FC2ブログ

オールレーズンとオールアップルどっちが好き?

11月3日の朝日新聞声欄のからです。

============================引用はじめ
添加物だらけの食品見直せ
           会社社長 吉野喜之 (岐阜県高山市 81)

加工食品の表示制度の改定に消費者庁が取り組んでいます。しかし、政治の強力な援護がなければ、農林水産、厚生労働などの省益維持勢力の前に、消費者不在の方向付けしか出来ないであろうことは明白です。
 師走の繁忙期に向けて、保健センターから零細の多い食品業界に「食品表示に関する説明会」を行うという通知が来ました。内容は4時間程度で7人の係官が話します。数百人を対象に通知されていると思いますが、最後の10分間が質疑の時間という、まさにセレモニーです。
 食品の内容表示は大切です。近年大きな変化があったのにお気づきでしょうか。原材料表示の欄で「添加物」は別枠だったのが、いつの間にか「原材料」一本になっています。名称のあいまいさを利用した、「添加物」が「原材料」に化けたのです。日本の農畜水産業の産物は世界に誇れる味です。これに加える添加物の是非は国民の命にかかわる問題です。
 なぜ添加物がかくも増えたか、消費者も考える必要はないでしょうか。安売りで1個60円のパンの「原材料」に20品目も乗っています。大型店が消費の大部分を占める今日、流通業者も安売りだけでない、内容ある競争をするべきだと思います。

============================引用終わり

私はこの投書が気になって、調べてみたんですが、
高山のしにせのあられ屋さんみたいです。
http://www.hida-arare.jp/prof.html
81歳というお歳で、このような大変参考になる情報を書いて下さって、
すばらしいと思いました。ありがとうございます。
私たち消費者、母親も、負けてはいられませんよね。


加工食品には私も不審に思っていました。
原材料が、加工でんぷんだとか、加工油脂だとか、ほとんど自然物ではありませんし、
ほとんどの加工食品に使われている、リン酸塩はこんなにも種類があります。
PRODUCT INFORMATION リン酸塩
http://www.taiyo-chem.co.jp/products/products1.html

去年だったかスーパーで買ったカップ入りの、水羊羹を食べてみたら、
まずかったんですよねー
ただ甘くて、べたべたと口当たりが悪く、
小豆と寒天の特有の香りとほくほくした舌触りがありません。

原材料をみてみたら、ポリリンだったかなんだったか、リン酸塩を筆頭に、
いろんなものが入っていました。

結局そういう添加物で、増量するんですね、水増しです。
そうするとおいしくないので、またほかの添加物でカムフラージュするんでしょう。
ですから、添加物が原材料といっても言い過ぎではないのかもしれません。

結局今年の夏は、水羊羹は無しで、ガリガリ君にしときました。

DSCN3908_m[1]
ガリガリ君のほうがましだと思いましたので・・・


リン酸塩はカルシウムとのバランスによって、骨をつくっていますので、
リンの摂取が多すぎると、骨が弱くなります。

加工食品に添加されるリンは、量が少ないので、影響しないという人もいますが、
くどいようですが、リンとは表示されていなくても、ほとんどの加工食品に
添加されているので(歯みがきにまで!!)それを考えると、大変な量になります。

だいいち、骨や関節の問題を持った人が多すぎます。
おばさんならともかく、若い人までも・・・

プロゴルファーの石川遼さんも、嵐の二宮和也さんも、
10代から腰痛に苦しんでいるそうです。
本当に気の毒です。
もちろん、「腰痛」がそのままカルシウムとリンの関係によるものかどうかは、
わからないのですが、肝心の骨が、しっかりしていないと、話になりません。
骨をつくり、守るためにリンを減らすことは、実行可能な健康法なのです。
(グルコサミン、コンドロイチンは、自分の体の中でつくられるもので、
食べ物から摂ることもできます。)

1292311493_7f4da981c8[1]
(この人とにかく線が細い、あごの細さ、とてもアラサーの男性とは思えません。)

肉はいけないとか、牛乳はいけないとか、塩分糖分はいけないとか、
そういうことがやかましく言われていますが、その影で、
大事なことを見落としてはいないでしょうか。


RIMG0049.jpg
(生協のウィンナーソーセージの原材料は、かなりシンプル
生協組合員はやめられません)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、オールレーズンとオールアップルを食べ比べてみると、
オールアップルはおいしくなかったので、原材料を調べてみました。
材料が違いました。
舌って正直だと思いました。

◆オールレーズン
原材料名 レーズン、小麦粉、砂糖、ブドウ糖果糖液糖、加糖れん乳、バター、洋酒、マーガリン、発酵種、鶏卵、脱脂粉乳、モルトエキス、チーズフード、食塩、植物油脂、膨脹剤、カラメル色素、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

◆オールアップル
原材料名 小麦粉、蜜煮りんご、ブドウ糖果糖液糖、砂糖、マーガリン、りんご果汁、鶏卵、脱脂粉乳、ファットスプレッド、食塩、洋酒、発酵種、シナモン、セルロース、膨脹剤、酸味料、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)



吉野さんの投書にはパンが出てきますが、スーパーには、
小さな店でも、立派なベーカリーがあります。
安売りの日には、目だつところに大メーカーのパンが山と積まれます。

甘いだけで、やわらかいというより、口の中でどろどろになって、
いやらしくまとわりつくようなパンは、
小麦製品とは思えません。

過食をする人は、パンを好む人が多いといいます。
実際私の周りの、食に問題を持つ人もパンが好きです。
あの菓子パンの柔らかさと甘さは、母親の乳房なんだそうです・・・
母親の愛なんでしょうね、本当に求めているのは。



スポンサーサイト