といっても、細菌感染によるものと、
薬の副作用などの原因による間質肺炎があります。
細菌性の肺炎は、
栄養状態や衛生状態が良くなったことと、
抗生剤が使えることから、とても少なくなりましたが、

間質性肺炎は増えているようです。
間質性肺炎は不可逆性であり、
治療薬も治療法もありません。
重い間質性肺炎になったら、
苦しみながら、遅かれ早かれ訪れる
死を待つしかないようです。

たった半年かそこらの間に、
14人の重い間質性肺炎と3人の死者は多すぎます



2016.09.20 16:00  週刊ポスト
苦しい肺炎 首絞められていたり溺れかけているのと同じ
https://www.news-postseven.com/archives/20160920_448859.html
================引用はじめ
看取りケアの現場では「3大疾病よりも苦しい亡くなり方」ともいわれる。
「酸素が取り込めないわけですから、首を絞め続けられている、あるいはずっと水の中で溺れかけているのと同じで、とにかく苦しい。最期を迎える前に、酸素が脳に回らなくなって意識を失うこともありますが、その方が楽とさえいえる。
 意識を失わず、苦しみの中でそのまま亡くなる方も少なくありません。そうした場合、呼吸困難によって顔や唇などが紫色になるチアノーゼが現われることもあります」(前出・高築氏)
 つらく苦しい思いをするのは患者本人だけではない。
「たとえ家族が在宅で看取ろうと思っていても、肺炎を発症したら、入院させざるを得なくなります。
 病院では、看護師さんが1日3回くらい患者の口や鼻からチューブを入れて痰を吸引してくれるのですが、家族にとっては、そうした姿を見るだけでつらい。痰の吸引の時だけは家族にも席を外してもらう配慮をする病院も多いです」(有料老人ホーム「グレイスフル加美西」の武智聖子施設長)
=================引用終わり


治らない肺炎はとにかく苦しいようです。

私は3大疾患より苦しい
間質性肺炎で死ぬのは嫌です。

乳がんはそれほど怖いがんではないようです。
実際、末期の乳がんの診断を受け、
病院では手遅れで治療ができないと言われ、
しかたなく、放置していたら治ってしまった人がいます。

私の母は重い脳出血になりました。
いきなり要介護5になるほどひどかったので、
頭が痛かったりするのではないかと、
何度聞いても、
「痛くない」というんですよ。
母は体が不自由になりましたが、、
苦しむ姿を見なかっただけでも幸せだったと、
つくづくありがたく思っていました。
自然というものは、過酷ではないと思いました。

薬の副作用による苦しみのほうが何倍も苦しいと思います。
人災だからです。

私はがんより脳卒中より、
間質性肺炎が怖いです。

白血病新薬キムリアのお値段は3349万円・・・私たちはもうだまされない。

無題
2019年2月21日 木曜 午後7:49
臨床試験では白血病患者の80%弱で副作用が出ていて、
一部では一過性の心不全や呼吸困難などが起きたという。
https://www.fnn.jp/posts/00427880HDK

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

白血病新薬は3349万円
5/14(火) 21:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000164-kyodonews-soci
=================共同通信記事とコメントからの引用はじめ

 厚生労働省は14日、一部の白血病患者らに効果がある新型治療薬「キムリア」の価格を、3349万円とする方針を決めた。15日の中央社会保険医療協議会に提案し、了承されれば22日に公的医療保険の適用となる。


kam***** |
細胞表面抗原のB19が陽性のB細胞性リンパ腫又は急性白血病という患者さんが限られている血液がん治療薬なので、水泳の池江璃花子に使用されるかは不明です。
キムリアのような新しい分子標的治療薬のコストパフォーマンスは現時点では決して良くないでしょう。
魔法の薬はいくら待っても出てこない、しかし薬価が高い新しい薬がどんどん出てくる。
これは医学の発展の結果ですが、もう止めたらいいのか国家財政を破綻させても突き進むべきか国民全体で考える時期かも知れません。


pap***** |
必要なものなのだから3349万円で認証するのは構わないが
薬代3349万円、患者負担は10万円、残り3339万円は国民の血税
(生活保護やひとり親医療証の場合10万どころか数千円が上限になったりもする)
年間250人程度と言っても83億超が毎年税金で賄われるわけだ
現段階では250人であっても実際にはもっと増えると思う
すがる思いで効くかもしれないから使ってみたい患者が出、厳格な保険適用規定があってもどうにかして使おうとするだろう。
(今までも散々あった、美容目的の虚偽診療での某保湿剤とか睡眠薬など上げればキリがない)
その上、海外からの医療旅行者がこの薬目的で来るだろう。
ざっと毎年100億超は税金負担になる気がする。

この薬ができたからというわけではないが、せめて日本国籍の日本在住者に限定する保険制度の見直しや、高額医療上限制を大きく引き上げるべきだと思う。


ak***** |
新薬は保険適用外というのがあるし、それだけのお金を払って助かる保障があるのかって思いますね。17年前に妻が乳癌になり、4回入院して、3回手術に、8年前に再発、転移して、今回は手術した場合は成功しても歩くことができなくなると言われて、本人の希望でさまざまな新薬を試したけど、結局、今年の1月末に亡くなった。費用も半端じゃないくらいかかって貯金も使い果たし、2年前の60歳の時には年金の繰上げもした。平日は仕事で週末はアルバイト、とてつもなくお金がかかった。助かれば報われるけど亡くなるとね。考えてしまうね。

========================引用終わり

こういった新薬のニュースが出ると、
以前は、
医学の発達は素晴らしいと絶賛する人が多かった印象ですが、
さすがに最近は、手放しで喜ぶ人は減りましたね。

もう皆さん、うさん臭い話だと気が付いているのです。
魔法の薬はいくら待っても出てこないのです。
にもかかわらず私たちが長年払ってきた
健康保険料や税金がじゃんじゃん使われるのは、
たまったものではありません。



知ってる?「たった1剤で国が滅ぶ」新薬“オプジーボ”とは
更新日: 2018年05月03日
https://matome.naver.jp/odai/2146004179703593201
昨年ノーベル賞を受賞した本庶佑先生が作った
超高額抗がん剤オプジーボは
先生の受賞から半年ほどで、
脳障害の副作用と、
それによって死人が出たことが報道されました。
オプジーボ、11人に副作用=1人死亡、脳機能障害-厚労省
2019年05月09日16時25分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019050900884&g=soc


iPS細胞もいまのところ実用化されていないようですが、
実用化されれば、またどえらい医療費が計上され
健康保険料が爆上がりするか、日本が財政破綻するといけませんから。、
山中伸弥先生にはマラソンか
研究室のねずみの穴ふさぎでもやって、遊んでいてもらって、
なるべく刺激しないように、寝た子を起こさないように
してもらいたいものですね。


ところで
先日も、自治会長さん(70歳ぐらいのおじいさん)に、
このブログの内容を少し話したのですが、
ジジババは病院へ行くべきではない。
がん検診も成人病検診もやるべきではないという意見に対して、
理解を示してくれました。
その話はわかると言ってくれました。

意識高い系の人は、ジジババであっても、もうわかっています。
これからも教育問題と医療の問題は、
ネットのなかだけでなく、
リアルで付き合いのある人たちに、
伝えていけたらいいなと思っています。



日本人のボケの半分がケモブレインとは恐ろしい、事故を起こした後に気が付いても後の祭りですよ!!

園児事故
https://rxcxy.com/accident_percentage-of-negligence/


またわけのわからない事故が起こりました。

「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故
毎日新聞2019年5月9日 21時57分(最終更新 5月10日 12時43分)

https://mainichi.jp/articles/20190509/k00/00m/040/304000c
=======================引用はじめ
大津市大萱(おおがや)6の滋賀県道交差点で車同士が衝突し、保育園児ら16人が巻き込まれて死傷した事故で、右折した乗用車を運転していた同市の無職、新立(しんたて)文子容疑者(52)=自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕=が「衝突音で初めて対向車に気付いた」と供述していることが県警への取材で判明した。「前をよく見ずに右折した」とも話しているといい、県警は10日、同法違反(過失致死傷)容疑で送検する方針。

 県警によると、8日午前10時15分ごろ、県道丁字路交差点で、新立容疑者の乗用車が右折し中央線を越えた付近で対向車線を直進してきた軽乗用車と衝突。軽乗用車は弾みで歩道に乗り上げ、散歩の途中で横断歩道を渡るため信号待ちをしていたレイモンド淡海(おうみ)保育園(同市萱野浦)の2~3歳の園児13人と27~47歳の女性保育士3人の列につっこんだ。新立容疑者はスマートフォンの操作などはしていなかった。
 一方、軽乗用車を運転していた市内の無職の女性(62)は「相手の車が止まると思ったら右折してきたので、とっさに左にハンドルを切った」と説明している。いずれもブレーキは踏んでいなかったとみられる。現場の状況や車の破損状態などから、速度違反はなかった可能性が高い。2人とも被害者に対して「申し訳ない」と話しているという。
 現場交差点では過去5年間、人身事故はなかった。周辺の縁石に事故による目立った傷は残っておらず、軽乗用車が横断歩道脇の縁石のない部分から歩道につっこんだため、被害が大きくなったとみられる。【諸隈美紗稀、小西雄介】
==========================引用終わり

今年に入って、
繁華街でのものすごい暴走とか、
頭がぼーっとしていたとか、
普通の運転者では考えられないような、事故が起きています。
事故の直前に死んでいたのではないかというものまであります。

この滋賀の事故でも、やっぱりそうでした。

普通、こういう車道を運転していて一番気をつかうのが右折だということは、
運転者なら誰だって、分かっていることです。
それなのに衝突音で初めて対向車に気が付いたとは、
考えられないことなんです。

スマホ操作はしていなかったそうですし、
52歳なら老化による認知症も考えられないと思います。
T字路だから、対向車線の右折車もいなかったはずなので、
見通しは良かったと考えられます。


この事故でも、加害右折車の運転者が何らかの薬を飲んでいなかったか、
ケモブレインになっていなかったか、しっかり調べてもらいたいものです。
ケモブレインなら防ぐことができたはずだからです。

こういう悲惨な事故が起きると、
運転手に厳罰を、とか言う声が多く上がります
それにあの保育園園長の大泣き会見も、
感情的すぎて気持ち悪いです。

感情的に騒ぎ立てても何も解決しません。
考えられる原因は、しっかり検証して原因究明をしてもらうように、
言い続けていくことが、
被害者とそのご家族に、私たちが唯一できることだと思います。

51GbSJTjS8L._SX343_BO1,204,203,200_

日本人のボケの半分は薬が原因だそうです。
ボケというのは80過ぎたジジババなら致し方ないところもありますが、
薬の影響というのは、働き盛りの若い人がボケる可能性があるので
年寄りのボケより恐いですね。

https://www.amazon.co.jp/このクスリがボケを生む-―「ケモブレイン」にならない13の知恵-近藤-誠/dp/4313880364
=======================引用はじめ
もくじ(さらにくわしくは「目次」をクリック! )
まえがき
本書での用語の使い方について
1章 降圧剤はなぜボケを引き起こすのか?
2章 胃薬でボケやせん妄が起こる
3章 ただのカゼ薬でボケてもいいのか
4章 血糖降下剤がボケ、脳死を引き起こす
5章 コレステロール低下薬のこわい副作用
6章 副作用が強すぎる、ボケ、不眠・不安のクスリ
7章 ワクチンで起こる脳障害
8章 抗がん剤とケモブレイン
9章 オプジーボが引き起こすケモブレイン
10章 性ホルモン抑制療法がボケを生む
11章 鎮痛剤で死亡する
12章 クスリの相互作用の危険性
13章 ボケないためのクスリのやめ方
あとがき
=====================引用終わり

近藤さんが言っていることは間違いないと思います。
ネットで薬の添付文書が読めますが、
意識喪失だとかせん妄だとか
うつ症状とか自殺企図とか書いてある薬は多いです。
「ボケてもいいのかぁーーっ!」
「事故ってもいいのかぁーーっ!」とは書いてありませんがね(笑)

がんの無治療でぽっくり死ぬのはだれにも迷惑はかけません。
年寄りだったら感謝さえされるでしょう。
自分が痛みを持っていても、だれも痛くありません。

しかしボケは必ずだれかに迷惑をかけます。



あとはハードの問題ですが、
道路状況や信号機やクルマの性能は、
昔に比べて格段に良くなっていますね。
悲惨な交通事故はもっと減っていないとおかしいと思います。

自動車の衝突安全性能はお金がかかるばかりで効果のほどは疑わしいです。
私としてはもっとマニュアル車を復活してほしいです。
マニュアル車なら頭がぼーっとしていたらエンストするだろうし、
ブレーキとアクセルの踏み間違いも減らせます。
エンストは暴走を食い止められる可能性があります。

あと、無駄に背が高くて、ガラスが真っ黒の車、
リアウインドが小さすぎるクルマもどうかと思います。
昔は乗用車の背が低くてガラスが透明だったので
前の車がトラックなどでない限り
前方の状況がつかみやすかったのですが、
背の低い車に乗っている私としては本当に怖いです。

私は次に車を買い替える機会があったら、
軽トラでもいいから(笑)、マニュアルが欲しいかなと思います。

腑に落ちない交通事故が多すぎる、この加害者たちは何らかの薬を処方されていなかったかしっかり調べてもらいたい。

無題
https://traveler-ryu.com/archives/3230


最近どうしてこうなるのか理解できない、
交通事故のニュースが多いように感じます。


この市バス運転手の違反は、被害者がいなかったとはいえ、
信号無視をした自覚がないというのはありえません。
恐ろしい話だと思いますよ。
今度は名古屋で…市営バスが「信号無視」で違反切符
2019年04月23日 21:18
https://www.nagoyatv.com/news/syakai.html?id=000152899
名古屋市は23日、市営バスの運転手が信号を無視して警察から交通違反切符を切られたと発表した。発覚のきっかけは市民からの苦情だった。  歩行者がいる横断歩道にバスが突っ込む。そんなトラブルは1カ月ほど前に名古屋でも起きていた。JR名古屋駅から北へ3キロほど行った西区。先月27日、住民から名古屋市営バスの営業所にこんな通報が入ったという。  住民(名古屋市営バスの営業所への電話):「横断歩道を青信号で渡ろうとしたら、市バスが突っ込んできた」  片側2車線ずつの県道。直線で見通しは悪くない。信号は押しボタン式で歩行者側が青だったという。そこにやってきたバス。止まることなく通過したという。市側は23日になって信号無視があったことを明らかにした。運転手は45歳の男性。ドライブレコーダーで運転を確認したという。腑(ふ)に落ちないのは発表まで1カ月弱かかった点だが、神戸市の事故とは無関係だという。男性運転手は「気付かずに通過してしまった」と説明している。名古屋市は改めて指導を徹底するとコメントしている。



この運転手は、アクセルとブレーキを踏み間違えたと言っているようですが、
最近のバスってオートマチックになったのでしょうか?
MT車だったらめったなことでは踏み間違いは起こらないと思うのですが?
神戸市営バス暴走2人死亡 歩行者はねる前後に加速 運転ミスの可能性 
4/24(水) 12:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00021565-asahibcv-l28



この人はボーっとしていたんですよ!!
コメントの中には、スマホを見ていたというのが多数ありましたが、
少なくとも記事の中には書いてないし、
ボーっとしていたのと、よそ見していたのではヤバさが全然違いますよね。
「ボーっとしていて信号を見ていなかった」小3女児2人はねられ死傷 男を逮捕 /木更津市
4/24(水) 9:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010000-chibatelev-l12



この人は、痛み止めを飲んでいた可能性があります。
最近の痛み止めは、オピオイドという、
ヘロインなどの麻薬と同じ成分のものが使われていることが多いようです。

リリカという痛み止めはオピオイドではありませんが、
頭の中にお花が咲いてちょうちょが飛ぶ人がいるそうで、
飲んでいる人は交通事故を起こす例が多いそうです。
20190419-00000066-mai-000-5-view.jpg
この人は、鎮痛薬を処方されていなかったか、
しっかり調べてもらいたいものです。
くれぐれも「足が痛かったから無罪」はやめてもらいたいものです。
「池袋死亡事故」の運転手、足痛め通院中だった
警視庁は足と事故との関連も調べる方針

2019/04/23 16:40
https://toyokeizai.net/articles/-/278291




この加害者たち全員、医者に処方された鎮痛薬を飲んでいなかったか、
調べてもらいたいです。
腰痛は運転手の職業病と言われていますし、
鎮痛薬を飲んでいる可能性が高いです。

米、オピオイドで薬販売大手初の告訴 「安全より利益優先」
4/24(水) 5:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000025-reut-n_ame

厳密にいえば鎮痛薬だけではありません。
精神薬も、覚せい剤のようなものや、麻薬のようなもので、
希死念慮や攻撃性が副作用としてあるものが多いです、

ステロイドにはステロイド精神病という
精神病のような副作用があります。

高血圧の薬も血圧を下げることにより認知症になると言われています。
糖尿病の薬、アレルギーの薬、禁煙の薬、
車等の運転に支障があるといわれる薬はたくさんあります。

私が子供のころおばあちゃんたちは、薬を常用すると言っても
漢方薬を飲むか下呂膏を貼るぐらいのものでした。
町医者で出される薬も、天秤で計って、
目分量で紙で包んでいたのです。
中身はせいぜい太田胃散レベルのものだと、
想像に難くないですよね。

今の薬は、麻薬に化学兵器ですからね~~

とにかくこれらの薬が処方されていなかったか、
しっかり調べてもらいたいものです。