FC2ブログ

韓国の小中高生、22万人は「精神科の受診が必要」 

前回の続き、ご隠居さんのこりあうぉっちんぐからです。
http://tosi.iza.ne.jp/

韓国の小中高生、22万人は
「精神科の受診が必要」>

2013/2/17 朝鮮日報

韓国の小中高生、22万人は「精神科の受診が必要」 

児童・生徒648万人を2度にわたり調査…昨年の調査参加率は過去最高の97%
兆候を示した生徒も105万人…学業のストレス増加も一因

 韓国の小・中・高校生648万人のうち105万人(16.2%)は、うつ病の兆候や暴力的な傾向を示す「要関心群」で、そのうち22万人は、すぐに専門家の診断や治療を受けるべき「要注意群」であることが分かった。教育科学技術部(省に相当、教科部)が昨年、韓国の小・中・高校生を対象に2度にわたって実施した「学生情緒・行動特性検査」で判明した。

 この調査で「要関心群」とされた児童・生徒は「他人の目には、自分は全てのことに意欲がないように見えるだろう」憂鬱(ゆううつ)な気分で生活することが多い」といった回答を何度も繰り返した子どもたちだ。教科部の関係者は「この中には、本当につらい状態の子どももいるが、一時的にそうした気分に陥っている子どもも交じっている」と語った。こうした子どもを持つ親は、子どもの憂鬱さや暴力性が一時的なものなのかそうでないのか注意深く観察し、教師と相談した上で、必要に応じて専門家のカウンセリングを受けるのが望ましい。

「要関心群」の子どもだけを対象に行った第2次検査で、再び否定的な回答を繰り返した子どもが「要注意群」だ。「自分にはきちんとできることがない」「自分は他人を邪魔し、干渉する存在」といった思いが心から消えない子どもたちだ。「自殺したい」と答えた中学生・高校生も相当数に上った。こうした子どもを持つ親は、すぐに専門家の下で正確な診断を受け、必要な治療を受けなければならない。

 問題は、要関心群・要注意群いずれも増える傾向にあるという点だ。要関心群の児童・生徒は、2010年の12.8%から昨年16.2%にまで増えた。要注意群も、調査が始まった当初は2.6%だったが、昨年は4.5%に増えた。要注意群の生徒の比率は、中学生(7.1%)が最も高く、小学生(2.4%)・高校生(5.4%)を大幅に上回った。

2077310[1]

 児童の「心の健康」がこのように悪化し続ける理由は何か。専門家らは「かつては、親ではなく祖父母に養育されているなど問題を抱えた家庭の子どもが、多数調査から漏れていた。昨年からはこうした家庭の子どもたちがほぼ全て調査対象に入った」と語った。大半が海面下に隠れた氷山のようにこれまで見えていなかった部分が、表に出てきたというわけだ。実際この調査の参加率は、10年と11年は70%台にとどまっていたが、昨年は97%に達した。

 さらに別の原因として、学業のストレスがますます高まっていることが挙げられる、と専門家らはみている。同時に、問題を抱えた家庭が増え、社会構造も急速に変化していることも一因だ。大都市・地方を問わず、攻撃的なゲームが広まっている。その結果、低い年齢で深刻な精神的危機に直面する子どもたちがますます増えているという。ルドルフ子ども社会性発達研究所のコ・ユンジュ所長は「昔は中学生、高校生が非行を働いていたが、最近では小学生も平気で非行に手を染める」と語った。早くからうつ病を患ったり非行に手を染めたりすると、成長するにつれ危険性も増していく。

 都市は残酷・薄情、地方は純朴という通念も壊れた。要関心群が最も多かった地域は全羅北道(20.2%)で、次いで忠清北道(19.8%)、全羅南道(19.4%)の順だった。要注意群は忠清南道(7.0%)が最も多く、次いで済州道(6.1%)、江原道(6.1%)の順だった。延世大学医学部のチョン・グンア教授(小児精神科)は「ソウルの母親の中には、9カ月になる子どもが時折目をそらすといって病院に駆け込むような人もいるが、地方はまだ、問題が大きくなってからでないと病院に来ない人が多い」と語った。

金秀恵(キム・スヘ)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/02/17/2013021700185.html
引用ここまで

 ”韓国の小・中・高校生648万人のうち105万人(16.2%)は、うつ病の兆候や暴力的な傾向を示す「要関心群」で、そのうち22万人は、すぐに専門家の診断や治療を受けるべき「要注意群」であることが分かった”・・・別にどうということも。

 03年の調査では”12種類に分けて人格障害の有無を測定した結果、1種類以上の人格障害があると疑われる人が71.2%に達した”・・・ということでした。マトモな人間の方が少ないんですね。

 調査チームによる人格障害の定義は”自分の性格に問題があることに気づきにくく、家庭や社会生活、対人関係に支障があり、周りの人々を苦しめるという特徴がある。また、自分の問題を他人や社会のせいにし、極端な反応を示す”・・・なんだ。普通の韓国人じゃないか。

 周囲の大半が人格障害者・・・・韓国人であればそういう環境に耐えられるんでしょうが、文明人には無理ですから。
 韓国に嫁ぐという冒険をやった日本人女性も韓国社会に疲れ果て”日本も競争が激しいが、韓国に比べると何でもない。 ここでは子どもも母親も不幸になりそうなので韓国を離れることにした”・・・と実家に帰ってしまいましたし。

 別に日本人が特に軟弱というわけではありません。”大学を卒業して米国留学後、米国とスイスなどで活動し、30年たった2002年4月、ネスレ韓国法人の初代社長として赴任した”・・・韓国生まれで韓国育ちの韓国人ですら文明国の雰囲気に慣れきってしまうと”韓国は不法を正当化しようとする文化が蔓延しています・・・彼はこのような韓国人たちの認識をいくらスイス本社に話しても理解させることができなかっただけでなく、結局、精神科で治療を受けるまでになった”・・・という羽目に・・・・

 韓国は精神疾患を法定伝染病に指定しないと。

 ”問題は、要関心群・要注意群いずれも増える傾向にあるという点だ”・・・07年には”漢陽大病院小児精神と安東県教授は “幼稚院生を含んだ 18歳まで学生 827万名の中で 15%である 124万名以上が小児精神と専門医治療を受けなければならない対象”と分析した”・・・という記事がありました。

 なんだ、別に増えていないじゃないか。韓国人の一定割合は頭がオカシイという程度のことでしょ。06年の中央日報も”ソウル市小中高生の3分の1以上が、精神健康に問題がある、とのことが調査により分かった”・・・と書いてましたしね。

 まあ精神疾患に関することですから調査によってバラツキがあるのはしょうがないでしょうが。

 ”昔は中学生、高校生が非行を働いていたが、最近では小学生も平気で非行に手を染める”・・・いやいや、それは精神疾患とはあまり関係ないし。韓国の女子小学生はインターネットを利用して性的アルバイトをやるそうですが、大人を相手にしてちゃんと価格交渉も出来るんですから、とても精神疾患とは・・・・天職でしょ。
================================引用終わり

2077356[1]
ご隠居さんちのねこちゃん、ちょびひげ生やしてら

やっぱりこの朝鮮日報に書いてあるとおり
(このニュースを書いている韓国人はマトモみたいだから、不思議!!)
子どもがおかしくなるのは、親が子どもをちゃんと育てていないこと、
学校信仰、管理教育、が原因であることは間違いないと思います。

前回の記事のコメントの方にも情報をいただきましたが、
韓国の学校教育はすごいみたいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/大韓民国の教育
80%を超える大学進学率。入試に遅れそうになった人が、
パトカーに乗せてもらうとかいう、ニュースも有名になりました。

はっきりいって、日本もおかしいです。
私は朝食の支度をしながら、ラジオを聴いているんですが、
もう、去年の11月か12月頃から朝っぱらから、
受験生の応援キャンペーンみたいなことをやっているんです。
朝の番組なんて、早起きのお年寄りとか、家事をやっている主婦とか
通勤途中のおじさんたちとか、いろんな人が聞いているはずなのに
受験生がんばれー、がんばれーって煽りまくっています。・・・ウザイ!!
先日も、これ聞いてて2年生の子までもが不安になって、
番組がプレゼントしている、お守りグッズみたいなものをくれとかコメントしてるの。
去年とかここまでやっていたかなー??


一クラスの生徒の数が突出して多いこと
体罰、管理が横行していること、も共通しています。
大企業が優先され、依存的な社会的な方向性も影響しているかもしれません。

日本は韓国よりましだから・・・では通用しません。

たしかに日本では、精神疾患の統計の数は少ないです。(自殺はすごく多い)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2140.html
私の推測ですが、
どうも日本では、精神疾患と自分も周りの人も認めない傾向があるのかもしれません。
私の母はほとんど人格障がいですし、私はパニック障がいです。

知人は幼いころから父親から暴力を受けてきました。
今はどう見ても拒食症で、老人でもないのに老人病院で入退院をしているんです、
私は何度も「医者は何て言っているの?」と訊いているんですが
精神科ではないためか、
何度聞いても神経性ナンチャラと病名はあやふやで、拒食症とは言わないそうです。

「今までかろうじて飲んでいた、病院でもらう栄養ドリンクさえ飲めなくなって入院した。
霊が憑いているので、除霊をするしか方法がない、
ネットで、やってくれる人を調べてくれ」と泣くのです。
陰陽師は30万円で高すぎると言うのです!!・・・驚愕!!
そっち系は、お勧めできないので
「ふっかけやがるなー」と言葉を濁しておきましたが。

母も私も、知人も、精神疾患の統計の数には入っていないと思われます。

20060910202421[1]
星一徹はアル中を思わせるような虐待親=ACで、星飛雄馬はワーカホリックで、
お姉さんの明子は共依存みたいに、私には見えるんですが・・・
「この一家頭おかしいやん!」、とハッキリ言う人は少ないでしょう。


確実に日本では、精神疾患は増えています。

20110709064943[1]

人格障がいはどこの国でも、法定伝染病に指定するべきです。

人の振り見てなんとやらです。
自分自身を客観的に見ることは、難しいけれど、
ちょっと距離が離れたところから他人を見ると、
良いところも悪いところもよく見えてきます。
私はこれをドーナッツ現象と呼んでいます(笑)
そこから、勉強すれば良い。

それぞれの国の人々にそれが出来るかどうか。
個人個人が自分で自分を回復させることが出来るかどうか。
自浄能力みたいなものがあるかどうか
・・・にかかっているのかもしれません。

(フォーミディブル流ドーナッツ現象、の解説は、後日記事にしたいと思います)
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ