FC2ブログ

ビフィズス菌はビタミンB群ビタミンKを生成することができ、牛乳には美肌効果があり、乳糖は善玉菌と悪玉菌を見分けるすごい能力を持っている

RIMG0065.jpg
(うちの金魚さんです。
赤いりんごちゃんは、カメラがちょっと怖いみたいで、寄ってきません。)

金魚の飼育には、水槽内の細菌が深くかかわっています。
水と水槽をきれいにしておいて、
善玉菌が増えやすい環境にしておくと金魚は健康でいますが、
水替えなどの手入れを怠ると、悪玉菌が繁殖して、金魚は病気になります。

金魚にとっての善玉菌の勉強をしていくと、すごく面白いんです。
菌のおかげで小さな水槽の中で、金魚が何年も飼えるんです。
細菌は目には見えませんが、すごい働きをしていますね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まずはいただいたコメントの紹介からです。

先日、鉄サプリについての記事を書きましたが、
アメリカをはじめ外国では小麦粉に鉄剤が添加されているという情報があったので、
本当だろうかと疑問に思ったのですが、
次のようなコメントをいただきました。

=============================引用はじめ
匿名希望 ○2015/09/01○

https://www.imic.or.jp/library/mmwr/14717/
鉄の強化については、こういう記事がありました
鉄と葉酸を強化しているようですね。


フォーミディブル ○2015/09/01○
匿名希望さん、

情報ありがとうございます。
鉄だけでなく、葉酸なども添加されているとは、怪しいですね。

妊婦が葉酸をサプリなどで摂ることには副作用の問題があって賛否両論あります。
http://mamachika.jp/138

葉酸を含む、ビタミンB群は腸内細菌によって生成されます。
これはウィキペディアにも書いてあります。
ちゃーーんと、善玉菌を育てていれば、
葉酸添加は余計なおせっかいと言えるでしょう。

==============================引用終わり

小麦粉に今副作用が問題になっている葉酸(ビタミンBの一種)を
添加するのは、危険なのではないでしょうか。
ビタミンB群はビフィズス菌によって自分で作ることができるんです。
ウィキペディアにも書いてあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ビフィズス菌
http://ja.wikipedia.org/wiki/腸内細菌

【腸内細菌は、パントテン酸(ビタミンB5)、葉酸(ビタミンB9)、リボフラビン、ナイアシン(ビタミンB3)、ビオチン(ビタミンB7)、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKも生成する[20]。】
【腸内細菌である大腸菌、酪酸菌、乳酸菌、ビフィズス菌のどれもが、3価の鉄イオンを2価の鉄イオンに還元し微生物の増殖を促したことから、腸内細菌が鉄分の吸収に貢献していることが分かった[26]。】



ネット上にはこんな絵もあります。
benpi60[1]

もちろん妊婦さんで心配な人は、葉酸を食品で摂る分には問題ないと思いますが。
TPPに乗じて小麦粉に栄養剤を混ぜるなんて言い出したらとんでもないです。

紹介いただいた記事には「健康増進のため」とは書いていませんよね。
あくまでも「消費量増加戦略」なんですから、
ふざけるにもほどがあります。

【世界人口の約2/3は強化小麦粉が供給されていなかったことから、今後も葉酸と鉄の消費量増加戦略として
強化小麦粉の割合を拡大するプログラムを実施し続ける必要がある。】





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もう一つはこのようなコメントです。
=============================引用はじめ
たまこ ○2015/09/02○

便秘で悩んでいてこちらで牛乳の効果を知り、20年振りくらいに2週間毎日500ml程朝起きて飲んでみました。それまで硬かったお通じは柔らかくなり喜んでいたのですが、次第にお腹が張り、多量のガスが溜まるようになってしまい、仕事もあるので止むを得ず飲むことを諦めました…。ただ、続けたい気持ちはあるので調べているとアカディという牛乳があるとのこと。これでも効果がある方、ガスは出なくなったと仰る方など牛乳を続けられる何か良いお知恵をお持ちでしたら教えていただけないでしょうか?

========================引用終わり
どなたか良い方法をご存知の方は、教えていただけると幸いです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


フェイスブックから乳糖に関する、すごい情報です

フェイスブック
Eat Butter (バター&乳製品) からです。

=============================引用はじめ
Fleurs de la Cerise
8月30日 12:23

.乳糖の役割は・・・・・・・・・・・・・・・・・赤ちゃんが胎内にいた時は無菌状態ですが生まれたら雑菌だらけの世界に出てくる訳です。雑菌の中には良い菌もいれば悪い菌もいます。悪い菌が赤ちゃんの体内に入り増殖をすることは赤ちゃんにとっては好ましい状態ではありません。乳糖を分解してグルコースを利用できる菌と乳糖を分解できない菌があります。例えば、乳糖を分解できる菌の代表的なものは乳酸菌、分解できない菌として、例えば大腸菌があります。

大雑把な言い方ですが乳糖を分解できる菌は味方、そうでない菌は敵とします。味方と敵を識別する「踏み絵」のような役目を乳糖が果たしている。そう考えるとガラクトースとグルコースを合成する必要があった。合成せずにそれぞれ単独で存在させておくと、乳酸菌も大腸菌もグルコースを摂取して増殖してしまう。それでは危険であると思います。

そのために面倒なことをしてでもガラクトースとグルコースを合成させることが必要で、ガラクトシルトランスフェラーゼの能力を発揮させるためにもリゾチームをα-La(アルファ・ラクト・アルブミン)に長い時間をかけて変身させる必要があったのだと思います。その結果、味方の菌は取り入れ敵の菌は排除する必要があったと考えております
http://www.nyukyou.jp/council/20150312_3.html

===========================引用終わり

乳糖は体の中に入ってくる善玉菌と悪玉菌を識別するための、
「踏み絵」だなんて、すごい話ですよね。
乳糖で悪玉菌を排除することができるんです。

これはグルコースを含む野菜や果物の糖質にはまねのできない、
すごい働きですね。


そのうえ、牛乳には美肌効果があるのもはっきりしているようです。

乳・乳製品には美肌効果もあります。ミルクは何の目的で進化してきたのかと言うと、もともと卵からミルクに変化していくためには水分蒸発を抑える機能が必要だった。そうすると、ミルクには水分蒸発を抑える機能が残っているのかもしれません。日本最古の医学書「医新方」にはミルクを飲むと肌が滑らかになると書かれているそうです。

topics_20150312_14[1]

topics_20150312_15[1]


============================引用はじめ
Fleurs de la Cerise
8月30日 12:16

牛乳を飲んで肌がしっとりするのはこのせい??

肌の保水性を高める牛乳由来の素材
他の食品に比べ、牛乳に多く含まれるリン脂質です。スフィンゴミエリンを摂取すると、血液中のスフィンゴミエリン濃度が増加することが報告されております。また、生体内のスフィンゴミエリンは、酵素により加水分解されて皮膚の角質層にセラミドとして供給されることが知られております。このセラミドは、皮膚の角質層を構成する主要な成分であり、保水性を高め、皮膚のバリア機能を向上させます。
 そこで今回、当社が新たに開発した牛乳由来スフィンゴミエリン高含有素材(商品名:ミルクセラミド(MC-5))をヘアレスマウスに投与し、皮膚への効果について検討いたしました。
 その結果、ミルクセラミド(MC-5)の投与により、皮膚の水分量やセラミド量が統計学的有意に増加することが明らかとなりました。また、皮膚の水分蒸散量が低下する傾向が認められました。
 これらの結果から、ミルクセラミド(MC-5)には、皮膚の保水性を高める効果があることがわかりました。また、肌の健康を維持するためには、ミルクセラミド(MC-5)を毎日の食生活に取り入れることが有用であることが示唆されました。

http://www.meg-snow.com/news/archives/snowbrand/2007/0511/01.html

=============================引用終わり
スポンサーサイト