FC2ブログ

がんより恐いがん治療…セレブはなぜがんで死ぬのか


41287330_2040357282670558_6411752377630198445_n.jpg


健保組合、黒字額4割減=17年度決算、4割超が赤字に
9/25(火) 12:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000041-jij-pol

いよいよ大変なことになってきましたね。
私は、健康保険料は払いたくないんですよね。
(今は次男クンの扶養家族になっているので、ありがたいですが)

高齢者に高額ながん治療は必要でしょうか?
先日亡くなった樹木希林さんは、
がんと共に生きた生き方が素晴らしいとか
死にざまがかっこいいとか言われていますが本当でしょうか?

樹木希林さんは
2005年ごろに乳がんの全摘手術。
2007年ごろ、がんが再発 鹿児島にあるUMSオンコロジークリニックで治療
2008年には腸、副腎、脊髄に転移、
2013年全身癌と宣告されたらしいです。

乳がんの全摘手術は保険適用ですが、
もちろんお金がたくさんかかっているわけです。
温存も提示されたが全摘を選択し、
たった2年で再発は、ありえないですね。

再発転移するものはどんな治療をやっても効果がないと
近藤誠さんの言ってることは本当だなと思います。

UMSオンコロジークリニックの放射線治療は自費で、
1回の治療につき200万円とか300万円とか言われています。
これを何回かやるのだそうです。

乳がんがみつかってから14年ぐらい生きるのは、
長いのか短いのか私にはわかりませんが、
たとえ数か月ぐらい、寿命が延びたとしても、
一般人としては、とてもまねのできる話ではありません。

アグネスチャンさんや、山田邦子さんは2007年ごろに、
たしか温存(くりぬき)手術をやっていたらしいですが、
再発したとか転移したとかいう話は聞かないので
お金のかからないであろう!!温存のほうが印象が良い感じがします。

もちろん私はがん検診はやりませんし、
もしもがんにかかって痛くなったら
痛み止め等対症療法だけをやりますね。


問題は、UMSオンコロジークリニック、です。
ここの、放射線治療が樹木希林さんに効いたようだから、
保険適用にしろという人もいますが…はっきり言って無理です。

これです↓↓
http://www.ums-oc.com/

数年前に比べてHPはとてもきれいになりましたが、
内容は全く変わっていないようです。

このHPには肝心なことが何一つ書いてありません。

●一番大切なことは、放射線治療についてですが、
その肝心な放射線な治療が、ここには書いてありません。
放射線にはいろいろな種類があり、
X線、陽子線、重粒子線などの種類があるのです。

陽子線がどうとか、ハイパーサーミアがどうとか
まぎらわしく書いていますが、
これは全く関係ない話なんです。
関係ない話ばかり書いて、
肝心の、行っている放射線治療について
書かないというのはあり得ないのです。

●また、ネットで立派なHPを作っておきながら
ネット情報を批判するというのもおかしな話ですよね。

●もう死んでしまった筑紫哲也さんや鳥越俊太郎さんについて、
言い訳めいたことを書いていますが、
そもそも、植松稔という人は、慶応の先輩である近藤誠さんに、
民間療法レベルのものであると批判され、
心の破門をしたと言われているのです。
それについてちゃんと反論するべきだと思います。

●「治療のガイドラインを重要視しない」ということですが、
それではいったいどの情報を信用しろというのでしょうか?


91vprlVT-BL.jpg


実際、オンコロジークリニックで治療を受けた有名人で、
早いうちに無くなっている人は多いのですが、
(筑紫哲也、渡瀬恒彦、九重親方=千代の富士、他)
私は、お金持ちが自費で何をやろうが好きなようにすればいいと思います。

しかし変なものを保険適用にしてもらいたくありません。
ものすごく高い抗がん剤や免疫抑制剤、過剰診断、切りすぎ、
毛はえ薬や、禁煙薬やシミ取り薬を保険適用にする必要があったでしょうか?

私は別に誰かをたたきたいわけではありませんが、
若輩60代やそこらで頭がボケて、
詐欺みたいな人にお金や健康を盗られるのは、
たまったものじゃないので書いているだけです。


なんかよくわからないけれど、すごいことが書いてある~~
3月3日犬丸勝子お別れ会の全貌です。
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/03/06/3月3日犬丸勝子お別れ会の全貌です。/


あ、、そうそう、
ちなみに、
樹木さんは死ぬまで元気だったといわれますが、
私の知人の場合は、抗がん剤の副作用でどんなに苦しくても、
入院させてもらえないし、「仕事をしろ」と言われると、愚痴ってました。
私に愚痴愚痴愚痴愚痴・・・・よほど苦しいのだと思いますよ。
けれども平気そうな顔をしていないと叱られると・・・

手術であろうと放射線であろうと同じだと思います。
放射線ピンポイントで骨がボキボキ折れるんです。
オンコロジーで治療を受けたブロガーたちはおどろくほどろっ骨折れて
それでもほったらかしで我慢しているのです。
医者は、無症状のがんの恐怖心をあおっておきながら、
治療の副作用はどんなに苦しくても、弱音を吐くな我慢しろと言うのですから、
これほど卑怯なことはないと思います。
私は気が弱いので、こんな治療は、最初からご遠慮させていただきます。
スポンサーサイト