FC2ブログ

いただいたコメントから

RIMG0416[1]
(フォーミディブル作、クリスマスケーキ、2014年バージョン、
普通に小麦粉や砂糖を使ったケーキです。今年も作りますよー)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いただいたコメントを紹介します。

当ブログにいただくコメントは、参考になるものが多く、
それもわかりやすく丁寧に書いていただいて、本当にありがたいです。

具体的にどれぐらいの糖質を摂ったらいいかが見えてきました。

===========================引用はじめ

こんにちは。
以前、糖質制限とmecで体調不良になってしまった事でコメントさせて頂いたものです。
こちらのブログを参考に牛乳で糖質を取ることから始め、少しずつ体調が戻ってきたのですが万全とはいえず、恐る恐るサツマイモやカボチャで糖質を増やしていき炭水化物100グラム前後でようやく体が動くようになりました。
mecの時は、炭水化物10グラム以下にしていたのに6キロもふとってしまい、筋肉から糖新生していたのか、体もぶよぶよに(涙)
体調が戻ったので久々に山に行く気になり軽めの登山に行ったのですが筋力の低下が思っていたよりもひどくショックをうけてしまいました。
mec前は何ともなかった山が本当に辛くて辛くて...
これからは軽い運動もしながら気長に筋力もつけていこうと思っています。

それから、パレオな男さんのブログに「結局、糖質は一日にどれだけ食べるのがベストなのか?」という記事があるのですが、断食している間の糖代謝について健康な被験者たちに3日間の絶食をしてもらって、グルコースがどれだけ作られるか調べた記事がのっていました。
平均の成人男性は、1日に120〜160グラム、カロリーにして480〜640kcalのグルコースが作られていることがわかった。とありました。
やはり糖尿病でないのでしたら、これくらい食べるのがいいのかもしれませんね。
もともとパニック発作や低血糖のような症状を薬を使わずに改善したくてはじめたのですが、それらには糖質制限!という思いが残り、まだご飯を食べることが怖かったりします。
なので徐々に増やして慣らして行こうと思っています。

こちらのブログに出会わなかったら、きっと体調不良のまま、糖は毒と思いこんだままだったでしょう。

皆さんのコメントもとても参考になります。

糖質制限ブームの真っただ中ですが警笛を鳴らして頂いて本当に感謝しています。
ありがとうございました。

2015/12/13 (Sun) 15:24
みんみん #-

===========================引用終わり


===========================引用はじめ

こんにちは。
「スーパー糖質制限に警鐘をならすブログ」 のリンク切れのHPは私のでして今は閉鎖しております。
私は当時、ダイエットをしていて90kgから60kgになりました。
その際、栄養学について独学で勉強していて、健康的にやせるには必要最低限の栄養素をとりつつ不必要なカロリーは摂取しないという方法で成功しました。
私なりには最低限必要な栄養素はたんぱく質60g脂質50g糖質144g(97g)というものです。
カロリーにして1266(1078kcal)です。

また、脳の栄養素に関しては理論上はケトンのみでも脳は機能しそうなものだが、実際は最低25%はブドウ糖が必要との記事を見たことがあります。
つまりヒトはケトンのみでも脳は正常に機能するというのはまさに机上の空論ということになります。

ビーガンからケトン食までさまざまな食事法を自分の体で実験しましたが、私としては必須糖質という概念はなくとも最低限97g(144gのほうが安全)はとらないと健康を損ねてしまうという結論に至りました。

私見ですが、健康的に安全に減量したい方は最低限のたんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルは摂取したほうがいいです。

2015/12/14 (Mon) 15:51
ごろぞう #-

==========================引用終わり


最低100g~それ以上の糖質を摂ったほうが体調がいいというコメントが多かったです。
みなさん、体験談を、本当にありがとうございます。



私自身はこの数カ月、糖質量はだいたいプチ糖質制限食を目安にしてきました。

朝は、起きたらまず牛乳、パンはあまり好きではないので、
ハムエッグなどと、フルーツ、砂糖を少し入れたコーヒーです。

昼は麺類やお寿司を食べることもあります。
おやつには砂糖を少し入れたミルクセーキやカフェオレを飲むと、
満足感が高く、腹持ちも良いです。
時々市販のお菓子や、デザートを食べることもあります。

夜は肉や魚をしっかり食べるようにすれば、
ほとんど主食を食べなくても、満足できます。
寝る前に牛乳を飲むこともあります。夜中にトイレに行かなければなりませんが・・・

他にも調理に、砂糖、小麦粉、パン粉などを使いますので、
そういうものでも糖質を摂っています。

だいたい糖質量は100gちょい多めになっていると思います。

これで特に体調が悪いということはありません。
どこも痛いところがないし、便秘もないし、更年期の困った症状もありません。
多少ホットフラッシュがある感じですが、
今の寒い時期には冷えなくてありがたいぐらいです。
この秋は、寒冷アレルギーのような朝のくしゃみがありませんでした。

こんな感じだと食べることへのストレスがほとんどありません。
異常にテンションが高いということもないと思います。

人の2倍仕事ができるということもありません(笑)
したくもないですし。

この食事内容だと、体重の増減を気にしなくても
安定しているので、たいへん楽で良いです。
スポンサーサイト