FC2ブログ

シャンプー鑑定サイト

今朝の朝日新聞に、シャンプー鑑定サイトが出ていましたね。
実は私もこちらのサイトにはお世話になっています。

シャンプーや化粧品の成分についての解説がわかりやすいからです。
普段はこちらのサイトで問題視されているような成分の、シャンプーや化粧品は使っていませんが、
もらい物のシャンプーや洗剤、サンプルを使うときの参考になります。

少し重箱の隅をつつかせてもらうと、こちらのサイトはショップですね。
石けん百貨が石けんショップなら、こちらはアミノ酸系シャンプーのショップです。
私としては、アミノ酸系にしろ植物系合成界面活性剤にしろ、
合成界面活性剤は合成界面活性剤という認識でいますので、
こちらの商品は使用せず石けんを使用しています。
こちらにサイトでは、石けんには否定的ですが、それは大人の事情と言うものだろうと思っています。

大人の事情ということで、こちらの商品は高いです。
一番安いのでも300ml、598円。
高いのだと180ml、6300円なんていうのもある。
儲かりマッセ。

石けんシャンプーだと王道ミヨシの無添加石けんシャンプーで、350mlボトル、定価630円。
詰め替え用300ml、定価472円で、いろいろなお店ででもっと安く買えます。

それでもやっぱり高いんですよ。
もちろん牛乳石けんを使ってもいいんですよ。
6個で190円なんて値段で売ってたりしますから。

しかしもう少し使用感のいい物を使いたいと思ったら、自作もできます。
さっぱり洗い上げたいのか、しっとりさせたいのか、自作で調整ができるんですよね。
しかも安い、その辺のスーパーで売っているサラダ油でも、良い石けんができます。
高級化粧石けんに使われるEXオリーブオイルや、
あわ立ちの良い石けんのできる、ココナッツオイルを使ったとしても、
1リットル1000円以下で買えます。
そして苛性ソーダは500グラム400円前後で買えます。

油500グラムに対し、苛性ソーダ100グラム足らずでできるので、
600グラム程度の石けんを、500円ぐらいで作ることができるんです。

もちろん台所で眠っているいらない油や、昨日の揚げ物を作った後の油でもできるので、
リサイクルで環境にもやさしく
苛性ソーダ代だけの石けんを作ることも可能です。

石けんは家庭で簡単に作れるから、原価がばればれです。
しかしケミカルなシャンプーも、原価は1個50円ぐらいのものです。



石けんはアルカリ度数が高いほどあわ立ちよく、使用量が少なくすみますので、
そのほうが、環境にはやさしくなります。

また苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は、酸性のもの(塩酸)と一緒になると中性になって、
となります。
反対に苛性ソーダを造るときはから、イオン交換で塩酸とに分けられます。
こうしてぐるぐると、形を変えて環境中でまわっているわけです。
安定的な形としてはなんです。
これは小学校で勉強しているはずです。実験もしているはずです。

ですから環境中で変化しない合成界面活性剤とは、危険性の意味合いが違います。
合成界面活性剤は、体の中にまで浸透し、そのまま界面活性効果を変えないから、怖いのです。

大手、サロン向けシャンプー会社も美容師さんに対して言いたい放題みたい、密室だしね。
くわばらくわばら。
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ