FC2ブログ

体罰肯定論に、整合性はあるか

20090602130408332[1]

前回からの続きです。

大阪の教師の体罰による高校生の自殺事件について書いています。

書いているうちに、だんだん見えてくるものがあります。
これって体罰ですかね?
実際、部活で行われる暴行はたいへん多いといわれています。

罰って言うからには、
何か人様に迷惑のかかるような悪いことをした、
という前提があってこそのものだと思うんですが、
(たとえ懲役刑であろうが体罰はいかんでしょうが、百歩譲って・・)
この場合(部活)はそうではありません。
体罰はほとんどありえません。暴行または虐待でしょう。

ところが、「教師による虐待」という定義はないようです

ウィキペディアの「児童虐待の防止等に関する法律」によれば、
http://ja.wikipedia.org/wiki/児童虐待の防止等に関する法律
児童虐待の定義
同法第2条において、18歳に満たないものを児童とし、保護者が行う以下の行為を「児童虐待」と定義している。
 1.身体への暴行
 2.児童へのわいせつ行為と、わいせつ行為をさせること
 3.心身の正常な発達を妨げる減食・長時間の放置
 4.保護者以外の同居人による前記の行為と、その行為を保護者が放置すること
 5.著しい暴言・拒絶的対応・著しい心理的外傷を与える言動を行うこと


保護者が行う行為と書いてあって、「教師」の文字は見当たりません。
教師がやらなければいけないこととしては
【児童虐待の早期発見努力
同法第5条において、学校・病院等の教職員・医師・保健師・弁護士等は、児童虐待に関して早期発見に努めなければならないとしている。】

つまり、親が行う虐待をチクれと・・・私にはそう解釈できます。

おかしいですよね、
隣の飼い犬をぶん殴っても、自分の家の犬をぶん殴っても、野良犬をぶん殴っても
動物虐待は、動物虐待でしょうに。

で、もっとおかしなことに、体罰を容認している人たちの言い分としては、
体罰はやっていいけれど、虐待はだめといっている人が多いです。
・・・となると、学校に虐待はありえないので、
学校は無法地帯、暴行のやりたい放題・・・



もちろん彼らも親の立場ですから自分の子どもを殴ったりするわけです。
けれどもそれは虐待ではなく「体罰」だから問題ないと・・・


私が気になっている、PTA会長をやっているという、体罰肯定している
あるブロガーはどう書いているかと思ってブログをのぞいてみたら・・・

今回の事件については、暴行だろうと書いているんですね、しかし・・・
=======================================
もしも私の子どもが学校で教師から「体罰」と称して理不尽な暴行を受けたら、
鉄拳制裁しに行くけどな。
「間違った指導した大人に愛の体罰、体罰~~!」ってね。
非力なのでバット持ち込んで暴れちゃる。

同じ事をしてやらんと、自分が何をしているかわからんでしょ。
それは、私が自分の子ども達に幼児の頃した子育てと一緒。

でーも、
本当に殴られるに値するほどの理由あっての「教育的指導」であれば、
「私の躾が行き届かず、先生にはお手数をおかけいたしました。ありがとうございます」
と土下座してお礼を言うよ。
本来は親がやるべき所のものを、泥をかぶってでもしてくれるほどの人なら。
他から問題になったとしても恩人は守る

====================================
この人、住んでいる県とかかなり個人情報漏らしているので、
誰だか身元が割れている可能性があると推測できます。

そのPTA会長がですよ、
いくら冗談にしても、学校にバット持ち込んで暴れちゃるって・・
↓おまえがガラス割ったんじゃないの? それとも扇動したんだろ? って
近隣の普通の高校生か誰かだったら、そう疑われかねませんよ。
それとも、犯人の弁護してやりますか?
【大阪・体罰自殺】 桜宮高校、投石される
…窓ガラス8枚割れる

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1357783591/

くどいようですが、体罰肯定論は、絶対に筋が通りません。
必ず矛盾しているんです。必ず自分で自分の首を絞めていきます。
一度、虐待をしてしまうと、自分を正当化するために、
時間とエネルギーを費やして、工作をし続けるか、
そうでなければ子どもに謝るかしかありません。
(私は傷つくような言葉を言ったことを、子どもにあやまりました。)



私が中学3年生のときの担任は、若い男の体育教師で、どちらかといえば熱血。
生徒にも人気がありました。
体罰をしているのは見たことがありませんが、
最近も、校長になって定年間近になって、
こんなことを言ってました。
息子に死なれ
卒業式のあとで生徒に肋骨を折られて

(熱血教師の限界に)気がついたと・・・

生徒を加害者にしてしまってから気づいても遅いんですよ!!
私に告白しても、何の役にも立ちません!!


体罰(虐待)を否定する人と、肯定する人とは人間とサルほど違います。
一度肯定してしまうと、もうどんなに説得しても、
考えを改めることは難しいでしょう。

かくいう私も、母から精神的虐待を受けてきましたが、
あるとき母は私に言いました。

母「あんたの言うことは、ぜんぜん理解できん」
私「私は外国人みたいなもの?」
母は否定しませんでした。

私はサルに愛してほしいと熱望し、
サルの言うとおりに行動し、
サルに話しかけていたんだと気がつきました。

・・・私も気がついたときは遅かった。

自分が虐待をいけないことと思っているから、
ほかの多くの人(自分の親や教師も)もそう思っている
と思うのは、甘いです。

お人よしは、世の中のほとんどの人は、良い人だと思っています。
親や担任の教師を疑う人は少ないでしょう。

美輪明宏さんは、世の中の半分は魔界人だといっています。
光明に対しての無明と言ってもいいかもしれません。

 
(戸塚ヨットスクールの戸塚宏。石原慎太郎らに支持されています。)


ま、先生も私も、お互い、サルにならなくてすみそうだ、
・・・というのは幸いだったということでしょうか。
(あ、サルさんゴメンね。)
温泉サル_2[1]
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ