FC2ブログ

学校は虐待親やブラック上司の製造工場にならない様に、せいぜい心して運営してもらいたいものです。

元同級生らに約3,800万円の賠償命じる 大津市・中学生いじめ自殺
2019年2月19日 火曜 午後3:56
https://www.fnn.jp/posts/00412391CX
これもおかしいですね。
責任は中学校または市にあるのでは?
学校の場合手っ取り早くお金にするには、
個人を訴えたほうが楽だろうとは想像できますが・・・

今日のテレホン人生相談では、
会社で、警察からの天下り上司に、ひどいパワハラを受け、
休職に追い込まれた49歳男性の相談をやっていました。

回答者の大迫恵美子さんは、
問題は個人ではないと、念を押すように言っていました。
社長がどんなにいい人であっても、組織の問題なんですね。
裁判を起こすとしたら、個人を相手にするのではなく、
(たとえ警察の天下り上司であっても!!)
パワハラなどの問題がないように会社を運営する義務に反している
会社を相手にすることになるのだという趣旨の回答をしていました。
あらためてそりゃそうだと思いました。

義務教育は、
市町村に学校を問題なく運営する義務があるのですから、
いじめ自殺事件があったとすると、
学校の義務教育違反になるのではないかと思います。
当時中学生を罰してみても、こういった事件はなくならないと思います。
大迫恵美子さんのご意見を聞いてみたいものですね。

311111.jpg
大迫恵美子さんは人気らしいですね。
皆さん大迫恵美子さんのラジオを聞いて、
勉強しましょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いじめ問題では、
学校に責任を問うていくのが当たり前だと思います。

自殺は「いじめが主要因」 学校側受け入れず、長崎
2019年02月28日 12時45分 TBS
長崎自殺 学校が突然死提案
2019年02月27日 13時58分 TBS
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-203516/
=======================引用はじめ
自殺は「いじめが主要因」 学校側受け入れず、長崎

 おととし、長崎市内の高校に通う男子生徒が自殺し、学校側が設置した第三者委員会が「いじめが主な要因」とする調査結果をまとめました。しかし、高校側はこれを不服として受け入れない考えを遺族に示したということです。
 「息子の死が無駄死にになる」(父親)
 おととし4月、長崎市内の公園で私立高校2年だった男子生徒が自殺しているのが見つかりました。会見した両親によりますと、見つかった遺書や手記には、「いじめを受けていた」との内容が書かれていたため、高校に第三者委員会の設置を求め、去年11月、「いじめが自殺の主な要因」とする報告書がまとめられました。
 しかし、高校は先月、両親に対し、いじめがあった事実は認めたものの、「自殺の主な要因ではない」と説明。調査結果を受け入れない考えを伝えたということです。
 「私たちは(亡くなった直後に)学校から『突然死や転校にもできる』と提案された。まさか学校が(第三者委員会の報告書を)拒否できること自体に驚いた」(母親)
 両親は、高校にいじめと自殺の関連を認めるよう求めています。高校は、「弁護士を交えて協議中のため、コメントは控えたい」としています。(27日13:45)
========================引用終わり




自殺生徒は「学習障害」「能力異常に低い」教職員が発言
2/27(水) 19:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000100-asahi-soci

========================引用はじめ

AS20190227003886_commL.jpg
父親(手前)ら遺族に謝罪する山口県教委学校安全・体育課の原井進課長ら(奥左)=2019年2月27日、山口県庁、棚橋咲月撮影

 山口県周南市で2016年、県立高校2年の男子生徒(当時17)が自殺したことをめぐり、教職員が県の調査検証委員会の聞き取り調査に対し、「いじられて嬉(うれ)しい人もいる」などと発言していたことがわかった。生徒の両親は27日、記者会見し発言を批判。県教育委員会に、いじめ自殺に関係した教員の処分や再発防止などを申し入れた。

 検証委は昨年5~11月、教職員20人にいじめの有無について聞き取り調査を実施。今月5日に公表した報告書とともに、調査概要をまとめた非公表の文書を遺族に渡していた。

 両親によると、非公表の文書には複数の教職員が聞き取り調査に「(からかいや揶揄(やゆ)などで)いじられて嬉しいという人もいる」「(男子生徒は)学習障害」「能力が異常に低い」「(いじめに)大きな問題はない」などと発言したと記載されていた。

 検証委は「いじりと呼ばれていた行為は、いじめにあたる」と報告書で認定した。両親は会見で、こうした発言について「激しい憤りと強い疑問を感じずにはいられない」と批判。母親は「同じことが繰り返されないよう、県教委は学校を指導してほしい」と語った。
=========================引用終わり

https://youtu.be/cd7KmkFl0Jg
スポンサーサイト