FC2ブログ

パニック発作(パニック障害)

パニック発作は、突然起こります。
私の場合は回数は少ないのですが、いったん起こると死ぬ思いです。

何の前触れもありません。
家で昼食を食べた後、一休みしようかとテレビの前に座ったとき。
あるいは休日の朝起きて、犬の散歩に出かけようとしているとき。

・・・でもって、発作が起こるとどうなるかというと・・・・
とにかく目が回ります。
ふらつくとかいうレベルではありません。
まるで、フィギアスケートみたいに高速回転を始めます。
平衡感覚なんてものはなくなりますから立つことも、まともに座ることも出来ません。
座っていても、転倒して頭を打つのではないかという、恐怖感のために
両手でどこかにつかまって、あるいは四つんばいで、体を支えていないといられません。
激しい嘔吐と下痢があるので、横になることも出来ないのです。

こうしておなかの中のものが、上からと下からとありったけ出てしまいます。
ここは詳しい描写はいたしませんが・・・・

平衡感覚がおかしくなるとバケツを抱えてトイレに座っていても、
左右の柱に必死でつかまっていないといられません。
しかしその狭い空間の柱や壁で頭を打つのではないかという恐怖に陥るのです。

パニック発作で死ぬことはないと言われますが、
転倒の危険性はあります。
おなかの中身がすっからかんになってしまうのに加えて、時には夏に大量の発汗を伴うこともあるので、
命の危険もあるのではないかと思います。
もちろん水も薬も吐いてしまうので飲むことは出来ないのです。
どうして、死ぬことはないといえるのか、説明してほしいぐらいです。

さすがに、こんな状態が1時間も続くと、我慢の限界、救急車のお出ましとなります。


しかし我慢の限界(人の我慢の限界じゃないですよ、自分自身の我慢の限界です。)
を知ることは、
自分自身の、精神の健康を守る上で必要なことだったとわかったのです。

私は自分自身の我慢の限界を知らなかったのです。
親からそうなるように、仕向けられてきたということがわかったのです。

                        ・・・続きはまた今度。


【注、今は一切の薬を使用していません。病院にも通っていません。】
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ