FC2ブログ

ジェイン・プラントなんていう人に編まされる人って、頭大丈夫?

685b83a941afc7e97c7676f6036ac86f[1]
(ここまでやるとは・・・ぞっとします)



がんの治し方、原因について書いています。
牛乳が乳がんの原因だと言う人は、多いですね。
肉ががんの原因だと言う人より多いと思います。
もう、棺おけに足を突っ込んでいるようなおじいさんおばあさんはいいです。
自由にやってください、。

しかし最近子どもに牛乳は1滴も飲ませない、
給食の牛乳も拒否し、給食費を返してもらいたいなんていう親も居るらしいですね。

牛乳を拒否する人は、言い訳として
「牛乳を赤ちゃんに注射すると死んでしまう」
「牛乳は人間の赤ちゃんのための飲み物ではない」
などど言い、(そんなのはすべての食品にいえることで、あたりまえ)
それを「牛乳は危険」と勝手に誤解して、牛乳拒否をする、
アタマの悪い人がこれほど多いのは、背筋が寒くなる思いがします。

まあ、この画像では、豆乳を勧めているようですね、
私は豆乳を飲む事は悪い事とは思いません。

でも、私が気になるのは、牛乳より豆乳をよく飲む、
中国人の平均寿命が異様に短い事。
中国・・・76歳で49位


中国人自身も、寿命が短い事を、気にしているようです。

やっぱり主要国では、スイス83歳(日本と並んで1位)、
イタリア、フランス、オーストラリア、カナダ、スウェーデンなど82歳(4位)の、
乳製品をたくさん摂る国が、平均寿命が長いのは明白です。
国の平均寿命順リスト
http://ja.wikipedia.org/wiki/国の平均寿命順リスト


牛乳を拒否している人たちは、この本をバイブルのように持ち出してきます。
乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか
(2008/10/15)
Windows

商品詳細を見る


私はこの本を買ってまで読んでませんが、
著者のジェイン・プラントさんは、乳がんが見つかると
気が動転してパニックになってしまい、
必要のない全摘手術をやってしまい、
抗がん剤治療やってしまい、
放射線治療をやってしまい、
放射線で卵巣までとってしまい、
ブリストルダイエットとかいう、変な食事療法にはまってしまった。
・・・当然再発します。

中国人に乳がんが少ないという事に気がついて、
変な食事療法による牛乳の摂取
(私に言わせれば、普通の牛乳やチーズの摂取などというよりは
脱脂粉乳、低脂肪乳などの、牛乳の加工品のムチャ食い、バカ食い!!)を
やめたら・・・

つまり
病院の治療をやめ、
ブリストルダイエットとかいう変な食事療法をやめたら
乳がんが治ったんだそうです。(あたりまえ!!)
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-9f90.html

ジェインさんは、大方、こんなグラフを見たのかもしれません。
他の病気でも・・・似たようなグラフが、(外国のも)ネット上に多数あります。
gyuunyuu--sibouritu[1]

でもこのグラフをよーく見ると、このグラフ自体おかしいとわかります。
たしかにこのグラフをみれば、牛乳より豆乳を飲む中国人は、
乳がんは少ないと、思ってしまいますよね。

赤い線は、なぜ、中国から引いてあるんでしょう??
中国は、世界基準か、なんか、あるんですかね?
佐藤章夫さんに訊いてみたいです。


それに、マリとか、ジンバブエとか、ウガンダとか50代ぐらいで、
たぶん栄養失調や、感染症、外傷で死んでしまうのに
慢性疾患で成人病で、進行が遅い乳がんの検診なんて
いったいだれが受けるんでしょう?
topless1[1]
(アフリカの乳がん検診のポスターなんだって。)


中国の検診は正確でしょうか、統計は正確でしょうか(苦笑)
マンモや、超音波や細胞診・・・いったいどこまでやったんでしょう?

日本は欧米に比べてがん検診の受診率がきわめて低いといわれていますが、
http://www.gankenshin50.go.jp/campaign_25/outline/low.html

平均寿命83歳の日本人の乳がん発生人数約30人に対して
平均寿命50歳強ぐらいの途上国で乳がん発生人数10万人当たり
約20人というのは、多すぎるような気がするのですが・・。


寿命が長い国で、慢性病や成人病が多いのはあたりまえなんです。
受診率の多い国、早期発見につとめる国も、多いのはあたりまえなんです。
ですから
こんなグラフは、まったく当てにならないくわせものだと思いますね。


自分の国(イギリス)よりはるかに寿命の短い、
中国の食習慣をお手本にするなんて、

ジェイン・プラントとかいう人は、本当の馬鹿かもしれません。
自分の馬鹿を棚に上げて、牛乳のせいにしているとしか思えません。


いいじゃないですか、成長期の子どもたちには、だいたい200mlの、
良質な普通の牛乳を飲んでいただく。
ケーキやヨーグルトも楽しめばいい。
日本では
穀物も野菜も肉も魚も乳製品もバランスよく食べるという教育をしてきたんです。
子どもには放射線や、人工ホルモンで汚染されていない
遺伝子組み替えでない、良質な食材を食べさせましょう。


それで日本は長寿の国になったのですから、良いじゃないですか
これを続けることに何の異議があるでしょう。

gn-20130726-07[1]
(織田信長は人生50年といったそうですが、
日本人も、栄養摂取量が増えて寿命が、イッキに倍にもなったのだから、
バックする必要はないと思います。今のままでいいじゃないですか。)

・・・つづく
スポンサーサイト