FC2ブログ

東京の文化=日本の文化ではありません!!        ・・・・日本の伝統食って・・・・

日本食の欧米化が叫ばれています。
いったい日本の伝統食って何でしょうか。

欧米化というと、まず挙げられるのは肉食です。
日本では肉食は無いかというと、そうではありません。

まず、猟師、マタギ、という職業の人が今も昔もいるんです。
熊、猪、鹿、猿、狸、兎あらゆるものを捕っていたようです。

だいたい山の奥深くへ雪の多い時期に、都会からのこのこ出かけてゆく人は、
スキーやスノボをする人ぐらいしかいないかもしれませんが、
この時期にリフトから眺めていると、積雪についた動物の足跡をよく見かけます。
多分、餌場、巣、行動パターンというのは現地の人には、もうばればれですね。

私なら絶対捕って食べます。

だって、わずかばかりの平地でお米を作ったところで年貢として大半が取り上げられてしまうだろうし、
野菜を作って漬物ばっかり食べていても、カロリーはほとんどありませんから、
過酷な山仕事、寒冷な気候ではとても生活できるとは思えません。

実際私も若いころスキーに行って、民宿で猪肉の鍋をご馳走になったことがあります。
散弾銃の弾が残っているかもしれないから気をつけてくださいとのことでした。
一見さんのどこの馬の骨ともわからない若者たちに、貴重な食料を食べさせてくださったんです。

最近はしゃれたペンションで、フランス料理やお寿司を出すところもあるようですが、
それはバブル景気、長野オリンピック以降のことでしょうね。

また馬肉食というのもあります。
農耕や乗用の馬の行き着く先です。
ありがたくいただいておいてこそ、馬も浮かばれるでことでしょう。

もちろん鯨も伝統的に猟の行われてきた哺乳動物です。
私たちの子供のころは、給食、家庭でも鯨肉はよく食べました。

鳥はもちろんです。
いろいろな野鳥。
がんもどきがあるということは、雁までもが食べられていたということでしょう。

イルカというのは最近知ったんですが、伝統的に行われてきたそうです。
イルカがかわいそうというけれど、
核兵器、原発、化学物質まみれの医療・・・人間の命を脅かすシステムを山と作っておいて。
かわいそうも何もないもんです。


昔の人は「あなたは肉を食べましたか?」と聞かれても、
正直に「食べましたよ。」とは死んでも言わなかったでしょう

何しろそんなこと言おうものなら仏教政策や、
人間より動物のほうが大切だという頭のおかしな将軍様に、
首をはねられてしまったかもしれません。
戦時中は、配給だけでは栄養失調で餓死してしまうので、
地方にヤミ食料を調達に行ってもことごとく取り上げられてしまったそうです。
日本の歴史は、お上が庶民の贅沢を許してこなかった歴史でもあると思うんです。


ついでに、欧米ではどうであったかというと、いつも豊かな暮らしをしていたわけではありません。
マリーアントワネットに「パンがなければケーキをお食べ。」と言われた
飢えた庶民がいたんです。
アメリカの開拓者だって、本当に開拓の旅をしていた人たちが食べるものに困らなかったとは思えません。
スポンサーサイト