FC2ブログ

痩せている一般女性の食生活

有名ボディビルダーの北島達也さんという人が
痩せている一般女性の食生活はどんなものかという
質問に答えている、動画です。

痩せている方、絞れている方が
太らない原因は何気ないことにある!
痩せている方のちょっとした意識の違い!



私はずっと痩せています・・・
というか体重の増減が少ないんですね。
妊娠出産以外では、46キロ~49キロの間のどこかにいます。

その私が聞いてもこの北島さんの話は大体あっています。

私は
○甘いペットボトル飲料は、原則飲みません。
○我慢するダイエットをしたことがありません。
○リンゴダイエットのようなこともしたことがありません。
○1日3食食べ、欠食、ドカ食いはしません。
○糖質(主食)はあまり好きではなく、肉などのおかずは好きです。

プチダイエットみたいなこともしますが、
欠食ではなく、食事の量を短期間、少し減らすだけです。

北島さん、何で知っとるの?(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


RIMG00009.jpg
(ブランのパンケーキ、添加物がいっぱい)


ローソンの割引券をもらったので、
ブランパンを買いに行きました。
以下の2種類です。

○ブランのパンケーキ、税込195円、糖質20.7g、333kcal
 味はまあまあ、しっとり柔らかく、メープルの香りがします。
 それにしても、添加物がいっぱい入っています。
 ヤマザキのクォリティーやろね。

○ブランのオレンジパン、税込150円、糖質11.8g、156kcal
 大きなオレンジピールが入っていていい香り。
 でも口触りは、やっぱり米ぬかという感じ、
 全粒粉のパンとは全然違います。
 パンのおいしさという感じではありません。

割引券で買っておきながら言うのもなんですが。
やっぱり自腹で買ってまで食べるというものではないようです。
2袋350円であれば、
豚肉か、輸入牛肉なら100g以上買えます。
鶏肉なら200g(400kcal)以上買えます。
塩を振ってフライパンで焼くだけで食べられ、糖質はゼロです。
(サラダではなく)牛乳でも付ければ立派なダイエット食1食分になります。

ブランパンと肉では栄養価が全然違います

こういう加工食品に依存している人が多いと、
こういう↓とんでもないことになります。

軽減税率 加工食品適用で効果
2015年6月8日(月) 12時21分掲載 .
<軽減税率>加工食品で逆進性緩和 
「生鮮」より効果的

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6162833
◇分析結果 財務省が自民・公明両党の検討委に示す

 生活必需品の消費税率を低く抑える「軽減税率」の適用品目を協議している自民・公明両党の検討委員会で、所得が低い世帯ほど税負担が重くなる「逆進性」を和らげるには、生鮮食品より加工食品に軽減税率を適用する方が効果的とする分析結果を財務省が示した。低所得世帯ほど食費に占める加工食品の割合が高いためだ。
(毎日新聞)


低所得世帯というのがどういう世帯のことを言うのか知りませんが、
要するに情報弱者でしょう。
いらんもんを買わされているんです。
ごみを買わされている人たちです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月7日に食べたもの、
朝、ゆで卵2コ、牛乳、バター
昼、ブランのパンケーキ、ブランのオレンジパン、
  ゆで卵1コ、チーズ1コ、牛乳、海苔バター
夕、豚肩ロースハム、牛乳、海苔バター
  夜食にチーズ

6月8日に食べたもの、
朝、目玉焼き2コ、牛乳、バター
昼、豚小間炒めもの、牛乳、海苔バター
間食、チーズ
夕、手羽元とウィンナーと野菜を煮た、ポトフみたいなもの。
  牛乳、バター  

フード1
(食べやすい!、おかわりしました!)
スポンサーサイト