FC2ブログ

美しい方が亡くなられました

女優の坂口良子さんが亡くなられました。
最初は腸閉塞でインフルエンザ?肺炎?

そうじゃありませんでした。
横行結腸がんというがんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

tanaka_yukuko_hp[1]

美容家の田中宥久子さん(67)も亡くなっていたんですね。
肺がんでした、田中さんは愛煙家だったので、
こうなるかもしれないとは、思っていたにちがいありません。
医者嫌いで、めったに医者にはかからなかったそうです。
亡くなる直前、自宅で突然息が苦しくなったらしいです。
この記事↓を読むと、田中さんらしい亡くなりかたというか、
私の目には、最後まで「おばあさん」ではなく「かっこいい女性」でした。
田中さんも本望だったのではないでしょうか。

あやかりたいものです。

田中宥久子さん がん発覚時に
「ホッとした」とこぼしたワケ

女性自身 3月26日(火)0時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130326-00010000-jisin-peo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はっきり言って、がんは医者には治せません。

もちろん脳卒中もですが(医者の治療というよりリハビリが大切)、


母が、脳出血と脳梗塞を併発して、入院しています。
見た目はまったく、寝ているおばあさんです。
でも、「おきてくださーい」と呼んでも、
「うーん、うーん」と言うだけで目を覚ましません・・・

もちろん高齢ですし、私は母とは仲が悪かったので、
感情的に悲しむようなタマじゃないのですが、
なるべく苦しまないで、最後を迎えてほしいとは思っています。

病院で、変なものを突っ込まれていないか、と思って点滴をチェックしてみたら、
両腕に点滴がされていたんですね。ひとつは普通の点滴、もうひとつは
脳の保護剤、フリーラジカルスカベンジャーの点滴されてました。
ラジカット、これ、高い(5千円ぐらいする)ばかりで意味がない、
副作用も心配なシロモノらしいです。

エダラボン(ラジカット)と同じ
フリーラジカル除去脳保護剤が開発中止に
「神経保護剤開発の時代は終焉?」とランセット誌

http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=146

やれやれ、市民病院さんよ!!

ま、母は今まで高血圧、糖尿病、コレステロールの薬
その他ありとあらゆる薬をたっぷり飲んでいるので、
いまさら脳保護剤は身体に悪いので止めてくれとは言いにくいのですが、
薬漬けには困ったものです。

一方、看護師さんたちの看護、オムツ替えや、
口から食べ物を食べさせようとしてくださるのには、頭が下がります。

私は同じお金を使うなら、変な薬より、看護に使ったほうがいい
(看護師さんの給料を上げるか、人数を増やす)と思うのですが・・・
どうしても製薬会社優先になってしまうんですね。

薬信仰はやめるべきです。

私は、葬儀屋に見積もりを出させていて、
中村仁一さんが、生きているうちに棺おけに入ってみる事を
勧めていた意味が、少しはわかったような気がしました。

私は母が嫌いですが、
生き方死に方のヒントを与えてくれたのかもしれません。
それは最後のプレゼントかもしれません。


私も70歳ぐらいになったらネット通販で、棺おけを買うかもしれません(笑)


ちなみに、ダンボールの棺は、エコであるというだけでなく、
葬儀のあり方自体を、考えさせてくれるものであるようです。
エコ人権葬
http://www.eco-jinkenso.org/ecocraffin/ecocraffin.html
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ