朝日新聞にプライドはあるか?

薬のCMは、感じの悪いものが多いですが、ここまで感じ悪く、しつこいのは、この
AGA、プロペシアでしょう。

テレビだけでなくラジオでもこの、「だんだんだだ~ん、抜けていく~、」という
変な歌を聴くと、女性であり、髪がふさふさの私でも、
「いい加減にしてくれ!」といいたくなります。

爆笑問題と万有製薬(MSD)はここまでべったりな関係なんですね。
爆笑問題は、これでお金を儲けたかもしれませんが、
芸人としてのプライドは捨てたようですね。
messagetop[1]

http://aga-news.jp/secure/bakusho/index.html
いつでもこの感じの悪いCMが、ワンクリックで見られるそうですよ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

プロペシアは、薬剤性肝障害の副作用があるそうです。

【プロペシアは成人男性専用の治療薬であり、女性や未成年者の服用は禁じられています。
特に、妊婦はお腹の胎児に影響を及ぼす可能性があるため、服用はもちろん、皮膚からも有効成分が吸収されるため、
手で錠剤に触れることすら禁止されています。】
プロペシアの粉が妊婦の皮膚に触れただけでも、胎児が男の子だった場合、
性器に奇形が出るらしいです。・・・ぶるぶる。
トイレの下水とか、環境中に流して大丈夫でしょうか???

こんな危険な薬に手を出す前に、
髪が気になる方は、まずは合成シャンプーをやめること、茶髪をやめること、
牛乳せっけんなどの、合界を含まない石けんや、
皮脂の多い人は液体のカリ石けんシャンプーでも良いです。
もう、幼児でさえ、何でシャンプーしているかで、髪に差が出てきます。

ヘアカラーも危険なので、間違ってもこの↑太田のかつらをまねしないこと。
これは当たり前です。

仕事で帽子をかぶらなければならない人は、通気性に注意してください。
食事に気をつけましょう、髪はたんぱく質で出来ています。たんぱく質も大切です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ところで社長で奥さんの太田光代という人も、最近露出が多いようですが、
朝日新聞に、連載を持っていますね。
”オトナになった女子たちへ”

私はこの人には、興味がないので、ほとんど読みませんが、
12月25日クリスマスの記事はこうでした・・・

自分の体を楽しむ特殊遊園地
何のことはない、1年に一度人間ドックに行くという記事に過ぎません。
人間ドックなんて古いんですよ。

自覚症状もないのに、病院へ行くというのは、百害あって一利なし、
放射線やさまざまな細菌やウイルスがうようよしているところに出かけていくんです。

変な造影剤を注射されたり、飲まされたり、
いろんなところへいろんなものをを突っ込むというのも、危険極まりないです。
胃カメラの先端が、粘膜を傷つけない、ピロリ菌などの細菌が付いていない、
という保証はどこにもないのです。
これも当たり前です。

タイトルからして、30代なのかなと思いましたが、40過ぎているんですって。
この人まだオトナになっていない、無邪気すぎます。
それとも頭が固いのか。


こういう人に連載を書かせている、
朝日新聞に、プライドはあるのでしょうか?
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

芸人さん、タレントさん、山本太郎を見習えとは言いません。
チャップリンのスピリットを踏襲せよ、とも言いません。

・・・長いものに巻かれてしまった、弱い人間を見ていても、
面白くない、目障り、耳障りなだけなんです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ウィキペディアより
チャールズチャップリン
http://ja.wikipedia.org/wiki/チャールズ・チャップリン
チャップリンの役柄は、「The Little Tramp」
【ホームレスだが紳士としての威厳をもち、優雅な物腰とその持ち前の反骨精神でブルジョワを茶化し、権力を振りかざすものを笑い飛ばした。】


スポンサーサイト