FC2ブログ

児童虐待を防ぐには、中学高校ぐらいですべての暴力はいけないと、徹底的に教え込まなければ無理。


昨日のビビッドで、中国の立ち退きトラブルをやっていました。
インフラの政府の締め切り(権力)が絶対で、
強制的な立ち退きをさせざるを得なかった。
何十人も”焼身自殺”しているのだそうです。

今回の明石市の”立ち退き、火をつけろ事件”は、
地権者側が泉市長のホンネを知ってしまったから、
中国と同じことになってしまいませんかね。
権力で立ち退きさせるなんて、
中国や北朝鮮ぐらいのものでしょう。
何があっても絶対に言ってはいけない言葉というのはあるものですね。

明石市、泉さん養護の人たちはよく考えたほうがいいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近の虐待死事件で、児童相談所や、教育委員会、
など関係機関が批判されています。

しかしこれらの関係機関では、ものすごく仕事やっています。
少子化少子化と言われ、
ものすごく子どもの数が減っているにもかかわらず、です。

それから特に母親たちに多い傾向だと思うのですが、
虐待(暴力)はいけないという意識の高まりがあると思うんです。
ネットでは、子どもを殴ってしまうのだが、
やめたいという掲示板や相談は多いように思います。
虐待関連の本も多く、問題に気が付き始めているのです。

関係機関がこれだけの仕事をやっているにもかかわらず、
母親たちの意識の向上にもかかわらず、
そして子供の数が減っているにもかかわらず、

暴行、障害、、などで検挙される人の数は増え続け
性的虐待や殺人等の数が、減っていない、または微増は
異常事態だと思います。


20140805-00037997-roupeiro-000-5-view.jpg

h6-1-6-02.jpg

20160204
本当に児童虐待は減っているのか?
http://ala2014.hatenadiary.jp/entry/2016/02/04/174754




女児母親、厳しく叱責=「暴行加担」認める-父と共謀、傷害容疑で逮捕・千葉県警
2/5(火) 7:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000013-jij-soci

この事件は本当に大変な事件ですね。
私はこの手の事件は、
切り取りで理解しないように、
報道をよく読むようにしているのですが、
ここまで巧妙に、陰湿に、執拗にやるとは・・・
ここまでの”悪”というものは想像もつきませんでした。


児童相談所や、関係機関を批判する人(コメンテーター)が多いようですが、
対処は無理だったと思います。
テレビで言いたい放題のタレントや政治家が
本音をしゃべれない、現場の公務員をたたくのは、
やっぱりいじめだと思います。


ただですね、死ななければいいというものではありません。
今この瞬間にも、虐待を受けている子供がいるのです。
障がいが残るような大けがをした人もいるでしょう。
今回はたまたまアンケートや虚偽の書類があったから、
大きな報道となったのでしょう。
目黒の5歳児の事件も、本人が書いた文章がありました。
言葉もしゃべれないような小さい子だったら、
証拠が残りませんから、
私たちの目耳に触れないで済んでしまうのだろうと思います。

すでに親になってしまってから、
虐待をしてはいけないと虐待親に説教しても遅いのです。
中高生ぐらいで子どもにあらゆる暴力をふるってはいけないと、
教えるべきでしょう。
児相がどういう仕事をしているのか、教えるべきでしょう。
民生児童委員のジジババに教育していては遅いのです。

・・・とすると、矛盾が生じてきます。
日本の学校の多くで行われている教育は、
虐待すれすれだからです。

虐待が連鎖する
暴力が連鎖する

というのは紛れもない事実です。
暴力を受けてきた人が暴力をやらなくても、
反社会的な行動をしたり、依存症になったり自殺したりします。

暴力によって暴力を防ぐことはできません。
このままでは、虐待事件は減りません。



「宿題終わらず腹立った」小4三男暴行容疑で父逮捕 兵庫
2/6(水) 11:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000017-mai-soci

「お母さんによくたたかれる」9歳次女が110番、母親逮捕
2/5(火) 21:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000600-san-soci
このニュースに対するコメントはおかしいです。
この期に及んで、まだ暴力を容認し、
通報した子供に批判的なコメントが多いようです。


私はこのコメントに同感ですね。
==========================引用はじめ
nee***** |

「よくたたかれる」から通報したのが事実なら

例え躾でも日常的に手を上げられてきた可能性はあるかもね。

事が起きた後で発覚しようモノならいつもの如く対応が遅いと批難の声が浴びせられたに決まってるだろうし

躾と虐待の線引きをここまで難しくしてるのは他ならぬ世論の声なんと違うかな?


もちろん気に入らない事がある度に通報する日常が常態化してしまう危惧はあるかもしれないけど

この子にしてみたらただ単にSOSの声を上げただけなのかもしれない。

悪知恵を働かせてツケ上がる可能性ばかり指摘してこの先助けを求める声を上げる事すら許さない風潮が作り上げられたら

結果的には世論が虐待を黙認するハメになる、その可能性の方が俺には恐ろしいと思うけどね。


まぁいずれにせよ

子供相手に世論という「数の暴力」でダブルバインドを仕掛けるんはいい歳した大人のする事ではないわな。
=========================引用終わり



こんなグラフもあります。
sirabee_161016_naguru1.png
昔の人が子供を殴りまくっていたわけではありません。
私は親からも誰からも殴られたことはありません。
友達が親や教師に殴られるのも見たことがありません。
そして虐待でケガをしたり死んでしまう子供がいることは知っています。
(しかし、私は学校でも家庭でも精神的暴力は受けてきて、
今も後遺症に苦しんでいますが・・・)

たたかれて育った人の中には、
たたかないで育てられた人がいることを知らない人がいます。
あるいは知っていても子供がたたかれないことがイメージできないのです。
これが非常に怖い事なんです。

お気の毒なのは氷河期の人たちですね。
この人たちが子供のころは学校の管理教育が厳しくなった
学校至上主義世代だと思います。
この世代が社会から受けた仕打ちは異常です。
家庭は社会の縮図です
こういう人たちが当たり前に子供に暴力をふるうのでしょう。


本当にこの世代の人たちはお気の毒です。
スポンサーサイト