FC2ブログ

高須克弥VS南雲吉則

一昨日、鉄腕ダッシュをみていたら、南雲吉則が出ていました。
やりすぎ!!

pYa9f[1]

巷では、高須克弥VS南雲吉則の、バトルが話題になっているようですが、
面白いですね~

ツーショットを撮るからには、お二人さん、それなりの覚悟で撮られていると思いますが
A38XXmRCcAAGOyI[1]
高須さん(右)は、1945年生まれ、南雲さんは1955年生まれで、
10歳違います。

南雲さんのほうが、目が大きくてやせているので、
実年齢より若いと言う人が多いようですが。

私は高須さんのほうですねぇ。
目の肥えた大人は、
血色、肌の色つや、張り、表情、
男性ならパワーだったり、女性なら髪だったりにもこだわります。
医者なら当然診るところです。

目ヂカラ、口角が上がって、口を開けたときに、
下の歯ではなく、上の歯が、ずらっと見えること。
ほうれい線(笑いじわ)を気にするあまり
表情を犠牲にするのは、得策とは思いません。、
美容整形医としても、”美と健康”のつぼを押さえているのは、
やっぱり高須さんだと思います。
(この口etc、私がそうだし・・・人相として、絶対得する顔と思う)
整形してもらうなら、絶対高須さん・・・やらないけど。

高須さんは昔から、肉を食べろって言っているんです。
それに対して、船瀬俊介??だか誰だか、肉は絶対いけないとか言っている、
トンデモな人と対立(書かれたりとか)しているので、
南雲さんは高須さんに反論されて当然だと思います。

高須さんの言っていることは、当然のことです。
たんぱく質以外にも
赤身の肉や、乳製品を摂らなければ、必要量を満たせないミネラルは多いんです。
たとえば亜鉛は肌に良く、男性にもウレシイミネラルなんですが、
赤身の肉ぐらいにしか入っていません。

南雲さんは、化粧水や、リップクリームをつけ、日傘をささないと、
この見た目が維持できないそうですが、それはもう完全に栄養不足の現れです。


私は肉でもバターでもお菓子でも何でも食べますが、
肉はだめとか、油はだめとか言っていた、妹と
明らかに血色、肌の色艶、張り、潤い、髪のフサフサ感が違うんですね。

日焼けからの回復力も全然違います。
夏休みに一緒に泳ぎに行った時の日焼けの跡が
お正月に温泉旅行に行って、残っているか、残っていないかが違う!!
見た目の明るさが違うんです。

私は、息子と夫婦や姉弟によく間違えられます。
先日も、スーパーで老眼鏡を選んでいたら、知らないおじさんに親切にも
「あんた、これは老眼鏡やよ」(あなたのような若い人が使うものじゃないと言う意味)と言われました。
「私、若く見えるでしょ」って言っておきましたが・・・(大爆笑ww)


でもこういうストイックな健康法に、のめりこんでいる人に、
「ほら違うでしょ」と言ってもなかなか理解はしてもらえません。

一日一食だとか、ごぼう茶だとかetc、ものすごくストイックな生活をしなければ、
ある体重を維持できないとしたら、それはもう、立派な病気です。
レディーガガではありませんが、体重しか見えていない。

健康法依存、ダイエット依存、摂食障害は恐ろしいですよ。
知人も中年になってから拒食症になり、あっさり歩けなくなりましたが、
それはそれは、大変です。
食べ物のことしか考えられないことの苦しさ、
そのくせ、
自分が食べられるものが何なのかが、分からないから教えてくれと、
今も時々電話がかかってきます。

何と返事をしても、
なにがおかしいのか、どうしたらいいのか、が分からないの。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一日一食は絶対やめて!

自分の体の声が聞こえない人、
何をどれだけ食べたらいいのかわからない人は、
怪しい健康法に走る前に、
まずはこの本↓を参考に、食べてみて!!

そうして、自分の体の声に、耳を澄ましてみてほしいです。

食品成分表〈2012〉食品成分表〈2012〉
(2012/02)
香川 芳子

商品詳細を見る


ちなみに、肉が大嫌いな人や、買うお金のない人に食べろとお勧めはしません。

それから、サーチュイン遺伝子はNHKスペシャルで見ましたが、
結局サプリの宣伝みたいなもので、説得力に欠けると思いました。

スポンサーサイト