FC2ブログ

ゆたぼんのパパこと中村幸也さんへの誹謗中傷がひどすぎる。学校は人間関係の分断をするところ。


yutabon-yukiya.png


学校というのはあらゆる人間関係を分断しますね。

私は、ゆたぼんのパパこと中村幸也さんが
これほどまでに、批判を受けるのは、
息子であるゆたぼんくんと仲が良いからだと思います。

学校教育では表面的には、
友達作りとか集団生活を学ぶとか言っていますが、
実際に行われているのは人間関係の分断です。
中村さんたちを批判している学校へ通った人たち、
つまり学校に洗脳された人たちは
人を叩きのめし、分断させることが
良いことだと思い込んでいます。

例えばユーチューバーのシバター(33歳)みたいな人たちは、
他人をたたき分断するだけでなく、
自分自身が親になるという選択肢を自ら捨ててしまいました。
家族を持つということすら、絶望的です。
気の毒に・・・まだ若いのに、○| ̄|_

66344918_465056431013814_4398869474978260990_n.jpg

親になるということは
ビジネスとは比べ物にならないぐらい難しいようです。
実際、子育てをやっているより、仕事をやっているほうが、
比べ物にならないぐらい楽だと言う人も多いです。


これは本人が公言しているので書くのですが、
例えばホリエモンはビジネス関連の
すごい人脈を持っていますが
ホリエモンの唯一の欠点は
息子さんを自分で育てていないことだと思います。

息子さんは、母親である元奥さんの実家で育てられ、
父親がだれだか知らされていないようです。

どれだけ金銭的に裕福であっても、
実の親子関係は絶対にお金では埋められません。

ホリエモン自身は故郷の八女がド田舎であり、
両親が暴力父とほぼ教育ママで、
古臭いから東京へ出てきたというようなことを言っていますが、

父親がいなくて、おじいさんが父親代わりなんていう子供は、
とてつもなく古臭い育てられ方をしている可能性が高いはずです。

子どもは、
ビジネスの最先端を生きているホリエモン自身が育てなければ、
ホリエモンの持論に矛盾が生じます。
ベビーシッターが若いオネーサンばかりではないと思いますよ。


自分に前科があろうと何だろうと、
自分が息子に少しづつビジネスを教えてあげるのが、
学校を否定し、無駄がない生き方ではありませんか?

私自身息子たちをホームスクーラーで育ててきて、
頭はかなり柔らかい方だと思ってますが、
息子夫婦の若さ新しさには絶対にかないません。
変化の速い今の時代に、
祖父母が孫を育てるなんて、
古すぎて話にならないと思っています。


一方の、
中村幸也さんも、子どものころ、
学校では激しい体罰などを受けており、
家庭でも虐待のようなことがあったようです。

学校や親の間違いに気が付き、
自分も改心して、
考え方を改めていこうという信念は、尊敬に値します。

いい感じの人間関係が築けているじゃありませんか、
シバターや楽しんごみたいな人たちに
嫌われるのは痛くもかゆくもないでしょう。

誰だって
茂木健一郎さんや宮台真司さんと知り合いに
なった方がいいと思いますよね。

(本文中の写真は中村さんのSNS等からお借りしたもので、
本文とは関係ありません。)


https://libertygraph.com/kaisei_yanagisawa02
スポンサーサイト