FC2ブログ

ココナッツオイル、中鎖脂肪酸は、刺激が強い・・・認知症の予防法

ココナッツオイルや中鎖脂肪酸を使ってはいけないと
書いているわけではありません。
中鎖脂肪酸で未熟児の体重が増えるのであれば、すばらしい長所だし、、
ケトン食の効果を高める可能性は、十分考えられると思います。

ココナッツの独特の甘い香りは、私も大好きです。

それに何より、ココナッツは環境にやさしい油なんです。
ココヤシは熱帯地方で古くから現地の人たちの手によって
栽培されていて、環境にやさしいのです。

一方、アブラヤシ(パーム)は、最近作られるようになったもので、
熱帯雨林の大規模な伐採などが行われ、環境に良くないといわれています。
c4P1030218[1]
アブラヤシ(パーム=インスタントラーメンや、ポテトチップに使われる)の
プランテーション、熱帯雨林を切り倒して植えられている

talk_8_6[1]
(パームはココナッツとは別物)


南の島の人たちの太っていたほうが良いという、価値観に対して、
文化が違う私たちが間違っていると言うのは、失礼にあたります。

私はココナッツオイルをせっけんつくりに使っていますが、
泡立ちがよく、すばらしいせっけんができるので、愛用しています。

RIMG0319.jpg
(パームオイルは環境に良くないので使いません、
ココナッツとラードを使っています)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし私は、
デザートでココナッツミルクを使ったものは好きですが、
わざわざココナッツオイルを食べはしません。

ココナッツオイルは刺激が強いといわれています
遊離型のカプリル酸(C8)やカプリン酸(C10)ですね、
これらは間違いなく中鎖脂肪酸なんですが、

食用のココナッツオイルでは、JAS規格により
取り除かれることになっています。
グリセリンと結合したトリグリセリドは、取り除くことができないそうです。

金田油店ココナッツ油(1600g缶)/ココヤシ
http://abura-ya.jp/SHOP/SC_e001.html

ネット上ではエキストラバージンココナッツオイルを飲んで、
吐き気、下痢、腹痛という、書き込みが多いのも、事実です。
遊離型の中鎖脂肪酸のしわざだと思われます。

ココナッツオイルが刺激があるのはソーバーさんなら、
いちどは聞いたことがあると思います。

石けんの皮膚刺激についてのデータ
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2008-12-16

ココナッツオイルは、エキストラバージンじゃないと意味がないと言う人がいますが、
精製によって炭素数が少ない、正真正銘の中鎖脂肪酸が
少なくなってしまっているからだと思われます。

どちらにしろトリグリセリドの形の中鎖脂肪酸は、
時間がたつと遊離型になる可能性があります。
他の油と違って、低温で劣化
空気中の水分で加水分解して、遊離脂肪酸になる可能性があるみたいです。
酸化はしなくても、食べるにはこれはヤバイ。
[豆知識]ココナッツ油,パーム核油の低温劣化
http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2007-08-26

私たちがココナッツオイルを食べて、やせたとすると、
それは下痢や消化不良によるものといえる可能性があると思います。
こういう力技、アメリカ人なら、やりかねませんね(苦笑)


でもココナッツオイルにはラウリン酸がたくさんあるじゃないか
ということなんですが(約50%)
ラウリン酸は他の中鎖脂肪酸に比べて、炭素数が多く(C12)
長鎖脂肪酸に分類されることもあるようです。
日清オイリオのHPも、ラウリン酸は中鎖脂肪酸の欄には入ってません。

美容食品の効用と展望
http://books.google.co.jp/books?isbn=4781301258

しかもラウリン酸も、粘膜にわずかに刺激性があるといわれています。

・・・う~ん、困りましたね~。
ココナッツオイルは、アルツハイマー予防に利用しようとしても
刺激が強くて、特に消化機能の衰えた老人はたくさん飲めないし、
正真正銘の中鎖脂肪酸は、ごく少ない。

ココナッツオイルでアルツハイマーが治る、
あるいはアルツハイマーの予防ができると言うのは早計だろうと思います。

日清のMCTでも、ひどい副作用が出ている人もいるようです。

ネットの書き込みにもありましたが、
認知症のお母さんにココナッツオイルを飲ませ、
スプーンに1杯でも下痢をするにもかかわらず、
医者に辞めろといわれてもどうしても飲ませたいと書いている人もいました。

それは否定はできません、
ケトン食に取り入れれば、認知症もがんも治せるかもしれません。

私もお母さんに飲ませたいという気持ちはわかりますが、

シロウトには無理。
老人にはキツすぎる食事療法だと思います。


recipe-10-1[1]
(ココナッツミルクでおなかを壊す人も多いです
私は、ココナッツのデザートは好きですが、わずかに刺激を感じます。
おなかが冷える感じもします。  お借りした画像です)




認知症もがんも他の方法で防ぐことができます。
年取ったお母さんの事より、私たちが罹らないように防いでいきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まずは認知症になる薬はたくさんあります。

精神薬、抗がん剤、ステロイドなどのホルモン剤、
血圧を下げる薬、糖尿病の薬、解熱鎮痛剤、ワクチン
ほとんどすべての薬は血行を悪くし体を冷やしますから、
頭に血が回りにくくなります。
ありとあらゆる薬が脳にとって危険といえます。

認知症の薬で、認知症が悪化することが多いようです。

アルミニウムなどの金属類、
胃腸薬、菓子パンなどの添加物、膨張剤
ワクチンの添加物
アルミニウムは電気を通しやすいため脳の電気信号を乱す。

放射線を浴びない(特に医療用放射線に注意)

それから栄養不足です。
カロリー制限ダイエットや摂食障害で、脳が萎縮することがあります。

糖尿病にならないように、糖質は控えめにすること。

厚化粧をやめ、日に当たりましょう。
ビタミンDには認知症を予防する効果があります。
日に当たれば、心が晴れやかになります。

完璧主義をやめ、ストレスをためないようにする

これらをやめることに副作用はありません。
アルツハイマーだけじゃなく肥満もがんも脳血管性の認知症も防げます。
しかもフトコロ寒い病まで治ってしまいます(笑)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

認知症も今までの常識が正しいかどうかはわかりません。

常識がひっくり返る事もありえます。

==============================引用はじめ

アミロイドβは悪者ではなかった?

スタンフォード大学の研究グループによると、アルツハイマー病や多発性硬化症の特徴であるアミロイドβが、アルツハイマー病の原因ではなく結果である可能性があります。

完全長アミロイド形成タンパク質が、脳に損害を与えるためではなくて、脳を保護するために生産されているのではないかというのです。 (完全長アミロイド形成タンパク質というのは、アミロイド前駆タンパク質(APP)のことでしょうか。 APPが断片化されてアミロイドβになるそうです。 ソース)

具体的には、完全長アミロイド形成タンパク質がシャペロンタンパク質(他のタンパク質分子が正しく折りたたまれて正常に機能するのを助けるタンパク質)として作用し、損傷の生じた箇所から炎症や不適切な免疫反応に関与する分子を除去している可能性があります。

また、アミロイドを形成する分子は悪者扱いされていますが、体内には驚くほど大量に存在します。

研究者は次のように述べています:


アミロイドを形成する分子は体の損傷に反応して大量に作られます。 (こんなに大量に体内で生産されるものが)体に害をなすとは考え難い。 <中略> (こんなに大量に存在する)アミロイド形成分子を除去する治療法は、体の自然な機能を邪魔している可能性があります。

アミロイドβは神経細胞にとって有害だと考えられていますが、具体的にどう有害(参考記事 )なのかは解明されていません。

==============================引用終わり
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ