FC2ブログ

知性が煩悩に負けるとき・・・ファスティングは糖質依存症者の言いわけです

eb84bfc263659e1169e8cb1cb7f74dc420150210141446598[1]
(当記事の下書きを書いているときに、コメントで教えていただきました。
安倍首相はなっちゃんが好物で事務所費に計上していたというニュースです。
レシートは2012年の2月だから、それほどのどが渇かない時期だと思うんですが・・・
それにしてもおなかが弱いのにガリガリ君まで事務所費で買っていたとは。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


IMG_6193L[1]
(船瀬俊介はベジタリアンの雑誌、Veggy(ベジィ)の編集長とつるんだらしい)


私は、船瀬俊介さんの日本消費者連盟時代からの読者です。
当ブログでも、船瀬さんの動画や著書を紹介させていただきました。

でも最近の船瀬さんには、がっかりです。
船瀬さんの著書が書店で平積みにされているのを見ると、
複雑な心境になります。
船瀬さんは糖質制限食の悪口を書き、
ファスティングを勧めているらしいです。


船瀬さんは動画などで言っている事がメチャクチャです。

イヌやネコは体の調子が悪いときは、何も食べないでじっとしている、
だから何も食べないで、じっとしていれば病気は治ると言ってました。

これに関しては、イヌもヒトも同じですね。

私だって、カゼを引いて、熱があるときは、
1日や2日、何も食べられないという事は、普通です。
誰かに焼肉やステーキを食べろといわれても食べれません。
無理に食べても吐くか、下痢をするでしょう。
だから無理に食べようとはしません。
誰かに教えてもらわなければ、
食べてしまう人なんていませんよ。

まあ、水分と電解質の補給のために
ジュースやスープぐらいは飲むと思いますが。

そんなこと船瀬さんにわざわざ教えてもらわなくても・・・
わざわざ本を買わなくても、わかりきった話なんです。

イヌやネコは健康のためにファスティングしようと、
頭で考えてやっているわけではありません。
体が受け付けないから食べないでいるにすぎません。
でも健康で食べられるときには、食欲のままにがつがつ食べていますよね。

イヌもヒトも同じだと思いますよ。

船瀬さんは、ヨガが趣味だそうです。
ヨガはすばらしい趣味だと思いますが、
何も、日本より”明らかに”寿命が短い国の
生活習慣まで真似る必要もないと思うんですがね。

新しい動画です
船瀬俊介さん ファスティングはいいことだらけ
https://youtu.be/0LpjcVzatts
今時、サーチュイン遺伝子を信じているんでしょうか?
ダイエット、ファスティングをやって生理が止まってしまった女性が、どうやって妊娠するの?
教えてほしいものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

300px-レッドブル[1]
(安倍首相がなっちゃん470ML×2本と一緒に買った
レッドブルにも糖分はたっぷり入っている・・・)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は、船瀬俊介さんは頭の良い人だと思ってきましたが
残念なことに、糖質依存症かもしれないと思いました。
あるいは過食傾向があるんでしょう。

夫婦で楽しむ、ファスティング入門夫婦で楽しむ、ファスティング入門
(2015/02/24)
山田 豊文、船瀬 俊介 他

商品詳細を見る



共著者が売っているファスティングドリンクの成分表を見て驚きました。
なんと、半分以上が、炭水化物、つまり糖質です。

【内容/栄養表示(100ml中) エネルギー221Kcal たんぱく質 0.8g/脂質 0.1g/炭水化物 54.1g/ナトリウム 109mg/灰分 1.3g/カルシウム 47mg/マグネシウム 120mg/カリウム 370mg/L-カルニチン 250mg/MSM 583mg】

果物のジュースや缶詰でも、これだけの高糖度はありえません。
ジャム並みの糖質量にあたると思われます。

お値段なんと720mlで、16200円。

この酵素飲料の説明を読んでいると面白いんですね。
酵素飲料といいながら、
なぜかモンゴルの馬乳酒の乳酸菌が良いから使っていますと。
なぜ馬乳酒の乳酸菌が良いかといえば、
酵母では味にえぐみが出るから・・・??・・・意味不明。

野菜の酵素が、体の中に入っても、
自前の消化酵素によって、分解されてしまうかどうかは知りませんが、

もしもドリンクの中に入っている、沖縄産黒糖が、
製品中の酵素によってブドウ糖にまで分解されたとして、
一体何の意味があるでしょう?


酵素によって宿便が排出できるといった言い訳も、机上の空論でしょう。
大腸の内視鏡画像なんて、夕食時の(苦笑)健康番組でいくらでも出てきますが、
腸壁に便がこびりついていているのなんて見たことがありません。
腫瘍があろうと潰瘍があろうと、みんなきれい!!

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=287121
======================引用はじめ(抜粋)
先日放送された「ためしてガッテン」で、 衝撃的な真実が明らかになりました。 大腸肛門病消化器内視鏡専門医の黒田敏彦さんの口から 「1万人以上の腸を見てきたけれど、いわゆる「宿便」のある人はいなかった」と言う驚きの事実が! いわゆる「宿便」と言うのは理論的にありえないそうです。 そもそも腸の内側と言うのは、粘液が常に分泌されとてもツルツルしているので、便がこびりつく、又はこびりついてはがれなくなる、と言う状態にはならないそうです。 しかも、腸は細胞の交替が非常に早い組織なので、次から次へ腸の内側の壁は剥がれ、たとえ便がこびりついたとしても、すぐに壁ごと剥がれてしまうそうです。 よって、「宿便」と言うのは理論的にありえないそうです。

●何故「宿便」があると思ったのか?
「宿便」と言う単語自体は、実際に辞書に載っています。 ただし、意味は「排出されないで大腸や直腸内に長い間たまっている便」のことで、 ただ単に排出される前の便の状態を指すそうです。 どうやらそれが、徐々に間違った意味で伝わったようです。
===========================引用終わり

安保徹さんによれば、細胞分裂の激しい臓器でがんはできるのだから、
大腸にがんが多いと言うのと、整合性がありますね。


こんなことが、頭の良い船瀬俊介さんに理解できないはずはありません。
良い人脈も持っているはずです。
それでもトンデモ酵素飲料業者とつるんでしまうというのは、
糖質依存、あるいは過食の傾向があると思うわけです。


P1160073[1]
(お借りしたイメージです)
健康にいいからと玄米を食べ、
野菜やはちみつ、黒砂糖みたいなものばかり食べていると、
厚労省の言う、糖質60%でさえ達成できませんよ)


ファスティング、断食は、やってはいけないと思います。
若い女性に摂食障がいが多いということを、考慮してもらいたいです。
ファスティングをすると
食欲旺盛な人は、ストレスからムチャ食いに転じやすくなります。
体が弱っている人は、それをきっかけに食べられなくなることがあります。

過食症より拒食症のほうが怖いのです。
脳が萎縮してしまいます。
食べていない人は、
脳がすっきりしてハイテンションな状態になっているらしいですが、

私の知人は食事が食べられなくなって、
かろうじて医者が処方するエンシュアという糖質たっぷりの栄養ドリンクで
命をつないでいるような状態です。
images[1]

要介護で、歩行器で歩きお風呂も一人では入れません。
病院で検査を受けたら脳が萎縮していると言われたそうです

それでも”自分は冴えている”と思っている様です。
自分の面倒を見てくれている人たちを役に立たないとこき下ろします。

「仕事を探す」と言っています。
募集している事業所に電話をかけまくり、
「どこも雇ってくれないが、ひどいじゃないか」と言います。
「無理やと思うよ」と言うと、
「何で?何でやと思う?・・・・」としつこく聞いてきます。
”あなたがちゃんと食べないから脳が萎縮してろれつが回っていないからだよ”、
・・・なんて答えたら、烈火のごとく怒るでしょうね。
私に思いやりがないと怒るでしょう。

本人は”てきぱき仕事ができる”と思っています。
しかし周りには”困った徘徊”にしか見えないのです。

脳の病気、脳の栄養失調には、自覚がないから怖いのです。
自分は冴えている と思っているんです。



摂食障がいのカテゴリーに
過食症、拒食症以外に糖質依存を入れるべきだと思います。
この3つは渾然一体となってつながりがあります。

過食症の人が菓子パンなど糖質を好むのは、紛れもない事実です。
過食症、拒食症、糖質依存症
この人たちの共通点は外見は普通に見えても、
子どものように、言動が薄っぺらで
精神状態に問題があるように思えます。

自分の依存を正当化するためには、
明らかに間違った事でも、なんでもやるのが依存症です。



江部康二さんの炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません。
炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません: 生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません: 生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント
(2014/08/01)
江部 康二

商品詳細を見る

(この糖質制限食の本では精神疾患、アルツハイマーに関しても触れられています
残念なことに
本日、大型スーパーの書店に行ってきましたが、この本は売っていませんでした)
スポンサーサイト