FC2ブログ

薬を甘く見てはいけません、問題は副作用だけではありません、離脱症状や、後遺症のほうが怖いかも。

相変わらず、感じの悪い薬のCMは後を絶ちませんね。

headimg_00[1]
(サインバルタのオフラベルプロモーション)


2月11日の読売新聞にこんな記事があったようです。
================================引用はじめ
http://ameblo.jp/omw2610022/entry-11769917343.html
向精神薬大量処方が原因で救急搬送

2014年02月11日 20時00分00秒
テーマ:健康・医療

精神科の薬を一度に大量に服薬した患者の搬送を受けた救急医療機関が、
2012年は全国で少なくとも156病院に上り、
うち約3割にあたる46病院は年間50件以上搬送されていることが、
読売新聞の調査でわかった。

服薬したのはいずれも医療機関でしか処方できない薬で、
抗うつ薬、睡眠薬などの処方のあり方が問われそうだ。
昨年11月、全国の救命救急センターと日本救急医学会の
救急科専門医指定施設の計498病院にアンケートを送り、
164病院から回答を得た(回収率33%)。

大量服薬患者を年間100件以上受けている病院も10病院あり、
最も多い病院では約500件と回答した。
うつ病で処方される三環系抗うつ薬では大量服薬によって
1年間で計5人が死亡したほか、52人に不整脈、
23人に長時間にわたるけいれんなど、命に関わる症状が見られた。

精神科医から救急医に転身した北里大学病院救命救急センターの
上條吉人特任教授(日本中毒学会理事)は
「処方する医師の側に大きな問題がある。
国は精神科関連学会などの自浄能力に任せるのではなく、
命に関わる薬の処方を制限するなど、強制力のある対策を講じるべきだ」と指摘する。

『読売新聞』 2014年2月11日付

==================================引用終わり

当ブログでは、これについて以前から書いているんですが、
このままだと、救急医療はいずれ破綻するんではないですか。
交通事故なんかであとまわしにされたらどうするんでしょうか。

うつについては経験していないので詳しくはわかりませんが、

私はパニック発作のとき、
(強度の回転性のめまいで平衡感覚を失い
立っていることも座っていることもできず、
床や柱で頭を打つのではないかという恐怖
下痢、嘔吐、異常発汗で、体中の水分がすべて出てしまう危険性)
救急車を呼んでもらった経験があります。
(もちろんこのときは、一切の薬を飲んでいません)

2回目に救急車を呼んだ時は、
一度、抗不安薬(ベンゾジアゼピンたった1シート!!)を
飲んだけれど、やめた2年後でした。
そのときに、はっきりいわれましたね。

「精神科の薬は飲まないでください」
そして「発作のときは遠慮なく救急車を呼んでください」・・・と。
救急医療にたずさわる人たちは、
精神薬を飲んで自殺してもらうより、
薬を飲まず発作のときに救急車を呼んでもらうほうがいいのです。


はっきりいって救急隊だって、救急病院だって、
他の医療機関が処方した(不当に儲けた)薬で
オーバーズだの、自殺だの、
”同業者の尻拭い”なんか、したくないだろうと思いますよ。


そんな感じがびんびんと伝わってきました。



パニック障がいのサイトなどでは、
医者にかかって、精神薬を飲むように、とか、
救急車を呼んではいけないとか、書いてあるんですね。

おかしいですよ、それは反対です。

薬を飲まないで、発作がひどければ、救急車を呼ぶべきです。





なかなかいい動画ですが、これでもまだ甘いと思います。
この動画の作者は、多剤大量処方を問題にしていますが、

これは個人的な意見になりますが、パニック発作ぐらいで、
精神薬は1錠も飲まないほうがいいと思います。

私はたった1シートのベンゾジアゼピンを飲んだだけで
副作用が現れました。
動く気がしなくなり、買い物にさえ行く気がしなくなり、
コーヒーを飲んで無理やりスーパーへ行くと、
足首をつかまれて、地の底へ引きずりこまれるような、
精神症状が現れました。

薬を飲むのをやめると、
激しい頭痛と背中の痛み、それと嘔吐で苦しみました。
そのときに、市販の頭痛薬を飲みました。

このとき頭痛薬を飲んだ事で、後日大変なめに合います。


それから2年後、その頭痛薬を
風邪が原因で頭痛になったとき寝る前に、2錠ほど飲んだのですが、
それが効かないばかりか、
なんともいえないそわそわと落ち着きなく、
横になっている事も座っていることもできないで、
まるでアカシジアじゃないかと思うような、症状がでました。
風邪をひいて頭が痛いのに、寒い部屋の中で
一晩中横になることさえできなくて、これはつらかったです。
今でも怖くて風邪薬も飲めません。


たった1シート、10錠ほどの精神薬で、
副作用、離脱症状、後遺症のフルコースを味わってしまいました。


副作用の情報はあります。
その副作用へは、
他の薬を服用することで対応するということがおかしいです。

離脱症状については、情報はほとんどありません。
個人の闘病ブログぐらいです。

後遺症もあるのではないでしょうか。
中毒と言ってもいいでしょう。
依存はなくても(治っても)中毒は一生治らないものなのかもしれません。


例えば
アトピーで(たいした量ではない)ステロイドを使っていたがやめた長男クンは、
やめてから10年たっても、突然リバウンドのような症状が出ました。
それだけでなく
たった1回分の抗アレルギー薬を飲んだだけで、激しい身体の痛みが出て、
夜中に市民病院の救急外来へ行きました。
ステロイドの中毒ではないでしょうか。

20121129131615ead[1]
(脱ステ医で有名な多羅尾さんも、ステロイドを使うと、
ステロイドより弱い薬が使えなくなる
ワセリンでさえかぶれるようになると、書いています)



まるでアルコール依存症者が、依存症を克服し
飲酒をやめても、体が覚えている。
ビールを飲んでいた人はノンアルコールビールさえ飲めない、
果実系のお酒を飲んでいた人は、果実系のソフトドリンクさえ飲めない。
・・・というのと同じかも知れません。




私は・・・ちなみに、3回目の救急車は(あれから4年ほど)呼んでません。
病院にも行ってません。薬も飲んでません。
スポンサーサイト