FC2ブログ

狂人は意図的に作られる

原発事故で全員不起訴 東電前会長、菅元首相ら
福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2013091010796


私はひごろから、
息子たちの生ツィートを聞いているのですが、

長男クンはこんなこと言ってましたね。

「東京オリンピック、見に行ってやる。
だって、自分が納めている税金だし、自分の借金だからな!!」

なんという皮肉。(笑)
さすがフォーミディブルさんの子どもだわ。
「転んでも(転ばされても)ただでは起きない。
その調子で、この狂った世の中を泳いでいってくれ!!」
・・・と、心の中で思う、フォミでした。


だいたいにおいてどうしょうもないんですよ。
IOCじたいが金まみれ。
腐りきっているんですから。

上高地を”聖地”から”どぶ川”にしてしまったのも、
(そしてそれをだれも指摘しないのも)
長野オリンピックだったからと私はそう思っています。

私は、上高地は美しいところだよと、子どもに言ったのを、恥ずかしく思います。


WEBPP141_06[1]
(ニューズウィークより、
スペインの真新しく立派なサッカースタジアム、これは廃墟ですよ!!
バブルにうかれるとどういうことになるか、よーく考えた方がいい。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで困った事になっています。

くだんの知人ですが、
電話をかけてくるたびに、悪化してます。

電話に出ても当然会話にはなりません。
悪いやつ(霊)に狙われているので、
眠ることもできないし、食べることも出来ないといいます。

時々、がちゃんがちゃんと音がして、電話が通じなくなったりするので、
なんでかと思うと、

包丁で霊を殺しているんだけれど、何度殺しても死なないと言うんですね。

突然「だまれ!」「うるさい!」と叫びます。
私に言っているのではないのだそうです。
霊に言っているんだそうです。

その霊は自分の外にもいるし、中にもいるらしいです。
だから怖いんです。
包丁で家の中のものを破壊しているうちは良いんです。
でも”霊を殺す作業”が、自分の中にいる、霊に向かうとしたら・・・
(体重が34キロだそうなので、
 外へ出あるいて他人を攻撃するだけの、体力はないと思います)

とにかく
「何度殺しても死なないのなら、殺すのは無駄やね」といったんです。
「じゃあどうしたらいいか」としつこく聞くので、

ない知恵を絞って、どうしたら納得して電話を切ってもらえるかを考えました。
「私も、そんなひどいヤツは、警察官を連れて行って、
逮捕してもらいと思うけれど、警察官にも、私にも、その霊は見えないし、
聞こえないから、無理なんじゃないかと思う。」

まだ若いです。
先日自殺された、藤圭子さんより、かなり若い。

この知人は長女さんが面倒見ているらしいですが、
長女さんが、仕事に出かける時間になったので、
不安になって電話してきたらしいです。

私があえてこのようなネガティブなことを書くのは、
これが防げることだと思うからです。

本人もわかっています。
防げることだったと・・・・だから私もくやしいのです。

この人の父親は、子どもに暴力をふるう人でした。
母親は、敬虔なクリスチャンで、
自分の家族の事実に目を向けることなく、
宗教を逃げ場にしていたようです。
母親は、自分は聖女だったのです。

この知人は私なんかよりずっと立派な人です。
育てた子どもの数も私より多いし、
パートで苦労もしてきました。


そして知人は薬や医療にも言及しています。
「薬が、食べれなくしやがった!!」
「医者は見離しやがった!!」
そう叫んでいます。

発症してここまでになってしまってからでは、
治すのは無理といっていいでしょう。
少なくとも私には・・・どうしたらいいかと聞かれても、わからないのです。


予防するのは、難しいことではありません。
○ 機能不全家庭の世代間連鎖を断ち切ること
○ 医療から、距離をとること


やわらかく言えば、
大人は子どもをコントロールすることをやめること、
薬は飲まないこと。




「下の子達は、元気?」と聞くと、
「あんなひどいやつらのことは言うな!!」とすごい剣幕で怒るので、
下の子達は、家を出た可能性があると思います。

もちろん夫さんは一生懸命対処していらっしゃるのでしょうが、

知人が頼りにしている、長女さんの精神状態が心配です。
ケアが必要なのではないかと思います。
・・・というか、長女さんを守るためには、
この親子を離すこと、
入院もありうるのではないかと、思います。




藤圭子と自殺と精神科医療の未熟さと
http://blogos.com/article/68896/


これからこういう人たちは増えていくでしょう。

大人から子どもへの、コントロールは、ますますきつくなっているからです。
(つまり、子どもの魂を傷つける親、
宗教などにハマって、現実を見ようとしない親という意味です)

薬も安易に処方されたり、簡単に入手できるようになっているからです。


分別盛りの、50代60代の人たちが・・・

女性なら、子育ても一段落しているかもしれませんが、
男性の場合、社会的に重要な地位についていることも、多いでしょう。
自分がおかしくなっても困るのですが、
家族(母が、妻が)がこのようの状態では、
マトモに仕事なんかできないでしょう。

息子たちの、生ツィートを聞いていても、
狂った大人の社会人たちの、話がよく出てきます。

たかだか数十円の薬を売るために、
(デパスの薬価15.60円!!)
事実を知らせようとはしない。
それによる日本の経済的な損失は、
計り知れないともいえると思います。
スポンサーサイト