FC2ブログ

”栄養バランスの良いお弁当”の現実

ネットで話題の低糖質レストランに行ってきました。
たまたま用事で通りかかったのです。

ランチですが、料理は繊細でとてもきれいに作ってありました。
メインはつなぎに高野豆腐を使ったハンバーグと、サワラの切り身でした。
(下の写真はお借りしたイメージで、私が食べたものと違います。)
ソースも凝ったもので、乳製品が使ってあるようでした。

ランチにはもったいないぐらいです。

低糖質パウンドケーキも食べました。
(すごく小さかったです)

私はやっぱり砂糖や小麦粉を使ったケーキのほうが良いです(笑)

12347607_933278040096826_1519547915621568262_n[1]
(お借りしたイメージです。)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


栄養バランスの良いお弁当だとか栄養士が考えたお弁当だとか
いうのが流行っているみたいですが・・・

栄養士の学校が監修しているお弁当がこれですから、
「いったい何を考えているの?」
と聞いてみたい感じがします。

a3588373647ad3cc6c587138425d85c1[1]
「ミニストップ×女子栄養大学 第3弾!」


IMG_7663[1]
「神戸女子大学×コープフーズ」


普通の(栄養のバランスとか考えていない)お弁当と何も変わらないように感じます。
確実にカルシウムと、たんぱく質が足りないと言えると思います。
(神戸女子大学のはご飯にマンナンライスを使ってあるようです。
これじゃあ、カロリーも足りないんじゃ??)

肉(魚)のたんぱく質は、100g当たり約20gしかないというのは、
前回の記事で紹介しましたが、
お弁当1個にだいたい30gの肉を使ってあると仮定して、たんぱく質6g、
50g使ってあるとしても10g、


たんぱく質は、1日につき、約50~60g必要と言われていますから、
1食につき、100gの肉か魚か卵を食べる必要があると言えます。

栄養について、教育現場からして、おかしいです。


ご飯を食べるなとは言いませんが、ご飯ありきのメニューだと、
どうしてもたんぱく質が摂れなくなります。

ご飯は無くてもいいから、
1食につき、大きなとんかつ1枚+牛乳200ml食べるとかじゃないと、
しっかり栄養を摂ることはできませんね。
くどいようですが、ペラペラの肉で衣の厚いとんかつではダメですよ!!

(以上、画像はお借りしたイメージです)
スポンサーサイト