FC2ブログ

アメリカの痛み止め問題は対岸の火事ではない。

米パーデューが破産申請、オピオイド問題で多数の訴訟に直面
9/16(月) 16:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000029-reut-bus_all
====================引用はじめ
 9月15日、オピオイド系の麻薬性鎮痛剤「オキシコンチン」メーカーの米パーデュー・ファーマが、米連邦破産法11条の適用をニューヨーク州の連邦裁判所に申請した。写真はオキシコンチンのボトル。米ユタ州で5月撮影(2019年 ロイター/George Frey)
[ニューヨーク 15日 ロイター] - オピオイド系の麻薬性鎮痛剤「オキシコンチン」メーカーの米パーデュー・ファーマが15日夜、米連邦破産法11条の適用をニューヨーク州の連邦裁判所に申請した。同社はオピオイド乱用問題を巡り2600件を超える訴訟を起こされている。

パーデューの取締役会は15日夕方の会議で破産法適用申請を承認した。同社は一連の訴訟を巡る和解案の条件に基づいて再編を進めることを目指している。

パーデューはまた、24州と5つの米領のほか、2000超の市や郡などを代表する弁護士との間で、和解で暫定合意したと明らかにした。

20を超える州は依然として和解案に反対しているか、決定を下しておらず、争いが続く可能性がある。

和解案では、パーデューの創業一族であるサックラー家は経営権を手放す。同社の発表や関係筋の情報によると、サックラー家は現金30億ドルに加え、一族が保有する別の会社ムンディファーマを最終的に売却することでさらに15億ドル以上を拠出することを提案した。

パーデューのスティーブ・ミラー会長はロイターのインタビューで、和解案に反対している州に対し、反対を続ければ訴訟が長期化し、裁判費用がかさんでオピオイド乱用の影響を受ける地域社会に振り向けるべき資金が減少すると訴えかける考えを示した。その上で、一連の訴訟を解決するためには破産手続きが「最大の希望」だと述べた。

=======================引用終わり

これってひどい話ですよね。

製薬会社だけの責任ではないとか、
アメリカの訴訟社会がおかしいとか、
日本ではまだ適正に使われているとか、
この薬の恩恵を受けている
多くの人たちにとって迷惑な話だとか
そもそも、知らなかったとか、

対岸の火事だと思っている人が多いように感じますが、
日本ももう足元に火が付いているんですよ。

トラマールは個人輸入で簡単に買えるらしいので、
日本は外国とは違うなんて言ってられません。


088746315bcb20adac0b4a25db477eab.png

もっとも、
個人輸入なんかしなくても
日本では保険でじゃんじゃん処方してくれるので
ものすごい勢いで売上高が増えているんです。
単位は億円ですよ!!
がん患者に使われているんじゃないですよ!!
近藤誠さんは、がん自体はそれほど痛まないと言っています。
必ずしもがん患者に必要な薬というわけではないようです。

数年前に痛み止めの記事を書いたときに、
病院での手術の失敗に使われているらしいこともわかりました。

今は整形外科でじゃんじゃん使われているらしいのですが、
ヘルニアなんか安静にしていれば自然に治るんです。
ネプチューンの名倉潤さんの休業宣言も記憶に新しいところですが、
休むのがいちばんの薬らしいです。

こういう薬がいけないところは、
飲むと神経が過敏になって、
痛みがよりひどくなることだろうと思います。
薬の量が増えるのです。

気持ちよくなるから薬に依存するというよりは、
飲むのをやめるととてつもなく痛み、
苦しくなるから、依存するらしいのです。

だから死ぬ(自殺する)まで飲み続けるか、
初めから飲まないか、の2択でしかないのだと思います。


中東・アフリカ
規制されないまま途上国で深刻化するオピオイド危機
歯止めかからない「トラマドール」のまん延

By JUSTIN SCHECK
2016 年 10 月 24 日 06:26
https://jp.wsj.com/articles/SB12188716230581874349104582387500848069094
http://orgchemical.seesaa.net/article/405374458.html
日本には高く売って、途上国には安く売っているんでしょうね。
農作業用の家畜にまで飲ませていて
植物にまで影響している。
交通事故の80%にトラマールが関与しているとも。


アメリカでは麻薬性の鎮痛剤で年間5万人も死んでおり、
トランプ大統領も、国家非常事態宣言を出しましたが、

死ななければいいというものでもないと思います。
近藤誠さんは、ボケの半分はケモブレインだろうと言っています。

薬剤性のボケです。
ボケというものは本当に恐ろしいもので、
自分では自覚がありません。

「自分は痛み止めを飲んで交通事故を起こしたが、
この薬は良い薬だから、やめる理由が見当たらない、
だからこれからも飲み続ける」と・・・
こういうのがケモブレインの本当の恐ろしさです。

上記ロイター記事に、ヤフコメ書いている人のなかにも
すでに痛み止め依存になっている人が
いるんじゃないですか?

スポンサーサイト