FC2ブログ

糖質制限食で糖尿病が悪化?・・・糖質制限食に関する疑問

王城恋太さんのブログ、
糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット に
見過ごしにできない記事がありました。

これヤバくないですか?

http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-525.html

=======================引用はじめ
2015.11.12.Thu

糖尿病がどんどん悪くなる糖質制限

despair-513529_640[1]

ちはっす。

ちょっと心配になって来ましたね。
マジで。

「誰も治らない」どころか、どんどん悪くなっているんですよ、糖質制限者の糖尿病が。

糖尿病というのは罹病期間が長くなれば長くなるほど悪化するので当然と言えば当然なんですが、こうまで私の予想が的中すると、ちょっと気の毒になってしまって、あまりコケにできなくなるので困りますね(笑)

この前、何気にドクターもやし教祖のブログを見ていたら、教祖は空腹時血糖値が120mg~125mgぐらいの時もあり、暁現象も若干あると書いてありました。
恐らくこれは、順調にβ細胞が委縮しています。
つまり、その結果、基礎インスリンまでもが低下傾向にあるのです。

β細胞が機能不全を起こして委縮して行ったり、あるいはβ細胞が脱分化してα細胞に変異したりすると、相対的にα細胞が大きくなります。
そうすると、グルカゴンの分泌が亢進し、糖新生が亢進します。
糖新生が亢進して肝臓が糖を放出しても、β細胞は委縮してしまっていますからインスリンの分泌が追いつきません。
その結果、空腹時あるいは早朝空腹時においても血糖値が高くなってしまうのです。
(つまり、糖新生が制御できない。)
(糖尿病初期における空腹時高血糖は別の理由が多いのですが、それは今回省略。)

ここまで来ると、まず治らないです。

こうならないために、糖尿病初期の処置が最も重要なのです。
「β細胞の機能不全」と言っても、きょう始まって明日すべてが壊れるという訳ではありません。
長い月日、あるいは年月をかけジワリジワリと進んで行きます。
かと言って、放って置けば決して止まらず進行して行きます。

糖質制限の最も愚かな点は、目先の血糖値が下がって喜んでいるうちにβ細胞の機能障害は進行して行くところです。
気が付いた時には、もう遅いのです。

インスリン分泌不全は何故起こるのか?

β細胞の真実

糖質制限を数年間続けてラーメンを食べたら血糖値爆発

β細胞の機能回復は12週間で可能と判明!

恐らく今回の話が一番実感できるのは、糖質制限をやめ、私のブログを読んで糖尿病が治った方々ではないでしょうか?
いずれにせよ、糖質制限をやられている方々も、まだまだ元気で頑張ってもらわないと、私のブログネタがなくなってしまうので、お互い切磋琢磨して頑張りましょう!

と言っても、頑張り様がないとは思うんだけど(笑)

============================引用終わり

これ、調べてみたら、ありました。
この記事のことだと思われます。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3543.html
”120mg~125mgと境界型くらいのこともあります。
若干、暁現象もあります。”と書いてあります。

そして、ドクター江部さんは、糖質を摂ると、体調が悪くなる、
という記述を読んだ記憶があったので、

探してみたらやっぱりありました。
http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-1285.html
”江部康二先生が糖質食べると動悸がすると仰ってました。”

こんな記事も・・・
糖質制限食で血糖値が改善したのに、
心筋梗塞に。何故?再発予防は。

2015年11月12日 (木)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3589.html




糖質制限食をやっているブロガーさんで、
糖質を食べたら死ぬかと思うような動悸がしたという人をほかにも見かけました。

小西ナンチャラという食事法提唱者は、
牛乳を1杯か2杯飲んだだけで、乳糖によって数日間体の調子が悪くて、
牛乳はこりごりだ、絶対飲まないと書いていました。

こうなったらおしまいかもしれません。



王城さんの理論は難しいのですが、
糖尿病になると脂肪の分解が亢進し、遊離脂肪酸によって、
インスリンの分泌が悪くなる悪循環ということですから、

糖尿病の人は
カロリーオーバーと油脂の摂りすぎがよくないと言っているのだと思います。

そうなると太った人や血糖値が高い人がやっている、
MEC食なんてもってのほかということになります。

王城さんは、ホエイプロテインを摂って糖質も食べているらしいですが。
とにかく、たんぱく質を摂って、運動して、糖の消費をしてくれる筋肉をつけるのが
大切だと言っているのだと思います。


糖尿病の原因は、いろいろあります。
インスリンの分泌にも糖は必要であり、
β細胞は3カ月で機能回復するらしいので、
糖質をカットしすぎて、膵臓を甘やかすのも良くないかもしれません。
糖質過多がよくないのはもちろんだと思っていますが、
酷使しても甘やかしてもいけないのだと思います。

糖新生が亢進して制御できない・・・と、困ります。
わざわざ筋肉を削って、糖新生させる必要もないわけですから。


糖尿病はストレスが原因だという人もいます。
あるおじいさんは戦争でけがをして、それが原因の一つであると言われたと、
そんな話も聞いたことがあります。
カルシウム摂取が糖尿病や、肥満を防ぐとも言われています。


今のところ糖尿病でも肥満でもない私たちは、
プロテインを飲んで強度の筋トレするのも不自然な話なので、
糖質や、脂質や、そういうものに偏るのではなく、
あるいは排除するのではなく、
いろんなものを食べて、適度に運動し、脳に食べた糖質を使わせるのも大事でしょうね
スポンサーサイト