スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりいた!!、若くして糖質制限食をやって亡くなった人が。

RIMG0027 (1)
(鶏ハムと、残りご飯のカレーチャーハン)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



糖質制限食をやっている人で、
心不全で死んだ人って結構いるみたいです。


飯野健治という人は、有名なゲームクリエーターらしいですが、
糖質制限食で痩せたものの、心不全で42歳の若さで亡くなったらしいです。


ウィキペディアより、
http://ja.wikipedia.org/wiki/飯野賢治
肥満であった飯野は「炭水化物抜きダイエット」を実践し減量に成功し、高血圧の大きな原因である肥満は解消傾向にあったものの、2013年2月20日午後9時42分、高血圧性心不全のため東京都内の自宅で死去[2][3]。亡くなる3日前の2月17日までアメリカマサチューセッツ州ボストンに滞在し[2]、twitterを更新していた[4]。42歳没。



精神分析
http://agency-inc.com/diet2/

=============================引用はじめ(抜粋)

img02.jpg


飯野賢治
肥満であった飯野は「炭水化物抜きダイエット」を実践し減量に成功し、高血圧の大きな原因である肥満は解消傾向にあったものの、2013年2月20日午後9時42分、高血圧性心不全のため東京都内の自宅で死去。亡くなる3日前の2月17日までアメリカマサチューセッツ州ボストンに滞在し、twitterを更新していたが、帰国後の20日夕方に持病のぜんそくの発作が起き、亡くなった。42歳没。

私はこの人の写真をみて驚いた。肥満時の飯野さんはまるで巨漢(大食漢であろう)のプロレスラーの様にみえるのだが、肥満解消時の飯野さんは福山雅弘の様な俳優顔なのである。まるで、ダイエットビフォーアフターの様。やっぱり肥満は人をカッコ悪くみせるし、老化を加速する。・・ならば、やはり「解消しないとダメだな」という印象と共に「炭水化物ダイエット」という言葉を私の脳に刻んだ。私と「炭水化物ダイエット」をリンクさせたのは「飯野賢治さんの訃報」なのだ。

△TOP


4、母親がいなかった飯野賢治さん(心的欠損、母不在)

このテキストを書いていて、もう少し飯野賢治さんに興味がわいてネット検索してみた。ヒットしたのは「情熱大陸」で飯野賢治さんを取り上げた動画。視聴して驚いた。なんと飯野さんは幼少期に実母と生き分かれており、母の記憶が殆どないという。そんな飯野さんはが心不全で42歳で亡くなっている。


精神分析の世界で精神発達論を説くと、しつこいくらい「母」の存在を強調される。父は子どもに社会性を教えるのが役目で、新生児から幼児、児童に至る「人が人として生まれ育つ過程」において「母」は絶対的な存在だと説く。

もし、母が適切に子どもの世話ができないと、子どもは心に大きな欠損をかかえ、その寿命は概ね45歳までになると言われる(精神分析における欠損保持者の生存寿命45歳説)。

著名なタレントや芸術家が早死したとする・・マスコミは決まって本人不在になった途端に、生存時には大きく触れなかった幼少時の生活環境や家庭環境を記事にする。すると決まって、・・実は、○○さんは母子関係がうまくいっていなかったという話がでてくる。
もし、飯野さんが肥満状態の時に精神分析家にセラピーを受けたら必ずこう言われた筈だ「貴方は過食症です。あなたは幼少時に母から与えられる筈の愛情を与えられなかったのです。それは貴方のコンプレックス(複合観念体)に大きな欠損を生じさせています。貴方は無意識にその欠損によって満たされないものを食によって埋めようとしているのではないですか?」と。

飯野さんの場合は、肥満状態であった時に、高インスリン血症が起こり、中性脂肪がたまって脂肪細胞が大きくなり、血液量が増え、心臓に負担がかかった事(心不全)が直接の死因なのだが、元をたどれば肥満、過食症、心的欠損、母不在が彼の不幸の遠因と言えるのである。

=========================引用終わり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
動画
【飯野賢治】情熱大陸+α Part.1【追悼】
https://youtu.be/g6b5DJg9WIk
(何かを探し続ける。自分の知らない何かを・・・)

【飯野賢治】情熱大陸+α Part.2【追悼】
https://youtu.be/1ECe9jx61sY
(家を出ていたお母さんが帰ってきた、”ハンバーガー”を手に、
うれしかった、しかし次の日にはまた出ていった・・・典型的です)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この引用記事は、間違いないようです。
それにまた、成育歴までよく調べましたね。



ほっといたら(ダイエットなどの対策を講じていなければ)ぶくぶく太っていく人は、
間違いなく過食傾向があるんでしょう。

糖質制限食の先生方もたいていこれです。
過食傾向や偏食が、アルコール依存傾向になり、フードファディズムになっても、
何の不思議もありません。
順調に(悪い意味での)レールの上を走っているように見えます。

それには間違いなく、成育歴が影響しています。
機能不全家庭です。母親不在なんです。
母親がいても、その役目をやっていなかったら、母親不在なんです。

こういう人はいけないと非難しているのではありません。
心理面からアプローチして、
過食や偏食が、アルコール依存や、
フードファディズムに走らないようにしてもらえばいいのです。

世の中に完璧な家庭はありません(程度が違うだけです)
ですから誰もが心理面での見直しをやればいいのです。
やったもん勝ちですよ!!



しかしこの引用記事の管理人さんはせっかく良いことを書いているのに、
糖質制限食の効果の方にばかり目が行って、
リスクを見ないようにしているのではありませんかね。
たしかに飯野さんは、糖質制限食で痩せて、カッコよくなっても、
死んじゃったんですから~~っ!!

糖質制限食をまねしちゃいけませんよ~~~っ!!



私は糖質制限食はやりません。
糖質を食べないと便秘になるし、筋肉もこわばったような変な感じになります。

糖質制限食をやっているブロガーさんも、健康そうには思えません。
あるブロガーさんは、
眠れないほど動悸が激しい、頭痛、主婦湿疹、筋肉痛、鼻炎など
次から次へと、症状があるようです。
血糖値も安定していないようです。
本人は気づいていないようですが、精神状態もイライラしていて安定していないようです。
それでも我慢して苦労して糖質制限食を続けているって不思議ですね。

私がこの人の家族だったらたまらないと思います。
とても真似してみたいと思えるものではありません。

スポンサーサイト

医療のおどしには屈しないようにしましょう。 それと、ドライアイが治ってシミまで薄くなった話

RIMG0009.jpg
(次男クンが漬けた、梅干しです。
シソがおごってあるためか、とてもあざやかな赤色に漬けあがっています)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私の妹が、いびきがうるさいと家族に言われ、
もう数年間、CPAPという人工呼吸器を使っているというので驚きました。

妹は、中肉中背で、まあ普通に健康で
糖尿病や心臓病といった、病気があるという話を聞いたことがなかったからです。

私的には妹のいびきがうるさい理由は、
「顎が小さい」ぐらいしか思いつかないのです。

どうも調べていくうちに・・・
医者はそうとう脅してますねーー


yjimage.jpg
(お借りしたイメージです)


このブロガーさんは、かなりひどい無呼吸による症状があったようですが
結局CPAPをやめてマウスピース(こちらの方が安い)にしたみたいです。
医者がマウスピースをしぶり、CPAPをなかなかやめさせてくれなくて、
ひと苦労だったみたいですが。

睡眠時無呼吸症候群/治療体験記(その②)
http://haiji502.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-9380.html
眠時無呼吸症候群/治療体験記(その③:最終話)
http://haiji502.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-fd60.html

この記事受けましたね~~
まるで筒井康隆か星新一の小説を読んでいるのかと錯覚しそうになりました。

>「このままでは60歳まで生きられないかも知れない」と言われ~~
>これで60歳以上生きられそうかな。まあ、よかった、よかった~~


ブロックユーモアですか、これは。(苦笑)
いやいや、おどしでしょうね。





●C-pap治療の現状
http://sleep-deeply.com/con4.html
=======================引用はじめ(抜粋)

病院では今のところ無呼吸症の患者さんに対して、C-pap処方するしか方法がないようです。そしてC-papの一番の欠点は、これで無呼吸症が治るわけではなく、一生使い続けるしかないという点です。
C-papを嫌がる患者さんに、病院の先生によっては「これを使わないと、10年以内に合併症で死にますよ....」と脅かす場合もあるようです。この話のもとになっているデータは日本で多くの患者さんを対象にして集めたものではなく、スペインで発表されたデータで、それもどのようにしてデータを集めたのかよくわかっていないという事です。 たとえば無呼吸症の重症の患者さんばかりを多数集めて、その半数にはC-papを処方して残りの半分にはワザとC-papを使わせないで、10年経過を観察し、C-papを使わない人たちが明らかに無呼吸症が原因の糖尿病や心疾患などで、バタバタ死んでゆくのを見守る、というような実験をすれば正確なデータが取れるでしょうが、そんな実験に参加する人がいるとは思えません。
「C-papを使わないと、10年以内に...。」というのは、C-PAPを処方する以外治療法がない病院側の脅し文句なのかもしれません。

============================引用終わり

医者が脅しているのでなければ、
このうたぐりぶかい私(笑)の妹が、
ホイホイと医者の言うことを聞く訳ないじゃないですか!!

若くて(笑)スリムな主婦なら、まず、お口と舌の運動をやりましょう。
そして時には噛みごたえのあるものを食べるのが正解だと思いますよ。
顎が小さいという自覚があるのならなおさらだと思います


余談ですが
以前、ドライアイの対処法として、上下のまぶた
(ひいては、お顔全体の筋肉)の体操について記事を書きましたが、
効果は高いようです。

以前は2~3日に1度は目がかゆくてたまらなかったのですが、
体操を始めてからは、1度も目がかゆくなったことがありません。
今もPCに向かいながらも、(PCにへばりついている以上、疲れはありますが)、
目は潤っています。

目を潤わしているのは、さらさらした涙だけじゃないんですね。
ちょっととろみのあるような液体じゃないと、
乾いてしまうのではないでしょうか。
油性の液体がまぶたのふちのマイボーム腺というところから出てくるらしいです。


自分流の体操と温めを開発しました。
湯船に浸かっている間にお湯に浸したタオルで目を温め、
PC使用中でも、ウインクや上目遣いでまばたきをするなどです。
軽いマッサージもやります。

おかげで、目の下のシミまでが(消えはしませんが)薄くなりました。
シミは、湯船に浸かりながら、よくふやかして指でこすって、
少しずつ角質を落としていたら、明らかに薄くなっていきました。

目の下の頬骨の高いところは、顔の中でも冷たいところなので
目と一緒に温めたり、良く動かすようにしていたんです。

安いレーザーより、薄くなったぐらいです。
レーザーやらなくてよかったよ!!((^∀^*))


また、顎の下が冷たいなと感じることも多いので、
なるべく顎までお湯につかるようにしたり、
湯船に浸かりながらタオルで温めると気持ちいいのでそうしています。

これでいびきや息苦しさがなくなればいいなと思います。


そうそう、
ウインクやまばたきをするときは、チックのような癖にならないように、
気を付けてくださいね。


じゃあ、
「とっておきのフォミさん流お顔の体操&温め術」を、妹に教えるかというと、
そんなもん教えませんて!!
そこまで私は良い子ちゃんじゃないも~~ん!!


「隠れ無呼吸症=中枢性無呼吸」は、CPAP治療によって増加する.

RIMG0001 (2)
(梅シロップができました。
福井の梅1キロに、氷砂糖1キロを入れ
気休めに、ホワイトリカーを100mlほど入れただけです。
凍らせたり、穴をあけたりしていませんが、
カビがはえることもなく、琥珀色にきれいにできました。
香りがよく、青臭さはありません。
来年は白砂糖でやってみようかな。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

妹がCPAPを使っているというので、いろいろ調べてみたのですが、
かなりやばい機械だと感じました。
さくっと調べただけでは、たいした副作用はないとしか出てきません。
マスクでかぶれることがあるとか、腹部の膨満感だとか程度の・・・

でもしっかり調べていくと、かなり危険と思われる副作用が、
次から次へと出てきます。

もっと、やるせないのは
みなさん、
呼吸が苦しいとか、
眠れないとか、
左胸が痛いとか、
肺活量が低下したとか・・・
・・・にもかかわらず、我慢に我慢を重ねて使っているということです。

調べていてうんざりしてしまいました。

当ブログにお付き合いしてくださっている人もうんざりかもしれませんが、
いびきなんて誰でもかきますからね。
それに自覚もないため、
いつ家族に、「いびきがうるさいから病院へ行け」と言われないともかぎりません。

ひとたび病院へ行けば、他の病気や自覚症状が無い人でも、
20代30代の若い人でも、
CPAPを処方されてしまう可能性が高いです。

ですから、もう少しお付き合いください。

CPAP_11.jpg
(お借りしたイメージです)

http://kazesaburou.at.webry.info/201510/article_6.html
===========================引用はじめ
第5章-7)肺気胸と隠れ無呼吸症(CPAPの副作用?)

<< 作成日時 : 2015/10/06 06:32 >>

 医者と言うのは、やたら健康診断をやりたがる。医者にとっては、誤診で訴えられる心配もないし、上手くいけばお得意さんが増える。こんな美味しいビジネスはない。検査は看護婦や外部機関に任せておけば良いのだから、手間もかからない。僕は、糖尿病の治療と無呼吸症の治療の為に、別々の医院に通っているが、それぞれの医院が半年に一度づつ、健康診断を勧める。それに毎年、市から無料検診の案内が来る。年間5回の健康診断は、どう考えても馬鹿らしい。

 CPAPのドクターに、レントゲンを断ったら、「肺気胸になっても知りませんよ」と脅しをかけられた。CPAPの副作用については、何度もくどく尋ねたのに、「ない」の一点張りだった。それが、レントゲンを断ったら、肺気胸の話が出てきた。長期間、肺に余分の圧力をかければ、肺気胸になってもおかしくはない。でも現在の圧力は、もう2年も続いているのだし、そんな心配はまず必要がなさそうだ。ドクターはレントゲン設備の稼働率をあげたいらしい。因みに、肺気胸には治療法がなく、レントゲンで見つかっても、どうしようもない。肺が痛くなったら、CPAPを止めて、肺を休ませよう。

 それよりも、気になるのは、肺活量の減少である。これはCPAPを始めてから、明らかに減少した。カラオケを歌って見ると、それがよくわかる。声量が落ちて、息が続かない。これは老化でも起きる現象なので、副作用だとは言えないが、CPAPによって、肺が楽に呼吸することによって、老化が加速されたのではないだろうか。人間使わない器官の老化は早い。

 90%以上の無呼吸症は、舌根が垂れ下がって気道を塞ぐために起こる、閉塞性無呼吸(OSAS=Obstructive Sleep Apnea Syndrome)である。呼吸(気流)は止まっても、胸部や腹部の筋肉の呼吸努力は続いている。残りの10%以下の無呼吸症は、「隠れ無呼吸症」と呼ばれる中枢性無呼吸(CSAS=Central Sleep Apnea Syndrome)で、気道は開いているのに、脳からの指令が届かず、呼吸努力も止まってしまう。肺が止まった連鎖で、心臓が止まればお仕舞いである。でも、寝ている間に、心臓が止まるのは、老人にとっては幸せな死に方かな。普通の無呼吸症は、イビキがうるさくて、それが急に止まるから良くわかるが、「隠れ無呼吸症」にはイビキがないから気がつきにくいという。しかし、呼吸が頻繁に止まって、血液中の酸素が不足するという点では同じで、昼間の眠気や全身の倦怠感がある。心疾患患者には中枢性無呼吸が多く、脳卒中患者は閉塞性無呼吸が多いという。

 この、「隠れ無呼吸症=中枢性無呼吸」は、CPAP治療によって、増加することは知られている。僕の場合、CPAP治療開始時点と一年後では、36から26と無呼吸指数が減っているにも拘らず、その内の中枢性無呼吸(混合型を含む)は2.6から10.4に増加している。この原因は、まだ解明されていないようだが、圧力をかけ続けると、体がそれに慣れて、「呼吸努力をサボる様になる」と考えるのは考えすぎだろうか。近視の矯正では、見えすぎるような強い矯正をすると、裸眼の視力が衰えるという現象が知られているが、それと同じ発想である。しかしCPAP装着時の無呼吸指数は1-2程度であり、その半分が中枢性になったとしても、CPAPを続ける限りは、問題ではなさそうだ。 寝たきりになったら、CPAPを外して、心臓麻痺で死ねることを期待しよう。

===========================引用終わり

>この、「隠れ無呼吸症=中枢性無呼吸」は、CPAP治療によって、増加することは知られている。僕の場合、CPAP治療開始時点と一年後では、36から26と無呼吸指数が減っているにも拘らず、その内の中枢性無呼吸(混合型を含む)は2.6から10.4に増加している。

これってすごく怖くないですか。
このブロガーさんは、お年寄りのようですから、
寝たきりになったら、CPAPを外して、心臓麻痺で死ねることを期待しよう。
こういうふうに、死ぬときの覚悟ができているのなら、止めはしませんが、
若い人や、無呼吸以外の病気がない人にとっては、
これはないでしょう!!

舌の筋肉の問題なら、鍛えれば良くなるかもしれませんが、
脳の「呼吸せよ」という指令が止まってしまったら、致命的ではないですか!!



http://sleep-deeply.com/con4.html
●C-papの副作用
①肺活量の低下
 あまり知られていないC-papの副作用に、肺活量の低下があります。当院に無呼吸症   の治療に来る患者さんの中で、C-papを長期間使用している人の多くが、この肺活量の  低下を感じているようです。健康診断を受けてみたら、肺活量が低くなっていてびっくりしたという話はよく聞かされます



https://www.askdoctors.jp/topics/1245807
息苦しい。肺活量が減少しているのでは? と不安

質問者:春待ち人 さん
(2011/02/28 16:28

最近、「呼吸が苦しいことが多い」、「声が小さくなった」と感じています。精神的なストレスを抱えていることは自覚しており、別件で診察していただいた神経内科の先生にも「過呼吸になっていますね」と言われました。

昨年の12月10日に「睡眠時無呼吸症候群である。それも、1時間当たりの無呼吸が30回」であることが判明しております。
その後、12月11日〜28日まではCPAPを装着して寝ていました。ただし、装着して眠りについたあと、2時間〜3時間すると苦しくなって、CPAPを外し、再び眠りにつくという状態でした。
10年12月29日〜11年2月8日までは、「CPAPから送られてくる空気が、辛く感じる」ために、装着することすらできなくなってしまいましたが、2月9日からは、再びCPAPを装着して眠ることができるようになりました。ここ1週間くらいは、「CPAPをつけたまま1晩過ごしたり、外す場合でも、5時間近く眠ったのちに一度起きて外す」ようになりました。

最近は、CPAPから送られてくる空気を快適に感じるようになっているのですが、その反面、「日常生活において息苦しく感じる」、「声が小さくなったと感じる」ようになりました。なお、2月26日に耳鼻咽喉科にて、カメラでのどをみてもらい、咽頭癌などの可能性はないと言われております。

なお、私はかなりの肥満です。10年12月4日の時点で、身長161 cmに対し、体重84kgでしたが、11年2月28日には体重が75 kgに減少しております(ストレス+食生活の改善)。癌に対する恐怖を持っていたため、年末年始に、胃癌・大腸癌・膵臓癌・肝臓癌・胆嚢癌・脳腫瘍がないか、胃カメラ・検便・超音波・CTによる検診は受けております。
(30代 男性)

======================引用終わり

「CPAPを付けて寝ると、呼吸が苦しくて睡眠不足になる」と、
悩んでいるうちが花かもしれません。
CPAPが快適になってしまうと、地獄の1丁目・・・みたいな。

CPAP、シーパップはその場しのぎ、むしろ危険でさえある

RIMG0001 (1)
(ハマチの梅酢煮です。
魚ばかり食べているわけではありませんが、
フレッシュなお魚は季節を感じさせてくれて楽しいですね。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

数年前に私の家の近くに、
「おしゃれで立派な」睡眠専門クリニックができました。
おどろいたのなんのって、
大都会の真ん中ではありませんよ!!
田舎も田舎、すんげー田舎です!!

「眠れない」たったそれだけのことで、こんな田舎で商売(笑)が成り立つのだろうか??
睡眠薬を処方するだけで、食っていけるのだろうか??
クリニックができた当初から、すんごいウサン臭いなーと思っていました。

いや~、いろんなアイテムがあるので、
「商売」というものは成り立つものらしいです。

妹がいびきがひどいのでCPAP、シーパップという
鼻もしくは鼻と口に、強制的に空気を送り込む機械を、
もう3年使っているというので、怪訝に思いました。

妹は中肉中背で、お酒もたばこもやりません。
フルタイムで仕事をやっているわけでもありません。
健康情報に詳しいと言う妹が一体どうして・・・・不思議すぎるんです。

そんなシーパップに興味を持って調べてみました。

CPAP_11.jpg
(お借りしたイメージです)

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0417/235330.htm

いびきでCPAP使用していた方に質問です

眠れない嫁
2009年4月17日 17:32


こんにちは!夫のいびきがひどく、去年嫌がる夫に無理やり睡眠外来に受診してもらいました。隣に寝ている私がうるさくてノイローゼ気味でした。こちらが不眠症で仕事に支障が出るくらいで、いびきが原因で何度も激しいケンカをしたほどです。結果、睡眠時無呼吸症候群との診断。夫はCPAPを装着して寝ています。
夫は毎月1回医師の診断は受けていますが、特にこれといったアドバイスを受けている様子もなく、生活習慣も改める気ゼロ!
・肥満
・飲酒
・喫煙
・運動不足
以上のことが全然改善されていません。口を開けて寝る癖も治らず、このままで良いとも思えず困っています。夫と同じようにCPAPを使用経験のある方、他にどのような治療やアドバイスを受けましたか?また、CPAPを使わなくて良いくらいに改善されましたか?
ちなみに夫は自分のいびきのことを大袈裟な!くらいにしか思っていないようです。自覚がないから良くもならないのでしょう。睡眠時のビデオでも撮影して自覚を促すしかないのでしょうか。
食事の管理にしても、やはりこちらがいくら気を遣っても本人の自覚がないためいまく行きません。(食事が足りないと、コンビニに行って買ってきて何か食べています)
なんだかまとまりのない文章ですが、いびきを改善された方の経験談をよろしくお願いいたします!




あくまでその場しのぎです

みんと
2009年4月17日 19:10


夫がかれこれ3年ほどCPAP使ってますが、なにも改善してません。本人が言うにはCPAPを使うと睡眠の質が向上して朝の目覚めがいいそうです。家族から見ると、いびきの騒音がなくなるのは助かります。けれどもCPAPを使わなかったら同じです。医師の診察も月に一度受けていますが、あくまでもCPAPの保険適用のためという感じでしょうか。私はもうあきらめています。CPAPがないよりはマシというくらいです。

ユーザーID:3365908173


うちもですよ~

テリヤキガール
2009年4月17日 20:59


CPAPしてくれて私もだいぶ眠れるようになったけど、あれって装着していても結構うるさくないですか?いびきは改善されるけど、マスクがずれて空気漏れなんかするといびき並みにうるさいですよね。
うちも毎月病院に行ってもとくに何をしてもらうわけではなく、ただCPAPの使用料金を払いに行っているだけのようなものです。
うちも全く食生活を改善する気ありませんでした!!
ところが会社の健診で内臓に疾患の疑いが出て医者に体重を落とすように言われたのがきっかけで食生活を改めるようになったんです。
痩せさせるのは無理と諦めていたので、予想外の展開に嬉しい限りです。結果が出るといいのですが。
CPAP代いくらかかっていますか?
うちは月5000円です。まあ、私の安眠代だと思えば安い物ですが、、。

ユーザーID:6589131306


現在使用中です

しかとうま
2009年4月18日 13:54


CPAP昨年8月から使用中です。
CPAPでは睡眠時無呼吸症候群(SAS)は治癒しません。対症療法ですから装着で無呼吸を抑えるだけです。一番はダイエットで体重10キロ減で40%の改善率だそうです。

医師から注意があったのですが
>口を開けて寝る癖も治らず、
CPAPの意味がありません。
またCPAPは睡眠時の無呼吸を押さえる物でいびきは改善されません(いびきをしている間は呼吸しているんですよ)。
現在は妻とは寝室は別にしています。

現在私はかかりつけの医師に頼んで「BION」というインプラント治療を調べて貰っています。日本でのSASへの応用治療はまだのようですがアメリカでは一部実施されているようです。
あと出張でCPAPの持ち運びは大変なので、出張シーズンに入る前にマウスピースを作成しようと考えています。

ユーザーID:1207963733


CPAP装着中です!!

岩崎 透
2009年4月19日 8:23


CPAP装着し始めて4年から5年になります。

睡眠時無呼吸症候群で一番の問題は『いびき』ではありません。
一番は、睡眠時気孔が十分に開かないために深い睡眠に入れないことです。
その為ノンレム睡眠の深い睡眠に入れません。
昼間に眠気が襲って仕事に支障がきたしたり運転時に事故を起こす原因になります。
ひどい時はそのまま死に至る可能性もあるのです。

費用が私も¥4,800くらいかかりますので、睡眠時の無呼吸状況を測定されて一定の回数以上の呼吸停止状態があるはずです。
ですので、ご主人も危機感を持っておられるはずです。

問題を『自分がイビキで眠れない』から『このままだと仕事に影響があるし貴方が早く亡くなることが心配だ』という視点に変えられたら如何でしょうか?

私の場合、病院ではセンサーの分析結果の表を渡されます。
その中で『月間のCPAP装着率』に関する指導を受けます。
具体的には4時間以上使えた日が何日あったかです。
空気の洩れに関してもきっちり分析されておかしい場合はメーカーに連絡とるように指導されます。

僕の場合は治療は有効です。

(以下略)

==============================引用終わり

たぶん医者はこう言うのでしょうね。
問題を『自分がイビキで眠れない』から『このままだと仕事に影響があるし貴方が早く亡くなることが心配だ』という視点に変えられたら如何でしょうか?

ネット上の数々のクリニックのHPではいびき(無呼吸があったとしても)で
早く死ぬ(死亡率が上がる)なんて書いてありません。
それどころかCPAPは対症療法にすぎなくて、治らないと書いてあります。

ですから睡眠時無呼吸症候群で(CPAPを使わないと!!)早死にする、
と言うのは「おどし」以外のなにものでもないと思います。


いくらいびきを止めても・・・
太って、酒タバコをやって、過労で、
筋肉がだらだらだと、意味ないのです!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


効果がないだけならまだ良いですが、
かなり怖い副作用があるようです。
20160517
CPAPで肺が痛いなーとおもったらまず疑うこと!
http://cpapmukokyu.hatenablog.com/entry/2016/05/17/213621


無呼吸対策を考える

CPAPを使っているとたまに左胸のあたりが痛くなることがあります。これは、使っているときはもちろん、起きてからもずーっと痛む。

この症状があるときは、結構ビビりますよね。私も、今でもありますが、痛くなって、どうしようかなーと悩むことがあります。

でも、この症状、私の中ではあんまり心配いらないというのが結論です。左胸の痛みだけならば。

左胸以外も痛くなって来たら要注意!

もちろん、胸の痛み以外に、呼吸が苦しかったり、左肩がや首が痛くなる場合があります。こういった場合は、心臓を疑ったほうがいいかもしれませんね。

たばこを吸うならば、なおさらです。

左首から肩にかけては心臓の放散痛がでる場所らしいので、この辺に痛みが出だしたら、要注意!

お医者さんに行きましょう!

もともと心臓に持病を抱えている可能性もありますからね。

胸の痛みよりも呼吸の状態や痰の症状を見よう!

肺がんやら、肺気腫やらその他の困った肺の病気って、胸の痛みよりも、呼吸に異常が出る場合が多いので、胸の痛みだけならばCPAPを使っているうえではあまり神経質になる必要はないと考えています。

CPAPの使い方を見直す!

CPAPを使う際に鼻呼吸を意識しすぎて、呼吸自体がうまくできていない可能性もあります。

苦しくなっちゃうんですよね。はじめのうちは。口から空気を漏らしちゃいけないと思って、意識しすぎて、呼吸が結局うまくいかない。

吸うのはできるけど、うまく吐けない。CPAPを使うときのコツは、息を吐き切れる状態が作れるかどうかにかかっています。

吸うときは、勝手に空気が入ってくるので、呼吸を意識する際は、吐くことを意識するだけで、全然違ってきますよ。

吐くときは、口からはいたっていいんだし。無理に口呼吸を制限する必要はありません。

口から息を吐くことで、CPAPの風圧が上がりすぎちゃうかもしれませんが、そしたら、一回止めればいいだけです。CPAPに慣れるまでは、うまく使えなくて当たり前ですから、無理しないで慣れていきましょうね!

==============================引用終わり

左胸が痛いだけなら心臓病ではないが、
左胸以外も痛いと心臓病かもしれないとでも、
医者が言ったのでしょうか?

心臓病じゃなくても左胸が痛くて悩んだり、
呼吸に異常が出るなんて
相当こわい副作用といえるのではないでしょうか。

それに私は、息が吐けないのは怖いです。
扇風機の風が鼻の穴に直接当たるだけでも、
息が詰まるような感じがして、一瞬心臓がドキッとするんですがね。

呼吸ができないというのは、吸えないだけでなく、
吐けない可能性も高いのではないでしょうか。



=======================引用はじめ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12107510222
睡眠時無呼吸症候群と診断され、C-PAPをレンタルしました。 しかし一年経ちますが...

yukichan_chiaraさん

2013/5/1922:36:57
.
睡眠時無呼吸症候群と診断され、C-PAPをレンタルしました。
しかし一年経ちますがまだ一回も気持ちよく眠れませんし、C-PAPのマスクが外れます。

そして最近気のせいか心臓が痛いです。
きっと心臓に負担がかかってるせいだと思います。

25歳男ですが、やはりC-PAPをキツくしめるしか方法はないのでしょうか?

また心臓を治療する為に内科を受診してもC-PAPをつけて寝なさいしか言われないのでしょうか?

=============================引用終わり


=============================引用はじめ
http://cpap-partner.seesaa.net/article/355872807.html
CPAPの副作用?

最近、左胸がチクチクと痛みます。

胸だけではありません。

左手首の脈の当たりがやはり時々チクチクと痛むのです。

どう考えてCPAPをするようになってからです。

(以下略)
=========================引用終わり



CPAPを使っていてしんどいこととよかったこと
http://ameblo.jp/mukokyu-ibikiki/entry-12137922623.html

>私の場合は、CPAPを使って眠って朝起きると、左胸のあたりがしんどいなーと思う時があります。

>CPAPで強制的に空気を送り込んでいるわけで、なにかしら、体に負担がかかっているのは確かです。




http://www.sleepapnea-treat.com/cpap/demerit.html
循環器系への負担増加
オートタイプのCPAPを使用している場合、過度な圧設定に注意しましょう。マスクからの空気漏れに応じて必要以上の圧がかかり、心臓・血管への負担が増加。心不全が起こったり、中枢性無呼吸になる恐れもあるのです。



おうじょうりろんはやっぱりおかしい

RIMG0010.jpg
(夏にさわやか、酢ゴボウです。
食べやすい大きさに切った新ゴボウを、さっとゆでてあく抜きし、
酢、砂糖、白梅酢、白しょうゆなどで好みの固さになるまで歯ごたえを残して煮ます。
それから自然に冷ますと、味が良くしみます。
ジオプロダクトは根菜類の調理は得意ですね。
枝豆もおいしくゆでられましたよ。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回からの続きです。

以前から疑問に思っていたんですが・・・
糖尿病の人は飽和脂肪酸を摂ってはいけないみたいなことを書いている
ブログがあるんです。

たしかに油脂は同じグラム数なら、糖質よりカロリーが高いので、
同じ量なら太りやすいという理屈ならわかりますし、
油脂がインスリン抵抗性に関与している(しかし必ずしも害ではない)という話ならわかるのです。
(糖尿病の人は運動量を増やしたほうが良いというのもわかります。)

しかし牛乳じゃなくて、(ミルク)プロテインを買ってまで飲む
(つまり牛乳の脂肪を徹底的に排除する)必要があるのでしょうか。
豚肉じゃなくて、ささみみたいなものばかりじゃなければいけないのでしょうか。


糖尿病ネットワークの記事からです
=========================引用はじめ(抜粋)
1日1杯の牛乳が糖尿病リスクを下げる 
死亡率は4割低下

2014年09月25日
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2014/022459.php

SW064_L.jpg


牛乳やチーズ、ヨーグルトなどは、脂肪分がたっぷり含まれているので、健康に悪そうなイメージがあるが、実は糖尿病の予防効果があるという研究が発表された。

乳製品の脂肪が2型糖尿病の予防に役立つ 
牛乳やチーズ、ヨーグルトなどをよく食べるでは、全く食べない人に比べ、2型糖尿病の発症リスクが23%低下することが、約2万7,000人の観察研究で明らかになった。ウィーンで9月に開催された「第50回欧州糖尿病学会」で発表された。

(以下略)

===============================引用終わり


P_Sratio[1]

(乳製品の脂=バターには、ラードや牛脂より、飽和脂肪酸が多いのです。
それなのに糖尿病の予防効果が高く、
糖尿病の死亡率を4割も下げるとは、すごくないですか!!


きっとこのブロガーさんは、
飽和脂肪酸を排除するのは3カ月だけだ、とか
太っていて血糖値がすこぶる高い人に限る、とか
言い逃れをするかもしれませんが。
…だとしたらですよ、
糖質制限食も同じようなものですから、
糖質制限食をたたくのはどうかと思います。
(糖質過剰で糖尿病になった人もいれば、
糖質制限食を短期間やっただけでも死んだ人もいる)

糖質を極端に減らすのは危険なんですが、
飽和脂肪酸を極端に減らすのが危険なのも間違いありません。



私がネットでいろいろな記事を読んだ限りでは、
飽和脂肪酸が糖尿病に直接的に関与しているという記事は見つかりませんでした。
むしろ飽和脂肪酸の不足は、成人病のリスクを高めるというのが多かったです。

糖尿病ネットワークのサイトは「乳製品は良いよ」みたいなスタンスだと感じています。
似たような記事がほかにもあるからです。
もちろん糖尿病ネットワークの記事を、そのまま信じているわけではありません。
AFPの記事は、信用できないが糖尿病ネットワークは信用できると、
そう思っているわけではありません。

糖尿病ネットワークの記事に、牛乳に特有のカルシウムに関して書いてないし、
同じように飽和脂肪酸が多い動物性の油脂がどうしていけないのか?矛盾しているからです。
それにしてもです・・・。
プロテインやささみにはカルシウムはありません。

今まで、くだんのブログに突っ込みを入れられなかったのは、
このブロガーさんは、肝心のところで、
英語の論文のリンクを貼っているからです。
英語の論文がちゃんと読める人が、シロウトブログなんて読まないから
突っ込まれませんよね。コラッ(`・o・´)۶ ☆イ




たとえAFPの記事であってもあいまいな表現であれば、
うたがってかかったほうが良いです

http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-1073.html
======================コメントへのレスより、引用はじめ
No title

ぐうずさん、

王城さんは糖質制限食は完全否定ではありませんね。
それは認めております。

>さておき、王城さんは確かな学術根拠を元にブログで説明をされているので、(過激性は別として)論理には非常に説得力があります。


王城さんは英語の論文を参考にされていることが多いようです.。
事実、当該王城記事にも、英語論文のリンクが貼ってあります。
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-646.html

残念ながら私には、それを検証するだけの英語力がありません。
英語の論文が完全理解できる人は、王城ブログなんか見ないということは、
王城本人が一番よく知っていることです。

今回は日本語の、しかも論文より簡単な一般向けの報道記事ですが、
王城さんと私とでは、まるっきり受け止め方が違いました。

今回のAFP報道に(文字通り)目を通して、それから王城さんが何か書いてるかと思って、
ブログを読んだんですがその時点で、私も、糖質制限食に不利な記事だと思ったのですが、
もう一度しっかりAFPを読みなおしたら、江部式糖質制限食が正しいという記事だと思いました。

最初にAFP記事に目を通したとき、飽和と不飽和を勘違いして、
それを王城記事が強化したと気が付きました。

以前にも牛乳たたきのAFP記事で、記事後半のどんでん返しみたいのもので、
皆さん混乱したとかいうことがあったので、ブログ記事にしたのを思い出しました。
(だからわざわざAFP全文のコピーを掲載しました。)


もう一度当該AFP記事の内容を”最後まで”一語一句しっかり読みなおして
理解しなおすのに30分ぐらいかかり、
資料を集めて頭の中を整理するのに3時間ぐらいかかり、
ブログ記事にまとめるのに半日かかりました。

私だったら、とてもじゃないけれど、英語の論文まで範囲が広げられません。
もしも訳を間違えてしまったら・・・不が付くかつかないかみたいな単純な勘違いでさえ
とんでもないことになります。
間違いを指摘してくれる人がいないというのも大変こわいことなんです。

それにたとえ完璧に翻訳してあげるという人がいても、
外国の論文まで検証しはじめたらきりがなくて、
ブロガーに出来ることではないですね。


2016/07/10 (Sun) 07:27
フォーミディブル

===========================引用終わり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。