その「やせごはん」が危ない!!健康になるためのダイエットで調理師なのに若くして亡くなった人?

RIMG0003.jpg
(”また!!” ゴジラみたいなゴーヤをもらったのですが・・・)

RIMG0005.jpg
(ピクルス風の浅漬けにしてみました。
しっかり下処理、苦みを抜いて、スパイスを入れてしまって失敗!!
もう一度洗いなおして、甘酢漬け風に漬けなおし・・・
う~ん、こういう食べなれない食材は面倒ですね。
その割においしいとは思えないし・・・
今度もらったら捨てさせてもらいます。

田舎では、体に良いからという流行で、
作物を作る人も多いのですが・・・
ウコンなんか作ってどうやって食べるの?(゚д゚)
みたいなこともあるんです。
http://ukonmania.com/taking/taking2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


31歳で亡くなったテラスハウス今井洋介さん 
心筋梗塞は過激なダイエットのせいなのか


2015/11/30 20:05

http://www.j-cast.com/2015/11/30251929.html
フジテレビ系番組「テラスハウス」出演で話題になった写真家で音楽家の今井洋介さんは、心筋梗塞のため31歳の若さで突如亡くなった。その原因は不明のままだが、過去のある不健康な行為があるのではとの憶測も出ている。

今井さんは、2014年3月までテラスハウスに1年近く出演した。一つ屋根の下で男女6人が共同生活を送り、恋愛模様を繰り広げる番組で、今井さんが振られながらもアタックする姿は、ネット上でも反響を呼んだ。


news_20151130194555-thumb-autox380-77267.png
ブログで体の激変を報告していた


100キロの体重を半年で65キロに減らす

その後、今井さんは、様々なメディアに露出を続け、15年11月22日は、6時から4時間、FM横浜の生放送番組に出演していた。

報道によると、亡くなった翌23日も、東京・六本木のクラブで2時から1時間近くDJの仕事をし、その後、鎌倉市内の自宅に戻って就寝した。しかし、同居している母親が夜になっても起きてこないのを心配して部屋に入ると、すでに息がなかった。救急車で病院に運ばれたが、この日の午後1時ごろには死亡していたとみられている。

日本人の死亡原因としては、がんに続いて、心筋梗塞などの心疾患が多く、特に年齢が上がるほど多くなっている。しかし、14年は、4万人近くが急性心筋梗塞で亡くなっているが、30代での死亡は、164人に過ぎない。20代では16人だ。若い世代では、男性の割合が20、30代でそれぞれ8割強を占めるほど多い。

厚労省の健康課によると、心筋梗塞のリスク要因としては、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙、家族歴がある。

今井さんの場合は、過去に100キロも体重があったことがあり、脂質異常症となっていた可能性がありそうだ。ブログによると、ラーメンばかり食べていたのを2010年にダイエットをして、半年間で体重を65キロまで減らしたという。しかし、これでリスクが完全になくなるわけではないという。

=============================引用終わり

今井洋介さんは、タバコも酒もやめて、
とても健康に気をつかっていたらしいです。
今井洋介の心筋梗塞の原因に隠された衝撃の背景がヤバすぎる!?



それだけではありません。
今井洋介さんは調理師の免許を持っていて、
レシピ本なども出版されていたらしいです。

クックパッドの記事からです。
http://news.cookpad.com/articles/3523
==========================引用はじめ(抜粋)
人気番組「テラスハウス」出演の今井洋介が35kg!
減量できたやせごはん

5ca391002d7e7f75981754c14cafd516.jpg

100kgだったボクがポジティブになれたやせごはん

c92841a21754152d2d198be225693efc.jpg
減量前100kg以上あった頃

2014年10月までにフジテレビで放送されていた青春密着リアリティーショー「テラスハウス」に出演していた今井洋介さん。現在は、写真家やファッションモデル、音楽家としても活動していますが、そんな今井さんは過去に体重を100kgから35kgも減量した経験があるそうです。調理師免許をもち、食べることも大好きな彼が、カロリーを抑えながら腹持ちも良く、かつ美味しいものを食べながら瘦せることができないか、自身の身体を実験台にしたレシピが集まった本『100kgだったボクがポジティブになれたやせごはん』(KADOKAWA)をこの冬刊行。その中からのおススメレシピをご紹介します。

納豆の大根じゃこサラダ 76kcal
とろろめかぶ納豆丼 403kcal
豆腐チャーハン 314kcal


==============================引用終わり

(おいしいかなーこのレシピ・・・いらんわ)

私は今井さんのレシピ本などを読んだわけではないので
個人的な推測となりますし、
亡くなった原因はダイエットだけではなかったかもしれませんが・・・

今井さんは、肉や乳製品の飽和脂肪酸は健康によくないと思っていた可能性があります。

ラーメンばかり食べていて太ったからといって、今度は大豆ばかりを食べるようにしても、
健康に良いとは限りません。



肉や乳製品にある、飽和脂肪酸を摂らないことは、
多すぎるより危険かもしれません。

国立がんセンターのHPより
======================引用はじめ(抜粋)
飽和脂肪酸摂取と循環器疾患発症の関連について
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3273.html

jphc_outcome179_img001.jpg

jphc_outcome179_img002.jpg

jphc_outcome179_img003.jpg

また、脳卒中と心筋梗塞・急性死をあわせた全循環器疾患との関連では、飽和脂肪酸を最もたくさん摂取する群でリスクが最も低い結果であり、最も少ない群に比べて発症リスクが18%低下していました。この集団においては、心筋梗塞よりも脳卒中の発症数が多く、循環器疾患全体としては、脳卒中によるリスク低下の影響が大きかったためです。

この研究から言えること

従来、飽和脂肪酸は血清のコレステロール値を高くし、将来的に粥状動脈硬化になりやすくなることから、摂取を控えるような指導がなされることがありました。一方で、最近の結果から、飽和脂肪酸は無害であり、制限する必要はないという説もあります。今回の研究結果からは、日本人におけるこうした議論のひとつの決着として、「飽和脂肪酸摂取は、多すぎても、少なすぎても良くない」という結論が得られました。この結果は、日本人で約40年前に発見された「血清コレステロール値は、高すぎても低すぎても良くない」という知見とよく一致しています。
本研究と過去の日本や欧米で実施されたいくつかの研究を総合的にみると、脳卒中並びに心筋梗塞の発症リスクが低いのは、飽和脂肪酸の摂取量が1日に20g前後の集団と考えられます。そのような人の食事を今回の研究で用いたアンケート調査結果に当てはめてみると、たとえば牛乳を毎日コップ1杯(200g)、肉を2日に1回(1回につき150g程度)の摂取でした。
==========================引用終わり

国立がんセンターの引用記事に書いてある
理想的な飽和脂肪酸の摂取量20gはだいたいどれぐらいの量かというと、
ラードには39%の飽和脂肪酸があるわけですから、
脂身付きの豚ローズ約200g(とんかつソテー用2枚)/1日に相当します。

>たとえば牛乳を毎日コップ1杯(200g)、肉を2日に1回(1回につき150g程度)の摂取
だと、バターや卵、洋菓子等も食べて、
バラ肉などの脂の多い部位も食べてのことだろうと思われます。

私の計算では、納豆だと、1キロ食べても、飽和脂肪酸は20gには達しません。
少食の人や、和食では、よほど気を付けて食べるようにしないと不足する量です。


大切なのは飽和脂肪酸だけではありません。
赤身の肉には、赤身の肉以外では摂りにくい、亜鉛などがあります。
牛乳には牛乳以外では摂りにくい、カルシウムや乳糖があります。


じゃあ体重を減らしたい人はどうしたらいいかというと
これはホリエモンもやせたという、刑務所ダイエットにつきます。
規則正しい生活をし、
毎日3度3度、バランスの良い食事をするのがいちばんです。


当ブログのスポンサー様のサイトです。
こちらからサイトにお入りいただき、
お買い物をしていただくと管理人は喜びます。\(^o^)/
スポンサーサイト