FC2ブログ

煽る人の理屈は、学校のいじめっ子と同じ。教師と同じ。

e8f6a174.png


今、煽り運転が話題になっていますが、

まず、昔は煽り運転があったかなかったかと言うと、
今より少なかったと思います。

昔は道路が良くなかったし、
クルマの性能もアナログ的でした。

道路については、、舗装もよくなかったし
高速道路は少なかった、
今でも古い高速は走れないのではないですか。

私が運転免許を取得したころの教習車は、
3速コラムMTのクラウンでした。
パワステ、パワーウィンドウは付いていません。
急加速ができないし
スピードが遅くなると、エンストするし、
ハンドルも切れなくなります。

背の低い女性は、座布団で座席の高さを調節していました。

このような状況で、煽り動画のような、
”下品な”運転は、不可能だと思いますよ。


高速120km/h化で煽り運転が増える!? その3つの理由とは
2019.02.17
https://hbol.jp/186023

無題
(いついかなる場合も、交通違反のワーストは、
速度超過ですよね。)


もっと大きな問題は、
心の問題だと思います。
今回の宮崎容疑者は、
殴ったことは認めているものの、
「相手の男性に進路を妨害された。
危険な運転をしたつもりはない」
「相手のマナーが悪いことを伝えたかった」
と供述しているそうですが、
罪悪感がないのは怖いですよね。

一連のコメントも、
煽られる人に原因があるというものが多いのも、
問題でしょう。


彼らの心理をわかりやすく簡単に表現すると、
自分がパトカーだと思っているのです。
そうでなければ(横暴な)教師です。

私は幹線国道をよく通行しますが、
60キロ以下で走っているような車はほとんど見たことがありません。
遅いのはトラクターか、農作業の軽トラか
道を間違えた車か、ガラス屋の車か
タンクローリーやトレーラーが
インターの前で渋滞しているか・・・

私の警察OBの大叔父は、制限速度絶対順守でしたね(笑)

右側が混んでいるときは、右折の車が多かったり
中央分離帯の掃除や工事をやっていたり・・・

だいたい乗用車は10キロ以上オーバーは普通にやってますね。
それでトロトロと思うのなら、
やっぱり自分がパトカー並みの速度超過をやっているのでしょう。

これは小学生のいじめっ子の屁理屈と同じです。
いじめっ子は自分が悪いことをしていると思っていません。
これが正しいと思ってやっています。

足が遅い子や、体の小さい子、大きい子の
悪いところを指摘してあげる
→どれほど迷惑をかけているかわからせてあげる
→親切でやってあげている、
という理屈を持っています。


学校の教育から間違いは始まっています
スポンサーサイト