FC2ブログ

グリーンフォーレストが閉鎖になってしまいました、裏で何かあるかもしれません、気を付けてください。

あの、
このブログでもリンクを貼らせていただいている、
「グリーンフォーレスト」が閉鎖になってしまいました。
離脱症状に関する掲示板も、アラシに手を焼いて閉鎖になったというウワサです。

「グリーンフォーレスト」は、デパスなどベンゾジアゼピン系向精神薬の
離脱症状を理解するために、とても役に立つ、良いサイトでした。
これは惜しいです。
コピーをとっておけばよかったと悔やまれるのですが、
裏でなにかあるのでしょうか。

当ブログにも、依存症、オーバードーズがらみの記事に対して、不審なコメントがありました。

「不審なコメント」は、
無駄に長文で、中身が薄っぺらく、内容はズレまくり、知性、予備知識はゼロです。
こういうコメをよこす人は、とにかく知識を得ることは、絶対していません。
批判する相手のプロフィールすら読みません。
知性、知識があったら攻撃できないからです。
とにかく批判する相手の時間を盗る事が目的なのでしょう。
これからはかかわらない方向でいきたいと思います。


「精神科医の犯罪を問う」さんは
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55
今のところ頑張ってやってくださっているようですので、
期待しております。頑張ってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大依存症時代・・・その2の補足です。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-254.html
詳しくは、この記事ですが、
どうもうまく伝わっていなかった方もあるというコメントでしたので、
そのレスをここへ転載しておきます。

===========================転載はじめ

通りすがりさん、

私も、自己紹介のところにパニック発作の経験あり、と書いていますように、
娘の立場、つまり被害者の立場でこのブログを書いています。
娘の頭がおかしい狂っている、とは一言も書いていません。

>「アタマが狂っていたのはお母さんだった」のだから
>(アタマが狂っているのは、教育や医療ではないから)
>やっぱり教育信仰、学校信仰にのっていきますか??

と本文中で書いたのは、つまり世間は家庭の問題としているかもしれないけれど、
私は、教育や医療といった”社会”の方に問題があるのではないかと、言っているわけです。
一連の過去記事では、そういった”社会”の問題点として、
医療や教育のほかにも、
宗教、洗脳、マインドコントロール、ネットの限界、放射能、科学物質、私達の親や祖父母達が実際に経験した戦争、
なども取り上げてきました。

現在の”社会”には、あまりにも欺瞞やコントロールやが多く、その”社会の問題”のしわ寄せを、
”家庭”しかも”母親”あるいは”子育て”に集約させてはいけないのではないかと言っているのです。

それで、
> この娘さんが、自分の子供ができたらどう育てると疑問をお持ちのようなので
>私なりに思った事をお伝えします。

>大人になって、苦しみ、病気になったりするので、薬などで療養してるから、
>子供が作れない事が多いと思います。

作れないだけじゃなくて、育てることが出来ないと十分わかって書いているんです。
疑問になんか思っていません。
で、それですませてしまってよいものでしょうかといいたいのです。

こういうことをどうしたら防げるかを考えなければいけないと言っているわけです。

>薬などで療養している
そういう人、はものすごく多いことは、十分知っているし、
身近にも多くいます。
(姑じゃなくても)力になってあげたいのです。
でもどうやっても、「個人が助けてあげる」というスタンスでは限界を感じています。
それについては、今後記事にしていきたいと思っています。


また、当ブログ過去記事、
10年ほど前からアットコスメにも、
科学物質(医薬品、化粧品)にまつわる欺瞞などについても書いています、

私は、今は発作も起こしていませんし、一切の薬も断ち、自律(自立)する方法で治しました、
どう治したのかも、過去記事、今後の記事を読んでいただけばわかるかと思います。

あなたも是非とも薬をやめ、依存をやめ、自律(自立)していただきたいと思います。
あなたのような短絡的で、硬直したものの見方をされるのが一番困るのです。

==============================転載終わり

確かに・・・
「あなたを私が支えます」とか、
「あなたは治るから、私が絶対治します」
とか言って、相手の世話を焼いている人は、
いい人暖かい人、といわれるでしょう。

それは嫁姑だけではありません。嫁姑は一例に過ぎません。
親子であろうが、夫婦であろうが、兄弟であろうが、友人であろうが同じです。

「私にはムリ」「できないわ」とか言ってしまう人は、
冷たいとか言われることでしょう。

もう、そう言われる事は承知の上で書いているんです。

ブログでいい子ちゃんになっても何にもならないと思っているので、
本音を書いているんです。


☆、法律では、治る見込みのない精神の病気は、離婚の理由として認められています。
(治る見込みのない身体の病気は認められません)
昔は、結婚に際して聞き合わせということをしました。
私の実家は小さなお店をやっていたので、知らないおじさんおばさんが
近所のお兄さんお姉さんのことを、よく聞き合わせに来ていました。
これは舅、姑になる人は、必ずやらなければならないことだったんです。
だって、聞き合わせに行けない人は、自分の方に問題があるからです。

こういう事実が何を意味するのか、
じっくり考えてみたことがあります。
物事はよく考えれば、おのずと答えは出てくるのです。
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ