FC2ブログ

みんなテレビドラマの見すぎ!!、「切らないと死ぬよ」は、脅迫です。

単独のニュースで見れば、小さな事件事故のように思えるんですが、
順を追ってよくみていくと、腐りきった大きな組織みたいなものが、
おぼろげながら見えてくる、ニュース・・・からです。



真実を探すブログより
【速報】機動隊が京都大学の熊野寮を強制家宅捜索!数百人規模の部隊で!学生らは拡声器などで猛抗議!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4478.html

20141113160727fgdofdgiip[1]
(これ、異常な光景だと思うけれど?)


つまりこういうことらしい。

2日 京大生が東京都内でデモ行進に参加中、機動隊の肩にぶつかり、公務執行妨害で逮捕

4日 逮捕に反発する学生が、京大キャンパス内で集会を開く
   →集会を監視してた京都府警の私服警官が、学生に取り押さえられる
   →京大が府警に抗議(※京大と警察の協定により、警察官のキャンパス内無断立ち入りは禁止)

13日 2日の事件に関連して、警視庁(東京都)が、逮捕中の学生の寮にがさ入れ



皆さん、何でもっと、おかしいと言わないのでしょうか?
皆さん刑事ドラマの見すぎなんじゃありませんか?
ケーサツはいつも正しいと脳にインプットされてませんか?

家宅捜索令状は裁判所が出すのだそうですから、
裁判所も、これでいいと思っているとしたら、
ケーサツだけを叩くのはおかしいともいえますが・・・

裁判所は銀座の敵を京で討つような捜索令状を許して良いのか
http://bylines.news.yahoo.co.jp/watanabeteruhito/20141114-00040713/
良いのかって?・・・良いわけないじゃんね。


”真実を探すブログ”への、コメントから

===========================引用はじめ

彼らが最初**した時

彼らが最初メディアを使って民主党を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は民主党支持者ではなかったから

彼らが秘密保護法を通した時、メディアはあまり声をあげなかった
会食して遠慮があったから
国民は一部の人を除いて、無関心だった
自分には関係ないと思っていた

彼らが次に共産党赤旗を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産党赤旗読者ではなかったから

彼らが次に憲法改正反対の公明党を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は創価学会員ではなかったから
そして、公明党は体制側と一体化した

彼らが次に慰安婦問題で、朝日新聞を攻撃したとき、
私は声をあげなかった
私は朝日新聞講読者ではなかったから

彼らがその次に京都大学を弾圧したとき、私は声を上げなかった
私は学生ではなかったから

世間は無関心で、メディアは大きく取り上げなかった

戦争や原発に反対する者が次々と弾圧されたれたとき、さすがにまずいと思ったが、
私は何もできなかった

そして、彼らが徴兵制をしき、戦争を始めたとき
体制を批判するメディアは、無くなっていた

一つもなかった

要解散 #- | URL | 2014/11/13 17:25

==============================引用終わり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

hospital[1]

群馬大学で起きた、8人死亡事件についてです。
【群馬大学病院】腹腔鏡手術後8人死亡、事故発生の問題点まとめ ~肝臓がん切除手術との因果関係
http://matome.naver.jp/odai/2141601056819486401


たいへんややこしい話なんですが。
群馬大学で肝臓がんの腹腔鏡手術を受けた人
8人が、100日以内に死んだという事件です。
このうち6人は、手術直後から急激に悪化しICUに入っていた。

本来ならば病院に申請し、倫理審査委員会などで審査、検証すべき事例。
実施体制に問題があった

いずれも高い技術が必要な「区域切除」など保険適用外の手術だった。

夫が手術を受けて死亡した60歳代の女性の場合
・2週間で退院できると言われた。
・手術のリスクの説明はなかった。
・溶体悪化に対応してもらえない事が多かった


後日こんなニュースまで・・・

腹腔鏡、保険手術と偽る…診療報酬を不正請求か
2014年11月16日 03時00分

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141116-OYT1T50000.html

こんなの、病院ぐるみの犯罪じゃないですか?
1人の医師の責任にしてしまうべきではないと思います。

これ以外に101日目に死んだとか、そういう人がいっぱいいいたりして・・・


現に、腹腔鏡ではないが、食道がんの手術を受けた
中村勘三郎さんも、”手術は成功”でしたが、
手術後4ヶ月ぐらいで亡くなっていますから、
100日以上は生きていたはずなんですが、
私の感覚では”病院のがん治療で殺された”としか思えないんですが・・・



今回の群馬大学では
患者をモルモットぐらいにしか思っていなかったということでしょう。

実験やってみよ。
あ、失敗しちゃった、もう知ーらない
見ないことにしておこう・・・

いや、動物以下の扱いか?

こういう事件があると
近藤誠さんの言っていることは正しいと思いますよ。

かしこい人は、
保険適応外治療なんかに手を出してはいけないんです。
それは実験ですよという意味です。
保険だよといわれても、医者を信じちゃいけないんです。
容態が悪化しても医者が顔を見せなかったら、
それは病院から見放されたことを意味します。


ついでに言っとくならば、
内視鏡だとか、腹腔鏡だとか、そういうのは汚いんです。
精密機械は殺菌消毒がものすごく難しい・・・
・・素人が考えてもわかりますよね、笑えるでしょ?
(ちなみに歯医者の根管治療の道具なんかもばい菌まみれだと思うよ)

これを避けるには、近藤さんが言うように、
がん検診そのものを受けてはいけないんです。
群馬の手術の犠牲者は高齢者が多かったみたいだからなおさらです。

がん手術でやっていいのは、せいぜい乳がんのくりぬきぐらいのもの。

・・・にもかかわらず、がん検診をやる人が絶えない、
がんを手術してくれという人が後を絶たない。

main[1]

ドクターXの決めゼリフではありませんが、
「切らないと死ぬよ!!」
これはウソです。
白い巨塔の財前五郎もやってしまった失敗。
腕が良いとか悪いとか言う以前の問題。

ドクターXに出てくるのは、重いがん患者がほとんどですから
ウソだということになります。

それどころか「切らないと死ぬよ!!」は脅迫に当たると思いますよ。
大門未知子は手術を「失敗しない」けれど、
4ヶ月ぐらいでばたばた死んでいるかもしれません。
大門未知子を家宅捜索したら面白いと思うので、ぜひやってください。



オマケ

ドクターハラスメント
http://ja.wikipedia.org/wiki/ドクターハラスメント

1.人間失格型 - サディスティックに患者の心を傷つけ、無力化・孤立化を狙う。
1.大学病院などで、患者を「サンプル」「データ」扱いする。

3.脅し型 - 知識の差を盾にし、脅して治療に服従させる。自分の診断に自信のない医師ほど脅す傾向があるという。
1.「急いで手術をしないと治らないよ」、「(目が)見えなくなってもしらんぞ」「全摘手術じゃなければ死ぬよ」「この間の(同じ症例の)患者は死んだよ。あなたも同じことになるだろうね」

4.ゼニゲバ型 - 患者の治療や回復よりも病院の利益を優先する。
1.必要のない手術、高額な保険外治療を必要不可欠かに見せかけ薦める。
スポンサーサイト