FC2ブログ

腸の影響は脳に現れる!!

読者の皆様、いつもありがとうございます。
情報もたくさんお寄せいただき、ありがとうございます。

RIMG0031.jpg
(毎朝牛乳300mlを飲んだ後、このような朝食を摂ります。
この日のコーヒーは、ワルツの微糖珈琲(糖分3~5%)を3分の1カップです。
コーヒーは最初の一口がおいしいので、お砂糖を入たのを少しだけ飲み、
それより麦茶をしっかり飲むのが今の気分。
朝食の量は少ないように見えますが、
牛乳を飲んでいるのでこれだけでお昼までおなかが持ちます。
この朝食の後”黄金のバナナ様”のお出ましとなります。
ちなみに、本日の体重はスッポーン!と47キです。これ以下には減らしません。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

tamesitetonyo[1]

最近糞便移植の研究が進んでいるらしいです。
便そのものというより。
健康な人の便の中の善玉菌を病気の人の腸に移植するという発想らしいです。
ためしてガッテンで糖尿病特集!
血糖値を下げる腸のスイッチとは?

http://kanarikinic.com/1627.html
ためしてガッテンでもやっていました。
糖尿病や肥満にも効果があるらしいです。

糖尿病に効果があるのは、バクテロイデスという日和見菌らしいですが、
なぜバクテロイデスが良いかというと、短鎖脂肪酸を作るかららしいです。
バクテロイデスのエサ(プレバイオティクス)が何かは私は知りませんが、
善玉菌であるビフィズス菌も、短鎖脂肪酸を作るはずです。
ビフィズス菌のエサ(プレバイオティクス)は乳糖だとわかっているのですから、
牛乳を摂ってビフィズス菌を増やしても、糖尿病や、肥満を防ぐことはできるはずです。
(それに牛乳中にも短鎖脂肪酸はあります)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


うきうきうきさんからいただいた情報です。

=========================引用はじめ

『「超」糖質制限食の危険』
http://tasty-memories-akemi.blogspot.jp/2013/01/blog-post_26.html?m=1
こちらの記事に、「粘液を作るのに糖が必要」とありました。厳格な肉食糖質制限で胃腸の調子が悪くなったり食欲不振に陥る方がおられるのは、消化管の粘液が不足する事も原因のひとつなのかもしれないと思いました。

プレバイオティクスダイエットは、ただ便通が良ければいいというわけじゃなく、腸内細菌のバランスを整える事を大切にしてるのですよね。主体は便を出す事でなく腸内細菌。腸内環境によって性格まで変わるとも言われてますね。

『腸内細菌が性格を決める』
http://wired.jp/2015/05/01/bacteria-and-mental/
クライアン教授によれば、マウスを使った研究では、腸内細菌が行動にまで影響を与える場合があることがわかっている。例えば、腸内細菌をまったくもたないように繁殖させたマウスは、通常の腸内細菌をもつマウスと比べて非社会的な行動が多くなり、ほかのマウスと過ごす時間が少なくなるという。

同様の影響は、動物の糞を別の個体に移植して腸内細菌を移す「糞便移植」を 行ったケースでも見られている。不安傾向の強いマウスに大胆な性格のマウスの糞便微生物を移植したところ、移植されたマウスはより社交的な行動をとるようになったことが確認されたそうだ。』

また、免疫細胞の7割は腸にあるとも言われており、それも腸内細菌と関わりが深いらしい。腸内環境が悪いまま長期間厳しく糖質を排除し続けたら、どんどん免疫が落ちて弱い体になってしまうのではと思ってしまいます。

それより何より、毎日黄色っぽくなめらかな便がするっと出てくれるのは、本当に気分がよく体も軽いですね!腸内細菌、調べるほど面白いです。

===========================引用終わり

超糖質制限食は危ないかもしれません。

腸内の細菌は、性格にまで影響を与える可能性があるんですね。

『腸内細菌が性格を決める」』の記事を読むと性格に良い影響を与える菌は
サイコバイオティクス
と呼ばれていて、
リンクをたどっていくと、サイコバイオティクスが、
ビフィズス菌の一種であるとわかります。
(うきうきうきさんすごいですね)

ビフィズス菌が作る短鎖脂肪酸が良い役目をしているのかもしれません。
中鎖脂肪酸のココナッツオイルなんて目じゃありません。



では糞便移植の効果のほどはどうか?と思いますよね、
ところがそれほどうまくはいかないようです。
=================================引用はじめ

健康な人の便で「潰瘍性大腸炎」と戦う!?

2015.7.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  
原因不明の難治性疾患である潰瘍性大腸炎(UC)の治療に、健康な人の便移植が有効かもしれない。カナダ・マクマスター大学からの研究報告。


潰瘍性大腸炎は血便、下痢、腹痛、体重減少や栄養失調などの症状を特徴とする慢性の炎症性腸疾患である。消化管における正常細菌に対する異常な免疫応答の発生に起因する。潰瘍性大腸炎(UC)は治療が困難であり、標準的な治療で、完治できる治療法はない。

近年、潰瘍性大腸炎の治療に、健康人の便に含まれる細菌を移植し、症状が改善されるのか、腸内細菌叢の種類によって症状を制御できるか注目されている。

モヤーディらの研究グループは、潰瘍性大腸炎の治療に、健康人の便に含まれる細菌を移植し、腸内細菌叢の種類によって症状を制御できるか検討した。研究チームは、潰瘍性大腸炎患者75名の患者を対象とした。試験開始時にS状結腸検査を行い、2つのグループに分けプラセボ対照無作為化試験を行った。一方は健康な匿名ドナーの便から(糞便移植治療、38名)、もう一方はプラセボ(水浣腸、37名)として糞便移植治療は1週間に1回、6週間とした。「メイヨースコア」を指標として2以下の場合、潰瘍性大腸炎が寛解したとみなした。

結果、最終的には5名が脱落し70名で試験が完了した。潰瘍性大腸炎の寛解がみられたのは、糞便移植治療を受けた群で9名(24%)、プラセボ群では2名(5%)であった。プラセボ群に比べて糞便移植群では統計学的に有意に寛解していた。解析により両群間の回復の差は17%だった。

潰瘍性大腸炎となって1年以内の患者4名中3名は、糞便移植治療により寛解していた。潰瘍性大腸炎となって1年以上の34名は、糞便治療により寛解したのは6名だった。これらの結果から、潰瘍性大腸炎の罹患期間が糞便移植の治療成績に影響することが分かった。

また、最近出版されたヴェルドウらの研究では、健常者の腸内細菌を与えたマウスと比較して、重度の潰瘍性大腸炎の患者の腸内細菌を与えたマウスでは、炎症反応が高く、腸内細菌叢の減少が認められたと報告している。

「多くの疑問が残るが、これは腸内微生物叢を変化させることは、潰瘍性大腸炎を治療するための有望であることを示唆している、興味深いデータである」とモヤーディらは述べている。

==============================引用終わり

糞便移植とプラセボとの寛解率(治癒率じゃないです!!)の差は17%しかないです。
移植を受ける側は、おなかの菌をすべて殺菌しなければいけないので、
リスクもあるとテレビでも言っていたみたいです。

理屈の上ではできそうに感じても、実現には無理があります。、
自動車の故障に対して部品交換をするというような対処は
人間にはできません。

一度めちゃくちゃになってしまった腸内環境は元に戻すのは無理と言っていいでしょう。
(何度も書きますがプレバイオティクスダイエットは重い病気の治療には使えません)

どっかのK先生あたりもスイマグの過剰摂取と1日10回の洗腸で、
年に1回しか自力排便ができなくなったのも当たり前と言っていいと思います。
そんなことをすれば腸内の細菌がみんないなくなってしまいます。
K先生の書いている文章を読めば、先生の腸がぼろぼろだと手に取るようにわかります。

私にはスイマグの過剰摂取、洗腸なんかしてはいけない理由がよくわかります。
ましてや、ビフィズス菌サプリでは何の役にも立たないことが十分推測できます。

”健康なうちに”牛乳で少しずつでもビフィズス菌を繁殖させておのが、
どれほど簡単で気持ちの良いことかとつくづく思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なつさんより本の紹介をいただきました。
「おしゃべりな腸」ジュリア・エンダース著、サンマーク出版です

978-4-7631-3443-1[1]


・排便ほど複雑で洗練された仕組みはない
・腸があんなに長いのにはちゃんとした理由がある
・牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる人の体内で起こっていること
・腸に働いてもらうためのいくつかの方法
・腸の影響は脳に現れる
・私たちはみな、別の生物を体内に宿している
・腸内フローラは3歳で「プロ」になる
・腸の中の清潔さを保つためにするべきこと

腸の影響は脳に現れる やっぱり・・・すごいですね~

スポンサーサイト