FC2ブログ

先生と呼ばれる人たちより生産者と呼ばれる人たちのほうが100倍ぐらい立派

RIMG0077.jpg
以前コメントいただいた、モウを食べました。
モウ3はすごいですよ。
国産乳製品、砂糖、卵黄だけでできたアイスクリームです。
添加物は一切入っていません、香料さえ入っていません。
アイスクリームなのですが、甘みも上品でさっぱりしています。
1個70gで小さめなのが良いですね。

6個入り379円だったかな、
グラム当たり、ハーゲンダッツの2分の1以下のお値段です。
生協の注文専用の商品らしいですが、

こんなにおいしい”本物”が安く手軽に食べられるって、
幸せだと思います。


RIMG0080.jpg
(こんな商品も・・・地元の生乳40%砂糖不使用のコーヒー牛乳!!
やす~~っ!!って感じですよね。2本ばかり買ってみます。)


牛乳たたきをやっている人には、生産者の人たちの心が伝わらないのでしょうね。
天から与えられた食べ物に、毒だのなんだのと、ケチをつけたら
神様仏様のバチがあたります。
長生きしても極楽へは行けませんよ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2014060409505771d[1]
(お借りしたイメージです)
私は名古屋近郊の、中都市に住んでいますが、
このような河川敷放牧は、珍しい光景ではありません。
最近私は堤防道路を通らなくなったので、現状はどうかはわかりませんが、
私は牧草のロールを見たことがあります、
少なくとも、牧草の栽培はされていると思います。


それに当地でも住宅地の中の田んぼでも、飼料用のイネが作られているようです。
町内会のお話では、牛のエサだとのことです。
下の引用ほど大規模ではありませんが、
九州から北海道まで飼料用に適した品種があるというのですから
こちらも珍しい話ではありません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

家畜の飼料として活用する
飼料用米とは何だろうか・・・?


========================引用はじめ(抜粋)
http://www.np-chiba.jp/shouhisha/2014/04/post-51.html
P1080101_small[1]
          飼料用米

(1) 欧米と日本の違い

十数年前に日本でも、米が不作で国産米が高騰し、タイ米を輸入した経緯があります。
減反政策とは本当に不毛な政策であり、消費できない余剰米は米粉や飼料用として消費するのが人間の知恵でした。
人間は自然には勝てません。自然災害でいつ食料生産が困難となることも常に想定しておかなければなりません。
欧米諸国では、それぞれの地域で取れる穀物を人が食べ、余剰分が家畜・家禽のえさになっています。それが、農耕と畜産の自然な関係なのです。
日本はそのようになっていませんね。
その理由は2つあります。その1つは、近代的な畜産が、全てアメリカから教わったこと。2つ目は、日本人の「米を豚に与えるのはもってのほかだ」との倫理観からくるものだと思います。

(2) 飼料自給率の向上

アメリカ一辺倒の畜産、とうもとこし一辺倒の飼料から脱却するには、国内で生されされる米を飼料として利用し拡大する事が必要です。本当の意味での「メイドインジャパン」の豚肉・鶏肉・卵や牛肉などを生産するための取り組みでもあります。世界の穀物の平均単収(10a当たり)は約350㎏ですが、日本の稲作は500~600㎏であり、多収量種では800㎏、将来的には1tも可能であるといわれています。トウモロコシや麦の連作は不向きですが、米は可能です。100年でも200年でも問題ないとされ、私達の先祖はそうして水田を維持していました。

============================引用終わり

良いこと書いてありますねー
○減反政策ほど無駄なものはない。
○アメリカの押しつけに従うことはない。
○米を家畜に食べさせるのはもってのほかだという、効率無視の倫理観。
○連作可能なコメという素晴らしい作物。
激しく同感です。

ちなみに私は生協の卵を食べていますが、
飼料の一部に国産のお米が使われているようです。
お米を使った卵は、卵黄の色が薄いのです。
卵黄は赤い唐辛子を食べさせると色が赤くなり、
お米を食べさせると白っぽくなるそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


田んぼにある白くて丸いものって何?
http://plaza.rakuten.co.jp/machi04miyagi/diary/201009240000/

====================引用はじめ(抜粋)

imgc2b3fccazikbzj[1]

 稲発酵粗飼料は,米を収穫するのではなく,稲の穂と茎葉を丸ごと乳酸発酵させた牛の粗飼料なんです。水田で作りやすく,牛にとっても良質な飼料として注目されています。県内では,1,400haを超える面積で取り組まれています。

imge0db6707zik6zj[1]

 このように白いラップして密封することにより、中で乳酸発酵が始まり、甘酸っぱい臭いのする飼料になります。一つの塊が一つのサイロということになります。それを冬期間などの牛のえさにするわけです。

 現場では,専用品種等で栽培されており,専用品種の「ホシアオバ」は,写真にもあるように人の背丈ほど(草丈150cm位)もあり,ロールの数もかなり多く収穫できます。

img37eb0621zikdzj[1]

収穫作業は,宮城県農業公社で作業の委託を受け,実施しています。

 水田地帯に白いロールが並んでいるのを見つけた時には「あれは牛のえさなんだ」と思っていただければ幸いです。

   農産園芸環境課 M.I
===========================引用終わり

牛乳は地産地消ができるんです。
地元の乳業メーカーの牛乳が1リットルあたり、
170円ぐらいで買えるなんてありがたいじゃないですか。


ところで、牛乳たたきをやっている、どっかのキチガイ医さんは
”箱詰めで送られてくる有機野菜”を信用しているのでしょうか?
通販の食材を信用しているのでしょうか?
彼らはあまりにも甘い!!
スポンサーサイト



プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ