FC2ブログ

分裂する、医療業界

医療は本当に日本の経済成長の柱になるのでしょうか。
こういう希望的観測でよいのでしょうか。
先日は、ブログ、精神科医の犯罪を問う からの
引用をさせていただきました。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-161.html

こちらのブログでは、精神科医療はほとんど詐欺だけでなく命まで奪うという、
あっさり言ってしまえばそういうことを書いているんだろうと思いますが、
私も同感です。

日本の経済の柱が、捜査一課と、捜査二課の両方に
お世話にならなければならないようなものというのはいかがなものでしょう。


もうひとつの問題は業界内が分裂していることでしょう、
私もパニック発作で救急のお世話になったことがありますが、
精神科と、救急ではまったく対応が違います。

私の場合、救急隊員の人、病院の救急担当医、家族の三者で
話し合ってもらうことが出来たので、

精神科には行かない、もちろん薬も飲まない。
しかし、発作で苦しいときは救急車を呼ぶこと。

これを約束して、今まで過ごしています。
今のところそれ以来、救急車を呼ぶ事態には至っておりません。

パニックやうつでメンタルクリニックに行こうかどうか迷っている人は、
消防署にでも行って、意見を聞いてきてほしいぐらいです。
どちらの意見を聞くかが運命の分かれ道です。

消防署、救急病院、薬物依存専門病院、ダルクといった処方薬中毒にかかわる人は、
処方薬に関する内部告発をしてほしいと私も思います。


では精神医療以外のものはどうかというと、
たとえばアレルギーに対してステロイドが使われることも、
これと同じようなことが言えます。

ステロイドは標準治療として安易に処方され、
一度使い始めてしまうと、なかなかやめられなくなります。
そしてじわりじわりと、体を蝕んでゆきます。

医療関係者の内部も完全に分裂しています。
脱ステ医と普通の医者では、やっていることが真逆です。

ステロイドの乱用に疑問を持つお医者さんが、病院を辞めなければならなかったり、
自分自身がステ漬けになって、転職を余儀なくされるすることもあるようです。

じゃあそのほかは・・・というと、
鎮痛剤はどうだろう、がんはどうだろう、成人病はどうだろうというと
やはり似たり寄ったりです。

こういう業界に、日本の経済を託せるものでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

Powered By FC2ブログ