スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争中は、正直者がバカをみたそうです。配給だけを食べていた正直者は死んだそうです。

eea0f2e3cf53c10d3f3418c418138437[1]
(美しい風景ではありますが、こういうところで苦労して米を作っても、
収量の半分は年貢米として取られていたとしたら・・・)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実を言うと、ワタクシ、フォーミディブルの父方の祖父が
胃がんで亡くなっているんですね。
私は、まだ子どもだったので、若死にと言っていいと思います。

私の知る限り、近親者でがんで死んだのは、この祖父だけです。

祖父の職業はというと、八百屋で、取り扱っていた主な商品は、
もちろん野菜、そしてお酒、魚などの塩干物(海が遠いため鮮魚はほとんどない)!!

前回の記事を書いていてですね、「だめだこりゃ」とあらためて思いましたね。
祖父がどうして胃がんになったか・・・この食生活も原因と言っていいと思います。

胃がんの大きな原因のひとつは、
野菜に多く含まれる硝酸
そしてその硝酸を亜硝酸に変える、菌類
その亜硝酸と、魚の塩干物に多い、アミン、によって、
強い発ガン性を持つ、ニトロソアミンができる。

祖父の場合、この3つが揃ちゃっているんですね。

実際、金魚なんかを飼っている人たちの間では、常識なんですが
金魚は、アンモニアを排泄するのですが、金魚の水槽のなかには、
まず、そのアンモニアを亜硝酸に変える菌類というかバクテリアが住み着くんですね、
そして亜硝酸が増えてくると、次に亜硝酸を硝酸に変えるバクテリアが住み着いて、
硝酸に変えてくれるわけです。
(アンモニア→亜硝酸→硝酸)

一応、飼育者によれば、毒性の高い順でいえば
アンモニア>亜硝酸>硝酸になるので、金魚を狭い水槽の中でも、
飼う事ができるということになっています。

硝酸はアンモニアより毒性が低いといっても、
硝酸は蒸発などしないようで、
水替えをしなければ、もちろん金魚は死にますが。

これの反対、
つまり、
硝酸→亜硝酸→アンモニアに還元しているバクテリアもいるんですね。
日本酒を作る過程で、利用されているらしいです。

蔵元駄文
I LOVE 硝酸還元菌!!

http://ameblo.jp/yama-u-suke/entry-10692833969.html
日本酒を作る過程ではアンモニアができてしまっては困るので、
硝酸→亜硝酸までの、中途半端なバクテリアを利用しているという事らしいです。

・・・ということはですね、
私たちの身の回りに、どこにでも普通にいるバクテリアによって、
硝酸→亜硝酸→アンモニア
硝酸←亜硝酸←アンモニア
というサイクルが、繰り返されているといっていいと思います。


それでですね、
胃がんの原因はピロリ菌だと言う人がいます。
亜硝酸、硝酸はピロリ菌を殺菌すると言う人もいます。

しかし、ピロリ菌は人間の体のなかにある尿素をアンモニアに変え、
胃酸をアルカリ性のアンモニアで、中和して、自分の身を守っているらしいです。

ピロリ菌は、アンモニアが大好きなんです。
そんなピロリ菌が、アンモニアに変化する、
亜硝酸、硝酸に殺されるものでしょうか。

しかも上に貼り付けたサイトによれば、
亜硝酸の殺菌力はワインに使われる亜硫酸より弱く、
亜硝酸単独では(日本酒製造過程の濃度は低いと思われます)
雑菌汚染さえ防げないみたいです。

ピロリ菌が、食物に含まれる、硝酸、亜硝酸に
やっつけられるとは考えられないんですが・・・

むしろピロリ菌は、硝酸、亜硝酸が好きかもしれません。
だって ピロリ菌はキムチが好き らしいから・・・

ピロリ菌は日本人に多いだけでなく(日本人男性はいまだに胃がんが1位)

キムチをよく食べる、韓国人の胃にもピロリ菌は多く、
とくに韓国人は胃がんが世界でもトップレベルで多いらしいです。
これは以前、当ブログの記事にもしました。

怪しい??植物性乳酸菌発酵製品
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-311.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何が言いたいかというと、菜食信仰、粗食信仰もほどほどにしないと
痛い目にあうんじゃないかということです。

食べる事をやめ
青汁だけで病気が治り、元気で生きているとか、
異常です。



これは蛇足であり、推測なんですが、

昔だって、今ほど多くはないにしても、肉は食べていたと思います。
海辺の人は、魚だけでなくイルカやクジラまで捕って食べていました。
山地の人は狭い農地で米を作っても、あまり食べれなかったと思います。

昔は米の約半分は年貢米として取り上げられていたようです。
不作で米の収穫量が少なければ、野菜まで取り上げられ、
刈った草にまで課税されていたようです。

私だったら内緒でイノシシやシカやウサギや野鳥を狩って食べますね、
内緒で・・・
よそ者に訊かれても、肉は食べてないと言い通します。
口が裂けても言いません。
あんた血色良くて健康そうじゃないかといわれても、
こういう体質なんだと、言い通します。

だって肉にまでまで課税されて取り上げられたらあほらしいし、
生きていけませんから。



もしも私が悪代官だったら、こうします。
農民に対して
「腐るという字は府(内臓)の中に肉が入ると書く、
だから肉を食べると内臓が腐るぞ」と脅したり、

「犬公方様の御意志でござる」と権威を振りかざしたりして、

肉食は悪だと教え込んで、農民に米や野菜を作らせ、
がっぽり年貢米を取立てて、私腹を肥やします。



戦争中、終戦直後は、正直者がバカをみたそうです
正直な人は配給だけを食べていて栄養失調で死んだそうです。

もしもこれから戦争が起きて、食糧不足になったら、
きっとエライさんたちは
「一日一食、玄米を食べていれば、健康になれます」というでしょう。

菜食信仰、粗食信仰の人たちは、
「ああ、ありがたいありがたい」と、従うのでしょうきっと・・・



私は嫌だ、そんなのは・・・

私は聞きたいです、あなたならどうします?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

RIMG0250.jpg
ところでうちの金魚は元気です。
白いのは元は更紗(紅白)のコメット2匹のうちの一匹です。
相方が、微妙に体型のゆがみがあったので、大丈夫かな??と
思ってたんですが、死んでしまいました。
残った方は、徐々に白くなっていき、見栄えが悪くなったので、
白が映えるようにダークなバックススクリーンを貼りました、
なんと、「密林の神秘、アマゾン」だそうで(笑)

にぎやかな模様のシュブンキンを入れてやリました。
大きくなりましたよーーー

アマゾンのおどろおどろしい雰囲気が出ていますでしょうか?。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。