母の腸内細菌減、子どもの脳に影響か 

RIMG0213.jpg
(豚ロースのソテーに、リンゴをのせてみました。
ロース肉に塩コショウを振っておき、フライパンで焼いてから
そのフライパンで、薄切りのりんごを焼き、
砂糖、レモン汁、バターなどで好みで味付けして、肉の上に並べます。
肉は安いのでも、こうして食べるとおいしく食べられます。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===========================引用はじめ

母の腸内細菌減、子どもの脳に影響か 
福井大チーム、発達障害と関連可能性


福井新聞ONLINE 1月21日(木)8時6分配信

母の腸内細菌減、子どもの脳に影響か 福井大チーム、発達障害と関連可能性


20160121-00010000-fukui-000-16-view[1]

研究成果を説明する栃谷史郎特命助教=福井県永平寺町の福井大学松岡キャンパス


 福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関連性を示唆する内容で、仕組みの解明や予防につながる成果と期待される。

 研究チームは、福井大子どものこころの発達研究センターの栃谷史郎特命助教、松崎秀夫教授ら。母子の健康に影響を与えるとされる腸内細菌に着目した。栃谷特命助教は「発達障害の原因はさまざまあり、母親の腸内細菌の減少、バランスの乱れはあくまでリスクの一つ。妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と説明した。

 実験では、妊娠期の母マウスに細菌の増殖を抑える抗生物質を飲ませ、腸内細菌を減らしてバランスを乱し、その後生まれた子を観察した。

 正常な母マウスから生まれた子と比べ、生後4週で平均体重が約2グラム(約12%)軽く、夜行性なのに暗闇での活動が低下し、広い空間では不安から壁沿いを移動するなどの異常が見られた。生後7~8週でも低体重、壁沿いの移動の異常があった。

 これとは別に、正常な母マウスから生まれた子を生後すぐ、腸内細菌を減らした母マウスに育てさせても生後4週で暗闇での活動低下など異常が見られた。逆に腸内細菌を減らした母マウスの子が、正常な母マウスに育てられると正常な行動を示したことから、出生後に脳の発達が受ける影響があるとみられる。

 人の場合、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入るという。ただ、脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明で、研究チームは仕組みの解明を目指す。栃谷特命助教は「健康効果がある微生物プロバイオティクスなどを母子マウスに投与して腸内環境を整え、子の異常行動を予防できるかの研究も始めている」と話した。

============================引用終わり

私は、この先生に言っていることが正しいかどうかは知りませんが、

お母さんの腸内細菌が、子どもに影響するというのは、ありえる話だと思います。
実際お母さんが便秘をしていると、赤ちゃんも便秘するというのはよくある話みたいです。

実際私たちの腸の中には大量の・・・約1キロ、何百種類もの腸内細菌がいるので、
その菌が子供に受け継がれていくというのは、だれが考えても当たり前の話です。

そしてその中でも、善玉菌のエサが乳糖であるというのも、誰が考えたって明らかです。
哺乳類のお乳の中には、一部の海獣を除いて、
マウスにも、ライオンにも、人間にも乳糖があるのです。

人間も、お乳(乳糖)で育たない人はいません。
牛のミルクを飲んでいるマサイ族も、
イモばかり食べているニューギニア高地人も、
肉ばかり食べているイヌイットも・・・
地球上で乳糖を摂ったことがない哺乳類はいません。



腸内細菌が、脳に影響があるというのは、本当かもしれません。

牛乳は毒だと言う人たち・・・

あるいは腸内の善玉菌のエサである、糖類・・・
乳糖や、オリゴ糖や、食物繊維を摂らない人たち
・・・つまり糖質制限食をやっている人たちの言動は、

テンションがおかしかったり、
矛盾したことを平気で言ったり、
妄想と思われるような考えに凝り固まっていたり・・・

こういう人が多いと感じています。



それとですね。
腸内細菌をヨーグルトで補充するというのは、ほとんどSFの世界でしょうね。
”ジュラシックパーク”レベルの、SFといえるでしょう。

人間の顔や性格が一人一人違うように、その人にいる菌も一人一人違うのです。
今いる善玉菌にエサを与えて増やしていくのが、一番確実な方法でしょう。

私たちが先祖代々連綿と受け継いできた、ビフィズス菌などの善玉菌と、
市販のヨーグルトを発酵させるために使われている、人工的に培養された菌は、
まったくの別物なので、外から補充しても意味がないと思われます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する