FC2ブログ

小型渡り鳥、尾羽根の異常が急増 


がんの治し方を書いているところですが、
本日5月24日の朝日新聞に、こんな記事があったので引用します。
がんと栄養について、続きは次回です。

==============================引用はじめ
http://www.asahi.com/articles/ASG5N56HZG5NUGTB00V.html
小型渡り鳥、尾羽根の異常が急増 
2011年秋から


編集委員・上田俊英

2014年5月24日03時00分

 オオジュリンという小型の渡り鳥の尾の羽根に、2011年秋から、虫食い状に欠けていたり長さがふぞろいだったりする異常が広がっていることが、山階(やましな)鳥類研究所の調査で確認された。原因はわかっていないが、寄生生物や未知の感染症、東京電力福島第一原発事故で放出された放射性物質の影響などを可能性としてあげている。

 オオジュリンは生態や渡りの経路を知るため、いったん捕まえ、足輪をつけて放鳥する調査が1961年から各地で続けられている。調査チームによると、尾羽の異常は11年10月24日、新潟県の調査地で最初に確認された。このため、東北から九州まで14都県の17地点で緊急調査をした。

 すると、すべての調査地で異常が確認された。12年3月までに調べた5541羽のうち、13・8%にあたる767羽に同様の尾羽の異常がみつかった。異常をもつ鳥の97・3%は、11年に生まれた幼鳥だった。

 チームはこうした調査結果を昨年秋、日本鳥学会誌で報告。原因は「判断できなかった」としながら、全調査地で異常が確認されたことから、渡りの経路など共通して利用する地域の環境の変化が影響しているおそれを指摘した。可能性としては、①寄生生物②感染症③栄養不足④甲状腺異常⑤放射性物質の影響などが考えられるとした。

===============================引用終わり
ネット上ではここまでですが、
紙面の方には、

寄生生物に食べられた形跡はなく、
栄養不足も考えられない、感染症の症状とも合致しない。

欠損した尾羽を抜いたら同じ形の欠損した羽が生えてきた事から、
遺伝子やホルモンの異常が原因ではないかと分析されている。

また、12,13年のデータは集計中だが異常のある鳥の割合は減っていない。


チェルノブイリで、原発事故の影響で
ツバメの尾羽に異常がでたと言うのは有名な話で(数年前に、NHKでもやっていました)



スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

Powered By FC2ブログ