FC2ブログ

文科省が教員いじめをやっているから、教員が不登校になるのではないですか? すでに教師という職業は破滅への道をまっしぐら。

53387_main1-768x576.jpg




公立小中、先生が足りない 全国で1241件「未配置」
8/5(月) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00000005-asahi-soci

非正規教員が必要になったり、未配置が増えたりする理由
 全国の公立小中学校で、教員が不足している。教育委員会が独自に進める少人数学級の担当や、病休や産休・育休をとっている教員の代役などの非正規教員が見つからないためで、朝日新聞が5月1日現在の状況を調査したところ、1241件の「未配置」があった。学校では教頭が代わりに授業をしたり、少人数学級をあきらめたりしており、教育の質にも影響が出かねない。


AS20190805000074_commL.jpg

この表を見る限り、特別支援学級が増えたために
教師が足りなくなったという回答が多いのは、
悪い予感がぴったしカンカンでした。


upr***** |
最近は子どもに少しでも変わった言動があれば病院で診断書を書いてもらい、特別支援学級に入れる保護者が多くなったと思います。マンツーマンや少人数で学習指導をしてほしいからという理由が多いです。
また、どうみても特別支援学校就学が妥当な子どもを通常の学校に入れると希望する保護者とそれを認める教育委員会にも問題があると思います。支援者を常にその子どもにつけなければならないので、教員や支援員不足になり、その分他の子への指導が手薄になります。
教育委員会には、保護者の希望を優先するのでなく、適正な就学になるよう判断してほしいです。


ただし、これは親の問題じゃないですよ。
発達障害の専門家のえらい先生方は、
個性と言いながら、

発達障害は子どもの欠点を早期発見して、
”上手に対応”しないと
●問題行動がエスカレートする
●ひどい環境不適応状態になる
●社会的不適応状態になる
●不登校になる
●いじめっ子になる
●いじめられっ子になる
●ひきこもりになる
●二次障がい、三次障がいになる

などと、ネガティブな言葉を並べ立ててきますから、
親は”上手に対応してくれる”保育士や教師に
何とかしてくれと言いたくなるのは当然だと思います。

ネットの知恵袋のような書き込みに対しても、
現役の保育士が、「それは発達障害です」。
とか答えていたりするのも、無責任だと思います。

発達障害だと”診断する”保育士や教師と、
実際に子どもに対応する保育士や教師は
ちがう人なのでしょうね。



11033.jpg

ちゃんとした大人でも、
ちぐはぐな受け答えをしてしまうことはありますよね?

うちは次男クンが
「おかえりなさ~い」と言って帰ってくるので、
私は「ただいま~」と答えていましたよ
これが普通だと思っていました(笑)

24時間365日、姑の嫁いびりみたいに
揚げ足取りをやっていたら、
どっちも病気になります。

反対に、人にものを頼むときは、
「手を貸してくれないか?」みたいな上からな言葉は
相手がだれであっても使わない方が良いと思います。
(これは気心のしれた夫婦や親子でもできるだけ
使わない方がいいと思います。
度重なると、断絶になりかねませんよ)
具体的に「これをやってください」と言うべきでしょう。

京都の人に「ぶぶづけどうどす」といわれたら、
「いただきま~す」と言ってやりましょう。


写真p
https://miner-5.com/2018/11/14/20181114/

これで障がい者扱いはありえないと思いますよ、
今どき右から縦書きにする予定表って…w(゚o゚)w。
こういう書式を作る先生がおかしいです。

まず、先生が明治生まれでないか(笑)
発達障害ではないか、
診断する必要があるのではないでしょうか


どうしても、発達障害が気になる人は、
発達障害の専門家の先生や周りのおとなが
書いている文章や、しゃべっている言葉を、
よ~く検証してみてください。

発達障害にこだわる大人は、
発達障害者のような言動をしていることが、
わかってくると思います。
ある発達障害の有名な専門家は、公の講義で、
「私は魚座だからお水がないとしゃべれない」と
堂々と言うんですから。

もしも私が、
公の発達害の講義でそういうことは言わない方がいいと言ったら
こっちが”大人の発達障害”のレッテルを貼られかねませんよね


それからこれも問題でしょう。
どんどんどんどん、
教師の仕事を増やし、
採用へのハードルを上げていく、
給料や予算は下げていく。
こんなばかな!!
文科省って何を考えているんでしょうね

spn***** |
子どもの数は減っていても、
英語だのプログラミングだの
不登校対応だの多国籍対応だの
やることなすこと現場に丸投げ。

でも、教育に予算が回らないから、
正規採用は増えない。

そして、免許更新が始まった辺りから、
講師が本当に見つからなくなった。

労働環境もブラックだから、
なり手もいない。

文科省、教育委員会の
無責任体質の結果です。
スポンサーサイト