まさか若い人のがんなどの増加と、日本近海の汚染が正比例してはいないでしょうね?

RIMG0002yyyyvmj.jpg

前回の続きです。
この画像は、あるワイドショーの画面ですが、
おかしいところがあります。

番組では乳がんの女性専門医が出てきて、解説をしたわけですが、
彼女いわく、グラフの青く太い線は日本人、
赤く細い線は欧米人の乳がんにかかる割合なんだそうです。
日本人は若い人がかかる率が比べ物にならないくらい多いですよね。

これはなぜかというと、欧米では乳がん検診を受けている人が多く、
日本人は乳がんの検診を受けている人が少ないからなんだそうです。

おかしいでしょ?

乳がん検診が増えれば乳がんが見つかる人が増えるので、
乳がん検診率の高い地域では乳がん患者が増えなければおかしいです。
乳がん検診率の低い日本で乳がん検診率を上げたら、
もっともっと乳がん患者数は増えるはずです。
だとしたら大問題です。

それだけではありません、
乳がん検診は、放射線被ばくなどにより、
乳がんを増やすと言われています。
http://bunshun.jp/articles/-/1537?page=2
========================引用はじめ 
若い女性の乳がん検診は害の方が大きい
 なぜ、20代、30代には、乳がん検診が推奨されていないのでしょうか。それは、乳がん罹患率が高くない若い女性が乳がん検診を受けると、メリットよりもデメリット(害)のほうが大きいと判断されているからです。
 乳がん検診に、どんなデメリット(害)があるのでしょうか。まず挙げられるのが、「放射線被ばく」に伴う発がんリスクです。このリスクは若い女性ほど高いとされていますから、しこりが心配で乳がんの検査を受けるとしても、20代、30代は原則的に、放射線被ばくをするマンモグラフィは受けるべきではありません。
 
米国では発見された「乳がん」の3分の1が過剰診断
 そして、もっとも深刻なのが、「過剰診断」の害です。これは「命を奪わない病変」をがんと診断してしまうことを指します。がんと言えばすべてが命取りになると思われていますが、そうではありません。自然に消えてしまうものや、ずっと大きくならないもの、大きくなっても命取りにならないものなど、さまざまな病変があります。
=========================引用終わり

どちらにしろ
日本人の乳がんなどの、若い人の罹患率が高いというのは大問題です。




たまたま私の記憶に残った国立環境研究所のHPの画像ですが、これは怖いです。
イカを調べたところ、
日本近海のダイオキシン類による汚染がひどかったというものです
イカ肝臓を指標としてみる海洋におけるダイオキシン類の分布
18-5-03-f1.gif
図 大平洋及び他の海域から捕獲したイカの肝臓中ダイオキシン類(PCDDs 及びPCDFs )濃度(pg/g 組織中)
http://www.nies.go.jp/kanko/news/18/18-5/18-5-03.html
一目してわかるとおり,調査海域の中では,北部北太平洋周辺で捕獲されたイカ肝臓中ダイオキシン類の濃度は他よりも高く,特に,日本付近の海域で最高値を示す結果となった。

まさか化学物質の汚染と、若い人のがんの増加は正比例していないでしょうね?と、
こちらが訊きたくなるような、論文ですね。
                    
                          つづく


https://ja.wikipedia.org/wiki/内分泌攪乱物質
スポンサーサイト

がんは怖い病気というイメージを捨てることが第一歩

abffaaa496b930f0eb33f325bc3060e7.jpg
(小室圭さんは毎日警護を従えて、にこやかに出退勤されているそうな)

眞子さまの結婚延期のニュースがありました。
お相手の小室圭さんのお父さんは焼身自殺をされているそうで、
もうそこから、小室さんの人生に狂いが生じているわけです。
どこかでちゃんと狂いを治してあげなければ、
無理に前へ進もうとしても、人生行き詰ります。

小室さんは今勤めている法律事務所をやめて
アメリカで生活したがっているというわさもあります。
この人には生活力がなく、表面を飾ることしか能がありませんから
もしも破談になって、
このまま現実に向き合わないで、表面だけちゃらちゃらしていると、
結婚詐欺でもやるか、自殺でもするしかありません。

親の後ろ姿とは怖いものです。
特に男の子には父親の後ろ姿は必要です。
現実が見えないことは怖いことです。
離婚したとしても子どもには父親に会わせてあげたほうがいいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


有賀さつきさん、52歳で急死 がんと独りで闘った
2018年2月6日5時0分 スポーツ報知

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180206-OHT1T50001.html

この訃報には驚きました。
しかし、がんと独りで闘ったとは・・・

私はですね。
がん検診のお知らせが来るようになった時点で、
息子たちに、がん検診を受けない、
がん治療も受けないと宣言してしまいましたからねーー。

しかし有賀さんの場合は、子どもさんが中学生だったら、
こういうことは言えなかったのかもしれませんが。


2015年1月14日 18:00
. 「またか…」有賀さつきの不快すぎる元夫批判に主婦層が総スカン!
http://www.asagei.com/excerpt/31116
しかしどうして言わなくてもいいことばかり言って、
大事なことは言わないのか??


私の場合は50歳の時点ですでに息子たちは成人していましたから
こういう終活みたいなことが言えたのかもしれません。
すんなりいいよと言ってくれましたから。

アラ還の今は、私の最後のお務めは
息子たちに自分の死にざまを見せることだと思っています。

私の親族、おばあちゃんたちや両親は、
がん治療を受けていないので、
安らかに眠るように亡くなってくれました。
それは本当にありがたいことだと思っています。
だから私は死ぬのが怖くない、私は幸せだと
人に言うことさえあります。

海老蔵さんのようにお父さんや、奥さんが
がん治療で苦しんで亡くなっていたらと思うと・・・
・・・そういう意味でもがん治療はできません。



人々はなぜ、
効果のないがん治療にはまり込んで苦しんで死ぬのか・・・
どこか生き方に間違いがあるんですよねー


先日ブックオフで安保徹さんのこんな本を買いました。
まだパラパラと拾い読みしかしていませんが、
なかなかおもしろい本だと思います

51kyVEu224L__SX339_BO1,204,203,200_

がんに関しての考え方はまさにこういうことだと思います。
昭和の初期までは日本は、貧しかったのです。
まさに北朝鮮のような状態だった時代もあったのです。

テレビでは絶対言わない、ネットにも書いてないことですね。
こういうことを言ってしまったら、
だれも副作用の強いがん治療を受けようとは思わないでしょう。
========================P104より引用はじめ
患者さんが治療の選択に迷う理由は、この病気のイメージがあまりに悪いからです。
がんと宣告された瞬間から死を連想し、恐怖感でパニックになったり、
悲観的になったりする人が実に多いのです。
しかしがんが怖い病気だったのは、食糧不足と、
寒さもしのげない住環境を余儀なくされた過去のことです。

しかし、現代の日本人は栄養状態もよく、冷暖房の整った住環境で暮らしています。
体力にゆとりがあるのでストレスを取り除き、体をいたわっていれば
十分な免疫力が発揮されてがんを治すことができます。
「がんは怖い病気」というイメージを捨てることで、
治療も選択しやすくなるのではないでしょうか。
==========================引用終わり

テレビでは毎日のように、毒を飲まされたりナイフで刺されたりして
元気な人が死ぬドラマをやっています。

ドラマは大げさだと割り引いてもですよ、
死ぬような病気の人が毎日病院で毒を飲まされたり、
内臓を切り取られたりして、それで元気になりますよと言われても、
信じるわけにはいきませんよね!?

がんについての考え方・・・それぞれ

RIMG0001 (1)
(おでんです。
JAで買った100円の不揃いの大根は予想通り、甘くてとろっと柔らかかったです)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

丸山ワクチンについての記事を書いていましたが、
がんがらみでこんなニュース記事がありました

私は良い悪いを言いたいわけではありませんが、
こんな人(家族)もいると、驚いたので、
記事にしてみたいと思います。

高橋メアリージュン、子宮頸がん罹患していた 
現在は克服、著書で初告白

1/17(水) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000325-oric-ent

高橋メアリージュンさんが若くしてがんにかかっていたというのは驚きましたが、
実は高橋さんは数年前、がんになる前に潰瘍性大腸炎にかかっていたんですね。

この事実はヤバいですよ。
潰瘍性大腸炎の普通の病院での治療は、
ステロイド等の、免疫を抑制する薬が使われることが多いのです。

免疫が抑制されるとどうなるかというと、
がんなどほかの病気にかかる可能性が高くなるということです。

高橋さんは、
「子宮頸がん検診を受けましょう」と、呼びかけているようですが、
がん検診で、がんが見つかってはもう遅いのです。
がんは防げるんです!!

高橋さんは「抗がん剤は高いと聞く」とか言っているようですが、
そういう問題ではないと思います。

なんだかずれまくっている高橋さんの生活を見ていると、
どういう生活をやっていたらがんになるのかが、
わかるような気がするのです。

もう中学生の時点でおかしいのです。
貧乏なのはお気の毒だと思います。

でも当時中学1年生だった娘が親の借金を返していかなければならないものでしょうか。
日本の法律では、普通は親の借金は子どもが返す義務はなかったはずです。
小中学生は連帯保証人になっていないはずです。

高橋さんは、潰瘍性大腸炎のため、おむつをしたり点滴をして撮影の仕事をしたそうですが、
顔面マヒで投薬治療に、こんどはがん、
そんな子どもがかせいだお金を受けとって借金返済に充てる親がいるなんて信じられません。
どんだけ~~~借金があるっていうんでしょう?!

病気と心理状態(整合性のなさ、事実と向き合っていない、ストレス)は
切っても切れない関係にあります。




やっぱり食事が大事というのは私も同感ですが、
これ、大丈夫でしょうか、普通じゃないですよ。
やっぱり食事が大事
https://ameblo.jp/maryjun/entry-12277840375.html

1日におにぎり4個にプロテイン(または魚か脂のない鶏肉)と
サプリ、油なし調理塩だけの野菜。
これが食事を大事にしている人の食事でしょうか?

油脂を摂らないとやせるかもしれませんが、細胞が弱くなります。
油性ビタミンの吸収が悪くくなります。
ホルモンバランスに影響があります。

ついでに指導している森拓郎というブロガーも怪しいですね。
この人以前、糖質制限食推しだったと思うんですが、おにぎりとは??

高橋さんはがんを克服したと言っているようですが、
このままだと、また何か問題が起きてくるでしょう。

がん検診を呼びかける記事が、
がん検診の無意味を露呈する皮肉な事態になりました。

丸山ワクチンの作り方

c32fb7ba8952312df56b06cc4411be4b-284x440.jpg
(ムーミンは私の心の中のムーミン谷に住んでいるに決まってます。
ビッケは海があればどこにでも行きます。
ついでにピーターパンはロンドンから南太平洋にワープしたと思っていますが、
何か問題はあるでしょうか。

野暮なことは問わないに限ります。)




センター試験に、ムーミン、ビッケについての問題が出たということで、
話題になっていましたが、
松本清張さんの「砂の器」や「らい予防法」については、
絶対に試験に出ないでしょうね(笑)

山崎豊子さんの「白い巨塔」についてでも
アリス・ミラーの「ヒトラー研究」についてでも
「食品成分表」でもいいいです。
そのあたりが試験に出れば、私はそんじょそこらの
受験生に負けない自信はありますねヽ(´∀`)ノ




o0500036311999373141.jpg
https://ameblo.jp/64152966/entry-11263413936.htmlからお借りしました。
(ハンセン病の患者は、ひどい差別を受けてきました。
物乞いの旅に出るか、強制的に隔離されるか・・・
隔離施設といっても、暖房もないようなところだったり絶食をさせられたり、
それどころか強制的に避妊手術、中絶をさせられたのです)




バイキングを知っていても、ほとんど役に立ちませんが、
らい予防法について知っていたほうが役に立ちます。

どういう役に立つかというと、
「自分自身ががんなどの病気にかかった時にどう行動するか」
に、大いに影響するからです。
自分の命にかかわることです。

私は先日のテレビ番組で、丸山ワクチンの丸山千里さんが、
ハンセン病(らい病)の皮膚科医をやっていた医者だと知って驚きました。
丸山ワクチンはハンセン病菌、のちに”結核菌の煮出し汁”(苦笑)そのものなのです。
”結核菌の煮出し汁”に抗がん効果があるというのです。


こちらは名古屋市のHPからの引用です。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/49-3-8-0-0-0-0-0-0-0.html
=============================引用はじめ
ハンセン病を正しく理解していただくために

「遺伝病ではない」「感染しても発病に至るおそれがきわめて少ないため隔離の必要性がない」・・等

 こうした事実が分かっていたにもかかわらず、ハンセン病患者や元患者を、社会から強制的に隔離し、断種や妊娠中絶を行った制度の違法性及び制度の存続を許した不作為について、国の責任を認める判決が熊本地裁で、平成13年5月25日に確定しました。
(中略)
この病気にかかった者は、社会から葬り去られました。
(中略)
平成8年、「らい予防法」を廃止し、優生保護法のらい条項を削除することなどを定めた「らい予防法の廃止に関する法律」が制定された。
(以下略)
=============================引用終わり

これってひどくないですか、
遺伝性でなく、感染性であるが隔離の必要がないとわかっていたのに、
強制的に隔離して断種や妊娠中絶を行ったのです。
らい予防法は平成8年まで続いていました。


私は丸山さんが具体的にどういう形でハンセン病の患者に
かかわっていたのかは知りませんが、
こういう医療に携わっていた医者の言うことが信用できるものでしょうか?

今はがん患者でもだんだん、抗がん剤やがん手術はしないと言う人が増えてきましたが、
それでも代替医療はやる、と言う人は、多いように感じます。

ゲルソン療法もそうですが
(ゲルソン療法を調べていくと、ヒトラーとかぶってくることに気が付きました
ヒトラーはユダヤ人を迫害しただけではありません
障碍者や病人に対してもひどい差別的な行いをしたのです。)

代替医療をひもといていくと、
信じられないような偏見、差別思想に行きつきます。

もしも少しばかり代替医療に効果があったとしても
(プラセボ効果ぐらいはあるでしょうね!!)
とてもじゃないけれど、患者としてそのような療法を受けたいとは思いません。
差別を受けてきた患者さんたちの心情・・・というより
差別を平然と行ってきた医療側に、吐き気がするほどの嫌悪感を感じるからです。
抗がん剤をやらなくても吐きっぱなしになるでしょう。


病院のHPには結核の人は肺がんにかかりやすいと書いてありますね。
http://www.jikei.ac.jp/hospital/kashiwa/sinryo/40_02w1.html




私は息子たちにがん治療は痛み止め等の対症療法以外はやらないと決めたといいました。
中村勘三郎さんが亡くなった直後のことです。
あれから5年以上がたったでしょうか、
今はその決心はますます固くなるばかりです。

当時、患者が若い人だったら検診や治療を受けないように言えるだろうかと、
少しは迷いがあったのですが、今は「やるな!」と言えますね。
ネットで少しばかり調べれば、やらないほうがいいという結論に行きついてしまいます。
慌てて治療をしてあとから後悔するのは目に見えています。

私はがん治療だけでなく、臓器移植もやるなと言っています。
兄弟同士で臓器のやりとりはしないでくれと言ってあります。

一般の臓器提供カードも拒否してくれと言ってあります。

拒否することの罪悪感を持つかもしれませんから、
これはお母ちゃんの遺言だからお母ちゃんの責任だと言ってあります。

丸山ワクチン

RIMG0003.jpg


アラウンド還暦のフォーミディブルですこんにちは、
新年より私は、次男の扶養家族になりました。
形式的なもので、全面的に養ってもらうわけではありませんが、
感慨深いものがあります。

それから、実家の跡地の隣の家が、お正月に全焼して、住んでいた女性が亡くなりました。
この人は実家取り壊しのさいにあれこれと因縁をつけて、私を脅迫してきた人でした。
あきれたことに脅迫をヤンキーの息子にやらせていたのです。
やっぱり怖かったですよ、「では裁判所のほうに言ってください」と返してましたが。

人をいじめてはいけません、
っていうか子どもがヤンキーになるのは、なるべくしてなるっていうことでしょう。

それと実家の空き家を早めに取り壊しておいてよかったです。
太い木材をふんだんに使った趣のある町家だったので
他に利用法もあるとは思ったのですが、思い切って取り壊したのです。

家と家がぴったりとくっついた町屋なので、
壊してなかったら類焼は免れなかったでしょう。
タッチの差で助かりました。

空き家の放置、古いお墓の放置、
これはやばいですよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日テレビの世界仰天ニュースで丸山ワクチンについてやっていました。

http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20180109_12.html

なんでいまさら、丸山ワクチンなんでしょうかね。
私がこの番組の丸山千里さんの話で気になったのは、

ハンセン病患者、結核患者にがん患者が少ないから
結核菌に抗がん効果がある
というのは本当かどうかわからないということです。

結核は若い人がかかる病気です。
がんは慢性病、成人病と言っていいと思います。
がんで死ぬのは主に中高年です。

昔は今ほど厳格にがん検診をやっていなかったはずなのに、
どうしてがん患者が多いとか少ないとかいえるのかも、疑問です。

だから結核の患者にがんが少なくても何の不思議もありません。

(ハンセン病については、昔のハンセン病患者(結核患者も)は
信じられないような激しい差別によって、
人間扱いされていなかったのです。
松本清張の「砂の器」の世界ですわ
このような状況で正確なデータが得られるものでしょうか?)


それから丸山千里先生が、丸山ワクチンには副作用が全くないと言っていることです。
「効果がありながら、副作用がない薬はない」と、製薬会社も医者も認めています。
長年頻回に注射しても副作用がないものは、「ただの水」ぐらいしかないといえます。

まぁ「ただの水で」もプラシーボ効果ぐらいはあるでしょうが。

今の医学界がおかしいというのは事実です。
「ワクチン」自体もマユツバだというのも事実でしょう。
結核だなんだといっても「ツベルクリン」「BCG」自体が
「無意味」「効かない」と言われているんです。

製薬会社が作るあまたのワクチンが副作用だけで効かない代物であって、
丸山先生が作ったワクチン(皮膚結核も、ハンセン病も!!)だけは
副作用がなくてよく効くと言われても・・・ちょっと、ねぇ。

こういう病気は(ワクチンではなく)栄養状態や住環境の向上によって
劇的に減ったというのが事実でしょう。


丸山ワクチンの作り方を聞いてびっくりですよ。
結核菌を培養して、煮出して作るんだそうですが、
個人のおじいさん医者が、どこから結核菌を入手して、
勝手に培養したのでしょうか、
これってとても恐ろしいことではないでしょうか?

それに細菌を煮出すって(笑)漢方薬じゃあるまいし。
笑っちゃいました。
私たちは日ごろから細菌が混入した水(や食べ物)を、加熱消毒したり、塩素消毒して
飲み食いしているんですから
細菌を煮出した水は、正真正銘の普通の水でしょう。

データも上記リンク記事では、
本当に効果があったのかどうか判断はできません。
患者数も32人のデータって少なすぎると思うのですか。

極めつけは、丸山千里さんの長男の茂雄さんががんになった時に、
化学療法と放射線をやっていることです。
もちろん丸山ワクチンもやったらしいですが、
なぜ抗がん剤放射線をやったのか、お父さんを信用していなかったのか?

まぁ茂雄さんはソニーで活躍されたそうですから、
変な医者になるより良かったのかもしれません。