FC2ブログ

コロナはウイルスの問題ではありません。権力の腐敗をごまかすための煙幕です。何が本当の問題かを見誤ると、社会の流れについていけなくなります。

EdnZnPdUEAIbR8G.jpg
これは良いかも\(^o^)/

お店でマスクをするよう言われたら、これ着けたいです。
アイスコーヒーだったらこのまま飲めるし。
ユニクロに入店するときは、店員さんに
「これおしゃれでしょう」とか言ってみたりして。
ナガシマもこれでイケるかも。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コロナという煙幕の裏で、
すごいことが起きています。
もちろん私たち庶民にとっては、
悪い話ではありません。

権力者という腐敗組は、やっと、
身の危険を感じ始めたときかもしれません。
人前に出なくなった人がいますよね。

ポジショントークをやってきた人や組織で、
方向性を変えはじめた人や組織がありますね。


ヒューストンの中国総領事館閉鎖と赤木夫人の決意
•2020/07/23


マドモアゼル・愛
チャンネル登録者数 5.73万人

財務省でまじめに働いていた赤木氏が自殺しましたが、政府は無視を決め込みました。裁判でも赤木氏の遺書は取り上げられない形での決着でした。

目を外に向けると、トランプはヒューストンの中国総領事館を72時間以内に閉めろと命令。これは戦争が始まる時の流れのような思い切った内容です。日本のマスコミはすぐには取り上げないという異常さでしたが、さすがに事実だけは伝え始めています。

空母レーガンともう一隻の空母、さらにイギリスの空母、オーストラリアまで空母を南シナ海に派遣中とのこと。本気の戦争体制です。

これまでのやり方は、腐りきった上が仲間内で分け合うなあな政治手法がどこの国でも共通していました。金と権力を独り占めしたのはよかったのでしょうが、腐敗の度合いは深刻で、どんなに軍隊を持とうが、どんなに金を持とうが、いざ本気の争いになった際には、簡単に総崩れしてしまうことになると思います。

もちろん日本も例外ではありません。友達同士でファミリー企業同士で、国富を奪い取るやり方。腐敗した人間がそれになびいてよいしょする。そこに現れたのが赤木夫人です。赤木氏は文書改ざんを命じられ、苦しんだ末に自殺。

夫婦は毎晩、自分たちの身に襲い掛かった恐怖で二人で泣いていたということです。そして夫は自殺に追い込まれていきました。

そして心の整理がついた時、ご婦人ははっと気づいたのです。「もう私には怖いものなんかない。ただ本当のことが知りたい、、、それだけなんです」

さらに婦人は付け加えました。「道で刺されったってかまいやしない」安倍政権の中にこういう人と戦って勝てる人はいるのでしょうか。いるわけがない。

世界も同じ構図なんです。ウイグル人に行われていること、モンゴルで行われていること、チベットで行われていること、法輪功信者に行われていること、、、香港で行われていること、、、追い詰められた彼ら彼女らには、もうあとがない。どうせやられるならやってみろ、、、との気迫の前で、毎晩うまいものを食べ、下の者をこき使い、隠れ妻を何十人も持った上位者が勝てる道理がないのです。

トランプも権力や金欲しさに大統領になったわけではなく、悲惨な子供たちを救おうとして大統領になったとも言われる美談が、嘘ばかりではないとも思える。

長い間、教会の中で行われてきた恐ろしい事実、マスコミの影に隠されてきたあまりにひどい現実、そうした上に立つ人のあまりにひどすぎる腐敗。トランプも赤木夫人も同じように決意してそこにいるように思える。

今、世界の構図は右対左でもない、民族対民族でもない、人種差別でもない、腐敗した者対そうしたものがもういやだ、、との争いの構図が急速に出てきている。

腐敗が勝てば、私たち個人の未来も絶対に開けない、、、ことがわかりだしてきているわけです。

長い間苦しみに苦しみ抜いた中でも失うことなく来た純粋な勇気と、金まみれ、権力まみれ、いくら軍備に優れていても、死ねば神の元に行く、、と思っている者とが争えば、腐敗組が勝てるわけがない。マスコミはこうした構図を必死に隠しているが、ほころびが出始めている。

日本でも世界でも今、本当にすごいことが起きだしているのです。
ある意味、人類の方向を決める戦いといえるかもしれません。

チャンネル登録もよかったらお願いいたします。




森友事件自死職員の妻 赤木雅子さん自身が読み上げる「意見陳述全文」
2020/07/16
↓↓アドレスをクリックすると動画が見られます。
https://www.youtube.com/watch?v=lLyd5Z_s8pk
スポンサーサイト



政治はオワコン、もうやる人さえいない。・・・しかしこれが正常。

EADTwPPUIAA2rx0.jpg
たぶんね―こういうのはもう古い、
きれいごとだと見抜いているから、
若い人たちがそっぽを向いているんだと思いますよ。


れいわメンバー「命の選別」発言 山本太郎氏が謝罪
7/10(金) 21:17配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/203dc2db1bcdc8c7fac00fe3b02d818d23d76ac9
====================引用はじめ
 れいわ新選組の山本太郎代表は10日、同党の動画チャンネルで、昨年の参院選比例代表に同党から立候補した大西恒樹氏が「命の選別」を容認する発言をしたとして陳謝した。
 山本氏は「生きているだけで価値がある世の中を実現する立党の精神と真逆だ」と発言を批判。山本氏は近く開かれる党の議決機関「総会」に除籍を提案し、対応を協議する考えも示した。
 大西氏は、次回も同党から国政選挙に出馬する予定だった。同氏は、インターネットに投稿した動画で「高齢者をどこまで長生きさせるのかを真剣に考える必要がある。命は選別しないとだめだ」などと述べていた。 
======================引用終わり

私は、大西さんの
当該動画発言はうっかり見てしまいましたが
一般のユーチューバーとしてなら特に問題はないと思います。
しかし、れいわ新選組の候補者なら大問題だと思います。

命の選別という意味がよくわかりませんが、
仮に人工呼吸器などの延命治療が必要、とか、
自分で食べられない人とかを、
ひとつのラインとするならば、

れいわ新選組の、船後、木村、2人の重度障碍者の国会議員に
意見を聞いてみたらどうでしょう。
とてもとても失礼に当たるので、
耳にさえ入れられないというのが本音でしょう。
そのうえ太郎さんは
謝罪動画で優生思想なんて言う言葉を使ってしまうし。

(90歳過ぎていても自分の身のまわりのことは
なんとか自分でできるという人がいますが、
こういう人は命の選別の該当者ではありませんよね?)

しかしこの議員のお二人なら、ちゃっかり、
障がい者はどんなに障害が重かろうが
命の選別((延命治療の議論?)なんてとんでもない。
それどころか、
やりたいことがあれば、どんなことでも
まわりが完璧にお膳立てをしてあげなければならない、
老人として、ホームに入ってもらうとかさえとんでもない。
すべてがまわりの人間の責任だ。
しかし健常者の老人はほっとけばよろしい。

ぐらいの事は言うかもしれませんね。

山本太郎さんは、理想論が過ぎて、
現実的ではないことをやってしまいました。



だから本音を言う人に足元をすくわれたんだと思います。
ある有名な人の動画で、
言論の自由を弾圧する人が言論の自由を主張する。
戦争を考えている人が平和を唱える、と言っていました、

平等を叫ぶ人たちが、
差別問題でつまずくのかもしれません。



壊れているのは日本だけではありません。
アメリカも壊れています。
有権者4割がバイデン氏認知症
7/4(土) 13:06配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5dab782f5373e5adfa35faa72c6614bd8eb3376e
====================引用はじめ
今年11月のアメリカ大統領選挙での民主党候補に目されるジョセフ・バイデン前副大統領は認知症を病んでいると思っているアメリカ有権者が全体の38%もいることが最新の世論調査で判明した。
77歳のバイデン氏は事実関係と異なる発言をすることをたびたび指摘されてきたが、その原因は認知症だとみるアメリカ有権者が多いことがこうした数字で示された事実には大きな重みがあるといえよう。
(中略)
バイデン候補は有権者への直接の語りかけとなる選挙活動をコロナウイルス感染拡大を理由にほとんどしていないが、それでも最近の公開の場での発言では6月に入ってからも
「コロナウイルスでアメリカでは1億2千万人が死んだ(実際のアメリカの死者がその時点で12万人だった)」と述べたり、バージニア州内にいるときに「ここノースカロライナ州では」と発言したり、オハイオ州とアイオワ州を間違えたり、という失言やミスを続けてきた。
====================引用終わり

アメリカのテレビニュースはひどすぎます。
トランプたたきがひどくて、
子供だましの下手な芝居で
コロナをあおりまくり
バイデン押しがとても見ていられません。

はっきり言って対立候補が認知症うたがいの
後期高齢者しかいないって、ありえません。
認知症の老人に、メディアが
ここまで忖度、偏向報道するとは意味が分かりません。
ってか、アレしかないでしょうね。
アレですよ、アレ(笑)



マドモアゼル愛さんの動画です。
説明文を引用させていただきました。
リニア・オリンピック・辺野古・原発、、みんなウソ
43,678 回視聴•2020/07/06
マドモアゼル・愛
アドレスをクリックすると動画が見られます↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=UHgYoRK4rzQ
======================引用はじめ
大きなものに守られたい、、、という気持ちは誰にでもあります。そして大きなものが、自然や神様や愛情深い親のように、本当に自分を守ってくれるなら、それは素晴らしいことです。そうしたものには甘えるのが正解でしょう。しかし、大きくて安全だと思っていたものが、本当はそうではなくて、守ってくれるどころか、骨の髄まで私たちのエネルギーを吸いつくそうとする存在だったら、そうしたものとかかわっている間は私たちは絶対に幸福になれません。大きなものには、組織や企業や社会や国家などがありますが、人々が国家幻想に気づく流れが起きているように思います。私たちは国に守られているのか、、、それとも、国に吸い取られているのか、、、その答えが、そろそろはっきりしてきた印象があると思うのです。リニアも一部の利益供与のために与えられた夢であり、無理な算段でした。オリンピックが来年開催できるなんて思っている人は少ないのに、与えられている金を使いきるまでは、おそらく発表しないでしょう。急いで予算を使いきる、、、そして関係者が損しないようにする、、、そんなところなのではないでしょうか。マスコミがうまく幻想をつなげている間に、、、焦っていると思いますよ。辺野古、、、アメリカ軍はやがて帰っちゃうんじゃないですか。なのに、何を意地になってまだ作りたいのですか。帰ってしまう前に金を使いたいのかしら、、、そんなところでしょう。原発、、、お湯を沸かすためになんで原子力を使うのか、土台の意味が不明です。さらにこうした癒着体質は、さくらを見る会で、モリカケ問題で、もうはっきりしているではないですか。つかまっている二人の政治家もいるような状況で、この上、どういう幻想を掻き立て、何をどうすすめたいのでしょうか。〇〇丸出しなんです。そろそろ、みんな目覚めないと。国は本当に私たちを守っているのでしょうか。それとも最後の最後まで吸い取るつもりなのでしょうか。昨日アップした「考えよう・企画しよう・実行しよう」と関連した内容ですので、よかったら前動画もご覧になってください。いつもありがとうございます。チャンネル登録もしていただけたら嬉しいです。
=======================引用終わり

【おごれるものは久しからず】コロナ騒動は、ウイルスの問題ではない。世界中の構造が大きく変わる分岐点であることは間違いない。【大統領選挙の年だからコロナ騒動が仕掛けられた?】

このおじさん、馬渕睦夫さんは、
元全権大使だそうですが、すごいこと言ってます。
何度も書きますが、
コロナ騒動は、ウイルスの問題ではありません。
これは間違いないと思いますよ。

田舎のオバちゃんだって、10年も
陰謀論(今は事実)関連のブロガーをやっていれば、
薄々わかってくることなんです。
一気に答え合わせができてしまいました。


アメリカ、ブラジル、がんばれ~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつまでもこんなことをやっていると時代の流れに置いて行かれますよ。
safe_image.jpg
密を避けるよう呼び掛ける児童=輪島市門前町の門前東小

「3密」児童がパトロール 輪島・門前東小 昼休みに2人一組で
7/5(日) 1:28配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8cfbc93c58ed6587f5d4cfda9a0a8aae1de442b8
====================引用はじめ
 新型コロナウイルスの脅威から児童を守ろうと、輪島市門前東小の児童自ら「3みつパトロール隊」を結成した。授業中の換気やマスク着用を徹底しているものの、休み時間は「3密」で談笑する児童の姿もしばしば。昼休みを重点的に4~6年の39人が2人一組で歩いて目を光らせており、教職員からも「効果は上々」と評判だ。
 1日は○○○○さん(5年)と○○○○さん(4年)が当番でパトロールを実施し、図書室や体育館、各教室を巡回した。気が緩んで「3密」になっている児童はいないか。見つけるとすぐに「密です。離れましょう」と警告。元気な声が響くと、注意された児童ははっとした表情を見せた。
 活動は6月24日に始まった。教員がコロナ対策について話し合った際、児童自らパトロールを行えば、学校全体の感染防止の意識が高まると考えた。活動を始めた当初は、遊具の順番を待つ児童の距離は「密」だったが、パトロール効果もあって、今では自然と距離を置くようになった。
 パトロールする側も、高学年の児童がパトロール時間外にも率先して注意するようになった。稲村さんは「一人一人の意識が高まってきている。積極的に声を掛けていきたい」と話した。
 1~6年全61人が3密対策を取れるようになるまで活動を続ける予定。浅見淳一校長は「教員が注意するよりも効果があるように感じている。今後もできる限りの活動を行いたい」と話した。

============引用終わり、児童の名前は管理人が伏字にしました

平家のかむろか何だか知らないけれど、
いまだにこんなことをやっているとは、
やっぱり学校は諸悪の根源ですね。

記事には児童の名前が実名で書いてあって、
ネット上では批判の嵐ゴウゴウなのに、
数日たっても記事の削除がされない、謝罪もされないのは
もっとおかしい

おごれるものは久しからずですよ!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山本太郎もしっぽを出しはじめたようです。
政治家や有名人が隠し事ができない社会、
これは素晴らしいことですね。(((o(*゚▽゚*)o)))

106994188_3150094978407567_1138909724066142444_o.jpg

やっぱり…じわりじわりと人口削減が進んでいるのは確実。今はとにかく自分が正気を保つ時。

5c9653496d85fe1284f9aa132fc8d622.jpg
高級ランジェリーではありません。
シルクのマスクです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


崎谷さんの記事、非常に重要な情報だと思うので、
申し訳ありませんが勝手に引用させてもらいます。

崎谷 博征
『ロックダウンは最も死亡率を高める政策』
https://ameblo.jp/nomadodiet/entry-12608525279.html
=====================引用はじめ
私は当初から、なぜロックダウンを継続して、一気に人口削減して、アジェンダを達成しないのか不思議だったと過去記事でお伝えしていました。
その理由がここに来て、明確になりました。
ロックダウンを少し緩和して、すぐにクラスター発生を創作して、またロックダウン、自粛を繰り返すためだったのです。
実際に、日本でも東京でまた新型コロナウイルス感染クラスターが発生したとマスコミに騒ぎ立てさせています。
米国でも、ニューヨーク、カルフォルニアを含む22州でクラスターが発生したと報道させています。やはり、外出禁止やロックダウンが必要と喧伝し始めました・・・
トランプちゃんもマスク着用を言い出しましたね。
そして中国でまた新しい豚インフルエンザウイルスが発生(Proc Natl Acad Sci U S A. 2020 Jun 29;201921186)・・・・・・
これを第二波にするつもりかも知れません(中国もグルということです(^_−)−☆)。
ロックダウンなど無茶苦茶な政策をフェイクサイエンスで強要するには、大衆には通用しますが(普段からうっぷんが溜まっている不健全な人間は逆に密告できるチャンス到来(^_−)−☆)、まだ正気を保っている人たちには通用しません。
したがって、ロックダウン→部分的に開放→ロックダウン→部分的に開放→ロックダウン・・・・(この間に新しいウイルス発生を入れる)
を繰り返すことで、正気を保ってシステムに対抗している人の心理状態をゆさぶって隷属させるためだったのです。
さて、またまた驚愕するような研究論文が『ネイチャー』誌に掲載されていました(Nature. 2020 Jun 8;1-8)。
それはこのロックダウンなどのフェイク政策を正当化する目的で掲載された疫学的調査です。
この論文では、ヨーロッパ11か国のデータを収集しています。
各国ともロックダウン以降の各国において観察されたデータに基づく基本再生産数(reproduction number Rt)を単に計算したものです。
基本再生産数(Rt)とは、1 人の感染者当たりが生産する2次感染者数のことで、値が1を下回ると感染拡大はないと判断する感染症流行の予測指標とされています。
論文の要旨は、2020年の3月にヨーロッパの各国がロックダウンした後は、各国ともこの基本再生産数(Rt)が低下したということで、ロックダウンの正統性を主張しています。
しかし、そのデータをよく見ると・・・・
なんとすべての国で、ロックダウン以降急激に死亡率が上昇しているのです!
感染者数が減っているのに、なぜcovit-19関連の死亡者数が急増するのでしょうか?
3月に始まったロックダウンですが、ちょうど北半球のヨーロッパでは暖かくなる時期で、通常はロックダウンがなくとも感染症は減っていきます。
実際にグラフでは、ロックダウンが開始される前に、感染者数のピークは過ぎていました(ワクチン導入前に感染症のピークは過ぎて減少しているのと同じ)。
それに対して暖かくなる3月以降に死亡者が急増するのは、通常の感染症ではあり得ません。
これは明らかに、ロックダウンによって死亡者が増えたと正直に言っているようなものです。
このロックダウン政策には、失業、社会隔離などによる甚大な心理的ストレス、マスクによる健康被害、有害な消毒液への暴露、病院での医療過誤(酸素療法、人工呼吸器、抗ウイルス剤の投与など)など死亡率に寄与する悪影響は数え切れないほど含まれています。
過去記事でも詳述しましたが、感染者数というのは、いくらでもフェイク検査で操作ができます(これからの各国でロックダウンをリリースした後、必ずやり始めます(^_−)−☆)。
とくにPCR検査数や抗体検査数(いずれもウイルス感染を証明するものではない)を意図的に指数関数的に増加させたため(健康人にもやりまくった)に、偽陽性(感染していないのに検査で陽性と出る間違い)が指数関数的に増加したのです(もちろん、これらの人は最後まで無症状です)。
死亡者数も同様に操作できる(過去記事で詳述)のですが、新型コロナウイルス感染症の死亡率をある程度高くキープして脅かさないといけないので、こちらの数の操作には限界があるのです(本当は、ロックダウン以降は死亡者数を操作して減らしたかったが、それをやると大幅に、新型コロナ感染症での死亡率が低下する=季節性インフルエンザよりも死亡率が低くなる=「危険だ!危険だ!」と叫べなくなる(^_−)−☆)。
そのフェイクデータの集積が、この『ネイチャー』誌の結果によく現れています。
このように大衆だけでなく、サイエンス(専門家と呼ばれる人たち)も率先して権力者に依存し、フェイクサイエンス(御用学)に成り果てています。
リアルサイエンスと正気を保つことだけが、最後の人類の砦になるのです(^_−)−☆。

崎谷 博征
歴史を見ると大衆はいつも権力者に洗脳されるか、依存することによって生き延びようとしてきました。その典型例が各国の政治家や官僚です(政治家や官僚は大衆です)。
しかし、今回のグレート・リセットでは、その権力者にすり寄って甘い汁を吸ってきた層も私たちと同じく一掃されます。
このことを自覚しないで、まだ大衆を分断したり、ポジショントークに忙しい人たちは、人間には値しません。

=====================引用終わり

これ、まちがいないと思いますよ。

ワールドニュースを見ていると分かるのですが、
中国、アメリカの他にも
ドイツのギュータースロー
イギリスのレスター
オーストラリアのメルボルンは、
郊外をロックダウンという意味不明なロックダウン
国内感染が35日間ゼロの、タイでは、
非常事態宣言を7月31日まで延長
かなりえげつないロックダウンが行われているようです。

世界のあちこちで同時多発的に6月末から、7月にかけて
再度のロックダウンだなんて不自然です。


日本では欧米のように、強硬なロックダウンはまだ行われていませんが、
自粛とマスクで
真綿で首を絞めるような人口削減がすでに行われていますね。

経済的理由で
あるいは心理的ストレスそのもので、
あるいはマスクや医療、医薬品に向かわせて
死に追いやるのです。

コロナ騒動におびえて、正気を失った人を、
私たちはどうにも助けてあげられません。

女性たちの中には、
高級友禅染のようなマスクをした人がいます。
金のチャームが付いたマスクをしている人がいます。
「おーいもどってこーい!!」

私はすでに2月下旬の段階で、
息子夫婦に
「このウイルスはただの風邪だよ、
ただのマネーゲームだよ。
ビル・ゲイツが怪しいよ。」
と言ってあります。

6月には
「マスクを強要する学校、
いきなり休校宣言をする学校には、
孫を行かせなくていい。」
と言ってあります。

「戦争中におとなしく政府のいうことを聞いて
配給に頼っていた人は餓死した。
ヤミに手を出した人は助かった、
自分で考えて自分を守るように。」
これも追加発注(笑)

これでギリギリセーフです。

私は5月の末に私用でのマスクをやめました。
こんなへそ曲がりな私でも、
スーパーの売り出しに、
ノーマスクで行くのは、大変な勇気がいりました。
怖いおじさんにどなられるんじゃないかと
びくびくしながら、ものすごいプレッシャーでした。

今は慣れちゃいました、
慣れるととてもすがすがしいです。
人込みでも大きな深呼吸をして、
「う~ん、酸素って気持ちいい~(笑)」

崎谷さんや平塚さんのような、
シュッとしたお兄さんたちが、
マスクをしないで歩いていると、、
おんなじだ~と思ってニヤニヤしてしまいます。


マスクが習慣になる前に辞められて良かったです。





ピラミッドを形成する政治はもう終わった、これからは一人一人がリーダーの時代。

EbR7zSdUEAAl8sU.png
これはやりすぎです。
相手に対して失礼です。

顔を隠して近づいてくる人を、怖いと思いませんか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は政治にはあまり詳しくないし、
ブログにも政治ネタはあまり書かないのですが、

マドモアゼル愛さんの動画を見ていて、
この国の政治も終わったと思いました。

安倍政権、完全に終わっていますよね。
みんなそれぞれ、自分のことしか考えていません。
せめて自民党という仲良しグループの中で、
仲良くすればいいのに、それさえまったくできないのです。
安倍さんは奥さんにさえ足を引っ張られています。

これからいくら頭がすげ変わったとしても、
組織は何も変わらないでしょう。
これは私たち一般人には、かえって良いことかもしれません。
私たちは自立して、自分で好きなように生きていけばよいのです。

今、東京都は都知事選の真っ最中らしいですが、
マドモアゼル愛さんは、
現職小池さんが当選するだろうけれど、
票数はとれない、そればかりか、
当選しても地獄だと言っていましたが、
私もそう思います。

これは私の意見ですが、
山本太郎さんも、だめです。

太郎さんは、どうにもこうにも暗すぎます。
ネガティブな話を、これでもかと、
テキ屋の口上の様にたたみかけてきます。

言葉は良くないかもしれませんが、
山本さんがわざわざ会話ができない人を国会議員にして、
やっぱりな、ここまでするんだという感じでした。

これがなぜいけないか、

洗脳の手口を忘れてはいけません。

あの重度障碍者の国会議員のお二人は、
人々を怖がらせるための、見せしめだと思います。
「おまえらもこうなりたいのか!!」と、

メディアの洗脳手口と似ています。
「おまえらも志村みたいにコロナでみじめに死にたいのか!!」みたいな。

しかし政治家がオワコンでも良いのです。
私たちピラミッドの下のほうにいる者にとって、
ピラミッドの上の方にいる政治家さんたちが崩れ落ちても、
かえって頭の上が軽くなって良いぐらいです。

日本では、小学校から選挙で学級委員長を決めています。
政治のまねごとをさせているんですね。
だから、政治家はゼッタイ、みたいになってしまうのです。

政治家に何も期待はできませんよ。
それは昔からそうだったのです。
自立しないと息苦しかったのは昔からだったのです。



マドモアゼル愛さんの動画です、
この国ももう終わりましたね。
中國に迫る水害は何をもたらことになるか
https://www.youtube.com/watch?v=sGKtlEtXqdU

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ