FC2ブログ

栄養学を学ばなくても医者になれる。

栄養学を学ばなくても医者になれるそうです。
医者の勉強とは薬の名前ばかり一生懸命覚えているようだと言ううわさもあります。
しかも商品名でです・・・
いやな話ですね。

医者は患者の生活なんかどうでもいい、
病気が治ろうが治るまいが、いずれは来なくなるに決まっているんんだから、どうでもいいんです。
製薬会社のほうを向いているんですよ。

患者とこれから患者になるかもしれない人(つまり全員)は、医者より利口になりましょう。
そしてそれは必ずできることです。
ロバートメンデルソンさんも保障しています


ここからは、昨日の続きです。
低インスリンダイエットと、糖質制限食は血糖値を上げない事を目標としていることで共通点があります。
血糖値が上がることによって分泌されるインスリンは、
糖を筋肉で燃焼させる良い面も持っていますが
糖を脂肪に変え蓄えてしまうという作用も持ちます。

もしもこのインスリンが少なかったりうまく働かないと、
糖はそのまま血液中に長くとどまり、症状が出たり
その糖によって血管などが傷つき、糖尿病の合併症となります。

・・・と言うことで、急激に血糖値が上がるという事はインスリンが分泌されてもされなくても、
私たちにとってあまりありがたくないことといえます。



私が変だと思ったのは、父の糖尿病の食事療法、カロリー制限食です。

土産にお菓子や果物というのもなんだし、
かといって生の魚や肉というわけにもいかず、
塩分の少ないイカの焼いたのだとか、ハムだとか
みんなでそのまま食べられるものをと思って持っていくのですが、
「食べない」といいます。
いったい糖尿病の人は何を食べて生きているんでしょうか。
きゅうりでも毎日かじっているんでしょうか?


実際、食品交換表というのも理解しがたい。
高校生の頃から、女子栄養大学の食品成分表を美容のバイブルと使い慣れてきた私でさえ、
理解に苦しみます。

まあ、カロリー計算自体する必要もないと思うけれど、どうしてもやりたいと言うのなら・・・
普通のカロリー計算では、食品の100グラムという単位から始まります。
つまり肉屋さんで肉を、惣菜屋さんでおかずを、買う単位、
「100グラムいくら」と買いものするのと同じ計算方法なのでわかりやすい。

食品交換表だと、なぜかまず80キロカロリーという中途半端な雲をつかむような単位が出てくる。
そこにグラムが出てくる。
その上「単位」という耳慣れない単位が出てくるので
ますますややこしくなります
60過ぎたじじばばにはややこしいだけでいったい何が伝わるというのでしょう。

食品交換表からは、
どうすれば糖尿病が治るのか。
いや、百歩譲って治らなくてもどうすれば血糖値が下がるのか、
あるいは食事療法に伴うストレスがどうすれば軽減できるのか。
まったく何も伝わってくるものがないのです。

モチベーションが上がらなければやる気をなくすでしょう。
その上医者に、あれもだめこれもだめと気楽にダメ出しをされ叱られるるんですから。
父は、どうも、食べることに罪悪感を持ってしまったらしい。
そうしてしわしわに痩せて、今度はインスリン注射のお世話になることになります。



スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ