FC2ブログ

糖質制限で一日一食というのは、論理的に矛盾します。

長尾周格さんのフェイスブックに、よい記事があったのでお借りします。

===========================引用はじめ

長尾 周格

4月24日 ·

.糖質制限と一日一食

糖質制限食は糖尿病の治療食やダイエット法として認知され、分子整合栄養医学の食事療法としても利用されています。この食事法の基本は、過剰摂取で害となる糖質を控えることで、健康を得ようというものです。

食生活上で問題となる大きな要因は、糖質過多と栄養欠乏です。そしてこれらはしばしばセットで問題を引き起こします。糖質制限によって糖質過多の問題を是正し、かつ、お肉や魚介類、卵、チーズなどの動物性食品をたくさん摂ることによって、栄養欠乏を改善すべきです。

栄養欠乏を改善するにあたって、同一の栄養摂取量であれば、一日三食でも一日一食でも同じことでしょうか?この疑問を調べたのが栄養学の創始者である、佐伯矩です。佐伯は同一の食事を一日に一食で食べた場合と三食に分けて食べた場合とを比較し、栄養素の吸収率を調べました。そうしたところ、一日一食の場合は三食の場合よりも、栄養素の吸収量が低下し、体重が減少するということを突き止めました。

糖質制限やMEC食、断糖肉食、ケトジェニックダイエット、先住民食などを指導している先生方の多くは、一日三食しっかりと食べるよう指導しています。それは、栄養素の吸収効率を高め、栄養欠乏をより効果的に改善させるためなのです。

ですから、糖質制限で一日一食というのは、論理的に矛盾します。

一日一食や腹八分目(七分目)などの食事法を提唱しているのは、菜食系やマクロビなどの食事法を推奨している人達です。これは、糖質過多の食生活においては、特に生で食事を摂る人たちにおいて顕著ですが、強烈な空腹感を感じ、過食に走りがちだからです。糖質過多で過食に走れば、肥満につながることは容易に想像できます。糖質過多で栄養欠乏な食生活において、肥満にならないためには、肥満になれないくらいに重度の栄養欠乏状態でいなければなりません。これが一日一食や腹八分目、断食などを推奨する理由となっているのです。

菜食系やマクロビなどの食事法において重要視されるのは、「デトックス(解毒)」です。心身の不調は体内に溜まっている毒素であるとする考え方であり、毒素を取り除くことで健康になれると彼らは説きます。実際社会毒が蔓延している現代社会において、毒素は無視できない問題でしょう。しかし、最も大きな問題はそこではありません。

糖質制限の思想のルーツ、一日一食の思想のルーツを正しく知り、自分の栄養状態を正しく把握することによって、その人にとって最適な食事法や食事量、食事の回数が見えてくることでしょう。

=============================引用終わり

このご意見に関して私も同じように感じています。
糖質制限食と、1日1食は理論的に矛盾するんです。

1日3食より1日1食のほうが栄養効率が悪いので、
理屈の上では、1食のほうがやせると言うことができるかもしれません、
栄養失調型でもいいから、一時的でもいいから・・・
なにがなんでも痩せたいという人は、
1日1食のほうが手っ取り早いだろうと思います。
しかしカロリーオフでやせたらどうなるか・・・

それが現在の糖尿病患者の末路であろうと思います。


しかし糖質制限食は、十分な栄養を摂った上で、
”健康的に”やせなければ意味がないです。



しっかり栄養が摂れていて、薬(大量の化学物質)を摂取していなければ、
毒だし(あるいはデトックス、解毒)は起こりようがありません。
基本的に毒だしは、ステロイドや向精神薬の摂取をやめたあとに起こるものであり。
結石、便秘、宿便の原因は、栄養欠乏だからです。



長尾周格さんのフェイスブック記事からです。
あなたが太っている理由まとめ
https://ja-jp.facebook.com/notes/808338955910677/


当ブログの過去記事からです。
カロリー制限は、必要か?
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
「サーチュイン遺伝子で若返る」は、
サプリ(レスベラトロール)の売込みかもしれませんよ。

レスベラトロール効果無し?
長寿作用はすでに疑問符

http://diamond.jp/articles/-/54941

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



o0480066813082768156[1]
(1日3食食べている長尾さんのほうがスリムに見えますよね)


ところで長尾さんと内海聡さんは、
同じ出版社から本を出しているという間柄みたいですが、
長尾さんは明らかに内海さんのご意見に異を唱えていますね。

自分の意見と違うと書かれると、内海さんにしては面白くないかもしれませんが、
お友達同士だと、似た意見を持っていると思われがちだから、
違うところは違うと、はっきり書いておくことは、重要な事だと思います。

そうしてもらわないと私たちが困ります。
この点も長尾さんは間違っていません。

(もっと大物では安保徹さんも、甲田光雄さんとは意見が違うと明記しています。
これも批判でも何でもありません、私たちにとっては親切でしかありません)



ただですね・・・
長尾さんは
バターやチーズは無制限に摂ってもいいが牛乳は飲んではいけない
と言っているんですね。
それなのに、果物やクリやサツマイモは
摂りすぎなければ摂っても良いと言っているのが理解できません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


RIMG0528.jpg
(お安いツバスは、塩をしてしばらく置き、その後酢で〆てから、
左手で小さい骨をさぐりながら、右手で抜きます。
マヨネーズと生野菜でサラダにしてもいいかもしれません。)

5月30日に食べたもの

朝、卵焼き卵2コ、牛乳、バター
昼、スペアリブ煮込み、牛乳、バター
夕、外食、中華のコース、鶏の冷製、牛肉のクレープ包み、八宝菜、水餃子、杏仁豆腐。
  (ちょっとフォーマルな席だったので、こうなりました。)
  家に帰ってから、牛乳、バター、チーズ


5月31日に食べたもの

朝、目玉焼き、卵2コ、牛乳、バター
昼、出来合いの焼き鳥2本、魚のフライ半分、お寿司3個、卵1コ、牛乳
夕、ツバスの酢〆、豚小間炒め、キュウリのキムチ、チーズ、牛乳、バター
  いただいたクッキー2コ

週末は、糖質食べちゃいましたね~。 まっ、いっか。
スポンサーサイト