FC2ブログ

京アニの放火殺害事件容疑者は、精神疾患だったようです。どんな薬を飲んでいたか公表してもらいたい。

JS745_keikaisuruneko_TP_V4.jpg
https://noni-no.net/hattatsu/2384.html

ストラテラを服用するようになってすぐ、サラッと乾いてすぐに風で飛んでいく怒りの感情が、急に粘着質のねっとりとこびりつき、粘つくような怒りに変わった。
感じた腹立たしさや怒りはいつまでもふつふつと腹の底で煮え続けて持続し、怒りの沸点が低くなる。
怒りの感情によるストレスは想像以上で、周りの刺激に過敏になる。
今までの自分では考えられないような些細なことにも怒りやすく、いつでもイライラしたり怖くなり、攻撃的になった。


ちなみにストラテラはお子様用(ADHD用)です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんだか吉本一色で、
京アニ事件を忘れてしまいそうですが、
忘れちゃいけませんね。
(宮迫も吉本もどっちもダメダメですね、
有名になろうが社長になろうが
ああなっちゃいけないってことでしょうね)

https://twitter.com/dennou319/status/1152520521201770497
、=====================引用はじめ
大童 澄瞳 SumitoOwara
‏@dennou319
フォローする
@dennou319をフォローします

その他
京アニの事件、こうなる前に犯人を社会が救済できなかった事が悔やまれる。「犯人をかばう余地がない」と大声で叫ばれてしまう世の中がまだまだ辛いものだと痛感する。ワシはアニメが好きで、動画を見て感動して、アニメーションも作るしそういう漫画を描いていると同時に、精神疾患等の社会的
3:07 - 2019年7月20日

マイノリティの側もとても近いところで生きてきて、そういう人にも何人も触れ、今回の犯人像で報道にあるような前科と「疾患が認められた」という過去の情報を見るに、ひとまずその事実がどうあれ、ワシは辛くてたまらない。怒りはない。ひたすら悔しさ悲しさだけがある。他害に走ってしまう人が

(中略)


‏@CorkscrewKing
7月20日

その他
返信先: @dennou319さん
絶望感にとらわれる前に、重要なのは服薬管理であり、それは充分に可能であるという認識が必要ですよね。
事件化しない警察、コミットしない(できない)医師、起訴しない検察、有罪であればより限定的な医療サポート(今回のケース)、家族と切り離された患者が自ら通院し服薬するという無理な前提…
1件の返信
1件のリツイート
9 いいね


「精神障害者の犯罪率は低く、犯行は個人の資質であり精神疾患と関係付けるのは間違いである」という善意の第三者の言説は、差別や偏見を無くす様に見えて、実は行政の責任の触法精神障害者への転嫁に加担することにもなるでしょう。
======================引用終わり


私はこの事件のような、
わけのわからない事件が起きるたびに、
できるだけ関連ニュースなどには目を通し、
その時だけでなく、前後関係を追っていくようにしていますが。、
精神科に通院していたとか、服薬をしていたとかいう、
情報が出てくる確率が高いように感じます。
実際コロンバイン高校事件や、
池田小学校事件でも、
犯人が精神薬を使っていたと言われています。

今回の事件で容疑者は、
生活保護を受けたうえで、
医療関係者のサポートを受けていたらしいです。

上記ツイッターの、あさんの、書き込みにもありますが、
こういう人を通院させ、服薬させるのは無理です。

(私は、あさんの意見とは少し違うと思いますが)、
精神薬は麻薬覚せい剤と同じようなものだからです。
頭がおかしい人に、麻薬、覚せい剤を渡すのですよ!!
多くの精神薬の副作用には、
攻撃性が増すとはっきり書いてあるのです。

私は一応ブロガーなので他人様のブログも訪問させてもらっていますが、
ある、統合失調症と、うつ病の大学生の兄弟のお母さんのブログを
読ませてもらっていましたが、
息子たちを通院させ、薬をきちんと飲ませることが、どれほど大変か、
お母さんのほうが倒れてしまうのではないかと思うほどです。

まず息子を病院へ連れて行っても何もしゃべりません。
お変わりありませんか、と聞かれても、
「変わりません」としか答えない。
何しろ、精神疾患には病識がない(自覚がない)のですから、
一日中妄想にふけっていても、「変わりない」のですから。

薬の副作用もすごいですね。
ある薬を増やされたら、
妄想にふける時間や空笑いをする時間がかえって増えた。
これも本人にはわからないから、お母さんが病院へ連れて行って、
お母さんが先生に説明しなければならない。

おかあさんが病院へ連れて行って
副作用らしい症状を説明しても、
医者はもう少し様子を見ましょうとか、
お母さんはそう心配しない方が良いと言われてしまい、
徒労に終わることも多い。

薬をきちんと飲むには常にお母さんが、
管理してあげていないといけない、
飲むのを忘れたり2回飲んだり
飲み方がめちゃくちゃだから。


このツイッターの、あさんはどうなのかわかりませんが、
精神疾患の人は一生閉じ込めておけという意見の人も
多いようですが、どうかと思いますね。

攻撃性があるからという理由で、いちど閉じ込めると、
一日たりと出すわけにいかなくなると思います。
ご近所トラブルを起こしたら無期懲役みたいな・・・

退院したとたんに事件を起こした、
みたいな例は結構あります。

実際包丁を振り回したり放火したりしなくても、
バイクで200キロで山道を走ったとかいうブロガーもいましたね。
事故で死んでもいいと思ったそうです。



とにかくですね。
副作用欄に「敵意」「攻撃性」が増す
「他害行動」」があると書いてある薬、
妄想が増える薬、
成分が「覚せい剤」の薬、
飲むのをやめると、激しい禁断症状が出る薬

精神薬の説明書に書いてある副作用の一例です
不安,焦燥,興奮,パニック発作,不眠,易刺激性,敵意,攻撃性,衝動性,アカシジア/精神運動不穏,軽躁,躁病等があらわれることが報告されている.また,因果関係は明らかではないが,これらの症状・行動を来した症例において,基礎疾患の悪化又は自殺念慮,自殺企図,他害行為が報告されている.患者の状態及び病態の変化を注意深く観察するとともに,これらの症状の増悪が観察された場合には,服薬量を増量せず,徐々に減量し,中止するなど適切な処置を行うこと.


生活保護受給者に
こういう薬が渡されているという事実をどう思うか、
いろんな立場の人たちに聞いてみたいものです。
スポンサーサイト