FC2ブログ

大盛況のうつ病ブログ村は出社拒否ブログ村?

出社拒否症2

不登校はやたらと問題視されます。
児童民生委員も、不登校対策しろとうるさいです。
それに比べ、出社拒否は、あまり話題にならないようです。
しかし登校拒否(不登校)より出社拒否のほうが
問題は深刻だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【平成家族】「学校、行けなくてもいい」のその先 不登校の「親の会」から見えた、追いつかない「現実」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00010000-asahit-soci
========================引用はじめ
yos***** | 22時間前

当事者からコメントしますね。
公立中学2年の時から不登校になり、五年引きこもり。
20歳になって大検予備校に通い大検取得。
低偏差値理系単科大学を無事卒業。
電機メーカーTのIT部門に採用されました。

同じ会社で10年以上勤めています。
メンタル不調で一時期休職しましたが、
結婚して都内にマンションも買いました。
苦労は多いですが、まあ普通に暮らしています。
共稼ぎなので世帯収入は1本超えています。

大卒一括新卒採用で救われました。
また、コミュ力に自信がなかったので、
理系に進学したのもいい選択でした。
ITは学部出を大量採用で入りやすかったのもあります。

でも今は女子並みに喋るし、明るい方と言われます。
人生わからないものです。

転職と同じで、環境を変える選択肢は子供に与えてほしいですね。少しの休息の後、いつかは学校なり会社なりに通う必要はあると思います。
=======================引用終わり

この人はうちの長男とよく似てます。
不登校(ホームスクーラー)をやっていた人でも、
サラリーマンになれます。
うちの長男も、上場機械メーカーで同期最速の出世、
30代の前半で課長になりました。

サラリーマンとして会社に骨をうずめる気はないと言って、
ある士業の資格を取りました。
もちろん働きながら勉強したのです。
ここまでやれれば、
万が一会社が倒産するとか
会社に通えなくなるような事態になっても
転職や自営の助けになりますから、問題がありません。

出来れば最終学歴が大卒であったほうがいいと思います、
大学での勉強の内容は、実社会ではほとんど必要ではありません。
教育は百害あって一利なしです。

大学卒は単なるレッテルです、キップです。
(そこまで理解できてこそ大人です)
大卒のレッテルがあれば、資格試験に有利だし、
一日も休まず学校へ行っていた人と
企業の採用条件はほとんど変わりません。

お金さえあればどこかの大学に入れますから、
変な塾や教育費にお金を使わないで
大学の費用としてお金を貯めておいたほうがいいです。

コメントでは、不登校の人は仕事に就けない、
逃げだ、我慢ができないというようなことを
書いている人も多いようですが、
いじめっ子の言い訳です。

よく考えてみてください、
東大を出て人気企業に就職した人が自殺したとか、
若い女医が自殺したとか
ニュースで話題になっています。
こうなると経済的損失も計り知れません。
自殺遺族のブログもありますね
実際日本では若者の自殺が多いと言われています。

うつ病のブログもたくさんあって
大学を卒業して就職したものの、
重いうつ病になってしまって、退職したり、
AとかBとかみたいなところに通っているとか、
社内ニートみたいな立場になっている人が多いと感じます。
元教師というのもあります。
出社拒否、就職拒否ブログですよね。
8年10年と精神科に通って薬を飲んだりしていると、
もう這い上がれなのではないでしょうか。


原因は
「頑張りすぎ」や「燃え尽き」だろうと思います。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO24223150U7A201C1000000

子どもの頃の不登校は全く問題がないけれど、
大人になってからの出社拒否就職拒否のほうが問題は深刻だと思います。


子どものころに不登校をして
それが認められる経験をしていると
危険な場面では逃げ足が速いので深みにはまらないし、
変なプライドも捨てていますから、
燃え尽きないと思います。


ただし不登校が認められなかった人、
他人の不登校を認められないような人は、特攻隊。
自分が壊れるまで、突っ走ってしまいます。

死なないまでも、
山登りで最初から飛ばすと、
バテてすぐに動けなくなります。



出社拒否で悩んでいる人にすれば、
うらやましいような書き込みではないでしょうか
=======================引用はじめ

dec***** | 14時間前

私は小学6年から中学3年間の計4年間不登校でした。
今となっては学校に行っておけばよかったなと思います。
よくいう「地元の友達」がいなくて、少し寂しいです。
中学を卒業して高校、大学と進学しましたが、人と普通にコミュニケーションが取れるようになったのは社会人になってからです。
高校も大学も基本的に1人で過ごしていました。
不登校じゃないけど感覚的に不登校みたいなもんで穴が空いていました。
今定期的に飲む相手は社会人になってからの友達と先輩と、大学時代にできた3人の友人の内の1人です。
不登校がなかったらそういう交友関係も変わったのかなと思うことがあります。
今を否定している訳じゃないですけどね。



upn***** | 5時間前

自分が中3で不登校になった時、ウチの両親は何も言わずに、ただひたすら待ってくれた。
3学期になって、いよいよ自分も進路というモノを意識し出して意を決して親に相談したら、自分の為に集めてくれた通信制やサポート校の資料が沢山出て来た。
あの1年が有ったから、自分は高校で恩師と呼べる先生に出会い、卒業後10年経っても遊びに行ける友達に出会えた。
時間は有限ではないので、ある程度の区切りは必要だと思うが、無理に学校へ行かせようとするよりは、本人が何か考えを示すまで待つのもありだと思う。

あ、中3の担任は今再会しても殴る自信あるw

========================引用終わり

スポンサーサイト