FC2ブログ

若者達の夏

前にも、ちょっと記事で触れたんですが、

息子の友人が、バックパッカーにはまったそうです。
(息子が、バックパッカーはおもしろいよーと、そっと背中を押したみたいですw)

国内旅行なんですけれどね、なんと
バックパッカー用の宿で、観光ヘリコプターのアルバイトを紹介してもらい、
現地で資金調達、旅行に出る前より、貯金を増やしているらしいです。

今時、どこの馬の骨ともわからない
(あ、ゴメン、ちゃんとしたお家の立派な息子さんですよ、知らない相手から見れば、そう見えるということです。)
旅行者に、仕事を紹介するなんてことがあるんですね。
こういうのを蛇の道は蛇(じゃのみちはへび)、というのでしょうか。
大変おどろきました。

getImage[1]
(すいそくですが、多分これ)

しかもそのヘリ会社の人が言うには、
名古屋でメンテナンスをするために、ヘリを名古屋まで飛ばさなければいけない、
帰りは乗せていってあげるよ。

なんていわれたらしいです。

息子が、「いいなー」とメールを返したら、
「お前も会社をやめて、(バックパッカーを)やれば?」と返事がきたそうです。
大笑い!!
息子クン、会社をやめてバックパッカーにもどりますか。

やりたいといったら、やれって言いますね。
今までの常識といわれていた、レールの上を走るだけのような人生
今時はやらないと思いますから。

接客業が出来る、バックパッカーが出来る、それも才能じゃないでしょうか。

やっぱりこういう旅行者の中でも、人とコミュニケーションをとらない人も、
いるらしいです。
旅行が楽しいのは、名所旧跡のすばらしさもさることながら、
きゅうきょくは、人との出会いの楽しさです
人とふれ合わないのは、意味ないっていうか・・・

男の人ってしばられるのがいやっていうか、
一つのところにとどまっていられないところがあるんではないでしょうか。
すいそくですが・・・

15_aiaigasa[1]


しかしそれでも、寅さんだって、帰るところがある、
妹や、おばちゃんたちが、心配していてくれる。
そうじゃなきゃ、フーテンだって安心して(笑)やれないよね。

・・・続きます・・・
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ