FC2ブログ

古典を教えてあげましょう・・・銀も金も、玉も何せむに まされる宝子にしかめやも

img_1463907_49471028_3[1]

伊吹衆院議長「体罰、全否定できない」
2013/2/10 1:09
 伊吹文明衆院議長は9日、自民党岐阜県連主催の政治塾で、スポーツ指導や教育現場の体罰に関し「体罰を全く否定して教育なんかはできない。このごろは少しそんなことをやると、父親、母親が学校に怒鳴り込んでくるというが、父母がどの程度の愛情を子に持っているのか」と述べた。出席者の質問に答えた。〔共同〕


体罰を全否定、教育はできない…伊吹衆院議長
読売新聞 2月9日(土)22時15分配信

 伊吹衆院議長は9日、岐阜市で開かれた自民党岐阜県連の政治塾で講演し、体罰の是非について「戦争直後の教育を受けたので、私もだいぶ殴られた。しかし、嫌な思いは残っていない」と自身の経験を明かした後、「体罰を全く否定しては教育はできないと思う。(教える側も)人間性を磨くことが必要であり、古典を読んで歴史を学び、見識を広げてほしい」と語った

================================引用終わり

体罰問題はもういい加減、嫌気がさしてきましたが
元文部科学大臣であり、親学推進議員連盟(副会長)である伊吹衆院議長の発言は、
見過ごしに出来ません。

こういう発言に、育ってきた家庭環境がぽろっと出るんですね、口は災いの元です。
親というものが信じられない人は、親に愛されたことがないんでしょう。
この人の言葉に親や教師と信頼関係があったとは感じられないんです。

また、今の親の世代の、モンスターペアレントというのは、
管理教育に頭の先までどっぷりつかり、体罰もがっつり受けてきた世代です。

教員の数を増やし、少人数学級にすることすらしてこなかった。
自分たちがやってきた、教育行政の手抜きや管理教育の失敗を親に被せるという、
みえみえの責任転嫁をする、
公言してはいけない言葉があるというのも知らない浅はかな人です。

私はこういうことは学校の先生が言いはじめるかと思いブログにもそう書きましたが、
そんなの通り越して、親玉が言っちゃいましたね。
学校の先生なんて、生徒を人間なんて思っていませんよ、
犬猫だって、殴れば動物虐待になります。
人間の子どもは動物以下の扱いです。です。



私もホームスクーラーの親ですので、校長先生と対マンを張らせていただく機会があります
(喧嘩するわけではないですよ)
校長室に呼ばれて、なぜ、学校へ通学させないのか、申し開きをさせられるわけです。

もちろん黙っていませんよ、
「学校の先生たちも管理でがんじがらめになってストレスをため疲弊している。
いじめや体罰が横行していても手をこまねいている。
せめて他の先進国並みの環境にしてもらわないと、
そういうところへ子どもを通わせるわけにはいきません」
・・・ぐらいの事は言います。

すると校長はこう答えたわけです。
「芋を洗うときには、桶に芋をたくさん入れて・・・こうやってごしごしと
・・・・そうしなければきれいにならない」
はあ? いくらなんでも他人様の子どもを、芋洗いにたとえるとは・・・失礼な。
世間知らずにもほどがあります。あきれてものも言えません。

middle_1333765683[1]

万葉集の山上憶良を知らないのか!!と、
子どもは金銀宝石よりも、まさる宝だといっているのを知らないのか!!と、

こってり小一時間説教してやろうかと思いましたが、
馬の耳に念仏だろうからやめましたが ww

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、昔に体罰をしなければならないほどの教育が必要だったか、ですが、
必要なかったですね。

私は、中部地方の小さな町で生まれ育ちました。この町は戦争でも焼けていません。
子どものころはまだ商店街も活気があって、町工場もたくさんありました。
郊外の人たちは、農業をやっていたわけです。

つまり、自営業者の集まりで街が出来ていたんですね。
私の家は、タバコ屋でそれより前は、雑穀の取引をやっていたそうです。
小学校のころの同級生を思い浮かべると、ほとんどが個人経営者の子どもで、
学校でもそういった町の中心部に住む個人経営者の親が
大きな顔をしていたという印象があります。
会社員の家庭は、よそ者という感覚があったように思います。

当時はスーパーマーケットも、大企業の工場もまだほとんどありませんでしたし、
個人経営者の子どもは親のあとを継げば、とりあえずは食べることに困らない、
と思っていたはずで、個人経営のノウハウさえ勉強すればよかったはずです。

体罰を受けてまで、東京(大都会)の有名大学へ行く必要があったでしょうか??

それに不思議に思うのは、地元の高校が、東京の有名大学に何人入ったとかいって、
それを自慢にしていることです。
地元の優秀な人材が東京(大都会)へ出て行ってしまい、
東京の大企業に就職してしまったら地元の大きな損失になるのではないでしょうか??

imgb8315aeazik2zj[1]
(フォーミディブルは町屋に住んでいました、画像は本文と関係ありません)
スポンサーサイト