FC2ブログ

 『医者を見たら死神と思え』 ・・・本当の金持ちの金と時間のつかいかた

「タマちゃんの暇つぶし」 のタマちゃんが
飯山さんちから転載した記事からです。
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-11644.html
============================引用はじめ
★人は癌では死なず、癌の治療で死ぬ!
2014/11/29(土) 
 『医者を見たら死神と思え』
面白くてタメになる:ビッグコミック


bigcomic1210c[1]
bigcomic1210[1]

近藤誠医師/監修の漫画は命を救う!
bigcomic1210b[1]
「父から頼まれたVIP患者が、術後、肺水腫を併発し容体が急変。患者を救うべく、肺の主治医である御影に協力をお願いする隼人であったが…」
--------------------------------------------------------------------------------

『ビッグコミック』(第23号 2014年12月10日号)を読んだ。

『医者を見たら死神と思え』(監修/近藤誠・慶應義塾大学医学部元講師)には、
「人は癌では死なず、癌の治療で死ぬ!」 ということの迫真的な実例が描かれている。

この連載は必読であろう。とくに癌の宣告を受けた患者と家族にとっては、読めば命を救うことになる。

(以下、百済の国の話とかは、割愛させていただきます)

==============================引用終わり



ほかにも、ブログ記事にしている人がいました。

がん患者さんで、絶賛している人もいるようです。
==============================引用はじめ
「ふな先生のみーんないいこ」
今、車内でこれ読んでいます
2014-11-09 11:23:52
http://ameblo.jp/yottan-1221/entry-11950068629.html

o0480036013123791415[1]

近藤 誠先生、 とうとう

ビッグコミックに登場です。

ビッグコミック、大丈夫?

医師会とか、製薬会社に

にらまれますよ。

でも、ありがとうございます!

私が乳癌の手術をしたのは、

去年の7月。

何にも知らずに、手術したら、

「悪性ですよ。」

そしたら、お願いするしかありません。

いろいろ検査して、

抗ガン剤の点滴を四回。

薬も、いっぱい出されました。

お金がかかりますよ。

一カ月、4万円です。

それで、

副作用がキツイ!

我慢するしかないのかな?

と、思っていたら

本屋で見つけた、近藤誠先生の本!

これだよ!

私はもう、我慢しない。

残りの人生があれば良し、

再発して、それまでなら

それも良し。

そう思えました。

四万円、治療費に使うなら、

私は、好きな事に使うよ。

出かけたり、食べたり、

ヒョンビングッズを買ったりね!

とにかく、

ビッグコミック、

ありがとう!

===========================引用終わり

いるんですねこういう人・・・

私の友人も、こんな感じで、
あれっ同じじゃんと思っちゃいました。

友人は病院の治療でがんがひどくなってしまったと、
転移をしてますが、病院にかかるのをやめました。

”病院へ行かない”はかなり徹底しているみたいで、
最期は、在宅で診てくれる医者をたのむといってました。

それでも、5年ぐらいは”元気”でいるようです。

そしてその友人の場合は、
うらやましいことにお金持ちですから、海外旅行に行ったり、

病気の友達を療養のためにと、別荘に招いたりしています。
そのうえ保険税金使わないので、ばっちり社会貢献までしてくれています。

私も、彼女が病院通いで時間をつぶしたり、がん治療で苦しんでいるより、
好きな海外旅行をやっていてくれるほうが、気が楽です。


生活費や貯蓄を削って
毎月4万円+経費(相場やね)の、病院代を工面するのは、貧乏臭い。
貧乏人のやる事だと思いました。
(何しろ、病院のいちばんのお得意様が生活保護受給者だったりするww)


本当のお金持ちって、
やっぱりこういうお金と時間の使い方を
するもんだ
 と感心しました。

プライドもあるよね!!



近藤誠さん監修のこのような漫画を読んで、
不安しかないと言う人もネット上で見かけますが、
その気持ちもわからないではありませんが、
こういう人は損だとつくづく思います。
スポンサーサイト